DSA8300型*1 デジタル・シリアル・アナライザ用80A05型モジュール

クロック・リカバリ電気モジュール
このデータ・シートの製品は、テクトロニクスでは販売終了となっています。

オンラインで読む:

特長

  • 幅広いビット・レートをサポート
    • 50Mbps~12.6Gbps間のビット・レートに対応(一覧を参照)
    • 80C12B型電気クロック・リカバリ・モジュールと完全統合
  • クリーンな50Ωパスによる高い信号忠実性

アプリケーション

  • コンピュータ、通信、商用アプリケーションにおけるシリアル・データ・リンクとデバイスの評価
  • 電気信号のコンプライアンス・テスト
  • 高速光通信テスト
  • ジッタ、ノイズ、BER、信号障害解析

80A05型クロック・リカバリ電気モジュールは、電気信号(または、80C12B型光サンプリング・モジュールなどにより電気データがピックオフされた光信号)のクロック・リカバリを可能にします。80A05型では、抽出したクロックをDSA8300型オシロスコープ*1のトリガに使用することもできます。

80A05型は、50Mbps~3.188Gbpsレンジ(連続)、および4.25Gbps(固定レート)の代表的な電気規格のシリアル・データ・ストリームからクロックを抽出することができます。Opt. 10Gでは、選択できるレートが次のように追加されます。

  • 3.267~4.250Gbps
  • 4.900~6.375Gbps
  • 9.800~12.60Gbps

80A05型は高度な統合機能と優れた感度を備えており、光トランスミッタ・コンポーネントや光システムの電気コンポーネントのテストに最適なソリューションです。80A05型のPLLループ帯域は自動的に選択されるため、設定や操作が簡単です。

80C12B型光モジュールと80A05型クロック・リカバリ・モジュールを組み合わせて使用することで、155Mbps~12.6Gbpsの光レートに対応できる高性能なソリューションとなります。その他のクロック・リカバリ選択については、CR125A型、CR175A型、CR286A型の情報をご参照ください。

80A05型モジュールは、シングルエンド信号または差動信号を入力することができます。シングルエンド信号と差動信号のどちらでも、モジュールの前面パネルの出力コネクタにおいて、クロック・リカバリ信号を得ることができます。前面パネルの出力までの信号パスは、信号忠実度が十分に実現されるよう周波数に余裕を持った設計がなされています。したがって、出力信号を80E07型などの高周波サンプリング・モジュールに接続すると、その信号の高周波数特性を維持しながら、信号を取込み、解析することができます。

当社のクロック・リカバリ・ソリューションは使いやすく、柔軟性に優れています。モジュール前面パネルの端子から出力されるフル・レートまたはサブ・レートのリカバリ・クロック信号を、他の機器へのクロックやトリガとして使用することができます。

優れた性能/保証

当社は、お客様のご期待に沿った製品、性能をご提供します。業界トップクラスのサービス/サポートに加え、この製品には標準で1年間の保証期間が設定されています。

*1DSA8200型、CSA/TDS8200型、CSA/TDS8000B型、CSA/TDS8000型サンプリング・オシロスコープにも使用可

Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top