デジタル・シリアル・アナライザ

DSA8300型データ・シート

オンラインで読む:

DSA8300型は優れた信号忠実度による測定/解析機能を持った高性能等価時間サンプリング・オシロスコープで、コミュニケーション信号解析、シリアル・データ・ネットワーク解析、シリアル・データ・リンク解析のアプリケーションに適しています。

欧州圏のお客様へのお知らせ

本製品は、改正RoHS 2指令(Directive 2011/65/EU)に適合するための更新が行われておりませんので、欧州には出荷されません。ただし、2017年7月22日以前に、EU市場に出荷された当該製品の在庫分につきましては、品切れにならない限り、ご購入いただける場合がございます。テクトロニクスは、お客様に必要なソリューションをお届けできるよう、積極的に取り組んでいます。具体的な対応や代替製品の有無など、詳細につきましては、当社営業所までお問い合わせください。テクトロニクスは、お客様がどの国にお住まいでも、製品のサポートが終了するまで、責任を持ってサービスを提供して参ります。

主な性能仕様
  • 低時間軸ジッタ:
    • 425fs(代表値、最大8チャンネル同時)
    • 100fs未満(82A04B型フェーズ・リファレンス・モジュールを使用して最大6チャンネル)
  • 業界トップの垂直軸分解能-16ビットA/D
  • 電気分解能:20μV LSB未満(1Vフル・レンジにおいて)
  • 光分解能は光モジュールのダイナミック・レンジにより異なる(80C07B型:(1mWフル・レンジ)で20nW未満、80C10C型:(30mWフル・レンジ)で0.6μW未満)
  • 光帯域:80GHz以上
  • 電気的周波数帯域:70GHz以上
  • NRZ、RZ、パルスの信号タイプなど、120種類を超える自動測定
  • 80種類以上の業界規格マスクによる自動マスク・テスト
  • 複合ジッタ/ノイズ/BER/SER解析(80SJNB)、複合測定TDECQ1に対応、SNDR2(アプリケーション)

1Transmitter and Dispersion Eye Closure Quaternary for PAM4

2信号対雑音および歪み比(Signal-to-Noise-and-Distortion Ratio)

主な特長

豊富な光モジュール、電気モジュール、アクセサリ・モジュールを用意し、さまざまなテスト要件に対応可能。

  • 光モジュール
    • 50G/100G/200G/400GのPAM4に対して155Mbpsから10Gbps、40Gbps、100Gbpsまでの光データ・レートをサポートする光モジュール
    • 光リファレンス・レシーバ(ORR)1また、規格固有の適合性試験に対応しています。
    • 高い光感度と低ノイズ、ダイナミック・レンジの広い光サンプリング・モジュールにより、短波長から長波長までの光通信規格の正確なテストと特性評価が可能
    • 完全に校正済みのクロック・リカバリ・ソリューション-手動によるデータ・ピックオフ損失の校正が不要
    • 校正消光比測定と多彩な修正消光比測により確度と再現性を確保
  • 電気サンプリング・モジュール
    • 超低ノイズの電気サンプラ(280μ[email protected]、450μ[email protected]、代表値)
    • 選択可能な周波数帯域により2、サンプラの周波数帯域とノイズを組み合わせることで最適なデータ取込性能を実現
    • リモート・サンプラまたはコンパクトなサンプリング・エクステンダ・モジュール・ケーブルを使用することでサンプラをDUTのそばに置くことができ、信号の劣化を最小限に抑えることが可能
    • 高性能のTDR(ステップ立上り時間:10ps(代表値))により、優れたインピーダンス不連続特性と50GHzまでの広いダイナミック・レンジによるSパラメータ測定が可能
  • 解析
    • 1~60GBdの高速PAM4/PAM2 NRZシリアル・データ信号のジッタ、ノイズ、BER解析により、アイ開口率の劣化の原因を詳細に測定可能
    • PAM4信号の解析機能により、それぞれのPAMアイに対して個別にジッタ、ノイズ、BER解析を実行可能。さらに、各種のグローバル測定により、PAM4信号の全体的特性の評価が可能

    • 100G-SR4/TDEC(Transmitter and Dispersion Eye Closure)自動測定システムにより、SR4(Short Reach Ethernet)仕様の要ともいえる光トランスミッタの各種プロパティに対するテスト/デバッグ機能を提供
    • 大量生産環境やコンフォーマンス検証に最適な、80STDECによる能率的で高性能なTDEC(Transmitter and Dispersion Eye Closure)測定機能をサポート
    • 80種類以上の業界規格マスクによる自動マスク・テスト。新しい規格のマスクをDSA8300にインポートすることも可能。さらに、独自にマスクを設定して自動マスク・テストを実行することも可能
    • 80SJNB EssentialsおよびAdvancedのソフトウェア・アプリケーション・オプションにより、ジッタ、ノイズ、BER、マスク・テスト、シリアル・データ・リンク解析(SDLA)が可能
    • IConnect®ソフトウェア・アプリケーション(オプション)により、拡張TDR解析、Sパラメータ測定、シミュレーション・モデル抽出、シリアル・リンク・シミュレーションが可能
    • 400G-M4光モジュール製造検査用ソフトウェアにより、 光デバイスのTDECQ(Transmitter and Dispersion Eye Closure Quaternary)解析が可能
  • 優れたテスト・スループット
    • 優れたサンプル取込レート:最高200kS/s(チャンネルあたり)
    • 効率的なプログラム・インタフェース(IEEE-488、Ethernet、またはローカル・プロセッサ・アクセス)により、高いテスト・スループットを実現

1光リファレンス・レシーバ(ORR)は4次のベッセルトンプソン・フィルタで、規格で定義されている周波数応答と公差に準拠しています。テクトロニクスでは、最適な公称値と高品質のマスク・テスト結果を実現するために、応答を最適化します。

2利用可能なそれぞれのモジュールの詳細については80E00型電気サンプリング・モジュールのデータ・シートを参照してください。

アプリケーション
  • テレコム/データコム・コンポーネントとシステムの設計/検証
  • ITU/ANSI/IEEE/SONET/SDHコンプライアンスのための製造/テスト
  • 高性能な真の差動TDR測定
  • Sパラメータを含むシリアル・データ・アプリケーションのためのインピーダンス特性評価とネットワーク解析
  • ジッタ、ノイズ、BER、SDLAの拡張解析
  • IConnectを使用した、チャンネルおよびアイ・ダイアグラムのシミュレーションと測定に基づくモデリング

優れた性能と極めて高い汎用性

DSA8300型は、マルチギガビットのデータ伝送による通信、コンピュータ、家電製品を開発、テストするための、汎用性の高いデジタル・シリアル・アナライザです。光および電気トランスミッタの特性評価に、あるいはこれらの製品で使用されるデバイス、モジュール、システムの適合性検証に適しています。

また、DSA8300型はパッケージ、基板または電気ケーブルなどの電気信号経路の特性評価にも適しています。超広帯域、優れたシグナル・インテグリティ、拡張性の高いモジュラ構造を備えており、現在の、そして最新のシリアル・データ技術のための高性能なTDR/インターコネクト解析、極めて正確なインピーダンス不整合解析、およびBER計算を行うことができます。


DSA8300-Digital-Serial-Analyzer-Sampling-Oscilloscope-Datasheet


光のアイ・ダイアグラム・テスト


DSA8300-Digital-Serial-Analyzer-Sampling-Oscilloscope-Datasheet


パッシブ・インターコネクト・テスト

さらに、優れた信号忠実度と分解能により、超広帯域、超高分解能、低ジッタ、優れた時間確度が要求される光/電気のアプリケーションにおける標準機となります。

計測器が持つジッタ・フロアも425fs rms(1.25Gbps以上のシリアル・データ信号レートにおける代表値)と小さく、測定システムとしても優れているため、最大8つの広帯域信号を同時に、正確に取込むことができます。フェーズ・リファレンス・モジュール(82A04B型)を併用することで、100fs rms未満のアクイジション・ジッタによる拡張解析が可能です。

マルチプロセッサ・アーキテクチャとスロットごとの専用DSPにより、高速の波形アクイジション・レートを実現し、信頼性の高い特性評価と適合性検証に必要なテスト時間を短縮 できます。

汎用性の高いモジュラ構造を採用したDSA8300型は、数多くのプラグインが用意されており、現在および将来のアプリケーションに合った広範囲な電気、光、アクセサリ・モジュールを使用して測定システムを構築できます。DSA8300型は、クロック・リカバリ・モジュール、精密フェーズ・リファレンス・モジュール、アクイジション・モジュール、電気または光サンプリング・モジュールなど、同時に6つのモジュールを装備でき、日々拡大するニーズにシステムの性能を合わせることができます。DSA8300型の電源を切ることなくサンプリング・モジュールが交換できるため(DSA8300型のファームウェア・バージョンが6.1以降)、テスト・ニーズの変更に伴う設定変更が容易に行えます。

また、シングルエンドおよび差動の電気クロック・リカバリ、電気サンプラの静電気保護、TekConnect®プロービング・システムへの接続など、当社独自のモジュール・サポート機能により、当社の最先端の高インピーダンス、差動プロービングが可能になります。TDRプロービングおよび50Ωプロービングのための低インピーダンス・プローブも用意されています。

DSA8300型の総合的な測定/解析機能および関連するソフトウェア・アプリケーションにより、DSA8300型本来のアクイジション性能とサンプリング・モジュールおよびアクセサリの機能がさらに強化されます。

現在利用可能なソフトウェア・アプリケーションおよびモジュールのリストについては、注文情報を参照してください。

光テスト・アプリケーションの測定/解析ツール

DSA8300型は、光テスト・アプリケーションに特化した多様な測定/解析ツールを備えています。標準の振幅およびタイミング・パラメータ測定(立上り/立下り時間、振幅、ジッタ実効値、ノイズ実効値、周波数、周期など)に加えて、DSA8300型の測定機能には、光信号の測定に特化した測定(平均光パワー、消光比、アイ高さ、アイ幅、光変調振幅(OMA)など)が含まれます。すべての測定項目については、このデータ・シートの「測定」セクションをご参照ください。

DSA8300型は、155Mbps~100Gbpsの代表的な光規格のすべての規格コンプライアンス・テスト用マスクを装備しています。DSA8300型のマスク・テスト・システムは、規格マスク、ユーザ定義マスクを、波形データベースに取込んだデータに合うように自動的にフィットさせます。マスク・テスト・システムは、マスク違反の総数またはマスク・テストのユニット・インターバル内に取込まれたサンプル数に対するマスク違反の "ヒット率" に基づいてマスク・マージンを判定することもできます。ユーザは自動マスク・テスト用の独自のマスクを作成することもできます。DSA8300型に取込まれた光信号を解析するために、ヒストグラムやカーソル測定も実行できます。

テスト・ソリューション

DSA8300型は柔軟性に富んだメインフレームであり、豊富なモジュールと組み合わせることにより、優れたシステム忠実性を備えたテスト・ソリューションを実現しています。

  • 光モジュール

    当社の80C00シリーズ光サンプリング・モジュールは、シングルモード・ファイバでもマルチモード・ファイバでも幅広い波長をカバーします。さまざまな種類のモジュールが用意されており、クロック・リカバリ、リファレンス・レシーバ・フィルタなどの豊富な機能と、さまざまな規格に対応したテスト・ソリューションを提供します。

    現在利用可能な光モジュールのリストについては、注文情報のセクションを参照してください。

    利用可能なそれぞれのモジュールの詳細については、80C00シリーズ光モジュールのデータ・シートを参照してください。

  • 電気サンプリング・モジュール

    当社の80E00シリーズ電気サンプリング・モジュールは、豊富な機能を備えているため、アプリケーション固有のニーズに適応した高度なテスト・ソリューションを構築できます。幅広い周波数帯域に対応したソリューションを使用できるほか、TDR(Time Domain Reflectometry)、Sパラメータ・テストといった機能も提供します。

    現在利用可能な電気モジュールのリストについては、注文情報のセクションを参照してください。

    利用可能なそれぞれのモジュールの詳細については、80E00シリーズ電気サンプリング・モジュールのデータ・シートを参照してください。

  • ユーティリティ・モジュール

    当社の80A00および82A00シリーズ・モジュールは、フェーズ・リファレンスやESD保護などの機能を提供します。

    現在利用可能なユーティリティ・モジュールのリストについては、注文情報のセクションを参照してください。

    利用可能なモジュールの詳細については、ユーティティ・モジュールのデータ・シートを参照してください。

    • 80A02型EOS/ESD保護モジュール
    • 82A04B型フェーズ・リファレンス・モジュール
    • 80A03型モジュール・エクステンダ

80B28G型 ― 28Gbpsアプリケーション用製品バンドル

10Gbps~28.6Gbps/レーンのレートでテストするために必要なすべての電気サンプリング・モジュール、アクセサリ、クロック・リカバリ機能をDSA8300型に提供するバンドル。このバンドルには次の製品が1つずつ含まれています。

  • (各1)80E09B型:デュアル・チャンネル、70GHzリモート電気サンプリング・モジュール
  • (各1)82A04B型:フェーズ・リファレンス・モジュール。80E09B型との使用で100fs未満のジッタをサポート
  • (各1)CR286A型(Opt. HSを使用):28.6GHzクロック・リカバリ・ユニット。150Mbps~28.6Gbpsのレートのクロック・リカバリをサポート
  • (各1)80X01型:サンプリング・モジュール延長ケーブル(1m)。 クロック・リカバリ・モジュールに直接接続するために、フェーズ・リファレンス・モジュールを延長
  • (各1)80A08型:アクセサリ・キット。テスト・ソリューションの構成に必要なケーブル、アダプタ、DCブロック、その他アクセサリを含む

このソリューションを拡張して、マルチレーン・アプリケーションで追加のレーンをテストするには、80E09B型デュアル・チャンネル・リモート・サンプリング・モジュールを追加してください。

仕様

このドキュメントの製品の仕様と概要は、予告なく変更されることがあります。

すべての仕様は、特に断らないかぎり、保証値を示します。すべての仕様は、特に断りのないかぎり、すべての機種に適用されます。

垂直軸システム
立上り時間/周波数帯域
使用するサンプリング・モジュールに依存
垂直軸分解能

サンプリング・モジュールのダイナミック・レンジに対して16ビット

電気分解能:20μV LSB(1Vフル・レンジにおいて)

光分解能は光モジュールのダイナミック・レンジに依る-80C07B型(1mWフル・レンジ)で<20nW、80C10C型(30mWフル・レンジ)で<0.6μW

水平軸システム
メインおよび拡大表示時間軸、水平軸スケール
1-2-5シーケンスまたは100fs単位で100fs/div~1ms/div
タイム・インターバル確度
トリガ・ダイレクト(前面パネル)入力

水平軸スケール:>20ps/div、右端の測定間隔:<150ns、平均確度:間隔の0.1%、標準偏差:1ps以下

水平軸スケール:≦20ps/div、右端の測定間隔:<150ns、平均確度:1ps+間隔の0.5%

クロック入力/プリスケール・トリガ(前面パネル)、アイまたはパターン・モード
平均確度はクロック入力確度による、標準偏差:0.7ps未満(最大値)、0.1ps未満(代表値)
クロック入力/プリスケール・トリガ(前面パネル)、その他のモード

水平軸スケール:>20ps/div、右端の測定間隔:<150ns、平均確度:間隔の0.1%、標準偏差:3ps以下

水平軸スケール:≦20ps/div、右端の測定間隔:<150ns、平均確度:1ps+間隔の0.5%

TDRクロック・トリガ(外部10MHzクロックにロック)
水平軸スケール:>20ps/div、右端の測定間隔:<150ns、平均確度:間隔の0.01%、標準偏差:1ps以下(代表値0.1ps)
ランダム位相補正モード(82A04B型へのクロック入力)

最大タイミング偏差:フェーズ・リファレンス信号の周期の0.1%(代表値)、フェーズ・リファレンス信号に対して

フェーズ・リファレンス・モードの動作の詳細については、DSA8300型サンプリング・オシロスコープ用フェーズ・リファレンス・モジュールのデータ・シートをご参照ください。

トリガされた位相補正モード(82A04B型へのクロック入力)

フェーズ・リファレンス信号に対する最大タイミング偏差:

トリガ・イベント後の40ns以降:フェーズ・リファレンス信号周期の0.2%(代表値)

トリガ・イベント後の40ns以前:フェーズ・リファレンス信号周期の0.4%(代表値)

水平デスキュー・レンジ

SW:各チャンネルにおいて100fs単位で-500ps~+100ns、ソフトウェア・デスキューを使用したTDRおよびサンプリング・モジュールでは一部制約あり。SWデスキューは異なる水平位置での別の波形の取り込みを示唆しており、スループット・ペナルティが存在。

メインフレーム・チャンネル間遅延(ハードウェア・デスキュー)

サンプル・モード:

80E11型および80E11x1型:±35ps

80E07B型、80E08B型、80E09B、および80E10B型:±150ps

80C17型、80C18型:±65ps

TDRモード:

80E08B型および80E10B型:±200ps

DSA8300型のレコード長
50、100、250、500、1,000、2,000、4,000、8,000、16,000ポイント(拡大表示の最大レコード長は4,000ポイント)
利用可能なロング・メモリ

IConnect®:1Mポイント

80SJNBジッタ、ノイズ、BER解析ソフトウェア:10Mポイント(100k UI、100ポイント/UI)

トリガ・システム
トリガ・ソース

クロック入力/プリスケール・トリガ(前面パネル)

TDRクロック(内部生成)

光サンプリング・モジュール、電気クロック・リカバリ・モジュールからのクロック・リカバリ・トリガ(内部接続)

フェーズ・リファレンス(82A04Bフェーズ・リファレンス・モジュールを使用した場合)時間軸は、フリーラン・モードでトリガ信号を使用しないアクイジションをサポート

トリガ・ダイレクト入力(前面パネル)

クロック入力/プリスケール・トリガ入力
クロック入力感度

150mVp-p~1Vp-p、0.15GHz~20GHz(代表値)

200mVp-p~1Vp-p、0.8GHz~15GHz(保証値)

最小スルー・レート
2V/ns以上
クロック入力レンジ
1.0Vp-p(最大)-ACカップリング
サポートされるパターン長(Opt. ADVTRIGによるパターン・トリガ)
2~223(8,388,608)
クロック-アイ、クロック-パターン・トリガ・モードのクロック入力ジッタ(代表値)

0.15~0.40GHz:900fs(実効値)

0.40~1.25GHz:800fs

1.25~20GHz:425 fs

クロック-アイ、クロック-パターン・トリガ・モードのクロック入力ジッタ(最大値)

0.80~1.25GHz:900fs(実効値)

1.25~11.20 GHz:500fs

11.20~15.0 GHz:600fs

TDRトリガ
TDRステップ・レート

25~300kHz、1kHzステップで選択可能

実際のTDRステップ・レートは、要求されたレートから最大2%変動することがあります。

TDRトリガ・ジッタ
1.3ps rms(代表値)1.8ps rms(最大値)
フェーズ・リファレンス時間軸
フェーズ・リファレンス入力レンジ

標準の82A04B型:8~32GHz(保証値)、2~32GHz(代表値)

82A04B型 Opt. 60G:8~60GHz(保証値)、2~70GHz(代表値)

正弦波以外のクロック周波数が8GHz未満の場合、クロック信号の高調波を除去するにはクロック入力のフィルタリングが必要になることがあります。(「アクセサリ」の項の部品番号:020-2566-xx、020-2567-xx、020-2568-xxをご参照ください。)

フェーズ・リファレンス入力感度
最高のジッタ性能は、82A04B 型のクロック入力: 0.6~1.8V において。フェーズ・リファレンス時間軸は、ジッタの増加に対して100mV(代表値)まで対応
ジッタ

f≧8GHz:100fs rms、10GHz以上の高速サンプリング・モジュール

2GHz≦f<8GHz:140fs rms、10GHz以上の高速サンプリング・モジュール(代表値)

トリガ・ダイレクト入力
トリガ感度

DC~4GHzで50mV(代表値)

DC~3GHzで100mV(保証値)

トリガ・レベル・レンジ
±1.0V
トリガ入力レンジ
±1.5V
トリガ・ホールドオフ
0.5ns単位、5μs~50msの範囲で調整可能
トリガ・ダイレクト入力ジッタ

1.1fs rms+(水平位置の+5ppm)(代表値)

1.5ps rms+(水平位置の+10ppm)(最大値)

アクイジション・システム
アクイジション・モード
サンプル(ノーマル)、エンベロープ、アベレージ
サンプリング・モジュールの収納数

電気:デュアル・チャンネルで最大4モジュール、光:最大2モジュール。

電源のみを必要とするモジュールを除き、何らかのモジュールをCh1/Ch2の大スロットに取付けると、Ch1/Ch2の小スロットの機能が無効になります。また、電源のみを必要とするモジュールを除き、何らかのモジュールをCh3/Ch4の大スロットに取付けると、Ch3/Ch4の小スロットの機能が無効になります。

同時取込入力数
最大8チャンネル
最高アクイジション・レート

チャンネル当たり300kS/s(TDRモード)、

200kS/s/ch(その他のすべての非フェーズ・リファレンス・モード)

120kS/s/ch(フェーズ・リファレンス・モード)

波形測定
システム測定レート
DSA8300型は、最大8パラメータまで同時測定ができ、オプションの統計測定(最小、最大、平均、標準偏差)表示を使用して、測定値が1秒当り3回更新されます。
測定セット
120種以上の自動測定には、RZ、NRZ、パルスの信号タイプと以下の測定種類が含まれます。
振幅測定
ハイ、ロー、振幅、P-P、最大値、中間値、最小値、平均値、+オーバシュート、-オーバシュート、P-P、平均光パワー(dBm、ワット)、ノイズ、ノイズ実効値、SNR、アイの高さ、アイ開口ファクタ、消光比(比、%、dB)、圧縮比(比、%、dB)、OMA、Qファクタ、実効値、AC実効値、サイクル実効値、サイクル平均値、ゲイン、交差%、交差レベルOMA、VMA
タイミング測定
立上り、立下り、周期、ビット・レート、ビット時間、周波数、交差時間、+クロス、―クロス、ジッタ(P-P、実効値)、アイの幅、+幅、-幅、バースト幅、+デューティ・サイクル、-デューティ・サイクル、デューティ・サイクル歪み、遅延、位相、パルス対称性
領域測定
領域、サイクル領域
カーソル
ドット、垂直バー、水平バー
波形処理
次の演算関数を使用して最高8つの演算波形を定義し、表示可能:加算、減算、乗算、除算、平均、微分、指数、積分、自然対数、対数、振幅、最小、最大、平方根、フィルタ。さらに演算波形定義で、測定値はスカラとして使用可能
マスク・テスト
数多くのアプリケーションに対応した規格マスクが定義済みで内蔵されています。 広く使用されている規格マスクの多くは、下記のサポートされる規格リストに示されています。利用可能なマスクの詳細については、当社担当営業までお問い合わせください。特に断りのない限り、ファイルベース・マスクによりカスタム・マスクがファイルとしてロード可能です。UIまたはPIでユーザ定義のマスクを作成することもできます。
サポートする規格
タイプ規格
Ethernet100BASE-LX10 125.0Mbps100BASE-BX10 125.0Mbps
Gigabit Ethernet 1.250Gbps
1000BASE-KX 1.250Gbps
2 GBE 2.500Gbps 10GBASE-X4 3.125Gbps
10GBASE-W 9.95328Gbps
10GBASE-R 10.3125Gbps
FEC11.10 11.095728Gbps
10GBASE-LRM 10.31250Gbps
40GBASE-FR 41.25Gbps
40GBASE-LR4 10.3125Gbps
40GBASE-SR4 10.3125Gbps
100GBASE-ER4 25.71825Gbps
100GBASE-LR4 25.71825Gbps
100GBASE-SR10 10.3125Gbps
100GBASE-SR4 25.7185Gbps
SONET/SDHOC-1/STM-0 51.84Mbps
OC-3/STM-1 155.52Mbps
OC-12/STM-4,622.08Mbps
OC-48/STM-16 2.48832Gbps
FEC2.666 2.6660571Gbps
OC-192/STM-64 9.95328Gbps
FEC10.66 10.6642Gbps
FEC10.71 10.709225Gbps
OTU4 27.95Gbps
OC-768/STM-256 39.81312Gbps
FEC42.66 42.6569Gbps
FEC43.02 43.018414Gbps
Fibre Channel光FC133 132.81Mbps
FC266 265.6Mbps
FC531 531.2Mbps
FC1063 1.0625Gbps
FC2125 2.125Gbps
FC4250 4.250Gbps
8GFC 8.500Gbps
10GFC 10.518750Gbps
FC11317 11.3170Gbps
16GFC MM r6.1 14.025Gbps
16GFC SM r6.1 14.025Gbps
32GFC 28.05Gbps
Fibre Channel電気FC133 132.81Mbps
FC266 265.6Mbps
FC531 531.2Mbps
FC1063 1.0625Gbps
FC2125E 2.125GbpsAbs、Beta、Tx/Rx、Abs、Gamma、Tx/Rx
FC4250E 4.250GbpsAbs、Beta、Tx/Rx、Abs、Gamma、Tx/Rx
FC8500E 8.500GbpsAbs、Beta、Tx/Rx、Abs、Gamma、Tx/Rx
SATAG1 1.500Gbps Tx、Rx
G2 3,000Gbps Tx、Rx
G3 6,000Gbps Tx、Rx
ディスプレイ・システム
タッチ・スクリーン・ディスプレイ
対角264mm(10.4型)、カラーLCD
カラー
16,777,216(24ビット)
ビデオ解像度
水平1024×垂直768表示ピクセル
拡大表示
DSA8300型は、メインの時間軸に加えて2種類の拡大表示をサポートしています。これらの拡大表示は、メイン時間軸と同じか、それよりも速い時間/divの独立した時間軸設定で表示することができます。
入出力ポート
前面パネル
USB2.0ポート
USB 2.0コネクタx1(2012年12月以降に出荷された機器は、前面パネルに3個のUSBポートを装備)
帯電防止コネクタ
バナナ・コネクタ、1MΩ
トリガ・ダイレクト入力
「トリガ・システム」仕様を参照してください
クロック入力/プリスケール・トリガ
「トリガ・システム」仕様を参照してください
TDRクロック出力
「トリガ・システム」仕様を参照してください
DC校正出力
±1.25V(最大)
後部パネル
USBポート
USB 2.0コネクタ×4 
LANポート
RJ-45コネクタ、10/100/1000BASE-Tをサポート
シリアル・ポート
DB-9 COM1、COM2ポート
GPIB
IEEE488.2コネクタ
DVI-Iビデオ・ポート

DVIコネクタ(メス)

外部モニタまたはプロジェクタに接続してライブ波形などを表示。プライマリWindowsデスクトップも、これらのポートを使用して外部モニタに表示可能

または、DVI-IポートをセカンダリWindowsデスクトップ(拡張デスクトップまたはデュアルモニタ表示とも呼ばれる)を表示するように設定可能

DVI-VGA 15ピンD-Subコネクタ・アダプタ付属

PS2シリアル・ポート
マウスおよびキーボード入力
オーディオ・ポート
マイク入力およびライン出力
データ・ストレージ
波形データベース
4つの独立した蓄積波形レコード(それぞれ最大4M波形ポイント)。4つの各波形データベースで、真のファーストイン/ファーストアウトの最大2000波形による可変波形データベース・モードを利用可能(最大2Mサンプル/波形データベース)
ハード・ディスク・ドライブ
後部パネル、リムーバブル・ハード・ディスク・ドライブ、500Gバイト
光ディスク・ドライブ
前面パネル、読み取り専用DVD/CD R/Wドライブ(CD作成ソフトウェア・アプリケーション付き)
不揮発性ストレージ
USB 2.0のフラッシュ・メモリ
コンピュータ・システム
オペレーティング・システム
Microsoft Windows 7 Ultimate(32ビット)
CPU
Intel Core™ 2 Duo CPU(3GHz)
電源
電源電圧と周波数

90~250V

50~400Hz

消費電力

205W、代表値、メインフレームのみ

330W、代表値、全負荷

600W、最大

寸法/質量
寸法
 mm インチ
475 18.0 
高さ34313.5
奥行41916.5
 kg ポンド
質量 21 46 
EMC(電磁適合性)および安全性
温度
動作時
+10~+40℃
非動作時
-22~+60℃
高度
動作時
3,048m
非動作時
12,190m
相対湿度
動作時(CD-ROMが入っていない状態)
40℃以下で20~80%(40℃では相対湿度の上限は45%に低下)
EMC適合性
2004/108/EC
安全性
UL3111-1、CSA1010.1、EN61010-1、IEC61010-1 

ご注文の際は以下の型名をご使用ください。

DSA8300型デジタル・シリアル・アナライザ・サンプリング・オシロスコープの詳細については、当社Webサイト(jp.tek.com)からDSA8300型デジタル・シリアル・アナライザ、80C00シリーズ・サンプリング・モジュール、80E00シリーズ・サンプリング・モジュール、80A00シリーズ・モジュールのスペシフィケーション・テクニカル・リファレンス(当社部品番号 077-0571-xx)をダウンロードしてください。

型名
DSA8300
デジタル・シリアル・アナライザ
スタンダード・アクセサリ
071-2897-XX
DSA8300型デジタル・シリアル・アナライザ・クイック・スタート・ユーザ・マニュアル
119-7083-XX
キーボード
119-7054-XX
マウス
200-4519-XX
前面カバー
016-1441-XX
アクセサリ・ポーチ
119-6107-XX
タッチ・スクリーン・スタイラス×2
006-3415-XX
コイル状コード(1.8m)付きESDリスト・ストラップ
063-4356-XX
DSA8300型製品マニュアル CD
DSA8300型オンライン・ヘルプ(アプリケーション・ソフトウェアの一部)
DSA8300型プログラマ・オンライン・マニュアル(アプリケーション・ソフトウェアの一部)
020-3088-XX
DSA8300 TekScope製品ソフトウェア・インストール・キット
ご発注時の選択によって異なります。
電源ケーブル
013-0347-XX
VGA(Fe)-DVI(Ma)アダプタ
機器のオプション
Opt.
ADVTRG
拡張トリガとパターン・シンクの追加
80SSR4
100GBASE-SR4包括的トランスミッタ・コンプライアンス・テスト
80STDEC

100GBASE-SR4/TDEC(Transmitter and Dispersion Eye Closure)テスト

80S400G-TXO
PAM4光トランスミッタ・コンプライアンス・パッケージ。80SJNB opt. PAM4 opt. AdvancedのTDECQ測定機能も有効化。
PAM4
PAM4トランスミッタ解析機能(Opt. JNB01(80SJNB Advanced)またはOpt. JNB02(80SJNB Advanced+SDLA Visualizer)ソフトウェアが必要)
CEI-VSR
DSA8300型用OIF CEI 3.0準拠ソリューション
JNB
80SJNB Essentialsを追加。どちらのバージョンの80SJNBにも、80SJARBおよびRIN/RINxOMAアプリケーションが含まれています。
JNB01
80SJNB Advancedを追加
JNB02
80SJNB Advanced(SDLA Visualizerを含む)の追加
JARB
80SJARBを追加(Opt. JNB、JNB01、またはJNB02に含まれる)
ICMX
IConnect®、MeasureXtractorシグナル・インテグリティ/障害解析ソフトウェア
ICON
IConnect®シグナル・インテグリティ/障害解析ソフトウェア
SPAR
IConnect®Sパラメータ・ソフトウェア
DSA8300 400G-M4
400G光モジュール製造検査用の4チャンネルTDECQ測定ソフトウェア。このソフトウェアは、DSA8300型サンプリング・オシロ スコープを接続したPCで実行するように設計されています(DSA8300型をすでにお持ちのお客様は、DSA83UP 400G-M4を購入していただく必要があります)。
電源プラグ
Opt.A0
北米仕様電源プラグ(115 V、60 Hz)
Opt.A1
ユニバーサル欧州仕様電源プラグ(220 V、50 Hz)
Opt.A2
イギリス仕様電源プラグ(240 V、50 Hz)
Opt.A3
オーストラリア仕様電源プラグ(240 V、50 Hz)
Opt.A4
北米仕様電源プラグ(240V、50Hz)
Opt.A5
スイス仕様電源プラグ(220 V、50 Hz)
Opt.A6
日本仕様電源プラグ(100 V、50/60 Hz)
Opt.A10
中国仕様電源プラグ(50 Hz)
Opt.A11
インド仕様電源プラグ(50 Hz)
Opt.A12
ブラジル仕様電源プラグ(60 Hz)
Opt.A99
電源コードなし
言語オプション
Opt.L0
英語
Opt.L7
簡体字中国語
Opt.L8
繁体字中国語
Opt.L10
ロシア語

言語オプションには、その言語版の前面パネル用オーバーレイが付属します。

サービス・オプション
Opt.C3
3年標準校正(納品後2回実施)
Opt.C5
5年標準校正(納品後4回実施)
Opt.CA1
1回の校正または機能検証
Opt.D1
英文試験成績書
Opt.D3
3年試験成績書(Opt. C3と同時発注)
Opt.D5
5 年試験成績書(Opt. C5 と同時発注)
Opt.IF
アップグレードのインストール・サービス
Opt. R3
3年保証期間
Opt.R5
5年保証期間

オシロスコープのプローブとアクセサリは、保証およびサービスの対象外です。プローブとアクセサリの保証と校正については、それぞれのデータ・シートをご参照ください。

DSA83UP-DSA8300型アップグレード・キット
ADVTRIG
拡張トリガとパターン・シンクの追加
HDD8
取付ブラケット、OS、オシロスコープ・アプリケーションが付属したハードディスク・ドライブの追加
JARB
80SJARBを追加(Opt. JNB、JNB01、またはJNB02に含まれる)
JNB
80SJNB Essentialsを追加
JNB01
80SJNB Advancedを追加
JNB02
80SJNB Advanced(SDLA Visualizerを含む)の追加
JNBTOJNB01
JNBをJNB Advancedにアップグレード
JNBTOJNB02
JNBをJNB Advanced(SDLA Visualizerを含む)にアップグレード
JNB01TOJNB02
JNB01をJNB02にアップグレード(SDLA Visualizerを追加)
80SSR4
100GBASE-SR4包括的トランスミッタ・コンプライアンス・テスト(TDECを含む)、サンプリング・モジュールは80C18型か80C17型、または80C15型(Opt. CRTPを使用)を推奨
80STDEC
100GBASE-SR4/TDEC(Transmitter and Dispersion Eye Closure)、サンプリング・モジュールは80C18型か80C17型、80C15型(Opt. CRTPを使用)を推奨
80S400G-TXO
PAM4光学コンプライアンス・テストおよびTDECQ測定
PAM4
80SJNBのアップグレード:PAM4トランスミッタ解析機能を追加、80SJNB Advanced(JNB01)または80SJNB Advanced+SDLA(JNB02)ソフトウェアが必要
CEI-VSR
DSA8300型用OIF CEI 3.0準拠ソリューション
DSA83UP 400G-M4
400G光モジュール製造検査用ソフトウェアのアップグレード、4チャンネル対応TDECQ解析DSA8300型をお持ちのお客様用
DSA8300型のラック・マウント
016-1791-02 
DSA8300型用ラック・マウント・キット
オプショナル・アクセサリ
光モジュール

光モジュールは、DSA8300型の大スロットに差し込んで使用します。詳細については80C00シリーズ光モジュールのデータ・シートを参照してください。

すべての光モジュールには、FC/PCコネクタが付いています。オプションとして、ST/PC、D4/PC、Biconic、SMA 2.5、SC/PC、DIN/PC、HP/PC、SMA、DIAMOND 3.5のコネクタ・アダプタが用意されています。

80C07B
2.5GHzシングルモード/マルチモード、広波長帯(750~1,650nm)、オプションの統合クロック・リカバリによりマルチレート・データコム/テレコム・アプリケーションに適した光サンプリング・モジュールです。
80C08D
9GHz光チャンネル、シングルモード/マルチモード、広帯域(750~1,650nm)、オプションの統合クロック・リカバリにより8.5~12.5Gbpsアプリケーションに対応した光サンプリング・モジュールです。
80C10C
リファレンス・レシーバを内蔵した55/70/80GHzシングル・モード(1290~1330nm、1520~1620nm)の光サンプリング・モジュール1を内蔵した、55/70/80GHzシングルモード(1,290~1,330nm、1,520~1,620nm)の光サンプリング・モジュールです。オプションのトリガ・ピックオフとCR286A型などの外付けクロック・リカバリ・ユニットとの併用により、40Gbpsと100Gbps(4×25Gbps)、およびPAM4 50G/100G/200G/400G(25+GBd、53+GBd)のマルチレート・データコム/テレコム・アプリケーションに適しています。
80C11B
リファレンス・レシーバ1・フィルタを内蔵した、30GHzシングルモード(1,100~1,650nm)、8.5~14.1Gbpsのテレコム/データコム規格に適した光サンプリング・モジュールです。オプションで、8.5~12.6Gbpsアプリケーション用の統合クロック・リカバリが用意されています。
80C12B
光リファレンス・レシーバ1を内蔵した、12GHz光チャンネル、シングルモード/マルチモード、広波長帯(750~1,650nm)の光モジュールです。トリガ・ピックオフと80A05型またはCR125A型などの外付けクロック・リカバリ・ユニットとの併用により、155Mbps~12.5Gbpsのアプリケーションに適しています。
80C14
12GHz光チャンネル、シングルモード/マルチモード、広波長帯(750~1,650nm)の光モジュールです。トリガ・ピックオフとCR175A型またはCR286A型などの外付けクロック・リカバリ・ユニットとの併用により、8.5~12.5Gbpsのアプリケーションに適しています。
80C15
32GHz、シングルモード/マルチモードの光モジュールです。25Gbpsおよび100(4×25)Gbpsのマルチレート・データコム/テレ コム・アプリケーション、および50G/100G/200G/400GのPAM4アプリケーションに適しています。Opt. CRTPは、クロック・リカバリ(CR286A型を使用)またはエラー検出機能(PED4001型を使用)に使用されるクロック・リカバリ・トリガ・ピックオフ(CRTP)電気差動出力の生成が可能な高感度光入力機能を追加します。
80C17、80C18
32GHz、シングルモード/マルチモード、1チャンネル/2チャンネルの光モジュールです。25Gbpsおよび100(4×25)Gbpsのマルチレート・データコム/テレ コム・アプリケーション、および50G/100G/200G/400GのPAM4アプリケーションに適しています。
80C20、80C21
53GHz、シングルモード、1チャンネル/2チャンネルの光モジュールです。40Gbpsおよび100(4×25)Gbpsのマルチレート・データコム/テレ コム・アプリケーション、および50G/100G/200G/400GのPAM4アプリケーションに適しています。

1光リファレンス・レシーバ(ORR)は4次のベッセルトンプソン・フィルタで、周波数応答やその他の仕様が規格により定義されています。テクトロニクスでは、細かい仕様定義の違いに関わらず、一貫性のある最適な公称値と高品質のマスク・テスト結果が得られるように、応答を最適化します。

電気サンプリング・モジュール

電気サンプリング・モジュールは、DSA8300型に4つある小スロットに差し込んで使用します。詳細については80E00シリーズ電気サンプリング・モジュールのデータ・シートを参照してください。

80E11
70/60/401GHz電気サンプリング・モジュール(2ch)
80E11X1
70/60/401GHz電気サンプリング・モジュール(1ch)
80E10B
リモート2サンプリング・モジュール-50/40/301GHz、電気、2チャンネル、真の差動TDR機能
80E09B
リモート2サンプリング・モジュール-60/40/301GHz、電気、2チャンネル
80E08B
リモート2サンプリング・モジュール-真の差動TDR機能付き30/201GHz、電気、2チャンネル、真の差動TDR機能
80E07B
リモート2サンプリング・モジュール-30/201GHz、電気、2チャンネル
80E04
20GHz電気サンプリング・モジュール、真の差動TDR機能、2ch。リモート・サンプリングには、80X01型または80X02型電気サンプリング・モジュール延長ケーブルを使用
80E03
20GHz電気サンプリング・モジュール、2ch。リモート・サンプリングには、80X01型または80X02型電気サンプリング・モジュール延長ケーブルを使用

1周波数帯域はユーザ選択が可能です。

2各リモート・サンプラ/TDRジェネレータは、取込む信号の忠実度を高めるためにDUTに隣接して置けるよう、2mのリモート・ケーブル上にあります。

フェーズ・リファレンス・モジュール
82A04B型フェーズ・リファレンス・モジュールは、DSA8300型に取り付けて、取込むデータと同期したクロックを入力すると、DUTからの信号を取込むための非常に低ジッタのタイムベースが得られます。2GHz1から>60GHzを超えるクロックに対応できます。
82A04B型
フェーズ・リファレンス・モジュール-標準モジュールは最大32GHzのクロックをサポート。Opt. 60Gを使用した場合は60GHz以上のクロックをサポート

18GHz未満のクロック周波数の場合、クロック入力のフィルタにより、クロック信号からの高調波の除去が必要な場合があります(その他のアクセサリ020-2566-xx、020-2567-xx、020-2568-xxを参照)。

クロック・リカバリ・モジュール/機器
CR125A
クロック・リカバリ・ユニット。CR125A型は、連続した100Mbps~12.5Gbpsレンジの代表的な電気規格のシリアル・データ・ストリームからクロックを抽出。電気信号および80C12B型で使用可能
CR175A
クロック・リカバリ・ユニット。CR175A型は、連続した100Mbps~17.5Gbpsレンジの代表的な電気規格のシリアル・データ・ストリームからクロックを抽出。電気信号および80C12B型、80C14型で使用可能
CR286A-HS
クロック・リカバリ・ユニット。CR286A型は、連続した100Mbps~28.6Gbpsレンジの代表的な電気規格のシリアル・データ・ストリームからクロックを抽出。電気信号および80C12B型、80C14型、80C10B/80C10C型(最高レート:28.6Gbps)で使用可能注:使用する際には、ほとんどの場合、Opt. HS(高感度)が必要です。
10~28Gbpsアプリケーション用製品バンドル
80B28G
製品バンドル ― 構成製品:80E09B型電気サンプリング・モジュール、82A04B型フェーズ・リファレンス・モジュール、CR286A-HS型28.6GHzクロック・リカバリ・ユニット、80X01型(サンプリング・モジュール延長ケーブル(1m)+80A08型28Gbps測定アクセサリ・キット)、各1
推奨アクセサリ
80A09
26GHz ESDプロテクション・デバイス(直列、常時稼動)
80A02
EOS/ESD保護モジュール ― 電気サンプリング・モジュールの静電気保護用
80A03
TEKConnectプローブ・インタフェース・モジュール
80A08
最高28Gbps の電気測定用アクセサリ・キット(電気トリガ・ピックオフおよびCRU用ケーブル(すべて2.4mm)が付属)
80X01
電気サンプリング・モジュール延長ケーブル(1m)
80X02
電気サンプリング・モジュール延長ケーブル(2m)
キャリブレーション・キットとアクセサリ(サード・パーティ)

電気サンプリング・モジュールとIConnectソフトウェアで、Sパラメータの最良の測定結果を得るには、Maury Microwave社の精密校正キット、アダプタ・キット、コネクタ・セーバ、エアライン、トルク・レンチ、およびコネクタ・ゲージをお勧めします。

これらの部品は、80E00型モジュールの2.92mm、2.4mm、1.85mmコネクタと互換性があります。 校正キットと他の部品のご注文については、Maury Microwave (www.maurymw.com/tektronix.htm)をご参照ください。

Last Modified: 2018-06-01 05:00:00
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top