DPO4LMT/MDO3LMT型データ・シート

DPO4LMT/MDO3LMT型データ・シート

参考スタート価格

¥ 116,000

詳細情報:

オンラインで読む:

主な特長

  • 許容値を持たせた見本波形に対してリミット・テストによるパス/フェイルを判定
  • ITU-T、ANSI T1.102、およびUSB規格に基づいたマスク・テストに対応
  • ユーザ定義のマスクに基づいたマスク・テストを実行可能
  • テスト結果には詳細な統計情報が網羅されるため、信号の動きの詳細な解析が可能
  • テストのカスタマイズが可能なため、違反/フェイルの発生時に複数のアクションを設定可能
  • 高速な波形取込レートにより、毎秒数千個の波形のテストが可能

自動パス/フェイル・テスト

信号品質の検証はあらゆる組込みシステムにおいて重要な要素の1つです。信号の品質が期待通りであるかどうかを判断する手段として、マスク・テストが使用されています。マスクとは、オシロスコープの波形表示において信号が入ってはならない領域または部分を設定するものです。明確に定義されたテレコム規格に対する適合性テストが必要な場合、あるいは既知の見本波形と比較しながら信号の品質を検証する場合、MDO4000/MDO3000シリーズ用リミット/マスク・テスト・アプリケーション・モジュールを使用することにより、信号品質の自動統計解析を簡単に行えます。リミット/マスク・テスト機能では、マスクをすばやく正確に設定できるため、テレコムに関する各種の工業規格に準拠したテストを柔軟に構成できるだけでなく、詳細な統計情報を含むテスト結果が得られます。

リミット・テスト

信号品質を把握するためによく使用される手法として、既知の見本波形とテスト信号を比較する方法があります。見本波形に対して垂直軸/水平軸方向の許容値を持たせたマスクを作成することにより、すばやく、正確なパス/フェイル・テストを実行できます。この手法は、コンポーネントまたはシステムの品質を評価する際に、再現性のある迅速な意志決定が可能になるため、製造ラインでのテストなど、すばやい合否判定が必要なアプリケーションに最適です。リミット/マスク・テスト・アプリケーション・モジュールは、リミット・テスト用のマスクを保存しておけるため、ラボや製造ラインの複数のオシロスコープで再利用できます。


Thumbnail


リミット・テストでは、見本波形の周囲に垂直軸/水平軸方向の許容値を持たせたマスクを作成できるため、グリッチやラントなどの間欠的なイベントの検出が可能。見本波形とテスト信号を比較することにより、異常な動きをすばやく特定できる

規格に基づいたマスク・テスト

DPO4LMT型アプリケーション・モジュールでは、40種類以上のテレコム分野の工業規格に対応したマスクが提供されています。オシロスコープの内部メモリからそれぞれの規格マスクを読み込むだけで、パス/フェイル・テストを簡単に実行できます。表示領域全体において、規格に対する適合性がピクセルごとに判定されます。最高155Mbpsのデータ・レートのITU-TとANSI T1.102、およびハイスピードUSB 2.0に対応したマスク・テストを実行できます。


Thumbnail


USB 2.0ハイスピード規格マスクによるマスク・テストの結果表示。DPO4LMT型アプリケーションでは、テレコム分野の工業規格に対応したマスクが提供されているため、規格適合性テストをすばやく正確に実行できる

さまざまなテスト構成に柔軟に対応可能

リミット/マスク・テスト・アプリケーション・モジュールはテスト環境を柔軟に構成できるため、ニーズに合わせてテストをカスタマイズできます。波形の数(1,000,000個)または時間(最大48時間)をユーザ設定できるだけでなく、無限ループを設定して、手動で停止するまでテストを実行することもできます。繰返しテストとプリテスト遅延機能を組み合わせることで、複数のサイクルで構成されたテストを実行するときにも、次のサイクルに進む前にテストする箇所を入れ替えることができます。また、テストのステータスでフェイルと判定する基準となる違反の数を設定しておけます。オシロスコープでは、テストがフェイルになるか、または完了したときに、複数のアクションを実行できます。テストがフェイルのときに実行できるアクションとしては、アクイジションの停止、スクリーン・イメージのファイル保存、波形のファイル保存、スクリーン・イメージの印刷、トリガ・パルス出力、リモート・インタフェースSRQのセットなどがあります。テストが完了したときに実行できるアクションとしては、トリガ・パルス出力のセット、リモート・インタフェースSRQのセットなどがあります。


Thumbnail


リミット/マスク・テスト・アプリケーション・モジュールでは、テスト・フェイルまたは完了時に複数のアクションを実行できるため、特定のニーズに合わせてテストをカスタマイズできる

詳細なテスト結果

リミット/マスク・テスト・アプリケーション・モジュールでは、実施された各テストの結果から統計的な情報が得られます。テスト結果としては、テストのパス/フェイルのステータス、テストした波形の数、検出された違反の数、実行したテストの総数、総経過時間、マスク・ヒットの総数などがあります。詳細な結果表には、マスク・セグメントごとのヒット数も表示されます。そのため、信号が意図したパラメータの範囲外で動作している部分があれば正確に特定できます。


Thumbnail


詳細なテスト結果の画面には、現在のテストの結果とすべてのテストについての累積的な結果に関する統計的情報が表示される。違反数、テスト期間、ヒット総数、および各マスク・セグメントのヒット数などの情報が示される

性能

すべての仕様は、特に断りのないかぎり、すべての機種に適用されます。

リミット・テストの仕様
マスク・ソース
任意のCh1 ~ Ch4、または任意のR1 ~ R4
テスト・ソース
任意のCh1~Ch4
マスク作成のマージン

垂直軸マージン:0~1div、1mdiv(1/1000)ステップ

水平軸マージン:0~500mdiv、1mdiv(1/1000)ステップ

マスク・テストの仕様
テスト・ソース
任意のCh1~Ch4
付属する規格マスク(DPO4LMT型のみ)
ITU-T

DS-0 Single(64Kbps)
 DS-0 Double(64Kbps)
 DS-0 Data Contra(64Kbps)
 DS-0 Timing(64Kbps)
 DS1 Rate(1.544Mbps)
 DS1 G.703(1.544Mbps)
 E1 Sym Pair(2.048Mbps)
 E1 Coax Pair(2.048Mbps)
 Clk Int Sym(2.048Mbps)
 Clk Int Coax(2.048Mbps)
 DS2 Rate Sym(6.312Mbps)
 DS2 Rate Coax(6.312Mbps)
 E2(8.448Mbps)
 32Mb(32.064Mbps)
 E3(34.368Mbps)
 DS3 Rate(44.736Mbps)
 DS3 G.703(44.736Mbps)
 97Mb(97.728Mbps)
 E4 Binary 0(139.26Mbps)
 E4 Binary 1(139.26Mbps)
 STM1E Binary 0(155.52Mbps)
 STM1E Binary 1(155.52Mbps)
 STM-0 HDBx(51.84Mbps)
 STM-0 CMI 0(51.84Mbps)
 STM-0 CMI 1(51.84Mbps)


ANSI T1.102 

DS1(1.544Mbps)
 DS1A(2.048Mbps)
 DS1C (3.152Mbps)
 DS2(6.312Mbps)
 DS3(44.736Mbps)
 DS4NA(139.26Mbps)
 DS4NA Max Output(138.26Mbps)
 STS-1 Pulse(51.84Mbps)
 STS-1 Eye(51.84Mbps)
 STS-3 (155.52Mbps)
 STS-3 Max Output(155.52Mbps)

USB

HS:T1(480Mbps)
 HS:T2(480Mbps)
 HS:T3(480Mbps)
 HS:T4(480Mbps)
 HS:T5(480Mbps)
 HS:T6(480Mbps)

マスクの作成

テキスト・ファイルから、最大8セグメントまでのカスタム・マスクをロード

DPO4LMT型のみ:内部メモリから規格マスクを選択

DPO4LMT型のみ:規格マスクをカスタム・マスクにコピー

カスタム・マスクの垂直軸マージン

-50%~+50%

正の値ではセグメントの上部と下部が離れるように広がり、負の値ではセグメントの上部と下部が接近

リミット/マスク・テスト(DPO)
マスク・ヒットのハイライト表示
マスク内部のヒット箇所がハイライト表示される
マスク・スケーリング

マスクにソースをロックする(ソース・チャンネルの設定変更時、マスクのスケールを自動調節する)

マスクにソースをロックしない(ソース・チャンネルの設定変更時、マスクのスケールを自動調節しない)

テストの実行回数

最少波形数(1~1,000,000、無限)

最小時間(1秒~48時間、無限)

プリテスト遅延
0~200秒
完了時の繰返し

オン:最小波形数または最小経過時間に達するとテストが繰り返される

オフ:テストは1回実行されるのみで繰り返されない

違反のスレッショルド

テストのステータスでフェイルと判定する基準となる違反数(1~1,000,000)

テスト・フェイル時のアクション

アクイジションの停止

スクリーン・イメージのファイル保存

波形のファイル保存

スクリーン・イメージの印刷

トリガ出力パルス

リモート・インタフェースSRQのセット

テスト完了時のアクション

トリガ出力パルス

リモート・インタフェースSRQのセット

テスト結果の表示
すべてのテスト結果には、以下の統計情報(現在のテストの値とすべてのテストの累積値)が含まれる

テストのステータス

テストした波形の総数

違反数

実行したテストの総数

テスト・フェイルの数

総経過時間

総ヒット数

詳細な結果にはアクティブなマスクの各セグメントのヒット数も表示される

ご注文の際は以下の型名をご使用ください。

DPO4LMT型とDPO3LMT型の相違点
MDO4000シリーズ用(DPO4LMT型)またはMDO3000シリーズ用(MDO3LMT型)リミット/マスク・テスト・アプリケーション・モジュールは、どちらも既知の見本波形から生成したリミット/マスクに対してテスト、またはユーザ定義のカスタム・マスクを使用したマスク・テストを実行できます。DPO4LMT型モジュールの場合は、さらにテレコム規格マスクを使用したマスク・テストも実行できます。帯域350MHz以上の機種は、55Mbpsのテレコム標準のテストに推奨されます。また1GHz帯域機種は、ハイスピード(HS)USBのマスク・テストに推奨されます。
推奨プローブ
推奨プローブ、必要なプローブ・アダプタの詳細については、当社ウェブ・ サイト( www.tek.com/probes)をご参照ください。
Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top