5/6シリーズMSO Opt. 5-DPM/6-DPMアプリケーション・データ・シート

デジタル電源管理/解析ソフトウェア - パワーレール測定対応

参考スタート価格

-

詳細情報:

オンラインで読む:


Digital-Power-Management-Software-Enabling-Power-Rail-Designs-Datasheet


デジタル電源管理/解析(DPM)ソフトウェア・オプションは、5/6シリーズMSOオシロスコープにパワーレールの自動測定機能を提供します。複数のFlexChannel®入力と次世代のユーザ・インタフェースを備えた5/6シリーズMSOでリップル、オーバシュート/アンダシュート、電源シーケンシング、振幅、タイミングなどの測定および解析が行えます。パワーレール・プローブまたは受動プローブを使用して、複数のパワーレールを同時に解析できます。

DPMソフトウェアによって、測定項目、テスト結果、プロットなどが記載されたレポートが自動的に生成されます。このソリューションを活用すれば、商品化までの時間を大幅に短縮できます。

主な特長
  • パワーレール上のリップルを計算するリップル解析機能により、確実に要件を満たした設計を実現
  • トランジェント解析によりオーバシュート/アンダシュートを測定することで、パワーレールの公称値からの変動幅の評価が可能
  • 電源シーケンス解析によりパワーレールが要求時間内にオンまたはオフの状態に達しているかどうかの検証が可能
  • マルチレールに対応したテストにより設計、検証、テストの時間が短縮
  • 最適なオシロスコープ設定を可能にするパワーレール・オートセット/プリセット機能
  • TPR1000/TPR4000型パワーレール・プローブを使用することで、最大60VDCのオフセット、1GHzまたは4GHzの周波数帯域による低ノイズ、低負荷の測定が可能
  • すべての測定、コンフィグレーション、測定結果の画面でプログラミング・インタフェース・コマンドを使用可能
  • アクティブなパワー測定、プロット、およびテーブルをMHT、PDF、またはCSVフォーマットのレポートに保存可能

アプリケーション

デジタル電源管理/解析ソフトウェアがあれば、5/6シリーズMSOオシロスコープを強力なデバッグ/解析ツールとして使用できるため、パワーレールをすばやく測定し、解析できます。パワーレール測定は、設計要件を満たすためだけでなく、高出力デバイスの高度な統合にも役立ちます。DPMソフトウェアを使用すれば、リップル解析、オーバシュート/アンダシュート、電源シーケンシングといった測定が自動化されるため、パワーレールを正確かつ効率的に特性評価できます。

DPMソフトウェアを装備した5/6シリーズMSOオシロスコープとパワーレール・プローブを組み合わせることで、パワーレールのテストに最適な高度な測定システムを構築できます。


Digital-Power-Management-Software-Enabling-Power-Rail-Designs-Datasheet

リップル解析

今日の複雑なICのパワーレールでは特に顕著ですが、リップルには厳格な制限値が規定されています。自動リップル解析機能を活用することで、そうした重要な測定を効率的に実施できます。まず、それぞれのパワーレールのリップル周波数の期待値を入力します。パワーレール・プリセット・ボタンを押すと、ソフトウェアによってその情報が使用され、最良の測定結果が得られるようにオシロスコープ設定が最適化されます。

複数のパワーレールを同時に解析できるため、設計や検証に必要なテスト時間を短縮できます。たとえば、8チャンネルの5シリーズMSOを使用すれば、最大7つのパワーレールを動じに測定できます。5/6シリーズMSOのSpectrum View機能を活用すれば、リップルのスペクトラム解析も実行できます。

(利用可能な場合には)PWMクロックを選択することで、サイクル単位で解析を実施し、それぞれのリップル・サイクルのp-p値やRMS値を測定できます。この場合、取込んだ波形のすべてのサイクルについての統計値が得られます。帯域制限機能を使用することで、異なる周波数帯域におけるリップルの数を解析できます。


Digital-Power-Management-Software-Enabling-Power-Rail-Designs-Datasheet

5/6-DPMでは複数のパワーレールで同時にリップルを測定できる。結果バッジ、結果表、および波形表示を活用することで、詳細な解析が可能


Digital-Power-Management-Software-Enabling-Power-Rail-Designs-Datasheet

5/6-DPMではマルチレールの同時テストが可能。そのため、設計、検証、テストの時間を大幅に短縮


Digital-Power-Management-Software-Enabling-Power-Rail-Designs-Datasheet



Digital-Power-Management-Software-Enabling-Power-Rail-Designs-Datasheet


5/6-DPMではリップルを測定するだけでなく、リップルの詳細な解析も可能。Spectrum View機能を使用することで、リップルの発生源を特定できるなど、パワーレールの設計者に強力な機能を提供

電源シーケンス解析

7つのパワーレールで電源シーケンス解析を同時に実行し、ターンオン/ターンオフ時間を自動的に測定できます。パワーレールの電源シーケンスを測定することで、要求時間内に確実にターンオン/ターンオフの状態に達する適切な設計が可能になります。テストを自動化することで、異なる負荷条件の下でも、一貫性のある正確なテスト結果が得られます。


Digital-Power-Management-Software-Enabling-Power-Rail-Designs-Datasheet

電源シーケンス解析を使用することで、複数のパワーレールでターンオン/ターンオフ・テストを同時に実施可能


Digital-Power-Management-Software-Enabling-Power-Rail-Designs-Datasheet

5/6-DPMではマルチレールのパワーオン・テストを同時に実施可能

テストをセットアップするには、公称入力/出力電圧、トリガ・レベル、待機時間(期間)を指定します。パワーレール・プリセット・ボタンを押すだけで、最適化プロセスが起動され、最適な結果が得られるようにソフトウェアによってスケール設定、レコード長、サンプル・レートが最適化されます。オシロスコープを動作可能な状態にして、DUTの電源をオンにするだけで、測定が開始されます。

ターンオン/ターンオフ時間が結果バッジに表示され、色分けされたインジケータを使用して波形上に示されます。結果は表形式でも表示されます。結果表を調べ、異常な値がないか確認し、設計の待機時間を比較し、検証します。


Digital-Power-Management-Software-Enabling-Power-Rail-Designs-Datasheet

5/6-DPMではマルチレールのパワーオフ・テストを同時に実施可能

トランジェント解析

トランジェント解析は、オーバシュートとアンダシュートの測定で構成されます。複数のパワーレールに対しても、簡単なステップに従うだけで、同時かつ自動的に測定を実施できます。

Digital-Power-Management-Software-Enabling-Power-Rail-Designs-Datasheet

5/6 DPMのコンフィグレーション画面を使用することで、設計エンジニアは解析に必要なソース、基準電圧、周波数帯域を選択できる

テストを開始する前にそれぞれのパワーレールの基準電圧が設定されます。オーバシュート測定では、最大電圧と基準電圧の差が示されます。アンダシュート測定では、最小電圧と基準電圧の差が示されます。

この測定は、取り込んだ波形の1つのサイクルに対して実行することも、あるいはすべてのサイクルに対して実行することもできます(サイクル・モード)。パワーレール信号に基づいて、またはシステムの別の信号に基づいて、サイクルを同期させることができます。サイクル単位での測定では、統計、ヒストグラム、プロットを解析に使用できます。帯域制限機能を使用することで、異なる周波数帯域におけるリップルの数を解析できます。


Digital-Power-Management-Software-Enabling-Power-Rail-Designs-Datasheet

5/6-DPMを使用すれば、複数のパワーレールで同時に包括的なオーバシュート/アンダシュート測定が可能

レポート生成

DPMソフトウェアを使用すれば、設計/開発プロセスに不可欠なデータ収集、保存、文書化といった作業が大幅に簡素化されます。MHT、PDF、CSVフォーマットのレポートを生成できるため、測定結果を簡単に文書化できます。

DPMソフトウェアは、テストの全実行結果を合否判定結果と共に各種レポート形式にまとめる機能を備えており、効率的な解析が可能です。


Digital-Power-Management-Software-Enabling-Power-Rail-Designs-Datasheet

測定機能

リップル解析
複数のパワーレールで同時にリップルを測定。使用するオシロスコープおよびパワーレール・プローブによって異なるが、10mV未満(MSO64型)または10mV以上(MSO5シリーズ)のリップルの測定が可能。Spectrum Viewを使用することで、リップルの発生源も特定可能。リップル周波数はパワーレールごとに設定が可能。オシロスコープのチャンネルの垂直軸メニューを使用した帯域制限にも対応
トランジェント解析
オーバシュート/アンダシュート測定機能により、パワーレール固有のオーバシュートおよびアンダーシュートを測定。マルチ・レールに対応しており、テスト時間が大幅に短縮。オーバシュート/アンダシュートの計算で電圧レベルおよび基準電圧レベルの指定が可能。オシロスコープのチャンネルの垂直軸メニューを使用した帯域制限にも対応
電源シーケンス解析(受動プローブの使用を推奨)

ターンオン/ターンオフ時間測定機能を使用することで、すべてのレールのターンオン時間またはターンオフ時間の同時測定が可能。取込み時間も指定可能

プロット
ヒストグラム
レポート
MHTおよびPDFフォーマット、CSVフォーマットによるデータのエクスポートが可能
消磁/デスキュー(静的)
プローブの自動検出とオートゼロ機能。各チャンネルのメニューからプローブのデスキューが可能
測定ソース
ライブ信号(アナログ)、リファレンス波形、演算波形
Last Modified: 2019-08-28 05:00:00
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top