MSO/DPO70000シリーズ・データ・シート

ミックスド・シグナル・オシロスコープ/デジタル・フォスファ・オシロスコープ

オンラインで読む:

プロトタイプの電源投入から製造テストまでの設計サイクルにおいて、多くのエンジニアはオシロスコープをツールとして使用しています。MSO/DPO70000シリーズ・オシロスコープの優れた機能、信号取込性能、解析機能は、エンジニアの迅速な測定作業を支援します。

主な性能仕様
  • 最高アナログ周波数帯域:33GHz、最小立上り時間:9ps。最新のハイスピード・シリアル規格の測定にも対応最高33GHzのアナログ帯域と9psの立上り時間
  • 2チャンネル同時、真の33GHzリアルタイム・アナログ帯域を実現(33GHzの機種)
  • 業界トップクラスのサンプル・レートと時間分解能
    • 100GS/s(2チャンネル同時)(33、25、23、20、16、12.5GHzの機種)
  • 4チャンネル同時性能
    • 最高周波数帯域: 23GHz
    • 最高リアルタイム・サンプル・レート: 50GS/s
    • 最大レコード長:500Mサンプル・ポイント(ロング・メモリの観測を容易にするMultiView Zoom機能付)
    • 最高波形取込レート: 300,000波形/秒以上
  • デジタル/アナログ信号のデバッグ用に16のロジック・チャンネル、80psのタイミング分解能(MSO70000シリーズのみ)
  • 1回のプローブ接続でデジタル・チャンネル信号のアナログ特性が観測可能なiCapture®機能
  • 6.25Gbpsのリアルタイム・シリアル・トリガ - 設定したNRZまたは8B/10Bパターンにトリガし、パターン特有の影響を特定
  • 高速シリアル規格、ワイドバンドRF、電源、メモリなどのアプリケーションに対応し、規格独自の適合性、自動測定、優れた操作性を実現
主な特長
  • 優れたシグナル・インテグリティとS/N(信号対ノイズ)比-優れた波形再現性を実現
  • Pinpointトリガ-問題となっている信号をすばやく取込むことができ、効率的なトラブルシューティング、デバッグ時間の短縮が可能
  • ビジュアル・トリガ-トリガ・イベントを正確に定義することで、複雑な波形から特定のイベントを検出可能
  • サーチ&マーク-波形またはシリアル・バスのパターンを検出し、重要なイベントにソフトウェア・トリガ
  • 自動シリアル解析オプション‐PCI Express、8B/10Bエンコード・シリアル・データ、I2C、SPI、CAN、LIN、FlexRay、RS-232/422/485/UART、USB 2.0、HSIC、MIL-STD-1553B、MIPI® C-PHY、D-PHY、およびM-PHY
  • P7600/P7500シリーズTriModeプローブ-さまざまな信号接続に対応
  • 最高周波数帯域2.5GHzのP6780型、P6750型、P6717A型17チャンネル高性能ロジック・プローブにより、高速のデジタル信号にプロービング可能(MSO70000シリーズのみ)
拡張性
  • 前面パネル、後部パネルの両方にUSB2.0ホスト・ポートを装備、データ保存、印刷、USBキーボードの接続が容易に
  • 10/100BASE-T Ethernetポートによるネットワーク接続とビデオ出力ポートを装備、オシロスコープの表示を外部モニタ、プロジェクタに出力可能
アプリケーション・サポート
  • ハイスピード・シリアル業界の規格適合性
  • SignalVu RF/ベクトル・シグナル解析
  • DDRメモリ・バス解析
アプリケーション
  • シグナル・インテグリティ/ジッタ/タイミング解析を含むデザイン検証
  • 高速、最先端設計の特性検証
  • 業界規格のシリアル・データ・ストリームの適合性試験
  • メモリ・バスの解析とデバッグ
  • プロトタイプの電源投入と電源検証
  • 過渡現象の研究/調査
  • 複雑なシステムの製造テスト
  • トランジェント信号またはワイドバンドRF信号のスペクトラム解析
機種一覧表
型名 アナログ帯域 アナログ・サンプル・レート(2/4Ch) 標準レコード長(アナログ+デジタル)(ポイント) アナログ・チャンネル数 ロジック・チャンネル数
DPO70404C型 4GHz 25GS/s 31M
MSO70404C型 4GHz 25GS/s 62M 16 
DPO70604C型 6GHz 25GS/s 31M
MSO70604C型 6GHz 25GS/s 62M 16 
DPO70804C型 8GHz 25GS/s 31M
MSO70804C型 8GHz 25GS/s 62M 16 
DPO71254C型 12.5GHz 100GS/s/50GS/s 31M
MSO71254C型 12.5GHz 100GS/s/50GS/s 62M 16 
DPO71604C型 16GHz 100GS/s/50GS/s 31M
MSO71604C型 16GHz 100GS/s/50GS/s 62M 16 
DPO72004C型 20GHz 100GS/s/50GS/s 31M
MSO72004C型 20GHz 100GS/s/50GS/s 62M 16 
DPO72304DX型 23GHz 100GS/s/50GS/s 31M
MSO72304DX型 23GHz 100GS/s/50GS/s 62M 16 
DPO72504DX型 25GHz 100GS/s/50GS/s 31M
MSO72504DX型 25GHz 100GS/s/50GS/s 62M 16 
DPO73304DX型 33GHz 100GS/s/50GS/s 31M
MSO73304DX型 33GHz 100GS/s/50GS/s 62M 16 

システムの電源投入と検証

最初の電源投入から初期の機能チェックまで、MSO/DPO70000シリーズには必要とされる機能が装備されています。

4チャンネルによる優れた信号取込性能

DPO70000シリーズは、低ノイズ性能と最高50GS/sのサンプル・レート(4チャンネル同時)があり、オシロスコープによるノイズやジッタの影響を気にすることなく、シグナル・インテグリティのチェック、タイミング解析を行うことができます。4チャンネル同時に最高23GHzのシングルショット帯域があるため、3チャンネル以上を使用した場合でもサンプリング不足を気にすることなく必要な信号を取込むことができます。

低い内部ノイズ、ジッタが必要なアプリケーションでは、100GS/sのサンプリング性能によりさらにノイズ、ジッタが低減されるため、更なる測定マージンが生まれます。

優れた信号取込性能とS/N性能

MSO/DPO70000シリーズには優れたシグナル・インテグリティとS/N(信号対ノイズ)比があり、確実な測定結果が得られます。

  • 4チャンネル同時、最高33GHzの広帯域性能
  • 帯域補正機能により、プローブ先端まで優れた周波数応答を実現。チャンネルごとにフィルタが選択可能で、非常に高速な信号の振幅と位相を正確に再現します。さらに当社独自の機能として、高速の測定スループットが要求されるアプリケーションに対しては、帯域補正機能をオフにすることができます。
  • すべてのチャンネルで同時に高いサンプル・レートを実現し、トランジェント、異常信号、高速エッジなどの信号の細部まで取込むことが可能です。
    • 12.5~33GHzの機種では、最高100GS/s(2チャンネル同時)、50GS/s(4チャンネル同時)のアナログ・サンプル・レート
    • 4GHz、6GHz、8GHzの機種では、最高25GS/sのアナログ・サンプル・レート(4チャンネル同時)
    • MSO70000シリーズでは12.5GS/sのロジック・チャンネル・サンプル・レート
  • 低ジッタ・ノイズ・フロアと優れた垂直軸確度により、測定マージンを大きくとることが可能
  • 長いレコード長により、高分解能で長い時間の取込みが可能
    • 標準で31Mポイント/チャンネル(DPO70000シリーズ)、62Mポイント/チャンネル(MSO70000シリーズ)
    • オプションで、最大125Mポイント(4チャンネル同時、4/6/8GHz機種)、250Mポイント(4チャンネル同時、12.5~20GHz機種)、500M/1Gポイント(4/2チャンネル同時、23/25/33GHz機種)
    • MSO70000シリーズのロジック・チャンネルはアナログ・チャンネルと同じメモリ長があり、アナログとデジタルの優れた信号取込みが可能
    • MultiView Zoom機能により、ロング・メモリを容易にコントロールでき、複数の波形の比較、解析が容易に行える
  • 高いS/N比と低い内部ノイズ・フロアにより、精度の高い特性評価測定が可能。DUTのデバッグにおいては、低いノイズ・フロアと優れた信号忠実度により、DUTの性能に影響を及ぼすような小さな異常信号でも検出できる。RF信号の検証では、低いノイズ・フロアは広いダイナミック・レンジとなるため、MSO/DPO70000シリーズをさまざまなアプリケーションで利用することが可能

豊富なプローブ・ソリューション

8Gbpsのシリアル・データ測定、高速なデジタル・ロジック測定、電源回路設計におけるスイッチング電流測定などに対して、アクティブ・シングルエンド・プローブ、差動プローブ、ロジック・プローブ、高電圧プローブ、電流プローブ、光プローブなど、さまざまなプローブを用意しています。

MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet

P7633型TriModeプローブの使用により、複雑な測定セットアップが簡単になる


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


P6780型差動ロジック・プローブを使用すると、最高16チャンネルのデジタル信号を広帯域で取込むことが可能

16チャンネルのデジタル信号取込み(MSO70000シリーズのみ)

検証すべきインタフェースが数多くある場合でも、MSO70000シリーズには4つのアナログ・チャンネルと16のロジック・チャンネルが装備されており、チャンネル間のタイミングも効率的にチェックできます。MSO70000シリーズのデジタル・アクイジション・システムのタイミング分解能は80psであり、最高20チャンネル同時に正確なタイミング測定を行うことができます。

iCapture-1回の接続でアナログとデジタルの両方が取込み可能(MSO70000シリーズ)

検証すべき信号の数が多くなると、設計にかかる時間が長くなることがあります。iCaptureデジタル・アナログ・マルチプレクサ機能により、エンジニアはプローブまたはコネクタを切り替えることなく、MSO70000シリーズのデジタル・チャンネルに接続された16の信号から任意の信号のアナログ特性を簡単に、すばやく検証することができます。iCaptureを使用すると、任意の入力チャンネルのアナログ特性をすばやく観測することができます。信号が正しく動作しているのであれば、デジタル表示のままにして、続けて次の信号線をテストできます。

バス・デコードとバス・トリガ

DDR SDRAMインタフェースなどでは、システムの動作を検証するために特定のステートを観測しなければならないことがあります。MSO/DPO70000シリーズには、パラレル・バスとシリアル・バスのデコード機能があり、システムの動作を詳細に観測できます。MSO/DPO70000シリーズのバス・トリガ機能を使用すると、バスを指定し、ビット・パターンまたはシンボル・ワードを設定するだけで必要なステートを分離したり、無効なバス・シーケンスを検出することができます。さらに、 8B/10Bデコード・データ、I2C、SPI、RS-232/422/485/UART、USB、MIPI DSI/CSI2バスのシリア・バス・デコード機能により、どこでコントロール・パケットが始まり、どこで終わるのか、またアドレス、データ、CRCなどのサブパケット・コンポーネントを確認することもできます。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


シンボル表示形式のバス表示により、システム・ステートの確認やバス・トリガの設定が簡単になる

全チャンネルでロング・メモリが使用可能

DPO70000シリーズは4チャンネル同時に、MSO70000シリーズでは16のデジタル・チャンネルでロング・メモリを使用できるためタイミング分解能を犠牲にすることなく、電源シーケンスやシステム・ステータスなどの長時間のイベントを解析することができます。4/6/8GHz機種ではOpt. 10XLを装備することで125Mポイントまで、12.5~20GHz機種ではOpt. 20XLを装備することで250Mポイントまで、23~33GHz機種ではOpt. 50XLを装備することで500Mポイント(4チャンネル同時)/1Gポイント(2チャンネル同時)まで拡張できます。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


同期のある高速信号と低速信号を25GS/sのサンプル・レートで10ms間取込んだ例

どのシステムにおいても、電源は障害が発生しやすいポイントです。電源システムのテストは、時間がかかるものです。MSO70000シリーズはデジタル・チャンネルごとに独立したスレッショルドを設定できるため、複数のロジック電圧が設定でき、システムの電源を同時に、すばやく観測することができます。

プロトコル・トリガとシリアル・パターン・トリガ

シリアル・アーキテクチャの検証では、NRZシリアル・データ・ストリームに対し内蔵のクロック・リカバリ機能付きNRZシリアル・パターン・トリガを使用して、物理レイヤ、リンク・レイヤにおいてイベントを関連付けることができます。オシロスコープでクロック信号を抽出し、トランジションを識別し、エンコード・ワードを設定してシリアル・パターン・トリガを設定します。この機能は、MSO70000シリーズでは標準で装備されていま。DPO70000シリーズではOpt.ST6Gで装備できます。USB 3.0などの高速ビット・レート規格では、8B/10Bのシリアル・パターン・トリガ/デコードは6.25Gbpsまでサポートします。

パターン・ロック・トリガはNRZシリアル・パターン・トリガの機能拡張で、ロング・シリアル・テスト・パターンの取込みをパターン長に同期させることにより、優れた時間軸精度での取込みが可能になります。パターン・ロック・トリガでは、ロング・シリアル・データ・パターンのランダム・ジッタを除去することができます。特定のビット・トランジションの影響を調べたり、マスク・テストでアベレージングを使用することもできます。MSO70000シリーズでは標準で、DPO70000シリーズではOpt. ST6Gの一部として、6.25GbpsまでのNRZシリアル・データ・ストリームをサポートします。

ビジュアル・トリガ - 特定の信号をすばやく検出

複雑なバスから特定のサイクルを検出するには、何時間もデータを取込み、何千というアクイジションを調べる必要があります。そのイベントが発生したときのみ表示するようにトリガ設定できれば、この時間を短縮することができます。えます。

ビジュアル・トリガでは、Pinpointトリガで取込んだすべての波形取込をスキャンし、ディスプレイに表示される領域(波形形状)と比較します。マウスまたはタッチスクリーンにより最大8つの領域が設定でき、三角形、長方形、六角形、台形などの形状が作成でき、さまざまなトリガ動作にも対応する領域が設定できます。形状が作成できれば、必要に応じて理想的なトリガ条件になるように編集することもできます。

ビジュアル・トリガは、以下の例に示すように、複雑な信号に対してテクトロニクスのオシロスコープのトリガ機能を拡張できます。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


独自のシリアル・トリガ例。1101 0101のシリアル・データ・パターンを検出するようにビジュアル・トリガを設定


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


複数チャンネルの観測例。ビジュアル・トリガの領域は、2つのUSB 2.0バスを同時に伝送するパケットなど、複数のチャンネルのイベントに関連付けることが可能

重要な信号インベントにのみトリガすることで、手作業での取込み、アクイジションから検索するのに要する時間を大幅に削減できます。数十秒、数分の単位で重要なイベントが検出でき、短時間のうちにデバッグ/解析作業を終わらせることができます。Mark All Trigger Events(すべてのトリガ・イベントにマーク)機能を使用すれば、ビジュアル・トリガを設定するとオシロスコープは取込んだすべての波形から同じ特性のイベントを自動的に検索し、そのすべてにマークを付けることができます。

DDRメモリ・バスのイベントには、クロック、ストローブ、データ・チャンネル、複数のデータの振幅とバーストが含まれる


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


DDRメモリの例。ビジュアル・トリガを使用し、DDR3の特定のビット・パターンにおける、めったに発生しない書込みバーストを分離した例。トリガ・イベントは、DQローンチが非トライステートの電圧値からスタートする、11000000の書込みDQバースト。DDRメモリ・バスのイベントには、クロック、ストローブ、データ・チャンネル、複数のデータの振幅とバーストが含まれる


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


ブール・ロジック・トリガ・クオリフィケーションの例。ロジックORを使用したブール論理により、各ビットを同時にモニタし、任意のポイントにおける異常を取込むことが可能


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


10パルスのバースト幅にトリガした例。この例のように、最初のクロック・パルス前にMust be outsideの領域を、10パルス後にMust be outsideを設定することにより、目的のバースト幅を取込むようにビジュアル・トリガを設定可能

システムの特性評価とマージン・テスト

設計どおりに動作したならば、次のステップとしてその性能をしっかりと評価します。MSO/DPO70000シリーズには、演算式、波形マスク・テスト、パス/フェイル・テスト、イベント・サーチ、イベント・マークなど、優れた解析/評価ツールが装備されています。自動化ツールにより、数百という特性評価測定の作業時間を大幅に短縮して、信頼性を向上することができます。

拡張波形解析

システムの電力、電圧、温度の解析は、非常に時間のかかる作業です。MSO/DPO70000シリーズには、豊富な拡張波形解析ツールが装備されています。

波形カーソルにより、波形間のタイミング特性が容易に測定できます。カーソルはYT波形、XY表示波形間でリンクし、位相関係やSOA(安全動作領域)違反のチェックも簡単に行えます。53種類の自動測定項目は、振幅、時間、ヒストグラムおよびコミュニケーションの各カテゴリ別に配置されたグラフィカル・パレットから選択できます。さらに、平均値、最小値、最大値、標準偏差、母集団などの統計値も同時測定できます。

波形データを被演算子として定義することもできます。通常の波形演算関数は、スクリーン上のボタンから選択できます。さらに、ライブ波形、リファレンス波形、演算関数、測定値、定数およびユーザ定義の変数まで演算式に組み込むことができ、電卓スタイルの編集が可能です。

ロング・メモリにより、膨大なサイクルにおけるマージン・テストや、長時間におけるトレンドを観測することができます。さらに、オシロスコープで取込んだデータはExcelツールバーを使ってMicrosoft Excelに送ることができ、Wordツールバーを使って独自のフォーマットでレポートを作成することもできます。

自動化ツールによる測定スループットの向上

高性能オシロスコープで数多くの測定を行う場合、オシロスコープの操作性と測定のスループットが重要になります。MSO70000シリーズに標準で装備されるDPOJET Advancedジッタ/アイ・ダイアグラム解析ソフトウェアは、膨大な数の測定を迅速に実行し、統計値を収集することができます。DPOJET EssentialsはDPO70000シリーズでは標準で装備されています。DPOJET Advancedはオプションで用意されています。DPOJETの他にも、アプリケーションに特化した測定ソフトウェアが用意されており、業界独自の規格に応じたテストを実行することができます。オシロスコープに付属するアプリケーション開発キット(ADK)を使用すると、ユーザ定義の測定をDPOJETに加えられます。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


DPOJETジッタ/アイ・ダイアグラム解析 - DPOJETソフトウェアにより、シグナル・インテグリティ問題やジッタの原因などを簡単に特定することが可能。DPOJETを使用することで、リアルタイム・オシロスコープを高感度、高精度で使用することが可能になる

DPO7OE1型光プローブをサポートするため、DPOJETでは新たに、消光比(ER)、平均光パワー(AOP)、光変調振幅(OMA)、光信号のハイ/ロー値といった光測定が可能になりました。

エラー・ディテクタ

シリアル・トランシーバでレシーバをテストする場合、BER測定が必要になることがあります。MSO/DPO70000シリーズには、オプションで8B/10Bデコード信号のエラー検出機能が装備できます。内蔵のエラー・ディテクタには、最高6GbpsのUSB 3.0、SATA信号プリセットが含まれています。エラー・ディテクタの設定は、一般的な8B/10Bエンコード信号に対応できるようにカスタマイズでき、ビット、キャラクタ、またはフレーム・エラーを検出するように設定できます。エラーを検出するとオシロスコープはトリガし、エラーが発生した波形ビットを表示します。

RF/ベクトル・シグナル解析

RFまたはベースバンド信号のベクトル・シグナル解析が必要な場合は、オプションのSignalVuソフトウェアを使用することで、周波数、時間、位相、変調などのさまざまなドメインを同時に測定することができます。SignalVuによる測定結果は、オシロスコープの時間ドメインの取込みやトリガと完全に相関がとれます。RFサブシステムへのコマンドなどの時間ドメインのイベントは、トリガ・イベントとして使用でき、サブシステムのRF信号は周波数ドメインで観測できます。 さらに、SignalVuでは、IEEE 802.11 a/b/g/j/p/n/acなどの無線規格にも対応しており、時間ドメインで相関をとれます。1


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


SignalVu解析ソフトウェア - ワイドバンド・レーダ、ワイドバンド高速データ通信、WLAN 802.11、周波数ホッピングによる通信などのワイドバンド設計の検証やワイドバンド・スペクトラム・イベントを簡単に検証することができる。 ベクトル・シグナル・アナライザ、スペクトラム・アナライザ、MSO/DPO70000シリーズの強力なトリガ機能が、1つのパッケージで実現される

1最新情報については、http://www.tek.com/signalvuもチェックしてください。

TekExpressソフトウェアによる自動化フレームワーク

TekExpressソフトウェアによる自動化フレームワークは、ワンボタン操作による高速シリアル・データ規格の自動化テストのために開発されています。TekExpressは、SATA、SAS、MIPI C-PHY、MIPI D-PHY、MHL、MIPI® M-PHY、PCI Express、USB 3.0、DisplayPort、10GBASE-T Ethernetなど、さまざまなシリアル規格で要求されるテストを効率的に実行します。TekExpressソフトウェアは外部のWindows PC上で実行し、計測機器のセットアップと制御シーケンスを統制することにより、設計検証において完全なテスト結果が得られます。

TekExpressフレームワークの他にも、MATLABなどのアプリケーション開発環境を使用して独自のアプリケーションを開発し、MSO/DPO70000シリーズのツール・セットをさらに拡張することができます。

特性評価の測定では確度と再現性が重要になります。MSO/DPO70000シリーズの優れたアナログ・フロントエンドによる広帯域と優れた信号忠実性により、確度の高い立上り時間測定、±0.5dBのパスバンド・フラットネスによる振幅など、優れた信号品質測定が可能になります。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


TekExpress USB 3.0自動テスト・ソフトウェア(Opt. USB-TX)-TekExpress USB 3.0は、SuperSpeed Universal Serial Bus Electrical Compliance Test Specification対応のUSB 3.0ホストとデバイスのトランスミッタ/レシーバを、自動で簡単かつ効率的にテストできる。デバイスの種類、テストの種類、テスト・ポイント、選択されたプローブに応じて、最適なディエンベデッド・フィクスチャ、CTLE、リファレンス・チャンネル・エミュレーション・フィルタ、測定項目が自動的に選択される。さらに、USB-TXはDPOJETを使用し、USB 3.0ソリューションのデバッグと拡張特性評価が可能


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


TekExpress SATA自動コンプライアンス・テスト・ソフトウェア-SATA Gen1/2/3で規定されたトランスミッタ/レシーバのテスト・スイートを完全にサポート。簡単で効率的なテストおよび自動化により、コンプライアンス・テストに要する時間を約70%も短縮することが可能。必要なテスト機器の自動認識もでき、正確なDUT/ホスト制御、ワンボタンによるテストが実行可能


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


TekExpress® PCI Express Gen 1/2/3 自動化テスト・ソフトウェア(Opt. PCE3)-PCI Express Gen1/2/3のトランスミッタ・コンプライアンス・テスト、PCI Expressデバイスのデバッグと検証が行える統合アプリケーション・ソフトウェア。テストの種類、デバイスのデータ・レート、トランスミッタのイコライゼーション、リンク幅、選択されるプローブに応じて最適なフィクスチャ・ディエンベッド、CTLE、リファレンス・チャンネル・エミュレーション・フィルタ、測定項目が自動的に選択される。また、Opt. PCE3にはPCI-SIGのSIGTESTを統合するTekExpress自動コンプライアンス・テスト・ソフトウェアと、デバッグ用DPOJETベースのPCI Expressジッタ/アイ・ダイアグラム解析用モジュールが含まれる。測定結果は、テスト・ドキュメント用のHTMLフォーマットで出力される


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


TekExpress® MHL拡張解析/コンプライアンス・ソフトウェア(Opt. MHD)-MHL 1.0/2.0/1.3/2.1コンプライアンス・テスト、および最新のMHL仕様に対するMHLデバイスのデバッグ/検証が行える統合ソリューション。トランスミッタ、シンク、ドングルの電気テストを自動的に実行する。測定結果は、テスト・ドキュメント用のHTMLフォーマットで出力される

独自のフィルタ、ディエンベッド機能

独自のフィルタを作成したり、MSO/DPO70000シリーズに標準で添付されているフィルタを使用することにより、ノイズや特定の高調波成分を分離したり、除去したりすることかできます。カスタマイズ可能なFIRフィルタにより、プリエンファシスを除去したり、DUTに接続されたフィクスチャやケーブルなどによる影響を最小にすることができます。オプションのシリアル・データ・リンク解析ビジュアライザ(SDLA64)を使用すると、Sパラメータからシリアル・データ・チャンネルのエミュレートし、フィクスチャ、ケーブル、プローブなどが原因となる反射、クロスカップリング、損失を除去し、CTLE、DFE、FFEなどのレシーバ・イコライゼーション技術を使用し、チャンネル効果によって閉じたアイを開くことができます。半導体固有のクロック・リカバリ/レシーバ・イ コライゼーション用IBIS-AMIモデルを使用することで、オンチップの動作が観測できます。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


SDLA - シリアル・データ・リンク解析ビジュアライザ(Opt. SDLA64)‐シリアル・データ・チャンネルのエミュレーション、フィクスチャ、ケーブルまたはプローブのディエンベッド、トランスミッタ・イコライゼーションの追加、削除が可能。また、IBIS-AMIレシーバ・イコライゼーションまたはCTLE、FFE、DFEイコライゼーションで波形を処理できる。DPOJETとの組み合せで、取込まれた波形の拡張測定とジッタ解析を連動して実行する

アプリケーションに特化したソリューション‐規格固有の認証、測定の自動化、拡張信号解析

正確、簡単、カストマイズ可能な物理レイヤの適合性試験 - MSO/DPO70000シリーズは、オプションで合否判定用の波形マスクやリミット・テスト機能が装備でき、規格特有の適合性を検証することができます。PCI Express、DDRメモリ、Serial ATA、SAS、HDMI、Ethernet、DisplayPort、 MIPI C-PHY, MIPI D-PHY/M-PHY、電源、USBなどの専用モジュールが用意されています。

アプリケーションに特化したソリューションについては、これ以降のページでその要点を紹介します。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


DDRメモリ・バス解析(Opt. DDRA) - DDR1、LPDDR、LPDDR2、LPDDR3、DDR2、DDR3、DDR4、GDDR3のリード/ライトを自動的に識別し、すべてのリード/ライト・バーストのすべてのエッジでJEDEC適合性測定を行い、合否結果を表示。DDRAでは、クロック、アドレス、コントロール信号も測定可能。さらに、DPOJETでDDRAの適合性テストを行うことにより、複雑なメモリ信号の問題をすばやくデバッグ可能16チャンネルのデジタル・ロジック・プロービングが可能なMSO70000シリーズ・ミックスド・シグナル・オシロスコープでは、コマンド/アドレス・ラインを使用して特定のリード/ライト・ステートにトリガをかけることも可能


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


USB 3.0トランスミッタ・テスト・ソリューション(Opt. USB3) - USB 3.0デバイスの検証、特性評価、デバッグを行う。測定はDPOJETで行われ、USB 3.0仕様に準拠。コンプライアンスと自動化はUSB-TXで実行


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


PCI Expressトランスミッタ・コンプライアンス/デバッグ(Opt. PCE3) - 包括的なテスト・サポートにより、PCI Express Rev 1.0、2.0、3.0(ドラフト仕様)の設計性能を解析する。DPOJETを使用することで、Opt. PCE3でPCI-SIG規格に準拠したテストが可能


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


NRZ/PAM4測定 - データコム・ネットワークのスループットは増加の一途をたどっています。当社のDPO72504DX型およびDPO73304DX型は、10BASE-KRnクラスのデータ・レートに対応しています。DPO70000シリーズでDPOJETジッタ/ノイズ解析ツールやSDLAシリアル・データ・リンク解析ツールを使用することにより、これらの多くの規格に対しても、精度の高いディエンベッドやアイ・ダイアグラムの評価を実施できます。

PAM4テストの詳細については、DPO70000SXシリーズのデータ・シートおよび関連するPAM4関連のドキュメントをご参照ください。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


Ethernetコンプライアンス・テスト・ソリューション(Opt. ET3) - 10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-TのEthernetの物理レイヤをフル・サポート。アナログ検証、自動コンプライアンス・テスト・ソフトウェア、デバイス特性評価が可能


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


C-PHYは独自のクロック・リカバリのメカニズムを採用しています。C-PHY 1.0は、カスタム・クロック・リカバリのアルゴリズムを実装しており、これはトリガ・アイと呼ばれています。このモデルでは、4つの差動信号の最初のゼロ公差がクロック・リカバリのトリガ・ポイントとして使用され、アイ・ダイアグラムが表示されます。アイ開口が最大になるようにアイ・マスクが適切に配置され、そこでアイの高さが測定されます。トリガ・アイのメカニズムにより、トリガ・ポイント(ゼロ公差)におけるジッタがすべて捕捉され、反対側に反映されます。 ジッタ測定とアイ・ダイアグラム表示が、レコード長全体に対して実行されるため、より長い時間デバイスの異常を観測することができ、優れた特性評価が行えます。3M UIのデータに対してアイ・ダイアグラム解析を実行できるため、翌日まで解析を実行すれば、より詳細な特性評価が可能になります。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


MIPI D-PHY特性評価/解析ソリューション(Opt. D-PHY) - 使いやすく、カスタマイズ可能なテスト・セットアップにより、ジッタ/シグナル・インテグリティ問題の特性評価と原因特定を迅速に行い、D-PHY仕様を検証する。DPOJETを使用することにより、トランスミッタの高速データ/クロック・タイミング測定、ハイスピードまたはローパワー・モードでのすべての電気特性を測定することが可能


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


MIPI M-PHYデバッグ、解析、特性評価、適合性テスト・ソリューション(Opt. M-PHY) - ジッタ/シグナル・インテグリティ問題の特性評価と原因特定を迅速に行い、M-PHY仕様を検証する。DPOJETを使用することにより、差動伝送のアイ・ダイアグラムなどのトランスミッタのシグナリング/タイミング測定、立上り/立下り時間、スルー・レート、振幅パラメータ、大振幅/小振幅の構成、終端/非終端のケースにおける各レーンのコモン・モード電圧を測定することが可能


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


XGbT 10GBASE-T自動コンプライアンス・ソフトウェア- 簡単な機器設定だけで、パワー・スペクトラム密度(PSD)、パワー・レベル、直線性を含むIEEE 802.3an-2006規格の10GBASE-Tの測定をすばやく実行可能。XGbTでは、テスト設定および解析パラメータを柔軟に制御することが可能で、デバイスの特性を詳細に評価することが可能


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


10GBASE-KR/KR4コンプライアンス/デバッグ・ソリューション(Opt. 10G-KR) - IEEE 802.3ap-2007仕様の自動コンプライアンス測定を行う。このオプションには、自動コンプライアンス・ソリューションとDPOJETによるデバッグ機能が含まれている。自動テスト・セットアップにより、およそ15分でトランスミッタのイコライゼーション・レベルを測定し、各タップに対して12の測定結果と、9種類の測定項目に対する120の測定結果を生成することが可能

MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet

Tektronix SFP+ QSFP+ Tx - SFF-8431、SFF-8634技術で製品を設計するエンジニアで必須のリアルタイム・オシロスコープのために開発されている。Opt. SFP-TX、Opt. SFP-WDPにより、自動ソリューション(コンプライアンス用)とDPOJETオプション(デバッグ用)の両方が可能になり、手作業によるテストに比べて最大80%のテスト時間が短縮できる。Opt. SFP-WDPでは、TWDPc(Transmitter Waveform Distortion Penalty for Copper)が測定可能。SFF-8431 SFP+ TWDPcベースのMATLABコードはSFP-WDPオプションに統合でき、自動セットアップでこの測定が使用できる


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


HDMIコンプライアンス・テスト・ソリューション(Opt. HT3) - ソース機器、ケーブル、シンク機器におけるHDMIのコンプライアンス測定を、すばやく効率的に実行可能。このアプリケーションにより、品質とインターオペラビリティ(相互運用性)を保証するために必要なすべてのHDMIコンプライアンス・テストが実行可能


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


DisplayPortコンプライアンス・テスト・ソリューション(Opt. DP12) - 当社P7300SMAシリーズ・プローブ、DisplayPortソフトウェアを使用することで、DisplayPortコンプライアンス・テスト規格(CTS)のソース・テストを4レーン同時に実行することができる。波形表示、パス/フェイル、マージン解析などの詳細なテスト・レポートも生成される


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


パワー測定/解析ソフトウェア(Opt. PWR)-拡張パワー測定/解析ソフトウェアDPOPWRを使用すると、ユーザ定義設定を含む複数の測定を構成し、1回のアクイジションでスイッチング・デバイスの電力消費や、磁気パラメータの測定/解析を行うことができる。軌跡プロットでは、各サイクルのターンオン損失、ターンオフ損失、導通損失パラメータが計算される。位相、導通損失、振幅、電圧高調波などの測定項目により、電源の入出力の詳細な特性評価が可能。添付機能のある.mhtフォーマットで、測定結果、テスト結果、プロット図を含むレポートを簡単に作成できる。

認証

製品を市場に出荷する前に、業界規格の高速シリアル・バスの認証試験を受ける必要がある場合があります。この試験には、フィクスチャとの接続に時間がかかったり、認証ドキュメントを読んだり、必要なテストに合格するために十分なデータを用意したりする必要があります。

MSO70000シリーズ - 最新の高速シリアル回路設計のための専用ソリューション

MSO70000シリーズ・ミックスド・シグナル・オシロスコープは、高速シリアルの検証と特性評価のための数多くのシリアル・ドメイン機能を搭載した、高速シリアル・データ回路設計に最適な計測器です。MSO70000シリーズに標準で搭載されている機能は、DPO70000シリーズではオプションとして用意されています。

シリアル・パターン・トリガ -

内蔵のクロック・リカバリ機能付きリアルタイム・シリアル・パターン・トリガによりクロック信号を抽出し、トランジションを検出し、キャラクタや他のプロトコル・データをデコードします。デコードされた8B/10Bビット・シーケンスを観測したり、エンコードされたワードをシリアル・パターン・トリガ条件として設定することができます。MSO70000シリーズでは、パターン・ロック・トリガにより6.25Gbpsまでの長いシリアル・テスト・パターンに同期することができ、ランダム・ジッタを除去することができます。

DPOJETジッタ/タイミング/アイ・ダイアグラム解析

MSO70000シリーズは、最も精度の高いジッタ/タイミング測定機能があり、優れた解析アルゴリズムを持っています。厳しいタイミング・マージンでは、安定した、ジッタの少ない設計が要求されます。この機能では、連続する多数のクロック・サイクルを単発で取込み、すべてのパルスについてのジッタ測定を行います。さまざまな条件において、ランダム・ジッタ、デターミニスティック・ジッタ、有界非相関ジッタなどのシステム・タイミングをすばやくトレンド・プロットとして表示します。

コミュニケーション・マスク・テスト

豊富なマスクが用意されており、シリアル通信規格に対する適合性を検証することができます。以下の規格を含む、150種類以上のマスクが用意されています:PCI Express、ITU-T/ANSI、T1.102、Ethernet IEEE 802.3、ANSI X3.263、Sonet/SDH、Fibre Channel、InfiniBand、USB、Serial ATA、Serial Attached SCSI、IEEE 1394b、RapidIO、OIF Standards、Open Base Station Architecture Initiative(OBSAI)、Common Public Radio Interface(CPRI)。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


コミュニケーション・マスク・テスト

62Mポイントのレコード長

4チャンネルすべてで62Mポイントのレコード長を装備しており、高い分解能で長時間の連続取込みが可能です。4GHz、6GHz、8GHz機種ではオプションで125Mポイントに、12.5~20GHz機種ではオプションで250Mポイントに、23~33GHz機種ではオプ ションで500M/1Gサンプル(4/2チャンネル)にすることができ、さらに長時間の取込みが可能になります。

MSO70000シリーズは、DPO70000シリーズではオプションで装備する、ハイスピード・シリアルの解析/適合性に関する機能を標準で装備しているため、設計問題を効率的に解決することができます。

ハイスピード・シリアル・バスのプロトコル・デコード

MSO/DPO70000シリーズ・オシロスコープは、オプションでPCI Express Gen 1/2/3、MIPI D-PHY(CSI、DSI)、USB 3.0、8B/10Bエンコード・バスなどのハイスピード・シリアル・バスのプロトコル解析を装備できます。ビット・シーケンスを見慣れたコマンド、データ・パケットにデコードするため、すばやく解析できます。PCI Expressのデコーダ表示では、オーダード・セット(SKP、Electrical Idle、EIEOS)など、規格に沿ったキャラクタ、名称で表示されます。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


バス・プロトコルのテーブル表示例。結果は表形式で表示され、マウス・クリックにより、物理レイヤとプロトコル・レイヤ間の相関性を確認できる


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


ハイスピード・シリアル・バスのプロトコルと波形表示の例。テーブルに表示されるデータと取込まれた波形は時間的に相関がとれており、電気信号によるプロトコル・エラーの原因が特定しやすくなる

8B/10Bのシリアル・バス・トリガと拡張サーチ&マーク機能は、ハイスピード・シリアルのプロトコル・デコードで統合されており、ハイスピード・シリアル・データ・ストリームの特定のイベントをすばやく分離できます。

選択可能な帯域制限フィルタ

高速シリアル設計の特性評価には広帯域が必要になる一方、認証テストではさまざまなテスト・ラボ間におけるテスト結果の相関をとるために、信号のデータ・レートにおいて計測器の帯域を設定しなければならないことがあります。MSO/DPO70000シリーズには、周波数帯域を制限するためのフィルタを選択する機能があります。この帯域制限フィルタは、帯域を500MHzから32GHzまで選択でき、業界規格によって規定されている周波数帯域で計測器を使用することが可能になります。

デバッギング

MSO/DPO70000シリーズは、デザイン・サイクルにおけるサブシステムの障害をデバッグし、原因を特定することができます。FastAcq®の高速波形取込レートにより、間欠的に発生する異常信号をすばやく検出出るため、何日もかかる作業が大幅に短縮できます。さらに、最新のトリガ・モードにより原因をすばやく特定することもできます。Pinpoint®トリガにより、バスの衝突やシグナル・インテグリティ問題によって生ずるグリッチやラントなどの間欠イベントを取込み、解析することで問題を解決することが可能になります。

FastAcq‐問題点がはっきりと確認でき、迅速なデバッグが可能

テクトロニクス特許であるDPXによって実現されたFastAcq取込機能は、単なるカラー・グレーディング、イベント・スキャンとは異なり、毎秒300,000波形以上(4ch同時)の波形更新レートを持ち、間欠的に発生する異常信号を検出する能力が大幅に向上しています。さらに、輝度調整ノブを回すことで発生頻度が少ない波形も明確に表示でき、今まで見えなかった信号を観測することができます。短時間における高速波形取込レートを実現しているオシロスコープもありますが、DPXによってこれほどの高速の波形取込レートを実現しているオシロスコープはMSO/DPO70000シリーズだけです。

Pinpointトリガ

当社のPinpointトリガは、システム・エラーを検出したり、DDRのリード/ライト・バーストのような複雑な信号の要素を分離したりするのに適しています。PinpointトリガはAトリガ、Bトリガの両方でほとんどすべてのトリガ・タイプを設定できるため、シーケンシャルなトリガ・イベントの検出が可能になります。Pinpointトリガにはトリガ・リセット機能があり、設定した時間、ステート、トランジションの後に再度トリガ・シーケンスを開始することができるため、複雑な信号におけるイベントであっても取込むことができます。従来のオシロスコープで提供されるトリガは20種類以下ですが、Pinpointトリガでは1400種類以上の組合せが可能です。ビジュアル・トリガはPinpointトリガの機能をさらに拡でき、さまざまな複雑な信号から重要なイベントを検出することができます。

エンハンスト・トリガではトリガ・ジッタは100fs未満まで低減されるため、トリガ・ポイントは測定の基準点として使用することができます。

Bスキャン・イベント・トリガ

同期したデータ・バーストから、あるいはAイベントからアイ・ダイアグラムを作成したいと考えるユーザにとって、Bイベント・スキャン・トリガ機能は非常に便利な機能です。Bイベント・スキャンはA-Bトリガ・シーケンスであり、Bイベント設定メニューで設定したバースト・イベント・データにトリガし、取込むことができます。取込んだビットはシーケンシャルまたはランダムにスキャンできます。また、トリガは2つの連続したBトリガ・イベントを切り替えることができます。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


Bイベント・スキャンで特定のイベントを検出し、アイ・ダイアグラムを作成


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


DDR DQSでBイベント・スキャン・トリガし、DQバーストのすべてのビットのアイ・ダイアグラムを作成

ロジック・パターン・トリガ

ロジック・パターン・トリガは、障害を検出するタイミングをコントロールしたり、目的のステートにおいて発生しないイベントを無視したりするようなロジック設定ができます。MSO70000シリーズでは、最大20ビットのロジック・パターンによるトリガが可能で、Pinpointトリガを強化することができ、特定のシステム・ステートやシステム障害で発生するアナログ・イベントを分離することができます。

デジタルA→アナログBトリガ(MSO70000シリーズのみ)

拡張トリガ機能としてデジタルA→アナログBトリガがあります。これは、特定のデジタル・パターンまたはシステム・ステートを検出し、ラント・パルスなどのアナログ・イベントを待ってからトリガします。

統合されたロジック・チャンネル(MSO70000シリーズのみ)

MSO70000シリーズは、4チャンネル・オシロスコープの機能の他に、16のロジック・チャンネルが装備されており、障害発生時におけるシステム・レベルでのコンテキスト検証が可能になります。イリーガル・システム・ステート/エラーなどのコンテキストは、障害の根本原因となることがあります。デバッグにおいてデジタル・データを観測する場合、多くのオシロスコープではロジック・アナライザも使わなければなりません。MSO70000シリーズであれば、システムのデジタル・タイミング問題をすばやく、簡単に、効率的にデバッグし、検証することができます。80psのタイミング分解能、160psのチャンネル間スキューの性能があり、ロジック・チャンネルを統合することで、1つのディスプレイ・ウィンドウに時間相関のとれたデジタル・データとアナログ・データを観測、測定することができます。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


ロジック・チャンネルの統合-システム・デバッグにおいて時間相関のとれたアナログとデジタルの表示ができる

FastFrame

バスのバーストなどの重要なイベントが時間的に離れている場合、MSO/DPO70000シリーズに搭載されているFastFrameセグメント・メモリ機能を使用すると、アクイジション・メモリの内容を観測しながらこのようなイベントを取込むことができます。マルチ・トリガ・イベントを使用すると、FastFrameは短いバースト信号を取込み、フレームとして保存するため、後から詳細に観測、解析することができます。MSO70000シリーズでは、FastFrameとバス/ロジツク・トリガ機能により、高速で、バースト状の信号をアナログ・チャンネルの高速サンプル・レートで取込みながら、ロジック・チャンネルのトリガで特定のバス・サイクルを検出することもできます。数千というフレームを取込むことができるため、バースト信号の長時間におけるトレンド、変化を解析することができます。FastFrameで取り込まれた信号は、アベレージまたはエンベロープ・モードで後処理することもできます。

iCapture(MSO70000シリーズのみ)

デジタル・ラインに異常が見つかった場合、iCaptureによってデジタル信号のアナログ的な振る舞いを詳細に観測することができます。16のロジック・チャンネルから任意の4つのチャンネルをMSO70000シリーズのアナログ・アクイジション・システムに送ることができるため、より詳細に観測できます。iCapture独自のマルチプレクサ回路により、ロジック・プローブをつなぎ換えたり、ダブル・プロービングの必要なしにデジタルとアナログの信号を同時に観測することができます。

拡張イベント・サーチ/マーク

システム障害の原因となる重要なイベントの検出は時間のかかる作業です。MSO/DPO70000シリーズに標準の拡張イベント・サーチ/マーク機能は、データを調べ、重要なイベントにはマークを付け、不要なイベントはスキップし、イベント間の関係が容易に理解できます。この機能により、長いレコード長の取込みにおいても、簡単にイベント間を移動して、検出するのが難しいイベントをすばやく検出することができます。拡張サーチは、個々に設定したり、オシロスコープのトリガでサーチ設定したりすることもできます。ビジュアル・トリガの領域も、拡張イベント・サーチ/マークの条件設定に利用できます。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


拡張イベント・サーチ/マーク - 重要なイベントをハイライト表示し、左右の矢印ボタンとマウス・クリックにより、イベント間を簡単に移動できる

組込みシリアル・バス(I2C、SPI、RS-232/422/485、UART、USB)のデコードとトリガ

MSO/DPO70000シリーズは、I2C、SPI、RS-232/422/485/UART、USBなど、広範囲なシリアル・バスをサポートしています。最大16のシリアル・バスが同時にサポートできるため、サブシステム、あるいはシリアル・コントロール・バスで制御、モニタされる周波数シンセサイザ、DAコンバータ、フラッシュ・メモリなどのコンポーネントのモニタまたはデバッグが可能になります。シリアル・バス単体のモニタまたはデバッグは比較的容易ですが、シリアル・バスのイベントのデコードができると、より複雑なシステム・レベルのデバッグが可能になります。シリアル・インタフェースで問題が発生した場合、シリアル・バス・デコード機能でI2C、SPI、RS-232/422/485/UART、USB、HSICインタフェースのデータを観測することで、原因を特定することができます。

プロービング - アナログとデジタル

システムのデバッグでは、信号にどのように接続するかが大きな問題となることがあります。テクトロニクスは、P7600シリーズ、P7500シリーズのTriModeプローブなど、MSO/DPO70000シリーズとマッチングのとれた、豊富なプロービング・ソリューションを用意しています。P7600/P7500シリーズTriModeプローブ独自の機能により、プローブの接続ポイントをつなぎ変えることなく、差動測定、シングルエンド測定、コモン・モード測定を行うことができます。P7600シリーズは、低ノイズ、25~33GHz帯域とTriModeによるプロービングが可能です。P7500シリーズは4~25GHzの周波数帯域があり、低コストの半田付けチップも用意されており、数多くの半田付けポイントにすばやく、簡単に切り替えることができます。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


P7500シリーズTriModeでは低コストのソルダ・チップが使用でき、半田付けポイントへのプローブの移動がすばやく簡単に行える

MSO70000シリーズでは、P6780型差動ロジック・プローブ、P6750型高密度D-Maxプローブ、P6717A型汎用ロジック・プローブが用意されており、低負荷、小型であり、半田付け/ブラウジングの豊富なアクセサリにより、ロー・スピードおよびハイスピードのデジタル信号に接続できます。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


P6780型差動ロジック・プローブ用の半田付けチップ・アダプタは、スペースの厳しいビアや微細ピッチの部品への接続性に優れている

DPO7OEシリーズ光プローブ

DPO7OEシリーズ光プローブは、高速シリアル・データ信号用の光リファレンス・レシーバとして使用できるほか(選択可能なベッセル-トムソン(B-T)ORRフィルタを使用可能)、使いやすいO/Eコンバータとして、一般的な広帯域光信号のアクイジションにも使用できます。DPO7OEシリーズは、DPO/MSO70000 C/DX/SXシリーズに対応しています。TekConnectチャンネルに接続することにより、最高33GHzの周波数帯域に対応できます。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


DPO7OE1型33GHz光プローブ

製造テスト

MSO/DPO70000シリーズは、設計エンジニアの作業を支援するだけでなく、製造テストにおいても、さまざまなクロック・スピードとデータ・レートでのアナログ信号とデジタル信号のテストを可能にします。EIA規格の487mmラックにマウントするためのラックマウント・オプションも用意されています。IEEE 488.2規格のGPIBインタフェースも、全機種に標準で装備されています。

LXIクラスC

LXIウェブ・インタフェースを使用すると、ウェブ・ブラウザのアドレス・バーにオシロスコープのIPアドレスを入力するだけで、一般的なブラウザ経由でMSO/DPO70000シリーズに接続できます。ウェブ・インタフェースにより、オシロスコープの状態や設定、ネットワーク設定のステータスが確認、変更できます。すべてのウェブ操作は、LXIクラスC仕様に準拠しています。

OpenChoice解析ツール

OpenChoiceソフトウェアでは、使い慣れた解析ツールでテスト/測定システムをカスタマイズすることができます。OpenChoiceの解析、ネットワーク機能により、MSO/DPO70000シリーズ・オシロスコープはさらに使いやすくなります。高速な内部バスを使用することで、従来のGPIB転送に比べて極めて高速に取り込んだ波形データをWindowsデスクトップ上の解析アプリケーションに直接転送することができます。

当社が実現した業界標準のプロトコルであるTekVISAインタフェースとActiveXコントロールが含まれており、データ解析やドキュメンテーションなどのWindowsアプリケーションを使用するだけでなく、拡張することも可能です。IVI機器ドライバが含まれていますので、オシロスコープ上または外部PC上のプログラムから、GPIB、RS-232、LAN経由でオシロスコープと容易に通信することができます。

アプリケーション開発キット(ADK)はOpenChoiceフレームワークを拡張して、カスタム・エンドユーザとサードパーティのアプリケーション開発をサポートします。ADKのドキュメントには、ユーザが作成したデータ処理アルゴリズムによる波形データの内部転送を高速化し、オシロスコープのディスプレイ上にその結果をリアルタイムに表示するためのData Store Public Interfaceの実装方法が記述されています。Data Store Public Interfaceでは、従来のGPIBベースのデータ伝送技術に比べて2倍以上の高速化を実現しています。Data Store Public Interfaceは、MathWorks MATLAB、またはC#やVisual Basicなどの.NET言語からアクセスできます。ADKのその他の機能の1つにDPOJETプラグインがあり、業界トップクラスのタイミング/ジッタ解析ツールに独自の測定を加えることができます。ADKには包括的なドキュメントとコーディング例が含まれており、信号をすばやく取込み、解析するための独自の解析ツールの開発に役立ちます。

研究分野

MSO/DPO70000シリーズには、業界トップクラスのアクイジション・スピード、S/N比性能があり、研究エンジニアにとっても優れた精度で高速のトランジェント信号を取込み、表示し、解析することができます。

アクイジション、ディスプレイ・パラメータ

アクイジション・モードは変更することができ、オートマチック(Automatic)、コンスタント・サンプル・レート(Constant Sample Rate)、マニュアル(Manual)という3種類の水平軸モードから選択できます。次々と測定ポイントを移動し、変化の激しい波形を観測する場合はオートマチック(Automatic)モード(デフォルトのモード)を選択します。このモードでは、波形は高速な更新レートで表示されます。正確な測定のために高速なリアルタイム・サンプル・レートが必要な場合は、コンスタント・サンプル・レート(Constant Sample Rate)モードを選択します。最速のサンプル・レートが維持され、最良のリアルタイム分解能が得られます。もう1つのモードはマニュアル(Manual)モードであり、サンプル・レートとレコード長を個別に直接設定することができます。

ドキュメント・ツール

OpenChoiceアーキテクチャにより、高速で汎用性のある包括的なソフトウェア環境を構築することができます。Excelツールバー・プラグインやWordツールバー・プラグインなどのデータ転送ユーティリティも使用でき、Windowsデスクトップまたは外部PCでの解析やドキュメンテーションが容易に行えます。

優れた操作性

MSO/DPO70000シリーズでは、タッチ・スクリーン、浅い階層のメニュー構造、直感的なグラフィック・アイコン、チャンネルごとに独立した垂直軸操作ノブ、マウスの右クリック・メニューのサポート、マウス・ホイール、エクスポート/保存/呼出メニューなど、数多くの優れた操作性を実現しています。

リモート・デスクトップ

オシロスコープをネットワークに接続すると、Windows Remote Desktopユーティリティを使用することで、実験室または世界各地からオシロスコープを操作することができます。

MyScope- 独自のコントロール・ウィンドウの作成

ドラッグ&ドロップにより、簡単にオシロスコープの機能を独自のツールボックスとして作成することができます。一度作成すれば、専用のMyScopeボタンおよびオシロスコープのボタン/メニュー・バーから、他のコントロール・ウィンドウと同じように簡単にアクセスできます。作成できるカスタム・コントロール・ウィンドウの数に制限はありませんので、オシロスコープを共有する場合でも、使用する人ごとに独自のコントロール・ウィンドウを作成することができます。MyScopeコントロール・ウィンドウは、すべてのオシロスコープ・ユーザにとって使いやすいユーザ・インタフェースです。オシロスコープをしばらく使っていなかったユーザにとっては、操作を思い出すまでの時間を短縮でき、使い慣れているユーザには、より効率的な使い方が可能になります。必要な操作、機能は1つのコントロール・ウィンドウにまとめることができるので、複数のメニューで同じような操作を繰り返す必要がありません。

オプションの資産管理:フローティングまたは固定

当社の多くのアプリケーション・ソリューションおよびハードウェア・オプションは、暗号化されたライセンス・キーをオシロスコープのユーティリティ・メニューに入力することで利用できるようになります。これには2つの選択肢があります。ひとつは、特定のオシロスコープの製造番号に対応する固定ライセンスであり、永久に利用できます。固定ライセンスは、別のオシロスコープに移動することはできません。

もうひとつが、フローティング・ライセンスです。フローティング・ライセンスでは、ライセンス・キーで有効化されたオプションをオシロスコープから別のオシロスコープに移動することができます。これにより、分散した複数のチームのユーザや、複数台のMSO/DPO70000シリーズ、DPO7000シリーズ、MSO/DPO5000シリーズ・オシロスコープを使用するユーザの資産管理が容易になり、アプリケーション・ソフトウェアや拡張メモリなどのオプションを、必要に応じて必要なオシロスコープに適用することができます。


MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


このフローティング・ライセンス・システムにより、ライセンスの現在のユーザと使用場所が確認でき、フローティング・ライセンスの管理が容易になります。

フローティング・ライセンスの管理は、操作が簡単なオンライン・ライセンス管理システムで行います。すべてのフローティング・ライセンスの管理機能は、当社のセキュア・サーバ上で行うため、お客様がインフラを用意したり、お客様のIT部門を巻き込む必要はありません。オシロスコープのフローティング・ライセンス、使用可能なオプションへのアクセスは、当社のmyTekアカウントを利用して簡単に行うことができます。

優れた性能/保証

当社は、お客様のご期待に沿った製品、性能をご提供します。すべてのテクトロニクス製品は、業界トップクラスのサービスでサポートされます。

仕様

すべての仕様は、特に断らないかぎり、保証値を示します。すべての仕様は、特に断りのないかぎり、すべての機種に適用されます。

各機種の概要
 DPO70404C型、MSO70404C型 DPO70604C型、MSO70604C型 DPO70804C型、MSO70804C型 DPO71254C型、MSO71254C型 DPO71604C型、MSO71604C型 DPO72004C型、MSO72004C型 DPO72304DX型、MSO72304DX型 DPO72504DX型、MSO72504DX型 DPO73304DX型、MSO73304DX型
アナログ・チャンネル数
デジタル・チャンネル数(MSO70000シリーズのみ) 16  16  16  16  16  16  16  16  16 
アナログ周波数帯域(DSPをオンにした場合)(-3dB) 4GHz 6GHz 8GHz 12.5GHz 16GHz 20GHz 23GHz(2Ch)23GHz(4Ch) 25GHz(2Ch)23GHz(4Ch) 33GHz(2Ch)23GHz(4Ch)
ハードウェアによるアナログ周波数帯域(-3dB) 4GHz 6GHz 8GHz 12.5GHz 16GHz(代表値) 16GHz(代表値) 23GHz 25GHz 33GHz
立上り時間(代表値) 10%~90%:98ps
20%~80%:68ps
10%~90%:65ps
20%~80%:45ps
10%~90%:49ps
20%~80%:34ps
10%~90%:32ps
20%~80%:22ps
10%~90%:24.5ps
20%~80%:17ps
10%~90%:18ps
20%~80%:14ps
10%~90%:17ps
20%~80%:13ps
10%~90%:16ps
20%~80%:12ps
10%~90%:13ps
20%~80%:9ps
サンプル・レート(1、2ch)(iCaptureでアナログ・チャンネルにマルチプレクサされたデジタル・ チャンネルの最高サンプル・レートは50GS/s) 25GS/s 25GS/s 25GS/s 100GS/s 100GS/s 100GS/s 100GS/s 100GS/s 100GS/s
サンプル・レート(3、4ch) 25GS/s 25GS/s 25GS/s 50GS/s 50GS/s 50GS/s 50GS/s 50GS/s 50GS/s
サンプル・レート(ET/ITモード) 5TS/s 5TS/s 5TS/s 10TS/s 10TS/s 10TS/s 10TS/s 10TS/s 10TS/s
レコード長(ポイント、各チャンネル、標準) 31.25M
62.5M(MSO70000シリーズ)
31.25M
62.5M(MSO70000シリーズ)
31.25M
62.5M(MSO70000シリーズ)
31.25M
62.5M(MSO70000シリーズ)
31.25M
62.5M(MSO70000シリーズ)
31.25M
62.5M(MSO70000シリーズ)
31.25M
62.5M(MSO70000シリーズ)
31.25M
62.5M(MSO70000シリーズ)
31.25M
62.5M(MSO70000シリーズ)
レコード長(ポイント、各チャンネル、Opt. 5XL、DPO70000シリーズ) 62.5M 62.5M 62.5M 62.5M 62.5M 62.5M 62.5M 62.5M 62.5M
レコード長(ポイント、各チャンネル、Opt. 10XL) 125M 125M 125M 125M 125M 125M 125M 125M 125M
レコード長(ポイント、各チャンネル、Opt. 20XL) 250M 250M 250M 250M 250M 250M
レコード長(ポイント、各チャンネル、Opt. 50XL) 500M(各チャンネル)、1G(2チャンネル) 500M(各チャンネル)、1G(2チャンネル) 500M(各チャンネル)、1G(2チャンネル)
タイミング分解能 40ps(25GS/s)40ps(25GS/s)40ps(25GS/s)10ps(100GS/s)10ps(100GS/s)10ps(100GS/s)10ps(100GS/s)10ps(100GS/s)10ps(100GS/s)
最高サンプル・レートでの記録時間(標準) 1.25ms 2.5ms(MSO70000シリーズ) 1.25ms 2.5ms(MSO70000シリーズ) 1.25ms 2.5ms(MSO70000シリーズ) 0.31ms 0.61ms(MSO70000シリーズ) 0.31ms 0.61ms(MSO70000シリーズ) 0.31ms 0.61ms(MSO70000シリーズ) 0.31ms 0.61ms(MSO70000シリーズ) 0.31ms 0.61ms(MSO70000シリーズ) 0.31ms 0.61ms(MSO70000シリーズ)
最高サンプル・レートでの記録時間(Opt. 5XL、DPO70000シリーズ) 2.5ms 2.5ms 2.5ms 0.63ms 0.63ms 0.63ms 0.63ms 0.63ms 0.63ms
最高サンプル・レートでの記録時間(Opt. 10XL) 5.0ms 5.0ms 5.0ms 1.3ms 1.3ms 1.3ms 1.3ms 1.3ms 1.3ms
最高サンプル・レートでの記録時間(Opt. 20XL) 2.5ms 2.5ms 2.5ms 2.5ms 2.5ms 2.5ms
最高サンプル・レートでの記録時間(Opt. 50XL) 5ms(各チャンネル)、10ms(2チャンネル) 5ms(各チャンネル)、10ms(2チャンネル) 5ms(各チャンネル)、10ms(2チャンネル)
垂直軸ノイズ(フル・スケールに対する%)(50mV/div、帯域フィルタ:オン、最高サンプル・レートにて)(代表値) 0.28% 0.32% 0.35% 0.36% 0.36% 0.56% 0.58% 0.58% 0.58%
時間軸レンジ(オート・モード) 20ps/div~1,000s/div 20ps/div~1,000s/div 20ps/div~1,000s/div 10ps/div~1,000s/div 10ps/div~1,000s/div 10ps/div~1,000s/div 10ps/div~1,000s/div 10ps/div~1,000s/div 10ps/div~1,000s/div
時間軸分解能(ET/ITモード) 200fs 200fs 200fs 100fs 100fs 100fs 100fs 100fs 100fs
デルタ時間測定確度(実効値、100ns未満の時間間隔、シングル・ショット、信号の立上り時間=1.2×オシロスコープの立上り時間、100mV/div、帯域フィルタ:オン、最高サンプル・レートにて) 1.48ps 1.33ps 1.24ps 1.23ps 1.15ps 1.43ps 639fs 639fs 555fs
ジッタ・ノイズ・フロア(帯域拡張:オン、代表値) 340fs 300fs 300fs 270fs 270fs 290fs 380fs未満 365fs未満 325fs未満
垂直軸システム‐アナログ部
帯域制限

機種によって異なる:33GHz~1GHz、1GHzきざみ、および500MHz、12.5GHz

機種によって異なる:ハードウェアのみの帯域設定:33GHz、25GHz、23GHz、20GHz、16GHz、12.5GHz、8GHz、6GHz、4GHz

チャンネル間アイソレーション

同一の垂直軸スケールの任意の2チャンネル間で

0~10GHz: 120:1以上

10GHz~12GHz: 80:1以上

12GHz~15GHz: 50:1以上

15GHz~20GHz: 25:1以上

20GHz~33GHz: 20:1以上

DCゲイン確度
読み値の±2%
チャンネル間遅延時間(代表値)

10ps以下(V/divとカップリングの設定が等しい場合、Cモデル)

1ps以下(V/divとカップリングの設定が等しい場合、DXモデル)

有効ビット数(代表値)
5.5ビット(50mV/div、帯域フィルタ・オン、最高周波数帯域は13GHzまで、最高サンプル・レートにて)
S/N比(代表値)
34dB
入力カップリング
DC(50Ω)、GND
入力抵抗
50Ω±3%、1MΩ(TCA-1MEG型アダプタ使用時)
入力感度
23GHz、25GHz、33GHzの機種
6.25mV/div~600mV/div(62.5mV~6Vフル・スケール)
20GHzモデル

20mV/div~500mV/div(200mV~5Vフル・スケール)

10mV/div(18GHz、100mVフル・スケール)

その他の機種
10mV/div~500mV/div(100mV~5Vフル・スケール)
最大入力電圧(50Ω)
または接続されたTekConnectアクセサリによる
23GHz、25GHz、33GHz機種

1.2Vフルスケール以下:終端バイアス(最大30mA)に対して±1.5V、絶対最大入力:±5V

>1.2Vフルスケール以上:8.0V

その他の機種
<5.0VRMS未満(100mV/div以上)、1.0VRMS(100mV/div以下)
終端電圧範囲
23GHz、25GHz、33GHzの機種
1.2V1.2Vフル・スケール以下:-3.5~+3.5V

>1.2Vフル・スケール以上:0V

その他の機種
0Vのみ
オフセット確度
10mV/div~99.5mV/div
±((オフセット値-ポジション値)の0.35%+1.5mV+フル・スケールの1%)
100mV/div~500mV/div
±((オフセット値-ポジション値)の0.35%+7.5mV+フル・スケールの1%)
オフセット・レンジ
23GHz、25GHz、33GHzの機種
+3.4V~-3.4V
その他の機種

10mV/div:±450mV

20mV/div:±400mV

50mV/div:±250mV

100mV/div:±2.0V

200mV/div:±1.5V

500mV/div:±0.0V

パスバンド・フラットネス(20、50、100、250mV/div)(代表値)
±0.5dB(公称帯域の50%まで)
ポジション・レンジ
±5div
垂直軸分解能
8ビット(アベレージングで11ビット)
垂直軸システム - デジタル部
デジタル周波数帯域
P6780型ロジック・プローブの場合
2.5GHz
P6750型またはP6717A型ロジック・プローブの場合
1GHz
入力抵抗
P6780型ロジック・プローブの場合
20kΩ(片側)、40kΩ(差動モード)±2.0%、0.5pF
P6750型またはP6717A型ロジック・プローブの場合
20kΩ±1.0%、3pF
トリガ・クロック/クオリファイヤ入力
垂直軸分解能
1ビット
スレッショルド
1チャンネルに1設定、独立して設定可能
スレッショルド確度
±(75mV+スレッショルド設定の3%)
スレッショルド分解能
5mV
スレッショルド電圧レンジ
P6780型ロジック・プローブの場合
-2~+4.5V
P6750型またはP6717A型ロジック・プローブの場合
-1.5~+4.0V
最小電圧スイング
300mVp-p
最大入力電圧
±15V(非破壊)
水平軸システム
チャンネル間デスキュー・レンジ
±75ns
時間軸確度
±1.5ppm(初期確度。経年変化として1ppm/年未満)
遅延時間レンジ
-5.0ks~1.0ks
トリガ・ジッタ
100fsRMS未満(エンハンスト・トリガ:オフで1psRMS(代表値))
アクイジション・システム - アナログ部
アクイジション・モード
サンプル
サンプル値を取込んで表示
アベレージ
2~10,000波形の平均
エンベロープ
1~2×109波形の最小-最大エンベロープ
ハイレゾ
リアルタイム・ボックスカー・アベレージングにより、ランダム・ノイズを低減して分解能を向上
ピーク・ディテクト
幅の狭いグリッチをリアルタイム・サンプリングで捕捉して表示。グリッチ幅:125MS/s以下のサンプル・レートでは1ns、250MS/s以上のサンプル・レートでは1/サンプル・レート
FastAcq®
動的に変化する信号の解析や間欠的なイベントの取込みに最適。300,000波形/秒以上(全TekConnectチャンネル同時、スタンドアロン構成のみ)
FastFrame
アクイジション・メモリをセグメントに分割、最大トリガ・レートは310,000波形/秒。タイムスタン プ機能あり。フレーム・ファインダにより、変化のあるフレームをすばやく確認できる(TekConnectチャンネルのみ。スタンドアロン構成のみ)
ロール・モード
画面の右から左に波形をスクロール表示。最大レコード長40Mポイントで最高サンプル・レート10MS/sまで動作可能(TekConnectチャンネルのみ。スタンドアロン構成のみ)
波形データベース
振幅、時間および頻度の三次元データとして波形データを蓄積(TekConnectチャンネルのみ。スタンドアロン構成のみ)
アクイジション・システム - デジタル部
最高サンプル・レート(全チャンネル)
12.5GS/s
タイミング分解能
80ps
チャンネル間タイミングの不確かさ
160ps未満
最小検出可能パルス幅
400ps未満
最大バス数
16 
バスあたりのチャンネル数
最大24(ロジック:16、アナログ:4、演算:4)
PinPoint®トリガ・システム
トリガ感度
内部DCカップリング

DC~50MHzではフル・スケールの4%

4GHzではフル・スケールの10%

8GHzではフル・スケールの20%

11GHzではフル・スケールの50%

Aux入力(外部トリガ)、50Ω
DC~50MHzでは250mV、1.0GHzでは350mV
Aイベントおよび遅延Bイベントのトリガ・タイプ
エッジ、グリッチ、パルス幅、ラント、タイムアウト、トランジション時間、ロジック・パターン、ロジック・ステート、セットアップ/ホールド、ウィンドウ。エッジ、パターンとステートを除くすべてのトリガ・タイプに対し、2チャンネルまでのロジック・ステート・クオリファイが可能
メイン・トリガ・モード
オート、ノーマル、シングル
トリガ・シーケンス
メイン、時間遅延、イベント遅延、時間によりリセット、ステートによりリセット、トランジションによりリセット。すべてのトリガ・シーケンスで、アクイジション・ウィンドウ位置を最適とするために、トリガ・イベント発生後の時間軸遅延を個別に設定することが可能
トリガ・カップリング

DC、AC(100Hz以下で減衰)

HF除去(20kHz以上で減衰)

LF除去(200kHz以下で減衰)

ノイズ除去(感度が低下)

RFカップリング(最高動作周波数でのトリガ感度および帯域幅が増加)

トリガ・ホールドオフ・レンジ
250ns~12s
トリガ・レベル・レンジ
任意のチャンネル
スクリーンの中心からフル・スケールの±120%
外部入力
±5V
ライン
0V(設定不可)
クロック・リカバリ・システム
DPOモデル
Opt. ST6GまたはOpt. MTHが必要
MSOモデル
標準
クロック・リカバリPLL帯域
Fbaud/1600に固定
クロック・リカバリ・ジッタ(実効値)

PRBSデータ・パターンの場合:(ビット周期の0.25%+2psRMS)未満

"0011"データ・パターンが繰り返す場合:(ビット周期の0.25%+1.5psRMS)未満

クロック・リカバリに必要な最小信号振幅

1.25Gbaud以下で1divp-p

1.25Gbaudより上で1.5divp-p

トラッキング/アクイジション・レンジ
設定したBaudの±2%
クロック・リカバリ周波数レンジ
1.5Mbaud~3.125Gbaud。リカバリされたクロックは、再生されたデータと共にBERTで使用可能
シリアル・パターン・トリガ
DPOモデル
Opt. ST6Gが必要
MSOモデル
標準
NRZエンコード・データ

64ビットまでのシリアル・ワード・リコグナイザ、ビットはバイナリ(High、Low、Don't Care)またはHEXフォーマットで指定

1.25GbaudまでのNRZエンコード・データにトリガ

8B/10Bエンコード・データ

次のレートにおいて8B/10Bエンコード・データにトリガ:1.25~1.65、2.1~3.2、3.8~5.1、5.4~6.25GBaud

パターン長: 最高40ビット(1~4の有効10ビット・キャラクタ)

アライメント・キャラクタはK28.5(両ディスパリティ)

コミュニケーション関連トリガ

AMI、HDB3、BnZS、CMI、MLT3、およびNRZで符号化されたコミュニケーション信号をサポート。規格に合わせて、正または負の孤立パルス、ゼロ・パルス、アイ・パターンから選択

DPOモデル
Opt. MTHが必要
MSOモデル
標準
バス・トリガ最大トグル・レート

I2C、SPI、RS-232/422/485/UART:10Mbps

USB:ロースピード、フルスピード

CAN1Mbps

LIN:100kbps

MIL-STD-1553B:2Mbps

ロジック・パターン・トリガ(MSOモデル)
スレッショルド・レンジ

P6780型ロジック・プローブの場合:-2~+4.5V

P6717A型/P6750型ロジック・プローブの場合:-1.5~+4V

スレッショルド確度
±(100mV+スレッショルド設定の3%)
エンハンスト・トリガ

選択可能、トリガ経路とデータ取込み経路間の時間差を補正(パターン・トリガ以外のAイベント、Bイベント両方のすべてのPinpointトリガ・タイプをサポート)、デフォルトでオン(選択可)、FastAcqモードでは利用不可

ライン・トリガ
電源ラインの信号にトリガ。0Vに固定
ビジュアル・トリガ
Opt. VETが必要
最大エリア数
8
エリア形状
長方形、三角形、不等辺四角形、六角形、ユーザ定義の形状(40以上の頂点が設定可能)
互換性
ビジュアル・トリガの設定は、すべてのトリガ・タイプ、トリガ・シーケンスと互換性がある
トリガ・タイプ
Trigger(トリガ)

アナログ・チャンネル

MSOのロジック・チャンネル

概要
コミュニケーション1 AMI、HDB3、BnZS、CMI、MLT3、およびNRZで符号化された信号をサポート
バス 設定されたバス値の検出でパラレル、またはシリアル・バスにトリガ
I2C 1スタート、リピーテッド・スタート、ストップ、ミッシング・アクノレッジ、アドレス(7または10ビット)、データ、またはアドレスとデータにトリガ
SPI 1SSまたはデータにトリガ
CAN2フレームの開始、フレーム・タイプ、識別子、データ、フレームの終了、ミッシング・アクノレッジ、ビット・スタッフィング・エラーにトリガ
LIN2シンク、識別子、データ、識別子とデータ、ウェイクアップ・フレーム、スリープ・フレーム、エラーにトリガ
FlexRay2フレームの開始、インジケータ・ビット、サイクル・カウント、ヘッダ・フィールド、識別子、データ、フレームの終了、エラーにトリガ
RS-232/422/485/UART2スタート・ビット、パケットの終了、データ、パリティ・エラーにトリガ
USB2ロースピードまたはフルスピード:シンク、リセット、サスペンド、レジューム、パケットの終了、トークン(アドレス)パケット、データ・パケット、ハンドシェイク・パケット、スペシャル・パケット、エラーにトリガ
MIL-STD-1553B2シンク、コマンド・ワード、ステータス・ワード、データ、RT/IMG時間、エラーにトリガ
PCI Express2パターン(オーダード・セットを含む)、キャラクタ/シンボル、エラー、コントロール・キャラクタにトリガ(gen 1/2レートのみ)
エッジ 任意のチャンネルまたは前面パネルの外部トリガ入力の立上りまたは立下りスロープでトリガ。カップリング:DC、AC、ノイズ除去、HF除去、LF除去
Bイベント・スキャン  Bイベント・スキャンはA‐Bトリガ・シーケンスであり、Bイベント・スキャン設定メニューで定義したバースト・イベント・データにトリガし、取込むことができる。取込んだビット列はシーケンシャルまたはランダムにスキャンできる。また、トリガは2つの連続したBトリガ・イベントの間で切り替えることができる。Bイベント・スキャンで取込んだバースト・データを使用してアイ・ダイアグラムを構築することもできる
グリッチ 正の極性、負の極性、またはいずれかの極性のグリッチにトリガ。最小グリッチ幅は150ps(代表値)、リアーム時間は300ps
パターン 選択した論理パターンとの一致または不一致を指定時間内に検出するトリガ。論理パターンは4つの入力チャンネル(およびMSO70000シリーズでは16のロジック・チャンネル)の論理ステート(HIGH、LOW、Don't Care)をAND、OR、NAND、NORから選択可能
ラント  2つのスレッショルド・レベルのうち、1つ目のスレッショルドを横切り、2つ目のスレッショルドを横切ることなく、再び1つ目のスレッショルド・レベルを横切る場合にトリガイベントは、時間または他チャンネルの論理状態で設定可能
シリアル・パターン1 6.25GbaudまでのNRZエンコード・データにトリガ。1.25Gbaud以上では8B/10Bエンコード・データに対応。パターン・ロック・トリガにより、6.25Gbpsまでのロング・シリアル・テスト・パターンの繰り返し取込み
セットアップ/ホールド  任意の2つの入力チャンネルで、クロックとデータの間にセットアップ時間とホールド時間の違反がある場合にトリガ
ステート チャンネル1、2、3(およびMSO70000シリーズでは16のロジック・チャンネル)で選択した論理ステートを、チャンネル4のクロックの立上りまたは立下りエッジで検出するトリガ
タイムアウト 指定した時間にわたって、イベントがハイ、ロー、いずれかのままである場合にトリガ。300ps以上が選択可能
トランジション  指定したパルス・エッジ・レートよりも速いまたは遅い場合にトリガ。スロープは正、負またはいずれかが選択可能
イベント遅延トリガ 1~2Gイベント
時間遅延トリガ 3.2ns~3Ms
ビジュアル・トリガ2 ビジュアル・トリガの設定が満たされたときにトリガ
指定した時間範囲内または範囲外で、正または負のパルスでトリガ。最小パルス幅は150ps
ウィンドウ  ユーザが調整可能な2つのスレッショルドと時間軸によって定義されたウィンドウに、信号が出入りしたというイベントにトリガ。イベントは、時間または他チャンネルの論理状態で設定可能

1MSOモデルでは標準装備、DPOモデルではオプション

2全機種でオプション

波形解析
イベントのサーチとマーク

エッジ、グリッチ、または指定した幅のパルスを検索する。検索条件にマッチして検出されたイベントにはマークが付き、イベント・テーブルに表示されます。任意のチャンネルの正、負いずれかまたは両方のスロープを検索する。

目的のイベントが検出された場合、同様のイベントはPinpointトリガの設定ウィンドウのMark All Trigger Events in Recordで検出できる。

検出されたイベントはイベント・テーブルで表示され、すべてのイベントはトリガ・ポジションを基準にタイム・スタンプが付く。イベント検出時に、波形取込みの停止を選択することもできる。

波形測定
自動測定

53項目。8項目を一度にスクリーン上に表示。統計値、ユーザ定義可能なリファレンス・レベル、範囲を指定して測定するゲーティングが可能

DPOJETジッタ/アイ・ダイアグラム解析アプリケーションを使用すると、より多くの自動測定やジッタなどの拡張測定が可能

振幅測定

振幅、ハイ、ロー、最大値、最小値、P-P、平均値、サイクル平均値、実効値、サイクル実効値、正のオーバシュート、負のオーバシュート

時間測定

立上り時間、立下り時間、正のパルス幅、負のパルス幅、正のデューティ・サイクル、負のデューティ・サイクル、周期、周波数、遅延

その他
面積、サイクル面積、位相、バースト幅
ヒストグラム関連

波形数カウント、ボックス内のヒット数、ピーク・ヒット数、中央値、最大値、最小値、P-P、平均値(μ)、標準偏差(σ)、μ±1σ、μ±2σ、μ±3σ

バス・デコード
パラレル

選択した複数チャンネルのデータをパラレル複数チャンネル・バスとしてグループ化し、1つのバス値として表示。表示形式はバイナリ、16進、シンボルが可能

I2C 1
I2C(Inter-Integrated Circuit)規格のバスとしてSCLKおよびSDAチャンネルを表示
SPI1

SPI(Serial Peripheral Interface)規格のバスとしてMOSI、MISO、SCLK、SSチャンネルを表示

CAN2

CAN_H、CAN_L、TX、RXチャンネルをバスとして表示

LIN2

LIN Version 1またはVersion 2の規格に従ってデータをバスとして表示

FlexRay2
BP、BM、TX、RX信号をバスとして表示
HSIC2

USB2.0 HSIC規格に従ってデータをバスとして表示

RS-232/422/485/UART2
チャンネルをバスとして表示
USB2
チャンネルをUSB仕様のバスとして表示
MIL-STD-1553B2

データをバスとして表示

PCI Express2

Gen 1、Gen 2、Gen 3のデータ・レートを自動的に検出し、PCIe規格に従ってバスとして表示

MIPI® D-PHY2
DSIまたはCSI2チャンネルをMIPI規格のバスとして表示
8B/10Bエンコーディング1
制御/データ・キャラクタをバスとして表示
波形処理/演算機能
代数式

波形、スカラ、任意の変数、波形測定結果などを含めた広範囲な代数式を定義可能。例:(Integral(CH1-Mean(CH1))×1.414×VAR1)

演算
波形および定数の加算、減算、乗算、除算
フィルタ関数

ユーザによる定義が可能。フィルタ係数を含むファイルを指定。数種類のサンプル・フィルタ・ファイルを含む

周波数領域関数
スペクトラム(振幅、位相、実数および虚数)
マスク関数

サンプル波形からピクセル・マップの波形データベースを生成する関数。サンプル数も定義可能

演算関数

平均、反転、積分、微分、平方根、指数、Log 10、Log e、Abs、Ceiling、Floor、Min、Max、Sin、Cos、Tan、ASin、ACos、ATan、Sinh、Cosh、Tanh

関係式
>、<、≧、≦、=、≠のブール値の結果
垂直軸単位
振幅:リニア、dB、dBm 位相:degree、radian、グループ遅延 IREとmV
窓関数

矩形、ハミング、ハニング、カイザーベッセル、ブラックマンハリス、ガウシャン、フラットトップ2、Tek指数関数

演算プラグイン・インタフェースを使用したユーザ独自の関数

MATLABまたはVisual Studioを使用してユーザ独自の演算関数を作成するためのインタフェースを提供

ディスプレイ・システム
カラー・パレット
ノーマル、グリーン、グレイ、色温度、スペクトラム、ユーザ定義
フォーマット
YT、XY、XYZ
表示解像度
1024×768ピクセル(XGA)
ディスプレイ・タイプ
307.3mm(12.1型)液晶カラー・ディスプレイ
水平目盛
10 
垂直目盛
10 
波形スタイル
ベクタ、ドット、可変パーシスタンス、無限パーシスタンス
コンピュータ・システムと周辺機器
オペレーティング・システム
Microsoft Windows 10 Enterprise IoT Edition
CPU
Intel i7-2600プロセッサ、クワッド・コア、3.4GHz
システム・メモリ
8Gバイト(DXモデルでは16Gバイト)
ソリッド・ステート・ドライブ
リムーバブル、容量:512GB
CD/DVDドライブ
前面パネルにCD-R/W、DVD-Rドライブ
マウス
光学式ホイール・マウス、USBインタフェース
キーボード
USBインタフェース
入出力ポート
外部入力
前面パネル。トリガの項を参照
補助出力
後部パネル。BNCコネクタ、0~3V、デフォルトの出力はAイベント・トリガ、ローで真
DCプローブ校正出力
前面パネル。BNCコネクタ、DCプローブ校正用:±10VDC(プローブ校正時のみ利用可能)
高速エッジ出力
前面パネル。SMAコネクタによる高速エッジ信号。1kHz±20%、810mV(ベース・トップ間) ±20%(10kΩ以上の負荷)、440mV±20%(50Ω負荷)
リカバリ・クロック出力
前面パネル。SMAコネクタ、1.25Gbps以下、出力スイング: 1.25Gbsで130mVp-p以上(50Ω)、DPO70000シリーズではOpt. ST6GまたはOpt. MTHが必要、MSO70000シリーズでは標準装備
データ・リカバリ出力
前面パネル。SMAコネクタ、1.25Gbps以下、1010繰り返しパターンの出力スイング: 1.25Gbpsで200mV(50Ω)、DPO70000シリーズではOpt. ST6GまたはOpt. MTHが必要、MSO70000シリーズでは標準装備
USBインタフェース

前面パネル:23、25、33GHz機種では2つのUSB 2.0ポート、その他の機種では1つを装備。USBキーボード、マウス、ストレージ・デバイスを接続

後部パネル:4つのUSBポート(2つはUSB 3.0)。USBキーボード、マウス、ストレージ・デバイスを接続

LXI Webインタフェース(LAN eXtensions for Instrumentation)
クラス:LXIクラスC
バージョン: 1.3 
オーディオ入出力
後部パネル。ミニチュア・フォン・ジャック、ステレオ・マイクロフォン入力とステレオ・ライン出力
外部時間軸リファレンス入力
後部パネル。BNCコネクタ、時間軸システムは外部10/100MHzリファレンスに対して位相ロック可能。安定したクロックまたはトラッキング・モードのどちらかに最適化(ソフトウェア・スイッチによる)
GPIBインタフェース
後部パネル。IEEE 488.2規格
キーボード・ポート
後部パネル。PS/2互換
LANポート
後部パネル。RJ-45コネクタ、10Base-T、100Base-T、1000BASE-Tをサポート
マウス・ポート
後部パネル。PS/2互換
eSATAポート
後部パネル。eSATAストレージ・デバイス用外部SATAインタフェース
電源
100~240VRMS、±10%、50/60Hz、115VRMS±10%、870W未満、400Hz、CAT II、1100VA(代表値)未満
ビデオ出力ポート

外部モニタまたはプロジェクタに接続してライブ波形などを表示。プライマリWindowsデスクトップも、これらのポートを使用して外部モニタに表示可能。

または、セカンダリWindowsデスクトップを表示するようにポートを構成可能(拡張デスクトップまたはデュアル・モニタとも呼ぶ)

VGAコネクタおよびDVI-Dコネクタ

シリアル・ポート
後部パネル。DB-9 COM1ポート×2 
時間軸リファレンス出力
BNCコネクタより、内部10MHzリファレンス・オシレータの信号を出力、TTL互換
寸法/質量
寸法
 mm インチ
高さ 298  11.74 
451  17.75 
奥行 489.97  19.29 
ラックマウントの寸法
 mm インチ
高さ 311  12.25 
480.1  18.9 
奥行(ラックマウントの取っ手から機器の後端まで) 546.1  21.5 
質量
 kg ポンド
本体 24  53 
出荷梱包時 34  67 
ラックマウントの質量
 kg ポンド
本体 22  59 
キット 2.7 
冷却に必要なスペース
 mm インチ
上部
底部
左側面 76 
右側面 76 
前面
後部
環境条件
温度
動作時
5℃~+45℃
非動作時
-20℃~+60℃
湿度
動作時
32℃までは相対湿度(RH)8%~80%、
+32~+45℃では湿球温度29.4℃に制限される
非動作時
相対湿度(RH)5%~95%、
+32~+60℃では湿球温度29.4℃に制限される
高度
動作時
3,000m
非動作時
12,000m
規制
EMC(電磁適合性)
2004/108/EC;EN 61326-2-1:2006 
安全基準
UL 61010-1、CSA 61010-1-04、LVD 2006/95/EC、EN61010-1、IEC 61010-1 

ご発注の際は以下の型名をご使用ください。

MSO/DPO70000シリーズ
MSO70404C
4GHzミックスド・シグナル・オシロスコープ
MSO70604C
6GHzミックスド・シグナル・オシロスコープ
MSO70804C
8GHzミックスド・シグナル・オシロスコープ
MSO71254C
12.5GHzミックスド・シグナル・オシロスコープ
MSO71604C
16GHzミックスド・シグナル・オシロスコープ
MSO72004C
20GHzミックスド・シグナル・オシロスコープ
MSO72304DX型
23GHzミックスド・シグナル・オシロスコープ
MSO72504DX型
25GHzミックスド・シグナル・オシロスコープ
MSO73304DX型
33GHzミックスド・シグナル・オシロスコープ
DPO70404C
4GHzデジタル・フォスファ・オシロスコープ
DPO70604C
6GHzデジタル・フォスファ・オシロスコープ
DPO70804C
8GHzデジタル・フォスファ・オシロスコープ
DPO71254C
12.5GHzデジタル・フォスファ・オシロスコープ
DPO71604C
16GHzデジタル・フォスファ・オシロスコープ
DPO72004C
20GHzデジタル・フォスファ・オシロスコープ
DPO72304DX型
23GHzデジタル・フォスファ・オシロスコープ
DPO72504DX型
25GHzデジタル・フォスファ・オシロスコープ
DPO73304DX型
33GHzデジタル・フォスファ・オシロスコープ
スタンダード・アクセサリ
アクセサリ
071-2980-xx
ユーザ・マニュアル
TCA-292MM(×4)
TekConnect‐2.92mm変換アダプタ(Cモデル)
TCA-292D(×4)
TekConnect‐2.92mm変換アダプタ(DXモデル)
TCA-BNC
TekConnect‐BNC変換アダプタ
アクセサリ・ポーチ
前面カバー
マウス
キーボード
電源ケーブル
帯電防止用リスト・ストラップ
GPIBプログラマ・リファレンス(SSD内)
パフォーマンス検証手順PDFファイル
NISTトレーサビリティを証する校正証明書
Z 540-1コンプライアンスおよびISO9001
---
P6717A型汎用ロジック・プローブ(MSOモデル)
---
ロジック・プローブ・デスキュー・フィクスチャ(MSOモデル)
機器オプション
レコード長のオプション
Opt. 概要
Opt. 5XL 拡張レコード長-62.5M/Ch
Opt. 10XL 拡張レコード長-125M/Ch
Opt. 20XL 拡張レコード長-250M/Ch
Opt. 50XL 拡張レコード長-500M/Ch
Opt. 510XL 拡張レコード長-125M/Ch(Opt. DSAを装備したDPOシリーズ用)
Opt. 520XL 拡張レコード長-250M/Ch(Opt. DSAを装備したDPOシリーズ用)
Opt. 550XL 拡張レコード長-500M/Ch(Opt. DSAを装備したDPO DXシリーズ用)
ストレージ・オプション
Opt. 概要
Opt. SSD ソリッド・ステート・ドライブ・アセンブリ:Microsoft Windows 10 OS、TekScope、およびアプリケーション・ソフトウェアがインストールされた、お客様がインストール可能なリムーバブル・ドライブ
トリガ/サーチ・オプション
Opt. 概要
Opt. LT 波形リミット・テスト
Opt. MTH マスク・テスト(ハードウェア・クロック・リカバリを含む)
Opt. ST6G 8B/10Bシリアル・プロトコル・トリガ/デコード(最高6.25Gbps)
拡張解析オプション
Opt. 概要
Opt. BRR BroadR-Reach/100BASE-T1の自動コンプライアンス・ソリューション
Opt. C-PHY マニュアルC-PHY Essentialsトランスミッタ・ソリューション
Opt. DDRA DDRメモリ・バス解析(DJAが必要)
Opt. DDR-LP4 LPDDR4(メモリ・バスの電気検証/解析用オシロスコープ・ソフトウェア)
Opt. DJA DPOJETジッタ/アイ解析ツール‐(Advanced)
Opt. DJAN DPOJETノイズ、ジッタ/アイ・ダイアグラム解析ツール
Opt. DP12 DisplayPort 1.2ソース・テスト自動化ソフトウェア
Opt. DP14 DisplayPort 1.4ソース・テスト自動化ソフトウェア
Opt. D-PHY MIPI D-PHYトランスミッタのデバッグ/特性評価/コンプライアンス・テスト・ソフトウェア(DJAが必要)
Opt. DSA デジタル・シリアル解析バンドル(5XL、DJA、MTH、ST6Gを含む)
Opt. EDP Embedded DisplayPort 1.3 Essentials
Opt. EDP14 Embedded DisplayPort(EDP)1.4 Essentials
Opt. ERRDT 高速シリアル規格用フレーム/ビット・エラー・レート・ディテクタ(ST6Gが必要)
Opt. ET3 イーサネット適合性試験
Opt. FC-16G Fiber Channel-16G DPOJET Essentials
Opt. HDM HDMI 2.0拡張解析/コンプライアンス・ソフトウェア(Txテスト用)
Opt. HDM-DS HDMI 2.0拡張解析/コンプライアンス・ソフトウェア(Rxテスト用)のためのTxテスト用アップグレード・オプション・ソフトウェア
Opt. HDM-DSM HDMI 2.0拡張解析/特性評価ソフトウェア(Rxテスト用)
Opt. HSIC HSIC Essentials - 電気検証/プロトコル・デコード・ソリューション(オプションの測定にDJAが必要)
Opt. HT3 HDMIコンプライアンス・テスト
Opt. HT3DS HDMI 1.4用HDMIダイレクト・シンセシス(HT3が必要)
Opt. MHD MHL拡張解析/コンプライアンス・ソフトウェア(DPOモデルでDJAおよび2XLが必要)
Opt. MHD3 MHL 3.0拡張解析およびコンプライアンス・ソフトウェア(Tx/Rx/ドングル/ケーブル・テスト用。Opt. MHDが必要)
Opt. MOST MOST Essentials‐MOST50およびMOST150の電気コンプライアンスおよびデバッグ・テスト・ソリューション(DJAが必要)
Opt. M-PHY MIPI M-PHYトランスミッタのデバッグ/特性評価/コンプライアンス・テスト・ソフトウェア(DJAが必要)
Opt. M-PHYTX M-PHY自動トランスミッタ・ソリューション
Opt. M-PHYRX M-PHY自動レシーバ・ソリューション
Opt. NBASET NBASE-T TekExpress適合性テストおよびデバッグ・ソリューション
Opt. PAM4 PAM4トランスミッタ解析ソフトウェア
Opt. PCE PCI Express Gen1/2 DPOJet測定ソフトウェアのみ(TekExpressなし。Opt. DJAが必要)
Opt. PCE3 PCI Express Gen1/2/3 TekExpressコンプライアンス/デバッグ自動化ソフトウェア(DPOJET測定ソフトウェアが付属、Opt. DJAが必要)
Opt. PCE4 PCI Express Gen1/2/3 TekExpressコンプライアンス/デバッグ自動化ソフトウェア(DPOJETおよびSIGTEST測定ソフトウェアとGen4デバッグ用のDPOJET測定ライブラリが付属、Opt. DJAおよびOpt. SDLA64が必要)
Opt. PWR パワー測定/解析
Opt. QPI QPI 1.1自動化ソフトウェア
Opt. SC SignalCorrectケーブル/チャンネル補正ソフトウェア
Opt. SDLA64 シリアル・データ・リンク解析ビジュアライザ
Opt. SFP-TX SFP+コンプライアンス/デバッグ・ソリューション(Opt. DJAが必要)
Opt. SFP-WDP SFP+コンプライアンス/デバッグ・ソリューション‐WDP測定(Opt. DJAが必要)
Opt. SR-810B 8B/10Bシリアル解析
Opt. SR-AERO 航空/宇宙通信用シリアル・トリガ/解析(MIL-STD-1553B)
Opt. SR-AUTO 車載用シリアル・トリガ/解析(CAN/LIN/FlexRay)
Opt. SR-COMP コンピュータ・シリアル・トリガ/解析(RS-232/422/485/UART)
Opt. SR-CUST 開発者向けカスタム・シリアル解析キット
Opt. SR-DPHY MIPI D-PHY(DSI/CSI2)シリアル解析
Opt. SR-EMBD 組込みシリアル・トリガ/解析(I2C、SPI)
Opt. SR-ENET Ethernetシリアル解析(10BASE-Tおよび100BASE-TX)
Opt. SR-PCIE PCI Expressシリアル解析機能
Opt. SR-USB USBシリアル・トリガ/解析
Opt. SSIC SSICプロトコル・デコーダ
Opt. SVA AM/FM/PMオーディオ信号解析(Opt. SVEが必要)
Opt. SVE SignalVu Essentials‐オシロスコープ用ベクトル信号解析ソフトウェア
Opt. SVM 汎用デジタル変調解析(Opt. SVEが必要)
Opt. SVO フレキシブルOFDM解析(Opt. SVEが必要)
Opt. SVP 拡張信号解析(パルス測定を含む)(Opt. SVEが必要)
Opt. SVT セトリング時間、周波数、位相(Opt. SVEが必要)
Opt. SV23WLAN 802.11a/b/g/j/p測定(Opt. SVEが必要)
Opt. SV24WLAN 802.11n測定アプリケーション(Opt. SV23が必要)
Opt. SV25WLAN 802.11ac測定アプリケーション(Opt. SV24が必要)
Opt. SV26 APCO P25測定アプリケーション
Opt. SV27 SignalVu Bluetooth LE TX SIG基本測定(Opt. SVEが必要)
Opt. SV28 SignalVu LTEダウンリンクRF測定(Opt. SVEが必要)
Opt. SV30 IEEE 802.11AD SCワイドバンド波形解析(Opt. SVEが必要)
Opt. SWX-DP DisplayPortテスト向けスイッチ・マトリックス・オプション
Opt. TBT-TX Thunderbolt TXコンプライアンス・テスト・アプリケーション
Opt. VET ビジュアル・トリガ/サーチ
Opt. 100G-TXE IEEE-802.3bm:CAUI4およびIEEE-802.3bj:KR4/CR4 100Gbpsトランスミッタ・コンプライアンス。DJAまたはDSAおよびDJANが必要
Opt. 10G-KR 10GBASE-KR/KR4コンプライアンス/デバッグ・ソリューション
Opt. 400G-TXE IEEE-802.3bs/cd:50-400GAUI、50-200G-KR、50-200G-CR、OIF-CEI(VSR、MR、LR)電気トランスミッタ・コンプラインス。DJA、DJAN,PAM4、SDLA64が必要
Opt. 40G-CR4 40GBASE-CR4デバッグおよび自動コンプライアンス・ソリューション
フローティング・ライセンス・オプション

フローティング・ライセンスを使用して当社の機器を管理することもできます。フローティング・ライセンスにより、お使いのMSO/DPO70000シリーズ、MSO/DPO5000シリーズ、DPO7000シリーズのすべての当社オシロスコープの間で、ライセンス・キー対応のオプションを移動することができます。フローティング・ライセンスは、次のライセンス・キー対応オプションで使用することができます。

フローティング・ライセンス・オプションの詳細については、www.tek.com/products/oscilloscopes/floating-licensesをご参照ください。

Opt. 概要
DPOFL-10G-KR ライセンス、フローティング; 10GBASE-KR/KR4コンプライアンス/デバッグ・ソリューション(Opt. DJAおよびOpt. SR-CUSTが必要。周波数帯域が16GHz以上の機種のみ)
DPOFL-100G-TXE ライセンス、フローティング; IEEE-802.3bm:CAUI4およびIEEE-802.3bj:KR4/CR4 100Gbpsトランスミッタ・コンプライアンス(Opt. DJAが必要)
DPOFL-40G-CR4 ライセンス、フローティング; 40GBASE-CR4デバッグおよび自動コンプライアンス・ソリューション
DPOFL-400G-TXE ライセンス、フローティング; 400G電気トランスミッタ・コンプライアンス(Opt. DJA、DJAN、PAM4、およびSDLA64が必要)
DPOFL-BRR ライセンス、フローティング; BroadR-Reach/100BASE-T1の自動コンプライアンス・ソリューション
DPOFL-C-PHY ライセンス、フローティング; MIPI® C-PHY Essentialsトランスミッタ・ソリューション(Opt. DJAが必要)
DPOFL-C-PHYTX ライセンス、フローティング; MIPI® C-PHY TekExpress 3.0トランスミッタ・テスト自動化ソフトウェア(Opt. DJAが必要)
DPOFL-D-PHY ライセンス、フローティング; D-PHY(MIPI D-PHYトランスミッタのデバッグ/特性評価/コンプライアンス・テスト・ソフトウェア)の追加(Opt. DJAが必要)
DPOFL-DDR-LP4 ライセンス、フローティング; LPDDR4メモリ・バスの電気検証/解析用オシロスコープ・ソフトウェア
DPOFL-DDRA ライセンス、フローティング; DDRメモリ・テクノロジ解析パッケージ(Opt. DJAが必要)
DPOFL-DJA ライセンス、フローティング; 拡張ジッタ解析。TekScope AnywhereまたはDPO/DSA/MSO70000C/D/DXシリーズ、DPO7000Cシリーズ、またはDPO/MSO5000オシロスコープ用(DPOJET)
DPOFL-DJAN ライセンス、フローティング; DPOJETノイズ、ジッタ/アイ・ダイアグラム解析ツール
DPOFL-DP12 ライセンス、フローティング; DisplayPort 1.2テスト自動化ソフトウェア
DPOFL-DP14 ライセンス、フローティング; DisplayPort 1.4 Sourceテスト自動化ソフトウェア
DPOFL-DSA ライセンス、フローティング; MSOデジタル・シリアル解析バンドル
DPOFL-DSPT ライセンス、フローティング; DisplayPortトランスミッタ・テスト・ソフトウェア
DPOFL-EDP ライセンス、フローティング; Embedded DisplayPort(EDP)Essentials
DPOFL-EDP14 ライセンス、フローティング; Embedded DisplayPort(EDP)1.4 Essentials
DPOFL-ERRDT ライセンス、フローティング; 高速シリアル規格用フレーム/ビット・エラー・レート・ディテクタ(Opt. ST6Gが必要)
DPOFL-ET3 ライセンス、フローティング; Ethernetコンプライアンス・テスト(Ethernetテスト・フィクスチャが必要)
DPOFL-FC-16G ライセンス、フローティング; Fiber Channel-16G DPOJET Essentials
DPOFL-HDM ライセンス、フローティング; HDMI 2.0 Tx用拡張解析/コンプライアンス・ソフトウェア
DPOFL-HDM-DS ライセンス、フローティング; HDMI 2.0 RX用拡張解析/コンプライアンス・ソフトウェア
DPOFL-HDM-DSM ライセンス、フローティング; HDMI 2.0拡張解析/特性評価ソフトウェア(RXテスト用)
DPOFL-HSIC ライセンス、フローティング; HSIC Essentials - 電気検証/プロトコル・デコード・ソリューション(オプションの測定にOpt. DJAが必要)
DPOFL-HT3 ライセンス、フローティング; フローティング・ライセンス; HDMIコンプライアンス・テスト
DPOFL-HT3DS ライセンス、フローティング; HDMI 1.4用HDMIダイレクト・シンセシス(Opt. HT3が必要)
DPOFL-LT ライセンス、フローティング; 波形リミット・テスト
DPOFL-M-PHY ライセンス、フローティング; MIPI M-PHY Essentials
DPOFL-M-PHYRX ライセンス、フローティング; M-PHY自動レシーバ・ソリューション(Opt. ST6GおよびOpt. ERRDTが必要)
DPOFL-M-PHYTX ライセンス、フローティング; M-PHY自動トランスミッタ・ソリューション(Opt. DJAが必要)
DPOFL-MHD ライセンス、フローティング; MHL用拡張解析/コンプライアンス・ソフトウェア
DPOFL-MOST ライセンス、フローティング; MOST Essentials(Opt. DJAが必要)
DPOFL-MTH ライセンス、フローティング; マスク・テスト(ハードウェア・クロック・リカバリを含む)
DPOFL-MTM ライセンス、フローティング; コミュニケーション・マスク・テスト
DPOFL-NBASET ライセンス、フローティング; TekExpress自動化ソリューション(NBASET)
DPOFL-PAM4 ライセンス、フローティング; PAM4トランスミッタ解析ソフトウェア
DPOFL-PCE ライセンス、フローティング; PCI Express Gen1/2 DPOJET測定ソフトウェアのみ(TekExpressなし。Opt. DJAが必要)
DPOFL-PCE3 ライセンス、フローティング; PCI Express Gen1/2/3 TekExpressコンプライアンス/デバッグ自動化ソフトウェア(周波数帯域が6GHz以上の機種のみ。DPOJET測定ソフトウェアが付属。Opt. DJAが必要)
DPOFL-PCE4 ライセンス、フローティング; PCI Express Gen1/2/3 TekExpressコンプライアンス/デバッグ自動化ソフトウェア(DPOJETおよびSIGTEST測定ソフトウェアとGen4デバッグ用のDPOJET測定ライブラリが付属、Opt. DJAおよびOpt. SDLA64が必要)
DPOFL-PTD ライセンス、フローティング; シリアル・プロトコル・トリガ/デコード
DPOFL-PWR ライセンス、フローティング; 拡張パワー測定/解析ソフトウェア
DPOFL-SAS3 ライセンス、フローティング; SAS-3 TXコンプライアンス・テスト・アプリケーション(Opt. DJAおよびOpt. 2XL以上が必要。周波数帯域が20GHz以上の機種のみ)
DPOFL-SAS3-TSG ライセンス、フローティング; SAS-3自動TXコンプライアンス・テスト・アプリケーション
DPOFL-SAS3-TSGW ライセンス、フローティング; SAS-3 WDPトランスミッタ測定
DPOFL-SATA-DHB ライセンス、フローティング; TekExpress用SATA TSG/RSGバンドル
DPOFL-SATA-RSG TekExpress用SATA RSG/RMTレシーバ・テスト
DPOFL-SATA-TSG ライセンス、フローティング; TekExpress用SATA PHY/TSG/OOBトランスミッタ・テスト
DPOFL-SC ライセンス、フローティング; SignalCorrectケーブル/チャンネル/プローブ補正ソフトウェア
DPOFL-SDLA64 ライセンス、フローティング; シリアル・データ・リンク解析
DPOFL-SFP-TX ライセンス、フローティング; Ethernet SFP+/QSFP+コンプライアンスおよびデバッグ・ソリューション(Opt. DJAが必要)
DPOFL-SFP-WDP ライセンス、フローティング; Ethernet SFP+/QSFP+コンプライアンスおよびデバッグ・ソリューション(Opt. DJAが必要)
DPOFL-SR-810B ライセンス、フローティング; 8B/10Bシリアル解析
DPOFL-SR-AERO ライセンス、フローティング; 航空/宇宙通信用シリアル・トリガ/解析(MIL-STD-1553B)
DPOFL-SR-AUTO ライセンス、フローティング; 車載用シリアル・トリガ/解析(CAN/LIN/FlexRay)
DPOFL-SR-COMP ライセンス、フローティング; コンピュータ・シリアル・トリガ/解析(RS-232/422/485/UART)
DPOFL-SR-DPHY ライセンス、フローティング; MIPI D-PHY(DSI/CSI2)シリアル解析
DPOFL-SR-EMBD ライセンス、フローティング; 組込みシリアル・トリガ/解析(I2C、SPI)
DPOFL-SR-ENET ライセンス、フローティング; Ethernetシリアル解析(10BASE-Tおよび100BASE-TX)
DPOFL-SR-PCIE ライセンス、フローティング; PCI Expressシリアル解析(トリガにOpt. ST6Gが必要)
DPOFL-SR-USB ライセンス、フローティング; USBシリアル・トリガ/解析
DPOFL-SSIC ライセンス、フローティング; SSICプロトコル・デコーダ
DPOFL-ST6G ライセンス、フローティング; 8B/10Bシリアル・プロトコル・トリガ/デコード(最高6.25Gbps)
DPOFL-STU ライセンス、フローティング; 8B/10Bシリアル・プロトコル・トリガ/デコード(3.125Gbpsから6.25Gbpsへのアップグレード)
DPOFL-SV23 ライセンス、フローティング; WLAN 802.11a/b/g測定(Opt. SVEが必要)
DPOFL-SV24 ライセンス、フローティング; WLAN 802.11n測定(Opt. SV23が必要)
DPOFL-SV25 ライセンス、フローティング; WLAN 802.11ac測定(Opt. SV24が必要。周波数帯域が6GHz以上の機種のみ)
DPOFL-SV26 ライセンス、フローティング; APCO P25測定アプリケーション(Opt. SVEが必要)
DPOFL-SV27 ライセンス、フローティング; SignalVu Bluetooth LE TX SIG基本測定(Opt. SVEが必要)
DPOFL-SV28 ライセンス、フローティング; SignalVu LTEダウンリンクRF測定(Opt. SVEが必要)
DPOFL-SVA ライセンス、フローティング; AM/FM/PMダイレクト・オーディオ解析(Opt. SVEが必要)
DPOFL-SVE ライセンス、フローティング; SignalVu Essentials‐ベクトル信号解析ソフトウェア
DPOFL-SVM ライセンス、フローティング; SignalVu汎用変調解析(Opt. SVEが必要)
DPOFL-SVO ライセンス、フローティング; フレキシブルOFDM解析(Opt. SVEが必要)
DPOFL-SVP ライセンス、フローティング; SignalVu パルス測定(Opt. SVEが必要)
DPOFL-SVT ライセンス、フローティング; セトリング時間測定-周波数/位相(Opt. SVEが必要)
DPOFL-TBT-TX ライセンス、フローティング; Thunderboltトランスミッタの特定評価/デバッグ/コンプライアンス・テスト(Opt. DJAおよびOpt. 2XL以上が必要。周波数帯域が16GHz以上の機種のみ)
DPOFL-UHS-2  ライセンス、フローティング;ホスト/デバイス用UHS-2 - UHS-II自動コンプライアンスおよびマージン・テスト・ソリューション‐トランスミッタ/レシーバ(周波数帯域が6GHz以上の機種のみ)
DPOFL-USB-TX ライセンス、フローティング;USB 3.0自動TXコンプライアンス・テスト・アプリケーション(Opt. DJAが必要。周波数帯域が8GHz以上の機種のみ)
DPOFL-USB-TX-UP TEKEXP USB-TX (ドングル・ベースのライセンス)からDPOFL-USB-TXへのフローティング・ライセンス・アップグレード
DPOFL-USB2 ライセンス、フローティング; USB 2.0自動コンプライアンス・テスト・アプリケーション
DPOFL-USBPWR ライセンス、フローティング; USB電源アダプタ/EPS自動コンプライアンス・テスト・ソリューション(70000Dモデルではサポートされません)
DPOFL-USBSSP-TX ライセンス、フローティング; USB 3.1自動TXコンプライアンス・テスト・アプリケーション
DPOFL-USBSSP-UP USB TX(フローティング)からUSB SSP TX(フローティング)へのフローティング・ライセンス・アップグレード
DPOFL-VET ライセンス、フローティング ビジュアル・トリガ
DPOFL-XGBT2 ライセンス、フローティング; TekExpress自動化ソリューション(10GBASE-T)
DPOFL-XL02 ライセンス、フローティング; 拡張レコード長-31.25Mポイント/Ch
DPOFL-XL05 ライセンス、フローティング; 拡張レコード長-62.5Mポイント/Ch
DPOFL-XL010 ライセンス、フローティング; 拡張レコード長-125Mポイント/Ch
DPOFL-XL020 ライセンス、フローティング; 拡張レコード長-250Mポイント/Ch(周波数帯域が12.5GHz以上の機種のみ)
DPOFL-XL050 ライセンス、フローティング; 拡張レコード長 - 500Mポイント/Ch、1Gポイント(2チャンネル時)(DXモデルのみ)
TekExpressアプリケーション・フレームワーク・オプション
Opt. 概要
TEKEXP TekExpress自動化フレームワーク
Opt. D-PHYTX D-PHY自動化ソリューション
Opt. DIIVA DiiVA自動化ソリューション
DP-SINK DisplayPortシンク・コンプライアンス自動化ソフトウェア
Opt. HEAC HEAC自動化ソリューション
Opt. SAS3 SAS-3 TXコンプライアンス・テスト・アプリケーション
Opt. SAS3-TSG SAS-3自動Txコンプライアンス・テスト・アプリケーション
Opt. SAS3-TSGW WDP測定のライセンスを含むSASトランスミッタ測定
Opt. SATA-DHB SATA TekExpress SATA SWバンドル(ホストまたはデバイス用のTSGおよびRSG)
Opt. SATA-TSG TekExpress用SATA PHY/TSG/OOBトランスミッタ・テスト
Opt. SATA-RSG TekExpress用SATA RSG/RMTレシーバ・テスト
Opt. SFP-TX Ethernet SFP+/QSFP+コンプライアンスおよびデバッグ・ソリューション
Opt. SFP-WDP Ethernet SFP+/QSFP+コンプライアンスおよびデバッグ・ソリューション
Opt. USB2 USB 2.0自動コンプライアンス・テスト・アプリケーション
Opt. USBPWR USB電源アダプタ/EPS自動コンプライアンス・テスト・ソリューション
Opt. USBSSP-TX USB 3.1自動TXコンプライアンス・テスト・アプリケーション
Opt. USB-TX TekExpress USB 3.0自動化ソリューション
Opt. USB-TX-UP TEKEXP USB-TXからUSB-TXへのアップグレード
Opt. XGBT2 10GBASE-TekExpressコンプライアンス/デバッグ・ソリューション
アップグレード・オプション
MSO/DPO70000シリーズは、ご購入後でも簡単にアップグレードできます。
お使いのMSO/DPO70000シリーズをアップグレードする場合は、DPO-UPの後に、以下のオプション型名をご指定ください。たとえば、オプションのDDRA、DDRメモリ・テクノロジ解析パッケージを追加するには、DPO-UP DDRAをご発注ください。
DPO70000シリーズのメモリのアップグレード
XL02
標準のレコード長からOpt. 2XLにアップグレード
XL05
標準のレコード長からOpt. 5XLにアップグレード
XL010
標準のレコード長からOpt. 10XLにアップグレード
XL020
標準のレコード長からOpt. 20XLにアップグレード
MSO/DPO70000シリーズのメモリのアップグレード
XL25
Opt. 2XLのレコード長からOpt. 5XLにアップグレード
XL210
Opt. 2XLのレコード長からOpt. 10XLにアップグレード
XL220
Opt. 2XLのレコード長からOpt. 20XLにアップグレード
XL250
Opt. 2XLのレコード長からOpt. 50XLにアップグレード
XL510
Opt. 5XLのレコード長からOpt. 10XLにアップグレード
XL520
Opt. 5XLのレコード長からOpt. 20XLにアップグレード
XL550
Opt. 5XLのレコード長からOpt. 50XLにアップグレード
XL1020
Opt. 10XLのレコード長からOpt. 20XLにアップグレード
XL1050
Opt. 10XLのレコード長からOpt. 50XLにアップグレード
XL2050
Opt. 20XLのレコード長からOpt. 50XLにアップグレード
MSO/DPO70000シリーズのトリガ/サーチ・アップグレード
LT
波形リミット・テスト
MTH
マスク・テスト(ハードウェア・クロック・リカバリを含む)
ST6G
8B/10Bシリアル・プロトコル・トリガ/デコード(最高6.25Gbps)
STU
シリアル・パターン・トリガを6.25Gbpsにアップグレード(Opt. PTHが必要)
MSO/DPO70000シリーズの拡張解析アップグレード
BRR
BroadR-Reach/100BASE-T1の自動コンプライアンス・ソリューション
C-PHY
マニュアルC-PHY Essentialsトランスミッタ・ソリューション
D-PHY
MIPI D-PHY ESSENTIALS
DDR-LP4
LPDDR4メモリ・バスの電気検証/解析用オシロスコープ・ソフトウェア(Opt. DJA、ASMおよびDDRAが必要)
DDRA
DDRメモリ・バス解析(DJAが必要)
DJAH
DPOJETジッタ/アイ解析ツール(Advanced、12GHz未満の70000シリーズ用)
DJAN
DPOJETノイズ/BER解析
DJAU
DPOJETジッタ/アイ解析ツール(Advanced、12GHz以上の70000シリーズ用)
DP12
DisplayPort 1.2ソース・テスト自動化ソフトウェア
DP14
DisplayPort 1.4ソース・テスト自動化ソフトウェア
DSAH
デジタル・シリアル解析バンドル(4GHz~8GHz機種用。5XL、DJA、MTH、ST6Gを含む)
DSAU
デジタル・シリアル解析バンドル(12.5GHz~20GHz機種用。5XL、DJA、MTH、ST6Gを含む)
DSAX
デジタル・シリアル解析バンドル(DPO70KDXシリーズ用。5XL、DJA、MTH、ST6Gを含む)
EDP
Embedded DisplayPort(EDP)Essentials
EDP14
Embedded DisplayPort(EDP)1.4 Essentials
ERRDTH
高速シリアル規格用フレーム/ビット・エラー・レート・ディテクタ(12GHz未満の70000シリーズ用。Opt. ST6Gが必要)
ERRDTU
高速シリアル規格用フレーム/ビット・エラー・レート・ディテクタ(12GHz以上の70000シリーズ用。Opt. ST6Gが必要)
ET3
イーサネット適合性試験
FC-16G
Fiber Channel-16G DPOJET Essentials
HDD7
最低500GBの7000C/70000Cシリーズ用ハード・ディスク・ドライブ(リムーバブル、Windows 7 OS、TekScopeソフトウェアおよびアプリケーションをインストール済み)
HDM
HDMI 2.0拡張解析/コンプライアンス・ソフトウェア(Txテスト用)
HDM-DS
HDMI 2.0拡張解析/コンプライアンス・ソフトウェア(Rxテスト用)
HDM-DSM
HDMI 2.0拡張解析/特性評価ソフトウェア(Rxテスト用。Opt. HDM-DSが必要)
HSIC
HSIC Essentials - 電気検証/プロトコル・デコード・ソリューション(SR-CUSTを含む。オプションの測定にDJAが必要)
HT3
HDMIコンプライアンス・テスト
HT3DS
HDMI 1.4用HDMIダイレクト・シンセシス
M-PHY
MIPI M-PHYトランスミッタのデバッグ/特性評価/コンプライアンス・テスト・ソフトウェア(DJAが必要)
M-PHYTX
M-PHY自動トランスミッタ・ソリューション
MBDRAM
DRAMを4GBから8GBにアップグレード(Advantech AIMB-566 Motherboard用)
MHD
MHL拡張解析/コンプライアンス・ソフトウェア(Opt. DJAおよびOpt. 2XLが必要)
MHD3
MHL 3.0拡張解析およびコンプライアンス・ソフトウェア(Tx/Rx/ドングル/ケーブル・テスト用アップグレード・オプション。Opt. MHDが必要)
MOST

MOST Essentials – MOST50およびMOST150の電気コンプライアンスおよびデバッグ・テスト・ソリューション(DJAが必要)

MSOX
DPO70KDXシリーズにMSOの機能を追加
NBASET
NBASE-T TekExpress適合性テストおよびデバッグ・ソリューション
PAM4

PAM4トランスミッタ解析ソフトウェア

PCE
PCI Express Gen1/2 DPOJET測定ソフトウェアのみ(TekExpressなし。Opt. DJAが必要)
PCE3
PCI Express Gen1/2/3 TekExpressコンプライアンス/デバッグ自動化ソフトウェア(DPOJET測定ソフトウェアが付属、Opt. DJAが必要)
PCE4
PCI Express Gen1/2/3/4 TekExpressコンプライアンス/デバッグ自動化ソフトウェア(DPOJETおよびSIGTEST測定ソフトウェアが付属、Opt. DJAおよびOpt. SDLA64が必要)
PWR
パワー測定/解析
SAS3
SAS-3 TXコンプライアンス・テスト・アプリケーションにアップグレード
SAS3-TSG
SAS-3自動Txコンプライアンス・テスト・アプリケーション
SAS3-TSGW
WDP測定のライセンスを含むSASトランスミッタ測定
SATA-DHB
TekExpress用SATA TSG/RSGバンドル
SATA-R-UP
TekExpress用SATA RSG/RMTレシーバ・テストのTEKEXPをアップグレード
SATA-RSG
TekExpress用SATA RSG/RMTレシーバ・テスト
SATA-T-UP
TekExpress用SATA PHY/TSG/OOBトランスミッタ・テストへのTEKEXPアップグレード
SATA-TSG
TekExpress用SATA PHY/TSG/OOBトランスミッタ・テスト
SC
SignalCorrectケーブル/チャンネル補正ソフトウェア
SDLA64
Win7(64ビット)オシロスコープ用シリアル・データ・リンク解析
SFP-TX
Ethernet SFP+/QSFP+コンプライアンスおよびデバッグ・ソリューション
SFP-WDP

Ethernet SFP+/QSFP+コンプライアンスおよびデバッグ・ソリューション

SR-810B
8B/10Bシリアル解析
SR-AERO

航空/宇宙通信用シリアル・トリガ/解析(MIL-STD-1553B)

SR-AUTO

車載用シリアル・トリガ/解析(CAN/LIN/FlexRay)

SR-COMP
コンピュータ・シリアル・トリガ/解析(RS-232/422/485/UART)
SR-DPHY
MIPI D-PHY(DSI/CSI2)シリアル解析
SR-EMBD
組込みシリアル・トリガ/解析(I2C、SPI)
SR-ENET
Ethernetシリアル解析(10BASE-Tおよび100BASE-TX)
SR-PCIE

PCI Expressシリアル解析機能

SR-USB
USBシリアル・トリガ/解析
SSD
ソリッド・ステート・ドライブ・アセンブリ:Microsoft Windows 7 OS、TekScope、およびアプリケーション・ソフトウェアがインストールされた、お客様がインストール可能なリムーバブル・ドライブ
SSP
USB 3.1 SuperSpeedPlusトランスミッタ・テスト・ソリューション
SV23
WLAN 802.11a/b/g/j/p測定の追加
SV24
WLAN 802.11n測定の追加(Opt. SV23が必要)
SV25
WLAN 802.11ac測定の追加(Opt. SV24が必要)
SV26
APCO P25測定アプリケーション
SV27
SignalVu Bluetooth LE TX SIG基本測定(Opt. SVEが必要)
SV28
SignalVu LTEダウンリンクRF測定(Opt. SVEが必要)
SV30
IEEE 802.11AD SCワイドバンド波形解析(Opt. SVEが必要)
SVA
AM/FM/PMダイレクト・オーディオ解析(Opt. SVEが必要)
SVEH
SignalVu Essentials‐ベクトル信号解析ソフトウェア(12GHz未満の70000シリーズ用)
SVEU
SignalVu Essentials‐ベクトル信号解析ソフトウェア(12GHz以上の70000シリーズ用)
SVM
SignalVu汎用変調解析(Opt.SVEが必要)
SVO
フレキシブルOFDM解析(Opt. SVEが必要)
SVP
SignalVu Pulse拡張信号解析ソフトウェア(Opt.SVEが必要)
SVT
セトリング時間測定(周波数/位相)(Opt. SVEが必要)
SWX-DP
DisplayPortテスト向けスイッチ・マトリックス・オプション
SWX-PCE
PCIE用スイッチ・マトリックス‐マルチレーン自動化
TBT-TX

Thunderbolt TXコンプライアンス・テスト・アプリケーションにアップグレード

USB-TX
TekExpress USB 3.0自動化ソリューション
USB-TX-UP
TEKEXP USB-TXからUSB-TXへのアップグレード
USB2
USB 2.0自動コンプライアンス・テスト・アプリケーション
USB3
USB 3.0 Essentials(DJAが必要)
USBPWR
USB電源アダプタ/EPS自動コンプライアンス・テスト・ソリューション
USBSSP-TX
USB 3.1自動TXコンプライアンス・テスト・アプリケーション
USBSSP-UP
USB-TXからUSBSSP-TXへのアップグレード
VETH
ビジュアル・トリガ/サーチ(12GHz未満の70000シリーズ用)
VETU
ビジュアル・トリガ/サーチ(12GHz以上の70000シリーズ用)
VNM
CAN/LINプロトコル解析ソフトウェア
XGBT2
10GBASE-TekExpress適合性テスト/デバッグ・ソリューション
100G-TXE
IEEE-802.3bm:CAUI4およびIEEE-802.3bj:KR4/CR4 100Gbpsトランスミッタ・コンプライアンスをサポートするために既存の機器をアップグレード。DJAまたはDSAおよびDJANが必要
10G-KR
10GBASE-KR/KR4コンプライアンス/デバッグ・ソリューション
40G-CR4
40GBASE-CR4デバッグおよび自動コンプライアンス・ソリューション
MSO/DPO70000シリーズの他のアップグレード
DPO7SSD-W10

増設用Windows 10 SSDドライブ。Windows 10がプリインストールされた機種またはWindows 7からWindows 10にアップグレードした機種用。Microsoft Windows 10 OS、TekScope、およびアプリケーション・ソフトウェアをインストール済み

注:このSSDの場合は、DPO-UPではなく、DPO7SSD-W10をご発注ください。

投資保護オプション
信号の高速化、新しい規格の進化に伴い、MSO/DPO70000シリーズも必要に応じて進化する必要があります。ご使用の周波数帯域は、アップグレードすることができます。ご使用のMSO/DPO70000シリーズを新シリーズにアップグレードしたり、DPOモデルをMSOモデルにアップグレードすることにより、性能を改善することができます。MSO/DPO70000シリーズをアップグレードする必要がある場合は、当社営業担当までご連絡ください。
言語オプション
Opt.L0
英語
Opt.L1
フランス語
Opt.L3
ドイツ語
Opt.L5
日本語
Opt.L7
簡体字中国語
Opt.L8
繁体字中国語
Opt.L9
韓国語
Opt.L10
ロシア語
Opt.L99
マニュアルなし
電源プラグ・オプション
Opt.A0
北米仕様電源プラグ(115 V、60 Hz)
Opt.A1
ユニバーサル欧州仕様電源プラグ(220 V、50 Hz)
Opt.A2
イギリス仕様電源プラグ(240 V、50 Hz)
Opt.A3
オーストラリア仕様電源プラグ(240 V、50 Hz)
Opt.A5
スイス仕様電源プラグ(220 V、50 Hz)
Opt.A6
日本仕様電源プラグ(100 V、50/60 Hz)
Opt.A10
中国仕様電源プラグ(50 Hz)
Opt.A11
インド仕様電源プラグ(50 Hz)
Opt.A12
ブラジル仕様電源プラグ(60 Hz)
Opt.A99
電源コードなし
サービス・オプション
Opt.C3
3年標準校正(納品後2回実施)
Opt.C5
5年標準校正(納品後4回実施)
Opt.D1
英文試験成績書
Opt.D3
3年試験成績書(Opt. C3と同時発注)
Opt.D5
5 年試験成績書(Opt. C5 と同時発注)
Opt.G3
3年間ゴールド・サービス・プラン
Opt.G5
5年間ゴールド・サービス・プラン
Opt.IF
アップグレードのインストール・サービス
Opt. R3
3年保証期間
Opt.R5
5年保証期間
推奨アクセサリ
プローブ
DPO7OE1
33GHz光プローブ
DPO7OE2
59GHz光プローブ
P7633
33GHzロー・ノイズTriModeプローブ
P7630
30GHzロー・ノイズTriModeプローブ
P7625
25GHzロー・ノイズTriModeプローブ
P7720

20GHz TriModeプローブ

P7716
16GHz TriModeプローブ
P7713
13GHz TriModeプローブ
P7708
8GHz TriModeプローブ
P7520A
25GHz TriModeプローブ
P7516
16GHz TriModeプローブ
P7513A
13GHz TriModeプローブ
P7313SMA
13GHz TriMode差動SMAプローブ
P7508
8GHz TriModeプローブ
P7506
6GHz TriModeプローブ
P7504
4GHz TriModeプローブ
P6780
差動ロジック・プローブ
P6750
D-Maxテクノロジ・ロジック・プローブ
P6717A
汎用ロジック・プローブ
P6251
DC~1GHz、42V、差動プローブ(TCA-BNC型変換アダプタが必要)
TCPA300/TCPA400シリーズ
電流測定システム
P5200/P5205/P5210
高電圧差動プローブ
P77DESKEW
SMA、半田付け、ブラウザ接続用のP7700シリーズ・プローブ・デスキュー・フィクスチャ
067-2431-xx
SMAまたは半田付け接続用のプローブ・デスキュー・フィクスチャ(30GHzまで)
067-0484-xx
アナログ・プローブ校正/デスキュー・フィクスチャ(4GHz)
067-1586-xx
アナログ・プローブ・デスキュー・フィクスチャ(4GHz以上)
067-1686-xx
パワー・デスキュー・フィクスチャ
アダプタ
TCA-1MEG
TekConnectハイ・インピーダンス・バッファ・アンプ(P6139A型受動電圧プローブを含む)
TCA-292MM
TekConnect‐2.92mm変換アダプタ(周波数帯域20GHzまで)
TCA-292D
TekConnect‐2.92mm変換アダプタ(周波数帯域33GHzまで)
TCA-BNC
TekConnect‐BNC変換アダプタ
TCA-N
TekConnect‐N変換アダプタ
TCA-SMA
TekConnect‐SMA変換アダプタ
TCA-VPI50
50ΩTekVPI-TekConnect変換アダプタ
TCA75
23GHz精密TekConnect75Ω‐50Ω変換アダプタ、75ΩBNC入力コネクタ
ケーブル
DPOACQSYNC
マルチスコープ同期キット(高速エッジ・ソース、ケーブル、パワー・スプリッタ、キャリング・ケースを含む)
012-0991-xx
GPIBケーブル(1m)
012-0991-xx
GPIBケーブル(2m)
P6780型ロジック・プローブのスタンダード・アクセサリ
067-2298-xx
デスキュー・フィクスチャ、ロジック・プローブ
020-3035-xx
標準アダプタ
020-3036-xx
ワイド・ボディ・アダプタ
020-3032-00 
25度/55度ホルダ
020-3021-00 
ヒート・ストリップ・ワイヤ(4.57m)
020-3031-xx
ハンド・ブラウジング・アダプタ
020-3033-xx
フレックス・アダプタ
020-3038-xx
リード・セット・グランド
020-3042-xx
プローブ・グルーパ(半田付け用ヘッダ・ピンを含む)
020-3034-xx
フェライト・ビーズ
020-3037-xx
ワイヤ・チューブ(4.57m)
P6717A型ロジック・プローブのスタンダード・アクセサリ
NEX-P6960PIN
D-MAXプローブ-スクエア・ピン・ヘッダ変換アダプタ
NEX-HD2HEADER1
MICTOR‐ヘッダ・ピン変換アダプタ
067-2298-xx
デスキュー・フィクスチャ、ロジック・プローブ
206-0559-xx
延長グランド・チップ
131-5638-xx
プローブ・チップ(10本入)
206-0569-xx
ICグラバ
352-1115-xx
プローブ・グルーパ
196-3501-xx
リード・セット
196-3497-xx
グランド・リード・セット
メモリ・テスト
NEX-DDR3MP78BSC
DDR3×4/×8ソルダ・チップ・インターポーザ
NEX-DDR3MP78BSCSK
DDR3×4/×8ソケット・チップ・インターポーザ
NEX-DDR3MP96BSC
DDR3×16ソルダ・チップ・インターポーザ
NEX-DDR3MP96BSCSK
DDR3×16ソケット・チップ・インターポーザ
NEX-DDR2MP60BSC
DDR2×4/×8ソルダ・チップ・インターポーザ
NEX-DDR2MP60BSCSK
DDR2×4/×8ソケット・チップ・インターポーザ
NEX-DDR2MP84BSC
DDR2×16ソルダ・チップ・インターポーザ
NEX-DDR2MP84BSCSK
DDR2×16ソケット・チップ・インターポーザ
DDR3用インスツルメントDIMM1
UDIMMロー・カードE用Scope NEXVuカード(http://www.nexustechnology.comを参照)
システム・テスト
TDSUSBF
Opt. USB用テスト・フィクスチャ
TF-XGbT1
Opt. XGbTソフトウェア用10GBASE-Tフィクスチャ
Ethernetテスト・フィクスチャ。Crescent Heart Software社(http://www.c-h-s.com)までお問合せください。
TF-HEAC-TPA-KIT
HEAC TPA-KITの内容:メイン・ボード、Plug Aタイプ・ボード、Plug Cタイプ・ボード、TDRボード(Aレセプタクル)×2、TDRボード(Cレセプタクル)×2 
TF-HDMI-TPA-S/STX
Tx/Rx用HDMIタイプCフィクスチャ・セット
TF-HDMIC-TPA-S/STX-STX

TF-HDMIC-TPA-S/STX-STX

TF-HDMIE-TPA-KIT
HDMIタイプEフィクスチャ・セット
TF-HDMID-TPA-P/R

HDMIタイプDフィクスチャ

TF-MHL-TPA-TEK
MHLフィクスチャ・セット
S46-6666-A-AMER
Keithley Instruments社製RF/マイクロ波スイッチ・システム、32チャンネル、終端なし、米国仕様電源ケーブル
S46-6666-A-ASIAP
Keithley Instruments社製RF/マイクロ波スイッチ・システム、32チャンネル、終端なし、アジア/太平洋諸国仕様電源ケーブル
S46-6666-A-EURAF
Keithley Instruments社製RF/マイクロ波スイッチ・システム、32チャンネル、終端なし、ヨーロッパ/アフリカ諸国仕様電源ケーブル
TF-USB3-AB-KIT2
USB 3.0 A/Bフィクスチャ/ケーブル・キット
TF-USB3-A-P
USB 3.0 Aプラグ・フィクスチャ
TF-USB3-A-R2
USB 3.0 Aレセプタクル・フィクスチャ・キット
TF-USB3-B-R
USB 3.0 Bレセプタクル・フィクスチャ・キット
TF-GBE-ATP
10/100/1000BASE-T拡張テスト・パッケージ(テスト・フィクスチャPCBセット、RJ45インターコネクト・ケーブル、および1000BASE-Tジッタ・テスト・チャンネル・ケーブル)
TF-GBE-BTP
10/100/1000BASE-T基本テスト・パッケージ(テスト・フィクスチャPCBセット、RJ45インターコネクト・ケーブル)
TF-GBE-JTC
103m、1000BASE-Tジッタ・テスト・チャンネル・ケーブル
TF-GBE-SIC
ショート(0.1m)RJ45インターコネクト・ケーブル
TF-XGbT2
TekEXP-XGbTソリューション対応のテスト・フィクスチャ

MSO-DPO70000-Oscilloscope-Datasheet


トランジット・ケース(カーボン・ファイバ)

その他
K4000
台車
016-1985-xx
ラックマウント・キット
077-0076-xx
PDF版サービス・マニュアル、ハード・ドライブ上
016-2039-00 
トランジット・ケース(メタル・フレーム、木製パネル)
016-2043-00 
トランジット・ケース(カーボン・ファイバ)
TF-TEKPROTECT ESDプロテクション・テスタ:

MSO/DPO70000Cシリーズに、通常の信号は通過させながら、EOS/ESDイベントがアナログ・チャンネルのプリアンプの入力に到達するのを防止するTekProtect回路を搭載します。機器が正しく動作するように、TF-TEKPROTECT ESDプロテクション・テスタを使用して、TekProtectを定期的にチェックする必要があります。

1欧州圏のお客様へのお知らせ:本製品は、改正RoHS 2指令(Directive 2011/65/EU)に適合するための更新が行われておりませんので、欧州には出荷されません。ただし、2017年7月22日以前に、EU市場に出荷された当該製品の在庫分につきましては、品切れにならない限り、ご購入いただける場合がございます。テクトロニクスは、お客様に必要なソリューションをお届けできるよう、積極的に取り組んでいます。具体的な対応や代替製品の有無など、詳細につきましては、当社営業所までお問い合わせください。テクトロニクスは、お客様がどの国にお住まいでも、製品のサポートが終了するまで、責任を持ってサービスを提供して参ります。

2欧州圏のお客様へのお知らせ:本製品は、改正RoHS 2指令(Directive 2011/65/EU)に適合するための更新が行われておりませんので、欧州には出荷されません。ただし、2017年7月22日以前に、EU市場に出荷された当該製品の在庫分につきましては、品切れにならない限り、ご購入いただける場合がございます。テクトロニクスは、お客様に必要なソリューションをお届けできるよう、積極的に取り組んでいます。具体的な対応や代替製品の有無など、詳細につきましては、当社営業所までお問い合わせください。テクトロニクスは、お客様がどの国にお住まいでも、製品のサポートが終了するまで、責任を持ってサービスを提供して参ります。

保証期間

部品と技術料はすべて1年保証

Last Modified: 2018-04-18 05:00:00
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top