P7350型・P7330型・P6330型 データ・シート

高性能差動プローブ
このデータ・シートの製品は、テクトロニクスでは販売終了となっています。

オンラインで読む:

特長

  • 立上り時間100ps未満(P7350型、保証値)
  • 3.5GHz~5GHzの周波数帯域(代表値)
  • 低入力容量:
    • - 0.3pF未満、差動(P7350型、代表値)
  • 60dB(1000:1)以上、1MHzでの同相除去比(CMRR)(P7330型、P6330型、代表値)
  • 小型プローブ・ヘッドによりSMDへのプロービングが容易

アプリケーション

  • コミュニケーション(Gigabit Ethernet、Fibre Channel、InfiniBand)
  • 半導体特性の評価、検証
    • PCI Express
    • Serial ATA
    • IEEE 1394
    • USB 2.0(USB 2.0のコンプライアンス・テストではP7350型を除く)
    • RAMBUS
    • DDR
    • ディスク・ドライブ設計

テクトロニクスのプローブ技術により、高速差動プロービングにおける優れた信号忠実度を実現します。P7350型、P7330型、P6330型広帯域差動プローブは、超高速のクロック、エッジ・レートが必要な技術の設計、デバッグに必要な優れた信号忠実度を提供します。高速回路の設計エンジニアに必要な広帯域、小さな回路負荷、低ノイズ性能を備えた差動プロービング・ソリューションです。

P7350型

P7350型は可変スペーシングやはんだ付けが可能であり、より使いやすくなっています。また、プローブが小型であるため、実装密度の高い回路基板にも容易に接続できます。当社特許のTekConnect®インタフェースを採用しており、10GHzまで、あるいはそれ以上のシグナル・インテグリティが得られ、現在および将来の周波数ニーズに対応できます。

P7330型、P6330型

P7330型とP6330型は、デジタルIC設計、通信アプリケーション、およびディスク・ドライブ・アプリケーションで一般的な、広帯域信号の時間ドメイン、周波数ドメインの測定を行うことができます。P7330型、P6330型は、広帯域、低回路負荷、低ノイズによる差動プロービングが行えます。小型のプローブ・ヘッドと各種プローブ・チップ・アクセサリにより、表面実装デバイスの手動プロービングが容易になります。

性能

項目P7350型P7330型P6330型
立上り時間

100ps未満

(保証値)

140ps未満

(保証値)

140ps未満

(保証値)

周波数帯域5.0 GHz3.5 GHz3.5 GHz
減衰比6.25:15:15:1
差動入力容量

0.3pF未満

(代表値)

差動入力抵抗100 kΩ100 kΩ100 kΩ
差動入力レンジ

±2.5 V

(20~30℃)

±2 V

(20~30℃)

±2 V

(20~30℃)

コモン・モード入力レンジ+6.25~-5V+5~-4V+5~-4V
非破壊最大入力電圧

±25 V

(DC+ピークAC)

±25 V

(DC+ピークAC)

±25 V

(DC+ピークAC)

同相除去比(CMRR)

45dB以上(1MHz)

(代表値)

60dB以上(1MHz)

(代表値)

60dB以上(1MHz)

(代表値)

ノイズ約46nV/√Hz約35nV/√Hz約35nV/√Hz
インタフェースTekConnectTekConnectTEKPROBE II BNC
ケーブル長1.3 m1.3 m1.3 m
Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top