BroadR-Reach® PHY

BroadR-Reach自動コンプライアンス・ソリューショ⁠ン

オンラインで読む:

テクトロニクスのOpt. BBRはBroadR-Reach 1.2仕様のコンプライアンス測定を自動化します。テストに必要なセットアップが簡素化されるため、ヒューマン・エラーがなくなるだけでなく、BroadR-Reach設計のコンプライアンス・テストを迅速に実行できます。テクトロニクスは、フィクスチャを含む、BroadR-Reachの優れたPHYテスト・ソリューションをご提供します。

主な性能仕様
  • BroadR-Reach 1.2仕様のコンプライアンス測定を自動化
  • 1台の計測器で時間ドメイン、周波数ドメインの測定に対応
  • Opt. BBRで使用するフィクスチャは、歪み測定で必須であり、仕様で推奨されている、最も重要な測定の一つである歪み信号に対応
  • MSO/DPO70000シリーズ、DPO7000シリーズ、MSO/DPO5000シリーズなど、Windows 7ベースのオシロスコープで実行
主な特長
  • ワンボックス・ソリューションであり、セットアップが簡単で、コスト・パフォーマンスに優れている
    • BroadR-Reach物理層のテストにおいて、スペクトラム・アナライザやVNA(PSDやリターン・ロスなどで)でなく、オシロスコープで実行可能
  • ユーザ定義モードにより、特性評価やマージン解析において柔軟なパラメータ設定が可能
    • 信号タイプごとに測定をグループ化できるため、ユーザによる操作手順を削減
  • レポートの追加、自動増分、ユーザ・コメントの追加など、設計エンジニアに役立つ数多くのレポート機能を装備
  • テスト実行前には自動的に信号検証が実行され、信号が許容条件に満たない場合はエラーを出力

測定項目

CTSのセクション 測定項目 テスト・モード リミット
最小値 最大値単位
5.4 トランスミッタの電気仕様    
5.4.1  トランスミッタの出力ドループテスト・モード1 45 %
5.4.2  トランスミッタの歪みテスト・モード4 15 mv
5.4.3  トランスミッタのタイミング・ジッタ - マスタテスト・モード2 50 ps
5.4.3トランスミッタのタイミング・ジッタ - スレーブTX_TCLK 150 ps
5.4.4トランスミッタのパワー・スペクトル密度(PSD)テスト・モード5 -マスク・ヒット
5.5.5  伝送クロック周波数テスト・モード266.663 66.7 MHz
8.0 リンク・セグメント特性    
8.2.2  リターン・ロステスト・モード5 -マスク・ヒット

オシロスコープとの統合

Opt. BRRは、オシロスコープの解析メニューから実行できます。

Thumbnail

インタラクティブ・プロット

Opt. BRRは、最新のTekExpressインタラクティブ・プロット・モードを装備しています。この機能により、テスト実行後に信号を確認することができます。この新しいプロット・モジュールでは、カーソルを移動しながらX軸およびY軸上での増減を確認することができます。

Thumbnail

リターン・ロス・テスト

ケーブル・システムのリターン・ロスも、インターオペラビリティに影響します。規格では、入力信号に対する反射信号の最小減衰量が規定されています。リターン・ロス・テストでは、100Ωのインピーダンスを測定します。

Opt. BRRでは、他のテストで使用するオシロスコープやAFG/AWGなどの信号ジェネレータを使用しながら、規格で規定される100Ωインピーダンスのリターン・ロス・テストを実行するため、リソースを効率的に活用できます。

Thumbnail

パワー・スペクトル密度(PSD)

入力信号のスペクトラムは、オシロスコープの演算機能を使用して計算されます。PSDは、スペクトラムを後処理することで得られます。その後、計算されたPSDが下限マスクと上限マスクの仕様と比較され、最終結果が導かれます。プロット・セクションにプロットが表示され、スクリーンショットは最終レポートに取り込まれます。

Thumbnail

パス/フェイル・レポート

テストが完了すると、パス/フェイル結果がMHT(MHTML)フォーマットによるサマリ・レポートとして自動的に作成されます。レポートには、テスト設定の詳細、波形プロット、マージン解析が含まれており、設計をさらに詳細に解析することができます。

Thumbnail

テスト・フィクスチャ

TF-GBE-BTPテスト・フィクスチャは数多くのEthernetコンプライアンス・テストをサポートしており、必要な信号に簡単にアクセスでき、障害信号の正確な除去に必要なテスト・ポイント、リターン・ロス校正、およびクロス接続回路によるトラフィック・ジェネレータ、リンク・パートナとの接続機能を装備しています。

Thumbnail

ご注文の際は以下の型名をご使用ください。

型名
Opt. BRR
MSO/DPO/70000シリーズ、DPO7000シリーズ、またはMSO/DPO5000シリーズ・オシロスコープのご発注時にご指定ください。
DPOFL-BRR(フローティング・ライセンス)
MSO/DPO/70000シリーズ、DPO7000シリーズ、またはMSO/DPO5000シリーズ・オシロスコープのご発注時にご指定ください。
DPOFT-BRR(フローティング・トライアル)
MSO/DPO/70000シリーズ、DPO7000シリーズ、またはMSO/DPO5000シリーズ・オシロスコープにて試用の際にご発注ください。
DPO-UP BRR(アップグレード)
ご使用中のMSO/DPO/70000シリーズ、DPO7000シリーズ、またはMSO/DPO5000シリーズ・オシロスコープをアップグレードします。
Opt. BRRソリューション
プラットフォーム
MSO/DPO5000シリーズ、DPO7000シリーズ、およびMSO/DPO70000シリーズWindows 7対応オシロスコープ
プローブ

リターン・ロス用 - P6248型、P6247型(いずれか)、2本

その他のすべての測定 - P6247型、P6248型、P6330型、TDP1500型、TDP3500型、P7339型、P7350型(いずれか)、1本

シグナル・ソース
AFG3102/C型、AFG3252/C型、AWG5000シリーズ、AWG7000シリーズ
フィクスチャ
TF-GBE-BTPテスト・パッケージ(テスト・フィクスチャPCBセット、RJ45インターコネクト・ケーブル)
推奨アクセサリ

SMAケーブル(2ペア)

SMA-BNCアダプタ(3個)

Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top