DPP Series

BERTScope® デジタル・プリエンファシス・プロセッサ
このデータ・シートの製品は、テクトロニクスでは販売終了となっています。

オンラインで読む:

特長

  • 第二世代、第三世代のシリアル規格、1~12.5Gbpsのハードウェアベースによるトランスミッタ・イコライゼーションをサポート
  • 802.3ap、SAS(シリアルAttached SCSI)、10GBASEKRバックプレーン、DisplayPort™、USB 3.0、PCIExpress® Gen 3のコンプライアンス・テストの3または4タップを完全にサポート
  • ISIおよびロスの最適な補正のためのプリカーソルまたはポストカーソル調整
  • リモートPC制御によるスタンドアロン機器、またはBERTScopeとのソフトウェア統合によりセットアップが簡単で、同時に複数のドメインでの表示が可能
  • タップ重みづけまたはステップ応答によるバックプレーンISI、光などの影響の補正により、設計の特性検証に柔軟に対応
  • オプションのリファレンス・クロック・マルチプライヤにより、PCIeの2.5GHz、5GHz、8GHzに準拠
  • オプションのアイ・オープナ機能により、ロング・チャンネルによるDUTのテストが可能
  • オプションのクロック・ダブラにより、12Gbps SASのフル・レート・ストレスが可能
  • BERTScopeのクロック/データ遅延が内部で補正できるため、スキューの揃ったマッチング・ケーブルが使用可能
  • BERTScopeと接地面寸法が同じため、重ねての使用が可能
  • 新しいマイクロコントローラの採用により、さらに強力なプロセッサ・パワーが使用可能に
  • 強化されたRS-232インタフェースにより、PCIeのレシーバ・イコライゼーション・リンク・トレーニングが高速化
  • ソフトウェアによるチャンネル・ディエンベデッドとISIの微調整が可能

アプリケーション

  • 高速、最先端設計の特性検証
  • 業界規格のシリアル・データ・ストリームの適合性試験
  • 高速I/Oコンポーネント/システムの設計/検証

Thumbnail

Thumbnail

機能ブロック図の例(3タップ)

BERTScope DPPシリーズは、制御可能な量のプリエンファシスを信号に加えることのできる、ノンリニア・シグナル・コンディショナです。データおよびクロックはシングルエンドで入力します。

直感的な操作とさまざまな表示方法

Thumbnail

直感的なユーザ・インタフェースにより、出力波形をさまざまな形式で表示

波形形状は、ユーザ・インタフェースからタップ重みづけを直接入力したり、または振幅重みづけされた時間ドメインのビットマップによるステップ応答などにより調整することができます。この2種類の表示方法の他に、周波数ドメインのボード線図を計算し、その効果を表示することもできます。これは、測定された周波数応答から回路基板のISIの効果を打ち消す場合に特に有効です。

調整可能な出力

出力振幅は、振幅、オフセットが調整でき、差動で出力することもできます。

Thumbnail

BERTScopeからの、正弦波ジッタによるディエンファシス信号

Thumbnail

BERTScope DPPシリーズは、PC制御のスタンドアロン機器として、あるいはソフトウェアを統合したBERTScopeによって操作できる。完全に自動化でき、コンパクトなサイズであるため、製造環境でも容易に使用できる

Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top