DSA8300型サンプリング・オシロスコープ用ソフトウェア・データ・シート

DSA8300型用80SJARB・80SJNBジッタ/ノイズ/BER解析ソフトウェア・データ・シート

オンラインで読む:

高速シリアル・データ・リンク測定/解析は、3種類のソフトウェア・ソリューションでサポートされます。 80SJARBは、任意パターンや極端に長いパターンなど、どのような波形でもジッタを測定できる、ジッタ測定の基本ツールです。 80SJNB Essentials(80SJNB)は、ジッタ、ノイズ、BERの優れた解析機能を備えており、信号の問題とマージンをクリアにすることができます。 80SJNB Advanced(80SJNB02)は、80SJNB Essentialsにテスト・フィクスチャのディエンベデッド、チャンネル・エミュレーション、FFE/DFEイコライゼーション、プリエンファシス/ディエンファシスなどのシリアル・データ・リンク解析ビジュアライザ(SDLA)の機能を追加しています。 最新リリースの80SJNB PAM4では、パルス振幅変調(PAM-4)方式で符号化されたデータを含む、マルチレベル・シグナリングの包括的な解析にも対応しています。

主な特長
  • 1~60Gbpsの高速PAM-4/PAM-2  NRZシリアル・データ信号のジッタ、ノイズ、BER解析により、アイ開口率の劣化の原因を詳細に測定可能
  • 測定システムの優れた信号忠実性と超低ジッタ・フロアにより、正確で再現性の高い測定結果を保証
  • ジッタとノイズの両方を分離することにより、BERとアイ等高線を高い精度で推定可能
  • BUJ(Bounded Uncorrelated Jitter、有界非相関ジッタ)とノイズの解析によりクロストークの影響を把握し、RJ、TLによる過度の影響を防ぐことが可能
  • PAM-4信号の解析機能により、それぞれのPAMアイに対して個別にジッタ、ノイズ、BER解析を実行可能。さらに、各種のグローバル測定により、PAM-4信号の全体的特性の評価が可能
  • IEEE 802.3ba 100GbEのJ2、J9、J<設定可能>測定、DDPWSの測定、プロットが可能
  • フィクスチャ・ディエンベデッド機能により、測定用フィクスチャによる信号劣化を除去
  • TDR波形またはSパラメータによるチャンネル・エミュレー ションで仮想チャンネルの挿入: トランスミッタ波形のみを取込んでいる場合でもインターコネクト端と同じような信号観測が可能
  • チャンネル・エミュレーションの再計算: トランスミッタの1回の取込みから、数多くのエミュレーション・チャンネルのリンク性能の観測が可能
  • 信号のFFE/DFEイコライザにより信号のアイ開口を開き、レシーバ・コンパレータ内部で観測するのと同じような波形測定が可能
  • 30dB以上のチャンネル損失のイコライゼーションが可能であり、最新のバックプレーン規格をサポート
  • 新しい400G/100G規格に対応した豊富なPAM-4測定機能
  • データセットの保存と呼び出し: トランスミッタのデータセットを保存することで、後で呼び出して引き続き解析することが可能
アプリケーション
  • データ速度1~60Gbpsの高速シリアル設計におけるジッタ、ノイズ、およびBER性能の特性評価
  • CTLE/FFE/DFEイコライゼーション、DDPWS測定による最先端のリンク特性評価
  • わずか1回のトランスミッタ測定で複数チャンネルのエミュレーションによるリンク・バジェットや推定解析が可能
  • シミュレーション、その他の処理のための正確な波形形状の取込み-優れた分解能、ジッタ、ノイズ、フィクスチャ・ディエンベデッドによるアクイジション
  • OIF-CEI、KR4、SR4、ER4、LR4、LR8、FR8、DR4、CLR、PSMR、CAUI/XLAUI/CDAUI、802.3 Ethernet、物理層、XAUI、nAUI、Rapid I/O、XFI、SFP+、InfiniBand、その他電気規格、光規格のジッタ、ノイズ、BER性能の解析
  • PAM-4シグナリングを使用したリンクのジッタ、ノイズ、BER性能の特性評価
  • 次世代高速シリアル・データ・コンピュータ、通信コンポーネントおよびシステムの設計検証と特性評価
  • トランスミッタの測定、ストレス・アイ測定によるレシーバ・テスト、コンポーネント測定
  • シリアル・データ・リンクの設計と評価:数多くのタップと自動タップ量計算を使った内蔵イコライザのすばやい調整により、代替イコライゼーションの検討が容易
  • 将来の再利用のための波形データセット情報の保存と、新しい物理レイヤ評価におけるデータセットの呼び出し
  • 詳細な統計データによる専用の立上り/立下りトランジション時間分離機能
    Thumbnail

     
  • CTLEイコライザの高度な連続ステージにより、最新規格のイコライゼーション・ニーズに対応した独自の高精度トラッキングが可能
    Thumbnail



    Thumbnail

     

テクトロニクスDSA8300型サンプリング・オシロスコープ用ジッタ/ノイズ/BER/シリアル・データ・リンク解析ソフトウェア

80SJARB、80SJNB Essentials、80SJNB Advanced(80SJNB02)、およびOpt. PAM4ソフトウェア・アプリケーションでは、次のような高速シリアル・データ・リンク測定/解析機能をサポートしています。

機能80SJNB80SJNB JNB01/ 80SJNB JNB02 280SJNB PAM4 280SJARB
NRZデータ・サポート100,000ユニット・インターバルまでの繰り返しパターン100,000ユニット・インターバルまでの繰り返しパターン100,000ユニット・インターバルまでの繰り返しパターン任意パターン(PRBS31など)
PAM-4データ・サポート×××
J2ジッタ結果(Jxに設定可能)Jx:デフォルトではBER = 2.5e-3Jx:デフォルトではBER = 2.5e-3Jx:デフォルトではBER = 2.5e-3(各PAMアイについて)J2のみ(IEEE 802.3baに準拠したヒストグラム)、NRZのみ
J9ジッタ結果(Jxに設定可能)Jy:デフォルトではBER = 2.5e-10Jy:デフォルトではBER = 2.5e-10Jy:デフォルトではBER = 2.5e-10(各PAMアイについて)J9のみ(IEEE 802.3baのヒストグラムから外挿)
TJトータル・ジッタ結果○(設定したBERにおいて、
デフォルトではBER = 1e-12
○(設定したBERにおいて、
デフォルトではBER = 1e-12
○(設定したBERにおいて、
デフォルトではBER = 1e-12、各PAMアイについて)
○(BER = 1e-12
ジッタ/ノイズ解析(RJ、DJ、BUJ、PJ、RN、DDN、BUN、PN)○(各PAMアイについて)RJdd、DjDD、Tj(NRZのみ)
OMA/VMAPI(NRZアイのみ)PI(NRZアイのみ)○(各PAMアイについて)×
RIN、RINxOMA1 1 1×
BERプロット×
PAM-4のグローバル測定××○(トランスミッタ・レベルおよびレシーバのアイ中心の測定)×
SDLA機能(チャンネル・エミュレーション、フィクスチャのディエンベッド、イコライゼーション)×2 2×
Thumbnail

Note: ソフトウェアは定期的に更新されます。当社ウェブ・サイト(jp.tek.com)で最新のデータ・シートをご確認ください。

180SJNBアプリケーションに付属するTekExpress® RINアプリケーションで利用可能

2JNB01により、インサーション・ロス・エミュレーションおよびFFE/DFEの機能が追加されます。さらにJNB02により、SDLA Visualizerが追加され、CTLEおよびマルチステージのディエンベッドやチャンネル・エミュレーションといった豊富な機能がサポートされます。Opt. PAM4による機能強化が可能なのは、JNB01とJNB02のみです。

80SJNB PAM-4信号解析

80SJNB用のRAM4オプションを使用することにより、PAM-4信号に対するジッタ、ノイズ、BER解析機能が追加されるため、100~400Gbpsの電気/光通信リンクに対応できます。

PAM-4における信号欠陥の要因は、NRZシステムと同様に、非相関ジッタ/ノイズ源、クロストーク、有界、非有界という4つのカテゴリに分けられます。 80SJNB PAM4では、個々のPAMアイに対する解析の実行が可能なだけでなく、PAM固有の各種のグローバル測定も実行できます。

プロットには、信号のさまざまな側面を示すパターン、アイ・ダイアグラム、水平/垂直バスタブ曲線が表示されます。BERアイ/輪郭には、スタック表示されたPAM-4信号の3つのアイがすべて反映されます。


Thumbnail


PAM-4ツールの主な機能は、レシーバに水平/垂直マージンが最大に反映されるように、アイの中心部分を最適化することです。 3つのアイすべてに対して、垂直スライサを1つの位相に同期させることもできます。


Thumbnail


PAM-4解析機能は、信号パス・エミュレーション・ツールを備えており、CTLE(Continuous Time Linear Equalizer)、SパラメータまたはTDR波形により記述されるチャンネル・エミュレータ、さらにFFE(Feed Forward Equalization)およびDFE(Decision Feedback Equalization)によるレシーバ・イコライザーションに対応しています。


Thumbnail


80SJNBによるソリューション

最新技術による設計では、測定においても最新のツールが求められています。 問題はまず信号取込みから始まります。 物理的なフィクスチャでデータ信号を取込むと、信号の形が歪みます。80SJNBにはフィクスチャ・ディエンベデッド機能1が備わっており、フィクスチャによる測定への影響を除去することができます。 信号忠実性におけるフィクスチャの影響は大きいため、測定波形の忠実度、確度を改善することが設計品質の向上につながります。

取込んだトランスミッタ信号はどのような形状をしているのでしょうか。 トランスミッタの信号は、単純なNRZ方形波パターンにはなっていません。 トランスミッタのイコライゼーション機能(トランスミッタ波形のプリエンファシスまたはディエンファシス)により、メディアの高周波損失を軽減することができます。 また、トランスミッタ信号は、このトランスミッタのイコライゼーション機能で検証する必要があります。80SJNBではイコライザのタップウェイトをすばやく提供し、シングルおよびマルチタップのトランスミッタ・イコライゼーション設計の両方におけるトランスミッタの品質を調べることができます。

1ディエンベデッド・フィルタ生成ツールは無償で提供されています。詳細については、当社担当営業までお問い合わせください。

ジッタ/ノイズ測定

80SJNBには、ノイズやアイ・クロージャが厳しく制限されるハイスピード設計に不可欠な高度なノイズ解析機能が追加されているため、NRZ(PAM-2)信号とPAM-4信号のどちらにも対応できます。 ジッタとノイズの優れた特性評価だけでなく、当社BERTScopeシリーズなどのBERT機器で可能なBER輪郭などの新しい機能も備えています。

80SJNBは有界非相関分布(BUJなど)に対応した解析機能を備えています。 8Gbps以上の高密度パッケージ設計では、主に増加するクロストークによって生ずる有界非相関分布が問題になっています。 古いジッタ/ノイズ解析ツールでは、これはランダムで非有界の成分として誤認されていました。この成分を非有界としてしまうと、ランダム・ジッタ(RJ)とトータル・ジッタ(TJ)、ノイズ(TN)の結果が不適切に増加してしまいます。 80SJNBは、独自のカテゴリで有界非相関成分を適切に識別分離することでジッタ/ノイズ問題に対処し、ジッタ/ノイズの測定精度を向上させます。

他のジッタ・ツールと異なり、80SJNBではRJ(v)、PJ(v)により、ジッタの原因となるノイズを解析します。 これにより、ジッタ問題をすばやく解決することが可能になります。

トランスミッタのチャンネル・エミュレーション

今日のシリアル・データ・リンクの検証では、測定される波形形状と複雑な振る舞いをするインターコネクト・チャンネルとの複雑な相互関係が重要になります。 トランスミッタ出力がアイ・ダイアグラム・マスクに適合さえしていれば、既定の損失まではすべてのチャンネルは動作すると考えることなど、もはやできなくなっています。 最新のリンク・テスト方法では、トランスミッタ波形を取込んで、いくつかのコーナーケース・チャンネルでテストします。

ソリューションとしては、Sパラメータなどのネットワーク記述に基づいたチャンネル・エミュレーションがあります。 そうしたコンプライアンス・テストは、新しい標準の一部になりつつあります。 その場合、トランスミッタ信号を取り込むだけで、被測定トランスミッタの測定を行えます。 次に、取込んだ信号を必要なすべてのチャンネルに1チャンネルずつ、物理的に接続するのではなく、エミュレーションとして接続します。 80SJNBはこの方法に対応しており、対象となるチャンネルはトランスミッタ波形を取込み直すことなく観測できます。 合否判定で使用される簡単な評価スクリプトとは違い、80SJNBはオーバサンプルによる信号忠実度の高い波形により、詳細に信号を観測することができます。

もちろん、80SJNBにはジッタ、ノイズの測定機能もあるため、デバイスに問題があったとしても、何が問題なのかを解析できます。 同時に、多くのユーザにとって最も重要なBER性能とマージンと呼ばれるリンク性能も、BERアイによって観測できます。 テストの最後には、波形のデータセットを保存します。データセットを呼び出せば、再度取込みなおすことなく解析しなおすことができます。

80SJNBによるBER(ビット・エラー・レート)

多くの場合、シリアル・データ・リンク・テストで最も重要となるのがBER(ビット・エラー・レート)ですが、80SJNBではBERのアイをプロットすることができます。 ジッタ、ノイズによりアイが閉じた信号の測定は一般的になっているのに対し、80SJNBでは信号のすべてを取込み、信号劣化を忠実に蓄積することができます。 常に3次元の形状と、そこにあるすべての波形情報を保持しているため、さまざまなスレッショルド値やタイミング・ポイントにおける測定もマウス・クリックで実行できます。


Thumbnail


マスク・テスト

通信規格の進歩(IEEE 802.3 100GBASE-LR4など)にともなって、マスク・テストの手法も取込まれたデータに対して基本的なテストを実施する段階から、統計に基づいた方法論へと進化を余儀なくされています。 従来の方法では、取込まれた波形のアイにおけるヒット率に基づいてマスク・テストが行われていたために、エラー率の低いBERが使用されていました。 統計ベースの手法では、より大きな母集団のデータに対してマスク・テストを実施することによって、再現性と効率性が改善されています。その結果、トランスミッタの善し悪しをより正確に評価できるようになりました。

80SJNB Essentialsでは、ヒット率に基づくマスク・テストのサポートが追加されており、一般的な規格に対応したマスクが標準で付属しています。 マスク・テストは波形データに対して行うことも、あるいはエンベデッド、チャンネル・エミュレーション、イコライゼーションを適用後に行うこともできます(80SJNB02が必要)。

80SJNBのマスク・テスト機能は、規格に対応した手法というだけでなく、新しい2つの概念が取り入れられています。

まず、取込まれたデータにより決定される確率に基づいてアイ・ダイアグラムを測定するだけでなく、PDF空間で計算された確率によっても測定が可能です。 たとえば、標準的なマスク・テストでのヒット率は、サンプル数20,000に対してヒット数が1程度の比率になります。 この程度であれば、オシロスコープで従来利用可能なマスク・テストでも十分に対応可能です。 ところが、サンプル数1,000万に対してヒット数が1ということになると、従来のマスク・テストで対応しようとすれば、極端に長時間の取込みが必要になります。80SJNBの場合は、どちらの場合のヒット率に対しても高速に計算できます。

また、80SJNBでは、BERアイの表面を計算できるため、ターゲットとするビット・エラー・レート(BER等高線空間など)に対してもマスク・テストを適用できます。 つまり、指定されたマスクのビット・エラー・レートを求めることができます(BERマスク・テスト)。 このアプローチにより、まったく新しい角度からシステム全体の品質を検証できるようになります。

PDFマスク・テストは、トランスミッタの品質を評価するために、従来からよく使用されているアプローチです。 BERマスク・テストでは、指定されたマスクのBERが信号によってサポートされるかどうかをテストできます。 たとえば、要件の変更に基づいてカスタム・マスク形状を作成する必要がある場合には、形状をASCIIファイルで修正し、PDFまたはBER空間で使用することができます。

ディエンベッド、エンベッド、およびイコライズ

SDLA VisualizerとJNB信号パス

SDLA Visualizerの高度な機能により、JNBの信号パス機能がさらに強化されました。SDLA Visualizerは、インサーション・ロスだけでなく、リターン・ロスやクロス・カップリングの影響もモデル化した4ポート・ディエンベッド機能を提供することにより、JNB信号パスのディエンベッドやチャンネル・エミュレーションの機能を拡張します。また、JNBでのDFE/FFEレシーバ・イコライゼーションのサポートを補完し、CTLEイコライゼーションをモデル化する機能を追加します。

SDLA Visualizerは、JNB Advancedに内蔵された信号パス機能と連携して動作します。 SDLA Visualizerを構成しておけば、目的のテスト・ポイントを選択してモデルを適用すると、選択されたテスト・ポイントが自動的に信号パスのフィルタ・ブロックにロードされます。

DFEまたはFFEイコライゼーションが必要な場合には、これらのパラメータがすばやくJNBの信号パスに入力されて、その後で測定が行われるようにできます。

これらはSDLA Visualizerで利用できる数多くの機能のほんの一例です。詳細については、当社Webサイト(jp.tektronix.com)のSDLA Visualizerのデータ・シートを参照してください。

トランスミッタのイコライゼーション測定

プリエンファシス/ディエンファシスを採用しているシリアル・データ・トランスミッタは、FFEイコライゼーション機能により検証、測定できます。 受信するPRBSパターンに対して、タップの値を自動的に設定することができ、トランスミッタのプリエンファシス/ディエンファシスを逆にイコライズするタップの値を使い、評価することができます。

フィクスチャの影響を除去、任意フィルタ

高速な信号では、テスト・フィクスチャが原因で、取込んだ信号が著しく歪むことがあります。 Advancedパッケージでは、フィクスチャの影響を除去するためのフィルタ・ブロックをサポートしています。 処理ブロックは柔軟性があり、任意フィルタとしても機能し、プリエンファシス/ディエンファシスのシミュレーションとしても使用することができます。

チャンネル・エミュレーション

真のトランスミッタ信号形状とチャンネル(インターコネクト)パラメータ間の相互関係は複雑であり、別々の測定では簡単に予測することはできません。 すべてのシリアル・リンクの性能を観測するためには、真のトランスミッタ波形を確実にチャンネルに接続することが重要になります。 チャンネルは物理的に存在する必要はありません。 80SJNBのAdvancedパッケージでは、チャンネルのネットワーク実測定を基にしたチャンネル・エミュレーションが可能です。 プリエンファシス/ディエンファシスのあり/なしのトランスミッタ信号を取込み、SパラメータまたはTDR/TDT波形などの時間ドメインのネットワーク記述によりチャンネルをエミュレートでき、エミュレートされたチャンネル端において信号を測定することができます。

イコライゼーション

インターコネクトによる損失と分散に対する解決策の一つがトランスミッタにおけるイコライゼーションであり、 もう一つがレシーバにおけるイコライゼーションです。 ほとんどのNRZシステムでは、レシーバ・イコライゼーションは、FFE(Feed Forward Equalization、またはLFE(Linear Feedback Equalization))、またはDFE(Decision Feedback Equalization)のいずれかに分類されます。 イコライザを装備したレシーバでは、アイ・ダイアグラムが完全に閉じていても信号をデコードできます。

では、どのように測定するのでしょうか。 80SJNBのイコライゼーション・ツールでは、独自のイコライザ・タップ数を使用するか、またはボタンを押すことでFFEまたはDFEイコライザのPRBSパターンのイコライゼーション・タップ数が決定され、完全に閉じたアイでも開くことができます。 再計算が速く、使いやすいため、タップの数や重み付け、またはプリエンファシスやディエンファシスの程度などのシステム・パラメータが簡単に変更でき、想定される事態に対して最適な設計、開発が可能になります。

CTLE(Continuous Time Linear Equalization)が必要なケースでは、SDLA Visualizerを使用することにより、必要なフィルタをすばやく作成し、JNBに直接ロードして使用できます。

大きなPC市場向のデバイスの設計、測定では、一般的にSSC技術が使われています。サンプリング・オシロスコープでは初めて、SSC(Spread SpectrumClocking)動作状態でのジッタ、ノイズ解析が可能になりました。 82A04型フェーズ・リファレンス・モジュールをプラグインしたDSA8300型またはDSA/TDS/CSA8200型サンプリング・オシロスコープを使用することで、80SJNBでは、SSCが存在する信号を測定できるだけでなく、SSCのパラメータも測定できるようになります。

80SJNBは、解析機能だけではなく、ノイズに起因するジッタベース成分によって発生するジッタを分離する優れた機能も備えています。

プラットフォーム

80SJNBジッタ、ノイズ、BER、シリアル・データ・リンク解析ソフトウェアは、当社DSA8300型サンプリング・オシロスコープで実行することができます。 この解析ソフトウェアと当社サンプリング・オシロスコープは、モジュールを自由に組合せることができ、優れた性能と信号忠実性が得られるため、次世代の高速シリアル・データ設計の検証とコンプライアンス・テストに最適なソリューションを提供します。

ネットワーク記述ツール

80SJNBジッタ、ノイズ、BER、データ・リンク解析ソフトウェアでは、TouchstoneフォーマットのSパラメータなどのネットワーク記述情報を使用できます。 高品質なTouchstoneネットワーク記述データを使用するためには、当社のTDRハードウェアとIConnectアプリケーション・ソフトウェアをお勧めします。 当社のTDRとIConnectを使用すると、他の測定方法では困難なTouchstoneマトリックスのDC値を維持することができます。 80SJNBは、VNAデータなどの他の測定方法を基にしたネットワーク記述も使用でき、DC測定値は80SJNBで推定します。

必要条件

80SJNBソフトウェアは、DSA8300型サンプリング・オシロ スコープで実行するように設計されています。

SSC(Spread Spectrum Clocking)に対応するためには、DSA8300型でのみ使用できる82A04型フェーズ・リファレンス・モジュールが必要になります。

80SJARB: 任意波形データのジッタ解析


Thumbnail


DSA8300型サンプリング・オシロスコープ用の80SJARBジッタ測定アプリケーション・ソフトウェアは、J2、J9ジッタ測定機能が必要なIEEE 802.3baに対応したアプリケーション・ソフトウェアです。PRBS31、ランダム・トラフィック、スクランブル・データを含むNRZデータ信号の基本ジッタを測定することもできます。 ハードウェア・モジュールを必要としない、シンプルなDual Dirac(デュアル・ディラック)モデルによる初歩的なジッタ解析が行えます。 80SJARBはフリーラン・モードで連続的に取込み、IEEEの最低要件である10,000データ・ポイント以上の取込み、更新が行えます。 プロットでは、測定データ、推定データによるジッタのバスタブ曲線、取込んだデータのヒストグラムがサポートされています。

80SJNB、80SJARBでサポートされる測定項目

80SJNB、80SJNB02、PAM-4 Advancedジッタ、ノイズ、BER解析/測定
測定項目概要(PAM4では個別のアイが対象)
BUJ(d-d)有界非相関ジッタ(Dual Dirac)
BUN(d-d)有界非相関ノイズ(Dual Dirac)
DCDデューティ・サイクルの歪み
DDJデータ依存性ジッタ
DDNデータ依存性ノイズ
DDN(lower)ロー・レベルでのデータ依存性ノイズ
DDN(upper)ハイ・レベルでのデータ依存性ノイズ
DDPWSデータ依存性パルス幅の収縮
DJデターミニスティック・ジッタ
DNデターミニスティック・ノイズ
Eye Opening @ BER水平アイ開口
Eye Opening @ BER指定されたBERでの垂直アイ開口
Jx @ BERデフォルトではJ2、BER = 2.5e-3
Jy @ BERデフォルトではJ9、BER = 2.5e-10
NPJ(d-d)非周期ジッタ(Dual Dirac)
NPN(d-d)非周期ノイズ(Dual Dirac)
OMA光変調振幅(OMA)
PJ周期ジッタ
PJ(h)周期ジッタの水平成分
PJ(v)周期ジッタの垂直成分
PN周期ノイズ
PN(h)周期ノイズの水平成分
PN(v)周期ノイズの垂直成分
RJ(RMS)総測定ランダム・ジッタ
RJ(d-d)ランダム・ジッタ(Dual Diracモデル)
RJ(h)(RMS)ランダム・ジッタの水平成分
RJ(V)(RMS)ランダム・ジッタの垂直成分
RN(RMS)総測定ランダム・ノイズ
RN(h)(RMS)ランダム・ノイズの水平成分
RN(v)(RMS)ランダム・ノイズの垂直成分
SSC周波数スペクトラム拡散変調周波数(限定的サポート)
SSC振幅スペクトラム拡散変調振幅(限定的サポート)
TJ @ BER指定されたBERでのトータル・ジッタ
TN @ BER指定されたBERでのトータル・ノイズ
VMA電圧変調振幅
PAM-4のグローバル測定(80SJNB)
中心偏差中央のアイに対するアイ中心部の位置
有効シンボル・レベル1平均に対する有効シンボル(L0、L1)
有効シンボル・レベル2平均に対する有効シンボル(L2、L3)
EH6/EW6 OIF-CEIPAM4のアイの高さ/幅(規格に基づく)
レベル シンボル・レベル:L0、L1、L2、L3
レベル偏差P-Pに対するレベルの分離
レベルの直線性PAM4のレベルの直線性
レベル・ミスマッチ率(RLMP-Pに対するレベルの最小分離
レベルの"厚み"(Level Thickness)シンボル間干渉が最小になるレベルの実効値
レベル時間偏差シンボル間干渉が発生する最小レベル位置
最小信号レベルレベル分離の最小
OMA範囲外光変調振幅(L0~L3)
トランジション・タイミング個々のPAM曲線における立上り/立下り
垂直アイ・クローズアイ開口部における最小アイ振幅
  • プロット:ジッタ/ノイズ成分の確率分布、スペクトラム分布、データ依存性ジッタ/ノイズ/DDPWS対ビット、データ・パターン波形、ジッタ/ノイズのバスタブ曲線、、BER確率マップ、BER輪郭図、Qアイ、確率分布のアイ・ダイアグラム(データ・パターンは各信号パス(SP)処理ステップでプロット)、SSC(Spread Spectrum Clocking)プロファイル。PAM-4信号の解析では、プロットに3つのアイがすべてスタック表示されます。PAM4の場合、12Gbpsを超える信号でのSSCの使用は推奨しません。
  • データ・ロギング:すべての数値結果の問い合わせとエクスポート。波形のエクスポート:取込んだ生パターン波形、相関パターン波形、各信号パスの処理ステップ後の相関パターン波形、確率分布のアイ・ダイアグラム、バスタブ曲線
  • Mask Testing:PDFまたはBER空間による統計的マスク・テスト。マスク・ヒット率がサポートされます。
80SJARBの任意波形データのジッタ解析機能
測定概要
DJddランダム・ジッタ(Dual Diracモデル)
J2BER = 2.5e-3のトータル・ジッタ
J9BER = 2.5e-10のトータル・ジッタ
RJddデターミニスティック・ジッタ(Dual Diracモデル)
TjBER = 1.0e-12のトータル・ジッタ
  • プロット: 取込んだデータのジッタ/アイ開口のバスタブ、ヒストグラム
  • フリー・ラン・モード: IEEEの必要最低要件である10,000データ・ポイント以上の連続取込み、更新

仕様

すべての仕様は、特に断りのないかぎり、すべての機種に適用されます。

測定性能
ジッタ・フロア(DSA8300型)
82A04B型フェーズ・リファレンス・モジュールを使用した場合は、 100fsRMS以下 1

使用しない場合は、 400fsRMS以下

1詳細については、82A04型のデータ・シートを参照してください。 82A04型は8300、8200シリーズ・メインフレームのみで使用できます。

ノイズ測定確度
仕様については、サンプリング・モジュールのデータ・シートを参照してください。 取込む波形はライブ波形であることが必要で、 最大100kUIの固定繰返しパターンであることが必要: Touchstone Sパラメータ(1、2、4ポートをサポート、シングルエンド、差動入力をサポート)またはタイムドメイン(リファレンス、波形)フォーマット(8000シリーズのタイムドメイン・フォーマット*.wfm、IConnect®の*.wfmフォーマットをサポート)ベース・ソフトウェアはV7が必須。
エクスポート波形
生(取込んだ)波形、信号パスの各ステップ後の相関フィルタ波形
イコライゼーション・オートセット・パターン
PRBS3~PRBS16(解析可能なパターンはイコライゼーションも可能)
最大SSC(Spread Spectrum Clocking) 1
5000ppm以上のイコライゼーション手法をサポート

1現在、SSCは12Gbpsまでサポートされています。SSC取込みではケーブル長が制限されます。詳細については、当社担当営業までお問い合わせください。

最大タップ数、FFE/DFE
100/40:1、2または10FFEタップ/UI
任意フィルタ記述
有限インパルス応答任意フィルタ記述。 その他のフォーマット/フォーマット変換については、当社お客様コールセンター(jp.tek.com/japan-ccc)までお問い合わせください。
システム要件
80SJARB
Microsoft Windows 7またはWindows XP OSを搭載したTDS/DSA8000シリーズ・メインフレーム
80SJNB
DSA8300型(Opt. ADTRIGを装備のこと)、ソフトウェア・リリースV5.*、 Microsoft Windows 7(アップグレードについては当社お客様コールセンターまでお問い合わせください。)

DSA8200型または旧機種、80A06型パターン・シンク・トリガ・モジュール(オシロスコープにプラグインするか、SlotSaverケーブルで接続)

ご使用のTDS/CSA8200型、TDS/CSA8000B型、TDS/CSA8000 型と80SJNBとの組合せの詳細については、当社お客様コールセンターまでお問い合わせください。

ご注文の際は以下の型名をご使用ください。

型名
80SJNB
ジッタ、ノイズ、BER、およびRIN/RINxOMA 1の測定/解析
80SJNB02
80SJNBパッケージにSDLAをサポートするために必要な次の機能が追加されます。

フィクスチャのディエンベデッド/任意リニア・フィルタ・サポートのためのフィルタ機能

チャンネル・エミュレーション(チャンネルの時間ドメインまたは周波数ドメイン測定に基づく)

FFE/DFEイコライザ・サポート

80SJNB PAM4
総合的なPAM-4シグナリング解析機能
80SJARB
ベーシック・ジッタ測定

1RINおよびRINxOMA測定には、80SJNBおよび80SJNB01ソフトウェアに付属するTekExpress RINアプリケーションを使用します。

DSA8300型プリインストール・オプション
80SJARB、80SJNB、または関連ソフトウェアがプリインストールされたDSA8300型をご希望の方は、次のいずれかのオプションをご注文ください。
Opt. JARB
DSA8300型に80SJARBを追加
Opt. JNB
DSA8300型に80SJNB Essentialsを追加
Opt. JNB01
DSA8300型に80SJNB Advancedを追加
Opt. JNB02
DSA8300型に80SJNB Advanced(SDLA Visualizer)を追加
Opt. PAM4
DSA8300型にPAM4トランスミッタ解析ソフトウェアを追加Opt. JNB01(80SJNB Advanced)またはOpt. JNB02(80SJNB Advanced(SDLA Visualizer))が必要です。
  • オリジナル・パッケージ(80SJNB V1.*)をご使用のユーザは、無償で80SJNB Essentials(V2.*)に更新できます。更新プログラムは、jp.tek.comから無償でダウンロードいただけます。
  • 80SJNB、80SJNB01、または80SJNB02をご注文される場合には、80SJARBを別途ご注文いただく必要はありません。80SJARBの機能は標準で含まれており、無償でご利用になれます。
  • いずれのバージョンでも、80SJNBのライセンスをお持ちのユーザは、どなたも80SJARBを無償でご利用いただけます。テクトロニクスのWebサイトから80SJARBをダウンロードしてご利用ください。
機器のアップグレード・オプション
Thumbnail

Note: 80SJNBに関連するすべてのオプションでは、DSA8300型のOpt. ADVTRIG(拡張トリガとパターン・シンク)を使用する必要があります。
型名アップグレード名アップグレード・オプション 
DSA8300型DSA83UPJNBDSA8300型に80SJNB Essentialsを追加
JNB0180SJNB Advancedバージョン1を追加
JNB0280SJNB Advancedバージョン2(SDLA Visualizer)を追加
PAM4PAM-4解析機能を追加(80SJNB01または80SJNB02が必要)
JARBDSA8300型に80SJARBを追加
ADDJNB0180SJNB Essentialsを80SJNB01にアップグレード
JNBTOJNB0280SJNB Essentialsを80SJNB02にアップグレード
JNB01TOJNB0280SJNB01を80SJNB02(SDLA Visualizer)にアップグレード
DSA8200型DSA82UPJNB80SJNB Essentialsを追加
JNB0180SJNB Advancedバージョン1を追加
JNBADD01JNBをJNB Advancedにアップグレード
Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top