ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

ミックスド・シグナル・オシロスコープ・データ・シート

4シリーズMSO

オンラインで読む:

数値に裏付けられた高性能

入力チャンネル数

  • FlexChannel®入力(4、または6)
  • 1つのFlexChannelで以下の入力をサポートします。
    • 1つのアナログ信号入力(波形表示、スペクトラム表示1、または両方を同時
    • 8つのデジタル・ロジック入力(TLP058型ロジック・プローブを使用)

周波数帯域(全アナログ・チャンネル)

  • 200MHz、350MHz、500MHz、1GHz、1.5GHz(アップグレード可能)

サンプル・レート(全アナログ/デジタル・チャンネル)

  • リアルタイム:6.25GS/s

レコード長(全アナログ/デジタル・チャンネル)

  • 標準:31.25Mポイント(オプションで62.5Mポイントにアップグレード可能)

波形取込みレート

  • 500,000波形/秒以上

垂直分解能

  • 12ビットADC
  • 最高16ビット(ハイレゾ・モード)

標準のトリガ・タイプ

  • エッジ、パルス幅、ラント、タイムアウト、ウィンドウ、ロジック、セットアップ/ホールド時間、立上り/立下り時間、パラレル・バス、シーケンス、ビジュアル・トリガ
  • 外部トリガ:300VRMS以下(エッジ・トリガのみ)

標準解析機能

  • カーソル:波形、垂直バー、水平バー、垂直/水平バー
  • 測定項目:36種類
  • FastFrameTMによるセグメント・メモリ・アクイジション・モードにより、毎秒最大フレーム以上の取込みが可能
  • プロット:タイム・トレンド、ヒストグラム、スペクトラム
  • 演算機能:基本波形演算、FFT、拡張数式エディタ
  • サーチ機能:任意のトリガ条件で検索が可能

オプションの解析

  • Spectrum View:周波数領域解析(周波数領域と時間領域は独立して設定可能)
  • パワー測定/解析

組込みシリアル・バスのトリガ/デコード/解析(オプション)

  • I2C、SPI、I3C、RS-232/422/485/UART、SPMI、CAN、CAN FD、LIN、FlexRay、SENT、USB 2.0、Ethernet、I2S、LJ、RJ、TDM、MIL-STD-1553、ARINC 429

任意波形/ファンクション・ジェネレータ1

  • 波形生成:最高50MHz
  • 波形タイプ:任意波形、正弦波、方形波、パルス波、ランプ波、三角波、DC レベル、ガウシアン、ローレンツ、指数立上り/立下り、Sin(x)/x、ランダム・ノイズ、ハーバーサイン、Cardiac

デジタル・ボルトメータ2

  • 4桁のAC実効値電圧、DC電圧、およびDC+AC実効値電圧測定

トリガ周波数カウンタ2

  • 8桁

ディスプレイ

  • 13.3型(338mm)TFTカラー
  • 解像度:HD(1,920×1,080)
  • 静電容量式(マルチタッチ)タッチスクリーン

拡張機能

  • USB 2.0ホスト、USB 2.0デバイス(5ポート)、LAN(10/100/1000 Base-T Ethernet)、HDMI 3

e*Scope®

  • 標準のWebブラウザを介した、ネットワーク接続経由でのオシロスコープの遠隔表示/制御が可能

保証

  • 3年間(標準)、

寸法

  • 249mm×450mm×155mm(高さ×幅×奥行)
  • 質量:7.6kg未満

1(オプションでアップグレード可能)

2Webからの製品登録で無償

3HDディスプレイ(解像度1,920 × 1,080)に接続する必要があります。

チャンネル数の不足によって、検証やデバッグの作業が遅れる心配はもうありません。

4シリーズMSOは、4または6チャンネルの機種が用意されており、13.3型HD(1,920×1,080)大型ディスプレイを備えているため、複雑なシステムも効率的に解析できます。 組込みシステム、三相パワー・エレクトロニクス、カー・エレクトロニクス、電源設計、DC-DCパワー・コンバータなど、多くのアプリケーションでは、デバイス性能の検証や特性評価、複雑なシステムの問題のデバッグを行うために、4つ以上のアナログ信号を観測する必要があります。

ほとんどのエンジニアは、非常に困難な問題のデバッグ中に、システムをより詳細かつ広範囲に解析する必要があったのに、使用しているオシロスコープのアナログ・チャンネル数が2つ、あるいは4つに限られていたという体験をしているはずです。オシロスコープをもう1台追加したとしても、トリガ・ポイントを揃えなければならないだけでなく、2つのディスプレイに渡ってのタイミング相関や、データの文書化において、大きな困難が付きまといます。

6チャンネルのオシロスコープの価格は、4チャンネルのモデルより少なくとも50%高くなるはずだと思われがちですが、実際に追加になる価格は6チャンネルの機種で20% 以下、。わずかなコストでアナログ・チャンネルを追加するだけで、プロジェクトを常に予定通りに進めることができるようになります。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


スイッチング電源での電圧測定。パワーレールの1つでリップル電圧を測定し、表示している

優れた柔軟性を持ち、システム全体の広範囲な観測が可能なFlexChannel®技術

4 シリーズMSOには、従来のミックスド・シグナル・オシロスコープ(MSO)の常識を超える新技術が取り入れられています。FlexChannel技術により、それぞれのチャンネル入力を1つのアナログ・チャンネル、8つのデジタル・チャンネル(TLP058型ロジック・プローブを使用)、またはそれぞれの領域を独立に設定し、アナログとスペクトラムを同時に表示することもできます1。従来にない、柔軟なチャンネル構成が可能です。

6つのFlexChannelを備えた機種の場合、6つのチャンネルをすべてアナログ信号に割り当て、デジタル信号は未使用という構成も可能です。または、5つのアナログと8つのデジタル、あるいは4つのアナログと16のデジタル、3つのアナログと24のデジタルなど、柔軟な組み合わせが可能です。 こうした構成は、TLP058型ロジック・プローブを着脱するだけで、いつでも簡単に変更できます。そのため、常に最適な数のデジタル・チャンネルを確保できます。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


優れた柔軟性を実現したFlexChannel技術では、接続するプローブの種類により、1つのアナログ・チャンネルとして使用するか、8つのデジタル・チャンネルとして使用するかを柔軟に選択できる

従来のMSOでは、デジタル・チャンネルはアナログ・チャンネルに比べてサンプル・レートが低く、レコード長も短いなど、さまざまなトレードオフがありました。4 シリーズMSOでは、デジタル・チャンネルを新しいレベルで統合できます。デジタル・チャンネルでも、アナログ・チャンネルと同様に、高サンプル・レート(最高6.25 GS/s)と長いレコード長(最大62.5 Mポイント)を利用できます。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


TLP058型:8つの高性能デジタル入力を装備TLP058型プローブは、必要に応じて何本でも接続することができ、最大48 チャンネルのデジタル入力を利用可能


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


Ch 2にTLP058型ロジック・プローブを取り付け、DACの8つの入力を接続している。緑と青に色分けされており、緑が1、青が0を示している。Ch 3に取り付けたもう1本のTLP058型ロジック・プローブは、DACをドライブするSPIバスにプロービングしている。白いエッジは高周波成分が含まれていることを示しており、拡大表示するか、より高速なサンプル・レートで取込むことでより詳細な情報が得られる


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


アナログとデジタルだけではなく、FlexChannel入力はスペクトラム表示にも対応。この当社の特許技術を使用することで、各領域で独立に設定しながら、すべてのアナログ信号について、アナログ表示とスペクトラム表示を同時に観測可能。

1(オプション)

優れた信号表示機能

4シリーズMSO に採用されている、13.3型(338mm) ディスプレイは、クラス最大 。さらに、解像度もトップクラスで、フルHDの解像度(1,920×1,080)を備えているため、重要なリードアウトや解析のための領域を確保しながら、多くの信号を同時に観測できます。

表示領域は、垂直方向のスペースを波形表示に最大に利用できるように、最適化されています。右側の結果バーを非表示にすると、画面の横幅全体を波形表示に使用できます。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


スタック表示モードでは、各入力のADコンバータの分解能を最大に維持しながら、すべての波形を簡単に観測できるため、精度の高い測定が行える

4シリーズMSO は、最新技術のスタック表示モードを備えています。従来、オシロスコープでは同じ目盛にすべての波形を重ねて表示していたため、さまざまなトレードオフが生じていました。

  • それぞれの波形を表示するには、波形が重なり合わないように、波形の垂直軸スケールと位置を調整しなければならない。それぞれの波形で利用できるADコンバータのレンジがわずかしかないため、測定確度が低下する

  • 測定確度を維持するためには、それぞれの波形の垂直軸スケールと位置を調整して、画面全体に表示する必要がある。波形が互いに重なり合うため、個々の波形では信号の細部まで識別しにくい

新しいスタック表示では、これらのトレードオフが解消されます。波形のオン/オフが行われると、自動的に水平波形の"スライス"(追加の目盛)が追加または削除されます。それぞれのスライスが、その波形のADコンバータの全レンジを使用します。すべての波形は、別々に表示されてはいますが、ADコンバータの全レンジが使用されているため、表示機能と確度が最大に生かされます。これらの処理は、波形が追加または削除されると、すべて自動的に行われます。スタック表示モードでは、チャンネル/波形バッジをディスプレイ下部の設定バーにドラッグ・アンド・ドロップするだけでチャンネルの順序を簡単に変更できます。スライスの内部にチャンネルのグループをオーバーレイすることもできるため、信号の表示を見ながら簡単に比較できます。

4シリーズMSO は、大型 ディスプレイを備えており、広い表示領域を確保できるため、信号だけでなく、プロット、測定結果テーブル、バス・デコード・テーブルなど、豊富な情報を表示できます。アプリケーションに合わせて、サイズや位置も簡単に変更できます。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet

3つのアナログ・チャンネル、8つのデジタル・チャンネル、デコードされたシリアル・バス波形、デコードされたシリアル・パケット結果テーブル、4つの測定項目、測定ヒストグラム、統計値が表示された測定結果テーブル、シリアル・バス・イベントでのサーチを同時に表示

タスクに集中できる使いやすいユーザ・インタフェース

設定バー:主要パラメータと波形の管理

ディスプレイ下部の設定バーには、波形、オシロスコープの動作に関連する各種のパラメータが、"バッジ"として一列に表示されます。設定バーを使用すると、使用頻度の高い波形管理タスクにすばやくアクセスできます。以下のような操作は、シングル・タップで実行できます。

  • チャンネルをオンにする
  • 演算波形の追加
  • リファレンス波形の追加
  • バス波形の追加
  • オプションの任意波形/ファンクション・ジェネレータ(AFG)を有効にする
  • オプションの内蔵デジタル・ボルトメータ(DVM)を有効にする

結果バー:解析と測定

ディスプレイ右側の結果バーは、タップするだけで、カーソル、測定、サーチ、測定/バス・デコード結果テーブル、プロット、メモなど、使用頻度の高い解析ツールにすばやくアクセスできます。

DVM/測定/サーチ結果バッジは、すべて結果バーに表示されるため、波形表示エリアを圧迫することはありません。波形表示エリアをさらに広くしたい場合には、結果バーを消すこともできます。もちろん、いつでも再表示できます。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


ディスプレイ上の目的のアイテムをダブルタップするだけで構成メニューが表示される。この例では、トリガ・バッジがダブルタップされたので、トリガ構成メニューが表示されている

オシロスコープに最適化されたタッチ操作

タッチ・インタフェースを備えたオシロスコープは、今では決して珍しいものではありません。しかし、それらはすべて、後から付け足した機能に過ぎませんでした。4シリーズMSO は、静電容量方式のタッチスクリーンを備えたディスプレイと、タッチ操作に最適化されたユーザ・インタフェースを備えた業界初のオシロスコープです。

4シリーズMSO では、スマホやタブレット、その他のタッチスクリーン対応デバイスでお馴染みのタッチ操作がサポートされています。

  • 波形を左右上下にドラッグすることで、水平/垂直位置の調整やパン/ズーム表示が可能
  • ピンチ操作により、水平または垂直方向のスケールの変更やズーム・イン/アウトが可能
  • アイテムをごみ箱にドラッグして削除
  • 右側からスワイプ(結果バーを表示)または上側からスワイプ(ディスプレイの左上にメニューを表示)

操作性に優れた前面パネル操作部を使用して、馴染みのあるノブやボタンによる調整を行えるだけでなく、マウスやキーボードを使用することもできます。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet

スマホやタブレットと同じ静電容量方式のタッチスクリーンを使用して操作が行える

前面パネルによる操作

従来、オシロスコープ前面は、表面の約50%がディスプレイ、残りの50%が操作部という構成が一般的でした。4 シリーズMSOは、前面の約75% がディスプレイで占められています。広い表示領域を確保するために、前面パネルの構造を見直し、重要性の高い操作については、従来からの簡単で直観的な操作を維持する一方で、ディスプレイ上のオブジェクトから各種の機能に直接アクセスできるようにしたことで、メニュー・ボタンの数を減らすことに成功しています。

操作部の周囲がLEDで色分けされるため、トリガ・ソースや垂直軸スケール/ポジション・ノブがどのチャンネルに割り当てられているのか一目でわかります。実行/停止やシングル・シーケンスといった機能については、大きな専用ボタンが右上の目立つ場所に配置されています。強制トリガ、トリガ・スロープ、トリガ・モード、デフォルト・セットアップ、オートセット、クイックセーブといった機能についても、すべて専用の前面パネル・ボタンを使用できます。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


作業効率に優れた、直観的な前面パネル。必要な操作部をすべて備えながら、大型 HDディスプレイの広い表示領域を十分に確保

優れた性能

デジタル・フォスファ技術とFastAcq™高速波形取込み

設計上の問題をデバッグするためには、まず問題の存在を知る必要があります。FastAcqとデジタル・フォスファ技術により、デバイスの実際の動作を確認することができます。毎秒500,000波形以上という高速の波形取込レートにより、デジタル・システムでよく見られるラント・パルス、グリッチ、タイミング問題など、間欠的に発生する問題も非常に高い確率で観測することができます。まれにしか発生しないイベントをはっきりと表示させるため、輝度階調表示を使用することで、通常の信号特性に対する、まれなトランジェントの発生頻度を表示します。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


FastAcqの高速取込みにより、デジタル設計によく見られる捕捉困難な問題も検出できます。

業界トップクラスの垂直分解能

大きな振幅の信号を取込みながら、信号の細部まで観察しなければならない場合でも、4シリーズMSO は、不要なノイズの影響を最小限に抑えながら、目的の信号を確実に取込める性能を備えています。4シリーズMSO の中心となる技術は、12ビットのADコンバータ(ADC)であり、従来の8ビットADCの16倍という優れた垂直分解能を実現しています。

新しいハイレゾ・モードでは、選択されたサンプル・レートに基づいて、ハードウェア・ベースの独自の有限インパルス応答(FIR)フィルタが適用されます。FIRフィルタは、そのサンプル・レートで利用可能な最高帯域幅を維持しながら、エイリアシングを抑制し、選択したサンプル・レートに対する使用可能帯域幅を上回る雑音をオシロスコープの増幅器やADCから除去します。ハイレゾ・モードでは、常に最低でも12ビットの垂直分解能が確保され、125MS/s以下のサンプル・レートでは垂直分解能は16ビットにまで拡張されます。

新しい低ノイズのフロント・エンド増幅器により、4シリーズMSO の信号解像能力をさらに向上させています。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


4シリーズMSO は、12ビットのADCと新しいハイレゾ・モードにより、業界トップクラスの垂直分解能を実現

トリガ

デバイスの障害を検出するのは、デバッグの第1段階です。次に、原因を特定するために、想定されるイベントを取込まなければなりません。4シリーズMSO は、さまざまなタイプに対応した、高度なトリガ機能を提供しています。

  • ラント
  • ロジック
  • パルス幅
  • ウィンドウ
  • タイムアウト
  • 立上り/立下り時間
  • セットアップ/ホールド時間違反
  • シリアル・パケット
  • パラレル・データ
  • シーケンス
  • ビジュアル・トリガ

最大62.5Mポイント のレコード長により、数多くのイベントを取込むことができます。数千というシリアル・パケットでも1回で取込むことができ、高い分解能のままズーム表示して詳細に信号を観測し、信頼性の高い測定結果を記録できます。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


さまざまなトリガ・タイプに対応し、状況対応型のトリガ・メニューも備えているため、目的のイベントを簡単に特定できる

ビジュアル・トリガ - 特定の信号をすばやく検出

複雑なバスから特定のサイクルを検出するには、何時間もデータを取込み、何千というアクイジションを調べる必要があります。そのイベントが発生したときのみ表示するようにトリガ設定できれば、この時間を短縮することができます。

ビジュアル・トリガは、オシロスコープのトリガ機能を拡張し、取込んだすべての波形取込をスキャンし、ディスプレイに表示されるエリア(図形形状)と比較します。マウスまたはタッチスクリーンにより、無制限数のエリアを作成できます。さまざまな形状(三角形、長方形、六角形、台形)を使用して、さまざまなトリガ動作に対応するエリアが設定できます。形状が作成できれば、必要に応じてカスタム形状を作成し、理想的なトリガ条件になるように編集することもできます。複数のエリアを定義すれば、オンスクリーンの編集機能を使用して、ブール論理式を使用した複雑なトリガ条件を設定できます。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


ビジュアル・トリガのエリアが目的のイベントを分離し、観測したいイベントのみを取り込めるため、大幅な時間短縮が可能

重要な信号インベントにのみトリガすることで、手作業での取込み、アクイジションから検索するのに要する時間を大幅に短縮できます。秒、分の単位で重要なイベントが検出でき、短時間のうちにデバッグ/解析作業を終わらせることができます。ビジュアル・トリガは複数のチャンネルに対しても使用できるため、複雑なシステムのトラブルシューティングやデバッグにも最適です。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


複数チャンネルでの観測例。ビジュアル・トリガのエリアは複数のチャンネルのイベントにも設定できる(チャンネル1で特定のバースト幅にトリガし、チャンネル2で特定のビット・パターンにトリガするなど)

正確な高速プロービング

、TPPシリーズ受動電圧プローブは、広いダイナミック・レンジ、豊富なプロービング・オプション、堅牢な機械設計などの汎用プローブの特長と、アクティブ・プローブの優れた性能を併せ持っています。1GHzのアナログ周波数帯域により、信号の高周波成分も観測できます。また、容量負荷がわずか3.9pFと優れており、回路に及ぼす影響が最小に抑えられるため、長いグランド・リードも使用できます。

減衰比が2:1のTPPプローブ(オプション)も用意されているため、低電圧の測定にも対応できます。一般的な低い減衰比の受動プローブと違い、TPP0502型の周波数帯域は500MHzでありながら、容量負荷も12.7pFと抑えられています。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


4シリーズMSOでは、4または6チャンネルの機種に4本のプローブが標準で付属(200MHzの機種にはTPP0250型、350MHz、500MHz、1GHz、1.5GHzの機種にはTPP0500B型)

TekVPIプローブ・インタフェース

TekVPI®プローブ・インタフェースは、プローブの使い勝手が格段に向上しています。安全性と信頼性に優れた接続が可能なだけでなく、TekVPIプローブの補正ボックス上には、多くのステータス・インジケータ、操作ボタンおよびプローブ・メニュー・ボタンが装備されています。このプローブ・メニュー・ボタンを押すと、すべてのプローブ設定や操作メニューがオシロスコープ上にプローブ・メニューとして表示されます。TekVPIインタフェースは、外部電源の必要なしに電流プローブを直接接続することができます。さらにTekVPIプローブは、USBまたはLAN経由でリモート制御できますので、自動試験装置においても汎用性の高いソリューションが可能になります。4 シリーズMSOの前面パネル・コネクタは、最高80 W の電力給電が可能で、接続されたすべてのTekVPIプローブに十分な電力を供給できるため、プローブ専用の電源を追加する必要がありません。

IsoVu™光アイソレーション型測定システム

インバータの設計、電源の最適化、通信リンクのテスト、シャント抵抗による電流の検出、EMI/ESD問題のデバッグを行う場合、あるいはテスト・セットアップからグランド・ループを取り除きたい場合、コモンモード干渉があると正確な測定が困難になり、設計/デバッグ/評価/最適化といった作業に支障が生じていました。

当社の画期的な新技術IsoVuでは、光給電型光ファイバを使用することにより、完全なガルバニック絶縁を可能にしています。TekVPIインタフェースを搭載した4 シリーズMSOで使用すると、大きなコモンモード電圧がある場合でも、高い周波数の差動信号を正確に測定できる機能を備えた、業界初の測定システムが実現します。

  • 完全なガルバニック絶縁

  • 最高1GHzの周波数帯域に対応

  • 同相除去比(CMRR):DC~100MHzで120dB(100万:1)以上

  • 同相除去比(CMRR):全帯域で80dB(10,000:1)

  • 差動電圧のダイナミック・レンジ:最高2,500V

  • コモンモード電圧レンジ:60kV


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


テクトロニクスのTIVMシリーズIsoVu™測定システムは、全帯域でクラス最高の同相除去性能を実現したガルバニック絶縁測定ソリューションであり、大きなコモンモード電圧が存在する条件でも、最大2,500Vpkの広帯域差動信号が正確に分離可能

豊富な解析機能

基本波形解析機能

プロトタイプの性能がシミュレーション結果と一致していて、プロジェクトの設計目標を満たしていることを検証するためには、注意深く解析を行う必要があります。そこには、立上り時間やパルス幅のチェックといった単純なものから、電力損失の解析、システム・クロックの特性評価、ノイズ発生源の調査といった高度なものまで、さまざまな作業が伴います。

4 シリーズMSOは、豊富な解析ツールを標準で備えています。

  • 波形/スクリーン・ベースのカーソル
  • 36種類の自動測定測定結果にはレコードのすべてのインスタンスが含まれており、あるイベントから次のイベントへとナビゲートできるだけでなく、レコードの最小値または最大値をすばやく表示することも可能
  • 基本波形演算
  • 基本FFT解析
  • フィルタや変数を使用した任意波形の数式編集などの高度な波形演算
  • FastFrame™セグメント・メモリにより、オシロスコープのアクイジション・メモリを効率的に活用できるため、1つの波形レコードに数多くのトリガ・イベントを効率的に取込むことができ、イベント間の時間ギャップを無視できます。各セグメントは個別に、または重ねて表示できます。

測定結果テーブルには、測定結果についての総合的な統計表示のほか、現在のアクイジションと、すべてのアクイジションの両方を対象とした統計値も表示されます。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


複数のチャンネルを使用した複数のクロック/データ・ラインの観測

ナビゲーションとサーチ

長いレコード長の波形から目的のイベントを探す場合、適切なサーチ・ツールがないと時間のかかる作業になります。今ではレコード長は数百万ポイントにもなり、目的のイベントを特定するためには数千画面をスクロールしなければなりません。

4 シリーズMSOには、革新的なWave Inspector®という波形検索、操作ツールがあり、波形レコード内をすばやくパン、ズーム表示することができます。独自のフォースフィードバック・システムにより、波形レコードの最初から最後までをわずか数秒で移動できます。ディスプレイ上でドラッグやピンチ/拡大といったジェスチャを使用すれば、長いレコードでも目的の領域を効率的に調査できます。

サーチ機能では、独自に定義した条件でロング・メモリ上のイベントを検索できます。条件に該当するすべてのイベントには検索マークが付き、前面パネルまたはディスプレイのサーチ・バッジの戻る(←)、次へ(→)ボタンを押すことで、イベント箇所に簡単に移動することができます。サーチの種類には、エッジ、パルス幅、タイムアウト、ラント、ウィンドウ、ロジック、セットアップ/ホールド、立上り/立下り時間、パラレル/シリアル・バス・パケットのデータなどがあります。独自のサーチを定義することもできます。

サーチ・バッジのMin/Maxボタンを使用すると、検索結果の最小値および最大値にすばやくジャンプできます。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


FastAcqによって、デジタル・データ・ストリームにラント・パルスが存在することが明らかになったため、さらに調査を進めた例。このアクイジションでは、ラント・パルスが6回発生していることがSearch 1に示されている

シリアル・プロトコル・トリガ/解析(オプション)

デバッグでは、1つまたは複数のシリアル・バスを観察することによって、システムのアクティビティの流れを追跡できると大変有効です。たった1つのシリアル・パケットであっても、手動でデコードしようとすると、かなり手間がかかります。長いメモリ長の場合だと、パケット数は数千にも達します。

取り込もうと試みているイベントが明確であり、シリアル・バスに特定のコマンドが送出されたときにそのイベントが発生するというのであれば、そのイベントでトリガできれば、効率よく解析できるはずです。残念ながら、エッジまたはパルス幅トリガを指定するだけで、こうしたトリガが可能になるわけではありません。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


CANシリアル・バスにトリガした例。バス波形は、スタート、アービトレーション、コントロール、データ、CRC、ACKなど、時間相関のとれた、デコードされたパケットの内容を表示。バス・デコード・テーブルでは、アクイジション全体のすべてのパケット内容を表示

4 シリーズMSOでは、さまざまな高性能なツール・セットが用意されており、I2C、SPI、I3C、RS-232/422/485/UART、SPMI、CAN、CAN FD、LIN、FlexRay、SENT、USB LS/FS/HS、Ethernet 10/100、オーディオ(I2S/LJ/RJ/TDM)、MIL-STD-1553、およびARINC 429など、組込み設計によく使用される、ほとんどのシリアル・バスに対応できます。

シリアル・プロトコル・サーチを使用すると、長いメモリ長でも効率的にシリアル・パケットを検索できるため、指定した特定のパケット内容を確実に検出できます。検出されたイベントには検索マークが付きます。前面パネルまたは結果バーに表示されるサーチ・バッジの戻る(←)ボタンや次へ(→)ボタンを押すだけで、マーク間をすばやく移動することができます。

ツールはシリアル・バスのために用意されたものですが、パラレル・バスでも機能します。4 シリーズMSOでは、パラレル・バスも標準でサポートされています。パラレル・バスは、最大48ビット 幅で、アナログ・チャンネルとデジタル・チャンネルを混在させることができます。

  • シリアル・プロトコル・トリガを使用することで、パケットの開始、特定のアドレス、特定のデータ内容、固有の識別子、エラーなど、特定のパケット内容でトリガできる

  • バス波形により、バスを構成するClock、Data、Chip Enableなどの個々の信号に沿ってわかりやすく表示でき、パケットの開始と終了、アドレス、データ、識別子、CRCなどのサブパケット・コンポーネントを簡単に識別できる

  • バス波形は、表示された他の信号と時間相関が取れているため、被測定システムの異なる部分のタイミング関係も簡単に測定できる

  • バス・デコード・テーブルには、アクイジションのすべてのデコードされたパケットが(一般的なソフトウェアのリスト表示と同様の)表形式で表示されるパケットにはタイムスタンプが付き、アドレス、データなど、コンポーネントごとにカラムとして連続にリスト表示される

Spectrum View(オプション)

4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet

中心周波数、スパン、分解能帯域幅(RBW)などのスペクトラム・アナライザの設定が直感的に行えるため、周波数ドメイン解析が簡単にセットアップできる。Spectrum ViewはFlexChannelアナログ入力ごとに利用できるため、複数チャンネルのミックスド・ドメイン解析が可能

多くの場合、周波数ドメインで1つまたは複数の信号を表示することで、問題のデバッグが容易になります。こうしたニーズに対応するために、従来からオシロスコープには演算ベースのFFT機能が内蔵されていました。しかし、FFTの使用には以下の2つの点で難点があることが知られていました。

まず第一に、周波数ドメイン解析を行う場合、スペクトラム・アナライザに通常搭載されている中心周波数、スパン、分解能帯域幅(RBW)といった項目が当然設定できると考えるはずです。ところがFFTを使用すると、サンプル・レート、レコード長、時間軸といった従来からのオシロスコープの設定を使用しなければなりません。周波数ドメインに目的の信号を表示するには、ある程度の経験と技術が必要です。

次に、FFTはアナログの時間ドメイン表示と同じアクイジション・システムによって駆動されていることが挙げられます。アナログ表示に合わせて取込み設定を最適化すると、目的の周波数ドメイン表示が得られません。目的の周波数ドメイン表示が得られると、今度はアナログ表示に問題が生じます。演算ベースのFFTでは、両方の領域の表示を最適化することは事実上不可能です。

Spectrum Viewはこうした問題をすべて解決します。当社独自の特許技術を導入し、それぞれのFlexChannelにデシメータ(時間領域)とデジタル・ダウンコンバータを配しています。2つの異なる取込み経路を使用することで、入力信号を時間ドメイン表示と周波数ドメイン表示の両方で同時に観測できます。それぞれのドメインには独立した取込み設定を使用できます。他社製品ではさまざまな種類の「スペクトラム解析」パッケージが提供されており使いやすさを謳っていますが、そうした製品にはすべて前述した通りの制限が見られます。本当に使いやすく、両方のドメインで同時に最適な表示が得られる優れた機能を備えているのは、当社のSpectrum Viewだけです。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet

Spectrum Timeで設定されたゲート区間(時間範囲)でFFTが計算される。時間ドメイン表示に小さな長方形の領域が表示されており、これを配置することで、時間ドメイン波形との時間相関をとることができるため、ミックスド・ドメイン解析に最適である。最大11個のピーク・マーカを使用して、それぞれのピークの周波数と振幅の値を観測できる。基準マーカは常に最も高いピークを示し、赤で表示されている

パワー解析(オプション)

4 シリーズMSOは、オプションでパワー解析パッケージ(Opt. 4-PWR-BAS/SUP4-PWR-BAS )が統合でき、電力品質、入力容量、突入電流、高調波、スイッチング・ロス、安全動作領域(SOA)、変調、リップル、効率、変調、タイミング、スルー・レート(dv/dtおよびdi/dt)。

自動測定機能では、ボタンにタッチするだけで測定品質や再現性を最適化できるため、外部PCやソフトウェアの複雑なセットアップも一切不要です。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


パワー解析測定ではさまざまな波形やプロットを表示できる

豊富な機能であらゆるニーズに対応

拡張機能

4 シリーズMSOは、複数の外部接続ポートを経由して、ネットワーク接続、PCへの直接接続、または他のテスト機器に接続することができます。

  • 前面パネルには3 個のUSB 2.0ホスト・ポート、さらに後部パネルにも2 個以上のUSB 2.0ホスト・ポートが装備されており、スクリーンショット、機器の設定、波形データなどをUSBメモリに簡単に保存できます。USBホスト・ポートには、USBマウスやキーボードも接続でき、機器のコントロールやデータ入力に利用できます。

  • 後部パネルにはUSBデバイス・ポートが装備されており、PCでリモート制御することができます。

  • 後部パネルには10/100/1000BASE-T Ethernetポートがあり、計測器の制御に使用できます(LXI Core 2011にも対応)。

  • 後部パネルのHDMIポート から、画面を外部モニタまたはプロジェクタ(解像度:1,920×1,080)に表示することができます。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet



4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


あらゆる設計環境に対応できる4シリーズMSOの豊富な入出力

リモート操作による共同作業の効率化

離れた場所にいる設計チームと一緒に作業ができます。

内蔵のe*Scope®機能を使用すると、標準Webブラウザを通じて、ネットワーク経由でオシロスコープを制御することもできます。オシロスコープのIPアドレスまたはネットワーク名を入力するだけで、ブラウザにWebページが表示されます。離れた場所からでも、その場にいるのとまったく同じように、オシロスコープを制御できます。

業界標準のTekVISA™プロトコル・インタフェースが含まれており、データ解析やドキュメンテーションなどのWindowsアプリケーションの利用や拡張も可能です。IVI-COM機器ドライバが含まれており、オシロスコープ上または外部PC上のプログラムから、LANまたはUSBTMC接続を使用して、オシロスコープと容易に通信することができます。


4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


e*Scopeを使用すれば、一般的なWebブラウザを使用して、手軽にリモート表示と制御が行える

任意波形/ファンクション・ゼネレータ(AFG)

4 シリーズMSOにオプションの任意波形/ファンクション・ジェネレータを追加すると、センサ信号のシミュレーション信号を出力できるほか、信号にノイズを付加してマージン・テストを実行することもできます。統合されたファンクション・ジェネレータは、最高50MHzの標準波形(サイン、方形、パルス、ランプ/三角、DC、ノイズ、sin(x)/x (Sinc)、ガウシャン、ローレンツ、指数立上り/立下り、ハーバーサイン、Cardiac)を出力します。任意波形ジェネレータは、128kポイントのレコード長に対応しており、内部ストレージまたはUSBメモリから、保存された波形を読み込めます。4 シリーズMSOは当社のArbExpress(PCベースの波形作成/編集ソフトウェア)と互換性があり、複雑な波形を迅速かつ容易に作成できます。

デジタル・ボルトメータ(DVM)とトリガ周波数カウンタ

4 シリーズMSOは、4桁のデジタル・ボルトメータ(DVM)と8桁のトリガ周波数カウンタを内蔵しています。オシロスコープ付属のプローブを使用して、任意のアナログ入力を電圧計の測定対象にすることができます。カウンタは、きわめて精度の高いリードアウトを備えており、トリガとして設定したイベントの周波数を確実に読み取れます。DVMおよびトリガ周波数カウンタは、どちらも製品登録いただくと無償でアクティベートされて利用可能になります。

セキュリティ強化オプション

セキュリティ強化オプションであるOpt. 4 -SECを使用することで、計測器のすべての入出力ポートおよびファームウェア・アップグレードに、パスワードによる保護の有効/無効を設定できます。さらに、Opt. 4 -SECは、すべての設定/波形データをクリアする機能も備えており、高度なセキュリティ・レベルを実現できます。この機能は、国家産業セキュリティ操作マニュアル(NISPOM)のDoD 5220.22-M方式(第8章)のほか、NISPOMに基づく国防保安局の機密情報システム認定/認証マニュアルに準拠しています。そのため、セキュリティが保護されたエリアの外部にも、安心して機器を持ち出すことができます。

状況に応じたヘルプ

4 シリーズMSOには、役に立つ情報リソースが内蔵されており、疑問が生じても即座に回答が得られるため、マニュアルやWebサイトを参照する手間が省けます。

  • 多くのメニューでは、グラフィカルなイメージと説明テキストが使用されており、機能の概要をすばやく把握できる
  • すべてのメニューの右上には、クエスチョン・マークが表示されており、内蔵ヘルプ・システムのそのメニュー項目に関連する部分を直接参照できる
  • ヘルプ・メニューには、ユーザ・インタフェースに関する簡単なチュートリアルが内蔵されているため、初心者でも短時間で操作方法を習得できる

4 Series MSO MSO44 MSO46 Datasheet


マニュアルやインターネットを参照しなくても、疑問に対する回答がすばやく得られる内蔵ヘルプ・システム

仕様

すべての仕様は、特に断りのないかぎり、保証値を示します。すべての仕様は、特に断りのないかぎり、すべての機種に適用されます。

モデル概要
オシロスコープ
 MSO44 MSO46
FlexChannel入力数
最大アナログ・チャンネル数
最大デジタル・チャンネル数(オプションのロジック・プローブを使用) 32  48 
補助トリガ入力 300V RMS以下(エッジ・トリガのみ)
周波数帯域(立上り時間の計算値) 200MHz、350MHz、500MHz、1GHz、1.5GHz
DCゲイン確度 50Ω:±1%、(1mV/divおよび500µV/div設定で±2.5%)、30℃以上では1℃につき0.100%の割合で低下
1MΩおよび250kΩ:±1.0%、(1mV/divおよび500µV/div設定で±2.0%)
ADC分解能 12ビット
垂直分解能 8ビット@6.25GS/s
12ビット@3.125GS/s
13ビット@1.25GS/s(ハイレゾ)
14ビット@625MS/s(ハイレゾ)
15ビット@312.5MS/s(ハイレゾ)
16ビット@125MS/s以下(ハイレゾ)
サンプル・レート 6.25GS/s(全アナログ/デジタル・チャンネル、分解能:160ps)
レコード長(標準) 31.25Mポイント(全アナログ/デジタル・チャンネル)
レコード長(オプション) 62.5Mポイント(全アナログ/デジタル・チャンネル)
波形取込みレート(代表値) 500,000波形/秒以上
任意波形/ファンクション・ジェネレータ(オプション) 13種類の定義済み波形タイプ、最高50MHz出力
DVM 4桁のDVM(Webからの製品登録で無償)
トリガ周波数カウンタ 8桁の周波数カウンタ(Webからの製品登録で無償)
垂直軸システム-アナログ部
帯域幅の選択
50Ω:20MHz、250MHz、その機種の全帯域

1MΩ:20MHz、250MHz、500MHz

入力カップリング
DC、AC
入力インピーダンス

50Ω±1%

1MΩ±1%(13.0pF±1.5pF)

入力感度
1MΩ
500µV/div~10V/div(1-2-5シーケンス)
50Ω
500µV/div ~1V/div(1-2-5シーケンス)
注:機器の設定により異なりますが、500μV/divは1mV/divをデジタル・ズームで2倍に拡大したものか、または2mV/divを4倍に拡大したものです。
最大入力電圧

50Ω:5VRMS、ピーク電圧≦±20V(DF≦6.25%)

1MΩ:300VRMS

4.5MHz~45MHzでは20dB/decadeの割合で低下(1MΩ)

45MHz~450MHzでは14dB/decadeの割合で低下;450 MHzを超えると5.5VRMS

有効ビット数(ENOB)、代表値
ハイレゾ・モード、50Ω、10MHz入力、フル・スクリーンの90%
周波数帯域ENOB
1.5GHz7.1
1GHz7.6
500MHz7.9
350MHz8.2
250MHz8.2
20MHz8.9
ランダム・ノイズ(RMS、代表値)
1.5GHz、1GHz、500MHz、350MHz、200MHzの機種、ハイレゾ・モード(RMS)、代表値
 50Ω1MΩ
V/div1GHz500MHz350MHz250MHz20MHz500MHz350MHz250MHz20MHz
1mV/div未満260μV200μV150μV125μV75.0μV200μV140μV120μV75.0μV
2mV/div280μV200μV150μV125μV75.0μV200μV140μV120μV75.0μV
5mV/div305μV235μV185μV135μV75.0μV210μV150μV130μV75.0μV
10mV/div335μV275μV220μV160μV80.0μV230μV160μV150μV80.0μV
20mV/div425μV360μV270μV230μV110μV280μV200μV200μV100μV
50mV/div800μV800μV570μV460μV200μV520μV370μV410μV180μV
100mV/div1.62mV1.23mV1.04mV1.04mV470μV1.24mV880μV930μV460μV
1V/div13.0mV9.90mV8.95mV8.95mV3.78mV14.30mV10.20mV10.30mV5.45mV

ポジション・レンジ
±5div
オフセット・レンジ(最大)
全機種共通
V/div設定最大オフセット・レンジ、50Ω入力
500µV/div~99mV/div±1V
100mV/div~1V/div±10V

V/div設定最大オフセット・レンジ、1MΩ入力
500µV/div~63mV/div±1V
64mV/div~999mV/div±10V
1V/div~10V/div±100V

オフセット確度

±(0.005 ×|オフセット-ポジション|+0.2div(500μV/divでは0.4div))

チャンネル間クロストーク(代表値)

200:1以上(定格周波数まで。V/div設定が等しい任意の2つのチャンネル)

垂直軸システム - デジタル部
チャンネル数
接続されたTLP058型1本あたり8つのデジタル入力(D7-D0)(アナログ・チャンネルは使用不可)
垂直軸分解能
1ビット
最小検出パルス幅(代表値)

1ns

スレッショルド
デジタル・チャンネルごとに1つのスレッショルド
スレッショルド・レンジ
±40V
スレッショルド分解能
10mV
スレッショルド確度

±(100mV+校正後のスレッショルド値設定の3%)

入力ヒステリシス(代表値)
100mV(プローブ・チップ)
入力ダイナミック・レンジ(代表値)
30Vpp(Fin≦200MHz)、10Vpp(Fin>200MHz)
絶対最大入力電圧(代表値)

±42Vpeak

最小電圧スイング(代表値)

400mVp-p

入力インピーダンス(代表値)
100kΩ
プローブ負荷(代表値)
2pF
水平軸システム
時間軸レンジ
200ps/div ~1,000s/div
サンプル・レート・レンジ

1.5625S/s~6.25GS/s(リアルタイム)

12.5GS/s~500GS/s(補間)

レコード長の範囲
標準
1Kポイント~31.25Mポイント(サンプル・インクリメント:1)
Opt. 4-RL-1
62.5Mポイント
最高サンプル・レートでの最長記録時間

5ms(標準)または10ms(オプション)

遅延時間範囲
-10div~5,000s
デスキュー・レンジ

-125ns~+125ns(分解能:40ps)

時間軸確度

1ms以上の任意の時間間隔で±2.5 × 10-6

概要 仕様
ファクトリ・トレランス ±5.0 ×10-7 。校正時、周囲温度25℃、1ms以上のタイム・インターバルにおいて
温度安定度、代表値±5.0 × 10-7 。動作温度でテスト
エージング ±1.5 × 10-6 。1年を超えると、25℃における周波数許容偏差が変化
デルタ時間測定確度

equation 30335

equation 30335

(ガウス・フィルタ応答から生じるエッジ形状を仮定)

特定の機器の設定および入力信号に対するデルタ時間測定確度(DTA)を計算するための公式は、次のとおりです(ナイキスト周波数を超える信号成分は無視できるものとします)。

SR 1= 測定の第1ポイント近辺のスルー・レート(最初のエッジ)

SR 2= 測定の第2ポイント近辺のスルー・レート(2番目のエッジ)

N = 入力換算ノイズ・リミット(保証値、(VRMS

TBA = タイムベース確度または基準周波数誤差

t p= デルタ時間測定期間(秒)

アパーチャ・タイム

≦0.450ps+(1×10-11× 測定期間)RMS、測定期間が100ms以下の測定

アナログ・チャンネル間の遅延時間、全帯域、代表値

100ps以下(2つのチャンネルの入力インピーダンスが50Ωに設定されており、同一のV/divまたは10mV/div以上でDCカップリングされている場合)

遅延、FlexChannel間(アナログとデジタル、代表値)
3ns(TLP058型およびオシロスコープの周波数帯域に合った受動プローブを使用する場合。帯域制限が適用されていない状態)
遅延、2つのデジタルFlexChannel間、代表値
3ns(FlexChannelのビット0から他のいずれかのFlexChannelのビット0までの時間)
遅延、デジタルFlexChannelの2つのビット間、代表値
160ps
トリガ・システム
トリガ・モード
オート、ノーマル、シングル
トリガ・カップリング

DC、HF除去(50KHz以上で減衰)、LF除去(50KHz未満で減衰)、ノイズ除去(感度が低下)

トリガ・ホールドオフ範囲
0ns~??? s
トリガ・ジッタ(代表値)

7psRMS以下(サンプル・モード、エッジタイプ・トリガ)

エッジタイプ・トリガ感度(DCカップリング、代表値)
経路 範囲 仕様
1MΩ経路(全機種) 0.5mV/div~0.99mV/div 4.5div(DC~機器の周波数帯域)
1mV/div以上 5mVまたは0.7divの大きい方
50Ω経路(全機種)  5.6mVまたは0.7divの大きい方(DC~500MHzまたは機器の周波数帯域)、8mVまたは0.7divの大きい方(500MHz~1GHz)
12mVまたは0.7divの大きい方(1GHz~機器の周波数帯域)
Aux In(外部) DC~50MHzで200mV、それ以降増加し、200MHzで500mV
電源ライン 固定
トリガ・レベル・レンジ
ソース範囲
任意のチャンネル±5div(画面中央から)
Aux Inトリガ、代表値 ±8V
電源ライン ライン電圧の約50%に固定

この仕様はロジックおよびパルスのスレッショルドに適用されます。

トリガ周波数カウンタ

8桁(Webからの製品登録で無償)

トリガ・タイプ
エッジ:
任意のチャンネルの立上り、立下り、またはその両方。カップリング:DC、AC、ノイズ除去、HF除去、LF除去
パルス幅:

正のパルスまたは負のパルスでトリガ。イベントは、時間または他チャンネルの論理状態で設定可能

タイムアウト:
指定した時間にわたって、イベントがハイ、ロー、いずれかのままである場合にトリガ。イベントは、他チャンネルの論理状態で設定可能
ラント:
2つのスレッショルド・レベルのうち、1つ目のスレッショルドを横切り、2つ目のスレッショルドを横切ることなく、再び1つ目のスレッショルド・レベルを横切る場合にトリガ。イベントは、時間または他チャンネルの論理状態で設定可能
ウィンドウ:
ユーザが調整可能な2つのスレッショルドと時間軸によって定義されたウィンドウに、信号が出入りするか、または範囲内/範囲外にとどまるイベントにトリガ。イベントは、時間または他チャンネルの論理状態で設定可能
ロジック:
ロジック・パターンが真または偽になるか、クロック・エッジが発生するタイミングでトリガ。すべてのアナログ、デジタルの入力チャンネルのパターン(AND、OR、NAND、NOR)は、High、LowまたはDon't Careとして定義。真になるロジック・パターンは時間クオリファイされる
セットアップ&ホールド:
任意のチャンネルで、クロックとデータの間にセットアップ時間とホールド時間の違反がある場合にトリガ
立上り/立下り時間:
指定したパルス・エッジ・レートよりも速いまたは遅い場合にトリガ。スロープは正、負またはいずれかが選択可能。イベントは、他チャンネルの論理状態で設定可能
シーケンス:

AトリガがCイベントでリセットされた後のBイベントの回数、またはイベント数でトリガ。一般に、AおよびBトリガ・イベントには、任意のトリガ・タイプを設定できるが、AイベントまたはBイベントのどちらかがセットアップ/ホールドに設定されていて、もう片方のイベントをエッジに設定する必要がある場合には、ロジック・クオリフィケーションはサポートされない。EthernetおよびハイスピードUSB(480Mbps)もサポートされない

ビジュアル・トリガ
標準トリガの機能を拡張し、すべての波形取込をスキャンし、ディスプレイに表示されるエリア(図形形状)と比較する。無制限の数のエリアを定義することができ、それぞれのエリアにクオリファイア(In、Out、Don't Care)を使用できる。ビジュアル・トリガの任意のエリアの組み合わせを使用して論理式を定義できるため、アクイジション・メモリに格納されるイベントを詳細にクオリファイできる。長方形、三角形、台形、六角形、ユーザ定義などの形状で定義可能
パラレル・バス:
パラレル・バスのデータ値でトリガ。パラレル・バスは1~48ビット (デジタル・チャンネルおよびアナログ・チャンネルから)。バイナリまたはHexをサポート
I2Cバス(Opt. 4 -SREMBD):
10MbpsまでのI2Cバスのスタート、リピーテッド・スタート、ストップ、ミッシング・アクノレッジ、アドレス(7または10ビット)、データ、またはアドレスとデータでトリガ
SPIバス(Opt. 4 -SREMBD):
20Mbps以下のSPIバスのSS(Slave Select)、アイドル時間、またはデータ(1~16ワード)でトリガ
RS-232/422/485/UARTバス(Opt. 4 -SRCOMP):
スタート・ビット、パケットの末尾、データ、およびパリティ・エラーでトリガ(15Mbpsまで)
CANバス(Opt. 4 -SRAUTO):
1MbpsまでのCANバスのフレームの開始、フレーム・タイプ(データ、リモート、エラー、オーバロード)、識別子、データ、識別子とデータ、フレームの最後、ミッシング・アクノレッジ、ビット・スタッフィング・エラーにトリガ
CAN FDバス(Opt. 4 -SRAUTO):
16MbpsまでのCAN FDバスのフレームの開始、フレームの種類(データ、リモート、エラー、またはオーバロード)、識別子(標準または拡張)、データ(1~8バイト)、識別子とデータ、フレームの終了、エラー(Ackなし、ビット・スタッフ・エラー 、FDフォーム・エラー、またはすべてのエラー)
LINバス(Opt. 4 -SRAUTO):
1MbpsまでのLINバスの同期、識別子、データ、IDとデータ、ウェイクアップ・フレーム、スリープ・フレーム、エラーにトリガ
FlexRayバス(Opt. 4 -SRAUTO):
10Mbps までの FlexRayバスのフレームの開始、インジケータ・ビット(ノーマル、ペイロード、ヌル、同期、スタートアップ)、フレームID,サイクル・カウント、ヘッダ・フィールド(インジケータ・ビット、識別子、ペイロード長、ヘッダCRC、サイクル・カウント)、識別子、データ、識別子とデータ、フレームの終了、エラーにトリガ
SENTバス(Opt. 4 -SRAUTOSEN):
パケットの開始、高速チャンネルのステータスとデータ、低速チャンネルのメッセージIDとデータ、CRCエラーにトリガ
SPMIバス(Opt. 4 -SRPM):
シーケンスの開始、リセット、スリープ、シャットダウン、ウェイクアップ、マスタ・リード、マスタ・ライト、レジスタ・リード、レジスタ・ライト、拡張レジスタ・リード、拡張レジスタ・ライト、拡張レジスタ・リード・ロング、拡張レジスタ・ライト・ロング、デバイス・ディスクリプタ・ブロック・マスタ・リード、デバイス・ディスクリプタ・ブロック・スレーブ・リード、レジスタ0ライト、バス所有権の転送、パリティ・エラーにトリガ
USB 2.0 LS/FS/HSバス(Opt. 4 -SRUSB2):
480MbpsまでのUSBバスのシンク、リセット、サスペンド、レジューム、パケットの終了、トークン(アドレス)パケット、データ・パケット、ハンドシェイク・パケット、スペシャル・パケット、エラーにトリガ
Ethernetバス(Opt. 4 -SRENET):
10BASE-Tおよび100BASE-TXバスのスタート・フレーム、MACアドレス、MAC Qタグ、MAC長/タイプ、MACデータ、IPヘッダ、TCPヘッダ、TCP/IPv4データ、パケットの終了、FCS(CRC)エラーでトリガ
オーディオ(I2S、LJ、RJ、TDM)バス(Opt. 4 -SRAUDIO):
ワード・セレクト、フレーム・シンク、またはデータにトリガ。I2S/LJ/RJの最高データ・レートは12.5Mbps。TDMの最大データ・レートは25Mbps
MIL-STD-1553バス(Opt. 4 -SRAERO):
MIL-STD-1553バス上のシンク、コマンド(送受信ビット、パリティ、サブアドレス/モード、ワード/モード・カウント、RTアドレス)、ステータス(パリティ、メッセージ・エラー、インストゥルメンテーション、サービス・リクエスト、ブロードキャスト・コマンド・レシーブ、ビジー、サブシステム・フラグ、ダイナミック・バス・コントロール・アクセプタンス(DBCA)、ターミナル・フラグ)、データ、時間(RT/IMG)、およびエラー(パリティ・エラー、シンク・エラー、マンチェスター・エラー、非連続データ)にトリガ
ARINC 429バス(Opt. 4 -SRAERO):
1MbpsまでのARINC 429バスのワードの開始、ラベル、データ、ラベルとデータ、ワードの終了、およびエラー(任意のエラー、パリティ・エラー、ワード・エラー、ギャップ・エラー)にトリガ
アクイジション・システム
サンプル
サンプル値の取り込み
ピーク検出
すべての掃引速度において、640ps までのグリッチを取込み可能
アベレージング
2~10,240波形
エンベロープ
複数回の波形取込みから、最小値と最大値の包絡線を表示することでピーク値を検出
ハイレゾ

それぞれのサンプル・レートに、固有の有限インパルス応答(FIR)フィルタを適用することで、そのサンプル・レートで利用可能な最高帯域幅を維持しながら、エリアシングを防止し、オシロスコープの増幅器やADCから、選択したサンプル・レートに対する使用可能帯域幅を上回る雑音を除去します。

ハイレゾ・モードでは、常に最低でも12ビットの垂直分解能が確保され、125MS/s 以下のサンプル・レートでは垂直分解能は16ビットにまで拡張されます。

FastAcq®

FastAcqは、500,000波形/秒以上の取込みが可能で、動的に変化する信号の解析や間欠的なイベントの取込に最適(アクティブなチャンネルが1つの場合。すべてのチャンネルがアクティブな場合は100K波形/秒以上).

ロール・モード

オート・トリガ・モードでは、40ms/divより遅いタイムベース速度において、画面の右から左に波形をスクロール表示。

FastFrame™アクイジション

アクイジション・メモリをセグメントに分割

最大トリガ・レートは5,000,000波形/秒以上

最小フレーム・サイズは50ポイント

最大フレーム数:1,000ポイント以上のフレーム・サイズでは、最大フレーム数はレコード長/フレーム・サイズ。

50ポイントのフレームでは、最大フレーム数は1,500,000

波形測定
カーソル・タイプ
波形、垂直バー、水平バー、垂直/水平バー
DC 電圧測定確度、アベレージ・アクイジション・モード
測定の種類 DC確度(V)
16以上の波形の平均 ±((DCゲイン確度)× ¦読み値-(オフセット-ポジション)¦+オフセット確度+ 0.1 × V/div設定)
16回以上のアベレージ2回のデルタ電圧(同じオシロスコープ設定と環境条件で測定) ±(DCゲイン確度 × ¦ 読み値 ¦+0.05 div)
自動測定

36種類の自動測定項目。表示可能な測定項目の数に制限はなく、測定バッジとして個別に表示することも、または測定結果テーブルにまとめて表示することも可能

振幅測定

振幅、最大値、最小値、p-p、正のオーバシュート、負のオーバシュート、平均値、実効値、AC実効値、トップ、ベース、領域

タイミング測定

周期、周波数、UI、データ・レート、正のパルス幅、負のパルス幅、スキュー、遅延、立上り時間、立下り時間、位相、立上りスルー・レート、立下りスルー・レート、バースト幅、正のデューティ比、負のデューティ比、レベル外の時間、セットアップ時間、ホールド時間、N周期、ハイ時間、ロー時間

測定結果の統計値
平均、標準偏差、最大値、最小値、母集団統計値は、現在のアクイジション、およびすべてのアクイジションのどちらでも利用可能
リファレンス・レベル
自動測定で使用されるリファレンス・レベルは、%または単位でユーザ定義が可能リファレンス・レベルは、すべての測定にグローバルに設定することも、ソース・チャンネルまたは信号ごと、または測定ごとに個別に設定することも可能
ゲーティング
スクリーン、カーソル、ロジック、サーチ、または時間。測定を行うアクイジションの領域を指定する。ゲーティングはグローバル(グローバルに設定されたすべての測定に影響)にもローカル(測定にはすべて固有の時間ゲートを設定可能。スクリーン、カーソル、ロジック、サーチにはただ1つのローカル・ゲートのみを利用可能)にも設定可能
測定プロット
時間トレンド、ヒストグラム、スペクトラム(すべての標準測定で利用可能)
パワー解析で追加される機能
測定項目

入力解析(周波数、VRMS、IRMS、電圧/電流クレスト・ファクタ、有効電力、皮相電力、無効電力、力率、位相角、高調波、突入電流、入力容量)

振幅解析(サイクル振幅、サイクル・トップ、サイクル・ベース、サイクル最大値、サイクル最小値、サイクル・ピーク)

タイミング解析(周期、周波数、負のデューティ・サイクル、正のデューティ・サイクル、負のパルス幅、正のパルス幅)

スイッチング解析(スイッチング・ロス、dv/dt、di/dt、安全動作領域、RDSon

出力解析(電源リップル、スイッチング・リップル、効率、ターンオン時間、ターンオフ時間)

測定プロット
高調波バー・グラフ、スイッチング・ロス軌跡プロット、安全動作領域(SOA)
波形演算
演算波形数
無制限
演算
波形および定数の加算、減算、乗算、除算
代数式
波形、スカラ、任意の変数、波形測定結果などを含めた広範な代数式を定義可能。複雑な数式を使用して、演算を重ねて実行できる。例:(Integral(CH1-Mean(CH1))× 1.414 × VAR1)
演算関数
反転、積分、微分、平方根、指数、Log 10、Log e、Abs、Ceiling、Floor、Min、Max、Degree、Radian、Sin、Cos、Tan、ASin、ACos、ATan
関係式
>、<、≧、≦、=、≠のブール値の結果
ロジック
AND、OR、NAND、NOR、XOR、EQV
フィルタ関数
ユーザによる定義が可能。フィルタ係数を含むファイルを指定
FFT関数
スペクトラム(振幅、位相、実数および虚数)
FFT垂直軸単位

振幅:リニアおよびログ(dBm)

位相:Degree、Radian、グループ遅延

FFTの窓関数
ハニング、方形、ハミング、ブラックマンハリス、フラットトップ2、ガウシアン、カイザー-ベッセル、Tek指数関数
Spectrum View
中心周波数
アナログ帯域による制限あり
スパン
18.6Hz~312.5MHz

粗調整(1-2-5シーケンス)

分解能帯域幅(RBW)
93μHz~15.625MHz
ウィンドウ・タイプと係数
ウィンドウ・タイプ 帯域幅係数
ブラックマン-ハリス 1.90 
フラットトップ:2  3.77 
ハミング 1.30 
ハニング 1.44 
カイザー - ベッセル 2.23 
方形 0.89 
スペクトラム・タイム
FFTウィンドウ係数/RBW
リファレンス・レベル
リファレンス・レベルはアナログ・チャンネルのVolts/Div設定によって自動的に設定

設定範囲:-42dBm~+44dBm

垂直軸位置(Vertical Position)
-100div~+100div
垂直軸単位
dBm、dBµW、dBmV、dBµV、dBmA、dBµA
サーチ
サーチの数
無制限
サーチ・タイプ

エッジ、パルス幅、タイムアウト、ラント・パルス、ウィンドウ違反、ロジック・パターン、セットアップ/ホールド違反、立上り/立下り時間、バス・プロトコル・イベントなど、ユーザ指定の条件に基づいて、ロング・メモリ全体から該当するすべてのイベントの検索が可能。サーチ結果は波形ビューまたは結果テーブルに表示可能

ディスプレイ
ディスプレイ・タイプ
13.3型(338mm) 液晶TFTカラー・ディスプレイ
1,920×1,080(水平ピクセル×垂直ピクセル、HD)
表示モード

オーバレイ:トレースが互いに重なり合って表示される従来からのオシロスコープの表示モード

スタック:各波形が固有のスライスに表示される表示モード。それぞれの波形は別々に表示されていても、フル・レンジのADCを活用できるスライスの内部にチャンネルのグループをオーバーレイすることもできるため、信号の表示を見ながら簡単に比較できます。

ズーム
すべての波形およびプロット表示で水平および垂直ズームをサポート
補間方式
Sin(x)/x、直線
波形スタイル
ベクタ、ドット、可変パーシスタンス、無限パーシスタンス
波形目盛
移動可能/固定目盛、グリッド/時間/フル/なしから選択可能
カラー・パレット
ノーマル、反転(スクリーン・ショット)

波形の色は個別に選択可能

フォーマット
YT、XY、XYZ
多言語ユーザ・インタフェースおよびヘルプ
英語版、日本語版、簡体字中国語版
任意波形/ファンクション・ジェネレータ(オプション)
ファンクションのタイプ
任意波形、正弦波、方形波、パルス波、ランプ波、三角波、DC レベル、ガウシャン、ローレンツ、指数立上り/立下り、Sin(x)/x、不規則ノイズ、ヘイバーサイン、心電図
正弦波
周波数レンジ
0.1Hz~50MHz
周波数の設定分解能
0.1Hz
周波数確度
130ppm(周波数≦10kHz)、50ppm(周波数>10kHz)

正弦波、ランプ波、方形波、パルス波のみに適用されます。

振幅レンジ
20mVpp~5Vpp(ハイ・インピーダンス)、10mVpp~2.5Vpp(50Ω)
振幅フラットネス(代表値)

±0.5dB(1kHz)

±1.5dB(1kHz、20mVpp未満の振幅)

全高調波歪み(代表値)

1%(振幅:200mVpp以上、50Ω負荷)

2.5%(振幅:50mV以上、200mVpp未満、50Ω負荷)

正弦波のみに適用されます。

スプリアス・フリー・ダイナミック・レンジ(代表値)

40dB(Vpp≧0.1V)、30dB(Vpp≧0.02V)、50Ω負荷

方形/パルス波
周波数レンジ
0.1Hz~25MHz
周波数の設定分解能
0.1Hz
周波数確度
130ppm(周波数≦10kHz)、50ppm(周波数>10kHz)
振幅レンジ
20mVpp~5Vpp(オープン回路)、10mVpp~2.5Vpp(50Ω)
デューティ・サイクル・レンジ
10%~90%または最小パルス(10ns)、どちらか長い方

最小パルス時間は、オン・タイムとオフ・タイムの両方に適用されるため、周波数が高くなると、10nsのオフ・タイムを維持するために、最大デューティが低下

デューティ・サイクル分解能
0.1%
最小パルス幅(代表値)
10ns。オンまたはオフのいずれかの継続時間の最小値
立上り/立下り時間(代表値)
5.5ns、10%~90%
パルス幅分解能
100ps
オーバシュート(代表値)
4 %未満、100mVppを超える信号ステップ

これは正方向のトランジション(正のオーバシュート)および負方向のトランジション(負のオーバシュート)に適用される

非対称性(代表値)
±1% ±5ns、デューティ・サイクル50%のとき
ジッタ(代表値)
60ps TIERMS未満、100mVpp以上の振幅、40%~60%のデューティ・サイクル
ランプ/三角波
周波数レンジ
0.1Hz~500kHz
周波数の設定分解能
0.1Hz
周波数確度
130ppm(周波数≦10kHz)、50ppm(周波数>10kHz)
振幅レンジ
20mVpp~5Vpp(オープン回路)、10mVpp~2.5Vpp(50Ω)
シンメトリ
0%~100%
シンメトリの分解能
0.1%
レベルの範囲

±2.5V(オープン回路)

±1.25V(50Ω)

不規則ノイズの振幅レンジ

20mVpp~5Vpp(オープン回路)

10mVpp~2.5Vpp(50Ω)

Sin(x)/x
最高周波数
2MHz
ガウシアン・パルス、ヘイバーサイン、ローレンツ・パルス
最大周波数
5MHz
ローレンツ・パルス
周波数レンジ
0.1Hz~5MHz
振幅レンジ
20mVpp~2.4Vpp(オープン回路)

10mVpp~1.2Vpp(50Ω)

心電図波形
周波数レンジ
0.1Hz~500kHz
振幅レンジ
20mVpp~5Vpp(オープン回路)

10mVpp~2.5Vpp(50Ω)

任意波形
メモリ容量
1~128k
振幅レンジ
20mVpp~5Vpp(オープン回路)、

10mVpp~2.5Vpp(50Ω)

繰返しレート
0.1Hz~25MHz
サンプル・レート
250MS/s
信号振幅確度
±[(p-p振幅設定の1.5%)+(DCオフセット設定の1.5%)+1mV ](周波数=1kHz)
信号振幅分解能

1mV(オープン回路)

500μV(50Ω)

正弦波およびランプ波の周波数確度

1.3 × 10-4(周波数:10kHz以下)

5.0 × 10-5(周波数:>10kHz)

DCオフセット・レンジ

±2.5V(オープン回路)

±1.25V(50Ω)

DCオフセット分解能

1mV(オープン回路)

500μV(50Ω)

DCオフセット確度

±[(絶対オフセット設定の1.5%)+1mV]

環境温度25℃から10℃ごとに3mVの不確実性を加算

デジタル・ボルト・メータ(DVM)
測定項目

DC、ACRMS+DC、ACRMS

電圧分解能
4桁
電圧確度
DC:

±((1.5% × ¦読み値-オフセット-ポジション)+(0.5% × ¦(オフセット-ポジション)¦)+(0.1 × Volts/div))

30℃超過分1℃につき、¦読み値-オフセット-ポジション¦が0.100%の割合で低下

±5div(スクリーン中央から)の信号

AC:

± 2% (40Hz~1kz)、40Hz~1kHz範囲外に高調波成分が存在しない場合

AC(代表値): ±2%(20Hz~10kHz)

AC測定においては、VPPの入力信号が4~10divの間に収まり、画面に波形全体が表示されるように、入力チャンネルの垂直軸を設定する必要があります。

トリガ周波数カウンタ
確度

±(1カウント+時間軸確度×入力周波数)

信号は8mVppまたは2div以上でなければならない(どちらか大きな方)

最高入力周波数

10Hz~アナログ・チャンネルの最高周波数帯域

信号は8mVppまたは2div以上でなければならない(どちらか大きな方)

分解能

8桁

プロセッサのシステム
ホスト・プロセッサ
ARM 1.5GHz、32ビット、デュアル・コア・プロセッサ
内蔵ストレージ
64GB(eMMC)

入出力ポート
HDMIビデオ・ポート

A 29ピンHDMIコネクタ

サポートされる解像度:1920 × 1080(60Hz)のみ。モニタは、機器の電源をオンにする前に取り付ける必要があります。

プローブ補正出力(代表値)

接続機能:
コネクタは機器の右側 の下の部分に配置
振幅:
0~2.5V
周波数:
1kHz
ソース・インピーダンス:
1kΩ
外部リファレンス入力
時間軸システムは外部10MHzリファレンス信号(±4ppm)に位相ロック可能
USBインタフェース(ホスト、デバイス・ポート)

USBホスト・ポート(前面パネル):USB 2.0ハイスピード・ポート(×3)

USBホスト・ポート(後部パネル):USB 2.0ハイスピード・ポート(×2)

USBデバイス・ポート(後部パネル):USB 2.0ハイスピード ・デバイス・ポート(×1。USBTMC対応)

Ethernetインタフェース
10/100/1000Mbps
補助出力

後部パネルにBNCコネクタ。オシロスコープのトリガ、オシロスコープの内部リファレンス・クロック出力、またはAFGシンク・パルスのイベント出力において正または負のパルス出力が可能

特性リミット
Vout(HI)開回路: 2.5V以上、50Ω負荷で接地: 1.0V以上
Vout(LO)4mA以下の負荷: 0.7V以下、50Ω負荷で接地:0.25V以下
ケンジントン・ロック
後部パネルにケンジントン・ロック用のセキュリティ・スロットを装備
LXI

クラス:LXI Core 2016 

バージョン:1.5 

電源
電源
消費電力

最大400W

ソース電圧
100~240V ±10%(50Hz~60Hz)

115V ±10%(400Hz)

物理特性
寸法

高さ:249mm(脚をたたみ、ハンドルを後ろに回した状態)

高さ:351mm(脚をたたみ、ハンドルを上げた状態)

幅:405mm(ハンドル・ハブ間)

奥行:155mm(脚の後ろからノブ前面まで、ハンドルを上げた状態)

高さ:265mm(脚をたたみ、ハンドルを後ろに回した状態)

質量

7.6kg未満

冷却
通気のために、(機器の前面から見て)右側および後面に50.8mm以上の隙間を確保してください。
ラックマウント・タイプ
7U(オプションのRM4 ラックマウント・キット)
環境仕様
温度
動作時
+0℃~+50℃
非動作時

-30°C~+70°C

湿度
動作時

40℃以下で相対湿度5%~90%(RH)

+40℃超、+50℃以下で相対湿度5%~50% (RH)、結露のないこと、最高湿球温度+39℃

非動作時

+40℃ 以下で相対湿度5%~90%(RH)

+40℃超、+50℃以下で相対湿度5%~50% (RH)、結露のないこと、最高湿球温度+39℃

高度
動作時
最高3,000m
非動作時
最高12,000m
規制

CEマーク(EU)、CSA 認定(米国/カナダ)

RoHS準拠

ソフトウェア
ソフトウェア
IVIドライバ

LabVIEW、LabWindows/CVI、Microsoft .NET、およびMATLABなど、一般的なアプリケーションの標準測定器プログラム・インタフェースを提供VISAを介してPython、C/C++/C#など数多くの言語に対応が可能。

e*Scope®

標準Webブラウザを通じて、ネットワーク接続経由でオシロスコープの制御を可能にします。オシロスコープのIPアドレスまたはネットワーク名を入力するだけで、ブラウザにWebページが表示されます。このWebページから、設定、波形、測定値、画面イメージを転送および保存したり、オシロスコープの設定をWebブラウザから直接変更することもできます。

LXI Webインタフェース

ブラウザのアドレス・バーにオシロスコープのIPアドレスまたはネットワーク名を入力するだけで、標準のWebブラウザ経由でオシロスコープと接続できます。Webインタフェースで、機器のステータスと構成、ネットワーク設定のステータスと変更、e*Scope Webベースのリモート・コントロールを通じた機器の制御を行うことができます。すべてのWebのやり取りがLXI Core仕様、バージョン1.4に準拠しています。

ご発注の際は、以下の型名をご使用ください。

以下のステップに従って、お客様の測定のニーズに合わせて、最適な機器とオプションを選択してください。

ステップ1
必要なFlexChannel入力数に基づいて機種を選択(各FlexChannel入力は、1つのアナログ入力または8つのデジタル入力のいずれにも使用可能)
型名 FlexChannelの数
MSO44
MSO46
全機種に付属
受動アナログ・プローブ(4本)(4チャンネル/6チャンネル機種に付属):
  • 周波数帯域が200MHzの機種:TPP0250型250MHzプローブ(4本)
  • 周波数帯域が350MHz、500MHz、1GHz、または1.5GHzの機種:TPP0500B型500MHzプローブ(4本)
インストールおよび安全に関する取扱説明書(英語、日本語、簡体中国語版)
内蔵オンライン・ヘルプ
電源ケーブル
計量標準総合センターへのトレーサビリティと、ISO9001/ISO17025品質システム登録を文書化した校正証明書
本体は3年保証。
付属プローブは1年保証
ステップ2
必要な周波数帯域(アナログ・チャンネル)の選択
現時点で必要な周波数帯域を、以下の周波数帯域オプションから選択してください。アップグレード・オプションを購入することで、いつでもアップグレードできます。
Opt. 周波数帯域
4-BW-200 200MHz
4-BW-350 350MHz
4-BW-500 500MHz
4-BW-1000 1GHz
4-BW-1500 1.5GHz
ステップ3
内蔵機能の追加
これらは機器本体と同時に注文できますが、後でアップグレード・キットとして購入することもできます。
Opt. 内蔵機能
4-RL-1 レコード長を31.25Mポイント/chから62.5Mポイント/chに拡張
4-AFG任意波形/ファンクション/ジェネレータ
4-SEC 1機器の機密解除やすべてのUSB/Ethernetポート、ファームウェア・アップグレードにパスワードによる保護機能を設定できるなど、高度なセキュリティ機能が追加されます。

1これらのバンドル・オプションは、機器の購入と同時にご購入ください。アップグレードはご利用になれません。

ステップ4
オプション機能(シリアル・バスのトリガ/デコード・サーチ)の追加
現段階で必要なシリアル・サポートを、以下のシリアル解析オプションから選択してください。アップグレード・キットを購入することで、いつでもアップグレードできます。
Opt. サポートされるシリアル・バス
4-SRAERO航空・宇宙(MIL-STD-1553、ARINC 429)
4-SRAUDIOオーディオ(I2S、LJ、RJ、TDM)
4-SRAUTO車載用(CAN、CAN FD、LIN、FlexRay、CANのシンボル・デコード)
4-SRAUTOSEN車載用センサ(SENT)
4-SRCOMPコンピュータ(RS-232/422/485/UART)
4-SREMBD組込み(I2C、SPI)
4-SRENETEthernet(10BASE-T、100BASE-TX)
4-SRI3C MIPI I3C(I3Cのデコードとサーチのみ)
4-SRPM電源管理(SPMI)
4-SRUSB2USB(USB2.0 LS、FS、HS)

差動シリアル・バスの場合は、ステップ8の「アナログ・プローブ/アダプタ」の追加をチェックしてください。

ステップ5
データ解析機能の追加
Opt. 拡張解析
4-PWR-BAS 1パワー測定/解析
4-SV-BAS Spectrum Viewによる周波数領域解析
4-PS2 パワー・ソリューション・バンドル(Opt. 4-PWR-BAS、THDP0200型、TCP0030A型、067-1686-xx(デスキュー・フィクスチャ))

1このオプションはOpt. 4-PS2とは同時発注できません。

ステップ6
デジタル・プローブの追加
FlexConnect入力にTLP058 型ロジック・プローブを接続するだけで、1 つのFlexChannel で8 つのデジタル・チャンネルを使用できます。TLP058型プローブは、本体と同時に注文するか、または別途に注文することもできます。
対応機種 注文内容 追加チャンネル数
MSO44型TLP058型プローブ(1~4本) 8~32デジタル・チャンネル
MSO46TLP058型プローブ(1~6本)8~48デジタル・チャンネル
ステップ7
アナログ・プローブ/アダプタの追加
その他の推奨プローブ/アダプタの追加
推奨プローブ/アダプタ 概要
TAP1500 1.5GHz TekVPI®アクティブ・シングルエンド電圧プローブ、入力電圧±8V
TAP2500 2.5GHz TekVPI®アクティブ・シングルエンド電圧プローブ、入力電圧±4V
TCP0030A 30A AC/DC TekVPI®電流プローブ、周波数帯域120MHz
TCP0020 20A AC/DC TekVPI®電流プローブ、周波数帯域50MHz
TCP0150 150A AC/DC TekVPI®電流プローブ、周波数帯域20MHz
TRCP0300 30MHz AC電流プローブ、250mA~300A
TRCP0600 30MHz AC電流プローブ、500mA~600A
TRCP3000 16MHz AC電流プローブ、500mA~3,000A
TDP0500 500MHz TekVPI®差動電圧プローブ、、差動入力電圧±42V
TDP1000 1GHz TekVPI®差動電圧プローブ、差動入力電圧±42V
TDP1500 1.5GHz TekVPI®差動電圧プローブ、差動入力電圧±8.5V
TDP7704 4GHz TriMode™電圧プローブ
THDP0100 ±6kV、100MHz TekVPI®高電圧差動プローブ
THDP0200 ±1.5kV、200MHz TekVPI®高電圧差動プローブ
TMDP0200 ±750V、200MHz TekVPI®高電圧差動プローブ
TPR1000 1GHz、シングルエンドTekVPI®パワーレール・プローブ(TPR4KITアクセサリ・キットを含む)
TIVH02 光アイソレーション型差動プローブ、200MHz、±2,500V、TekVPI、3m
TIVH02L 光アイソレーション型差動プローブ、200MHz、±2,500V、TekVPI、10m
TIVH05 光アイソレーション型差動プローブ、500MHz、±2,500V、TekVPI、3m
TIVH05L 光アイソレーション型差動プローブ、500MHz、±2,500V、TekVPI、10m
TIVH08 光アイソレーション型差動プローブ、800MHz、±2,500V、TekVPI、3m
TIVH08L 光アイソレーション型差動プローブ、800MHz、±2,500V、TekVPI、10m
TIVM1 光アイソレーション型差動プローブ、1GHz、±50V、TekVPI、3m
TIVM1L 光アイソレーション型差動プローブ、1GHz、±50V、TekVPI、10m
TPP0502 500MHz、2:1 TekVPI®受動電圧プローブ、入力容量12.7pF
TPP0850 2.5kV。800MHz、50:1 TekVPI®受動高電圧プローブ
TPP1000 1GHz、10:1 TekVPI®受動電圧プローブ、1.3m、入力容量3.9pF
P6015A 20kV、75MHz高電圧差動プローブ
TPA-BNC 1TekVPI® -TekProbe™ BNCアダプタ
TEK-DPG TekVPIデスキュー・パルス・ジェネレータ
067-1686-xx パワー測定用デスキュー/校正フィクスチャ

他のプローブについては、プローブ選択ツール(www.tek.com/probes)をチェックしてください。

1既存のTekProbeプローブをに接続する場合に推奨。

ステップ8
アクセサリの追加
運搬/取り付け用アクセサリの追加
オプショナル・アクセサリ概要
HC4 ハード・キャリング・ケース(前面保護カバー付き)
RM4 ラックマウント・キット
SC4 ソフト・キャリング・ケース(前面保護カバー付き)
ステップ9
電源ケーブル・オプションの選択
電源ケーブルのオプション 概要
A0 北米仕様電源プラグ(115V、60Hz)
A1 ユニバーサル欧州仕様電源プラグ(220V、50Hz)
A2 イギリス仕様電源プラグ(240V、50Hz)
A3 オーストラリア仕様電源プラグ(240V、50Hz)
A5 スイス仕様電源プラグ(220V、50Hz)
A6 日本仕様電源プラグ(100V、50/60Hz)
A10 中国仕様電源プラグ(50Hz)
A11 インド仕様電源プラグ(50Hz)
A12 ブラジル仕様電源プラグ(60Hz)
A99 電源コードなし
ステップ10
延長修理/校正オプションの追加
サービス・オプション 概要
T3 3年間のトータル保証サービス・プランでは、通常使用による損傷、事故による破損(ESDまたはEOSを含む)がすべて修理または交換の対象となるのに加えて、。
T5 5年間のトータル保証サービス・プランでは、通常使用による損傷、事故による破損(ESDまたはEOSを含む)がすべて修理または交換の対象となるのに加えて、。
R5 標準保証期間を5年に延長。部品、作業、国内2日の発送を保証。保証がない場合よりも迅速な修理。すべての修理で校正とアップデートを実施。手続きは不要。電話一本で修理プロセスが開始。
C3 3年間の校正サービス必要に応じて、推奨される校正間隔でトレーサブル校正または機能検証が実施されます。保証期間には初回の校正に加えて、2年間の校正サービスが含まれます。
C5 5年間の校正サービス必要に応じて、推奨される校正間隔でトレーサブル校正または機能検証が実施されます。保証期間には初回の校正に加えて、4年間の校正サービスが含まれます。
D1 校正データ・レポート
D3 3年試験成績書(Opt. C3と同時発注)
D5 5年間の校正データ・レポート(Opt. C5が必要)
購入後の機能アップグレード
機能アップグレードの追加
購入後も簡単に機能を追加できます。ノード・ロック・ライセンスの場合は、単一の製品のオプション機能が永続的に有効になります。フローティング・ライセンスの場合は、ライセンスが有効なオプションを対応機器間で簡単に移動できます。
アップグレード機能 ノード・ロック・ライセンス・アップグレード フローティング・ライセンス・アップグレード 概要
内蔵機能の追加 SUP4-AFG SUP4-AFG-FL 任意波形/ファンクション・ジェネレータの追加
SUP4-RL-1  SUP4-RL-1-FL レコード長を62.5Mポイント/chに拡張
プロトコル解析機能の追加 SUP4-SRAERO SUP4-SRAERO-FL 航空・宇宙シリアル・トリガ/解析(MIL-STD-1553、ARINC 429)
SUP4-SRAUDIO SUP4-SRAUDIO-FL オーディオ・シリアル・トリガ/解析(I2S、LJ、RJ、TDM)
SUP4-SRAUTO SUP4-SRAUTO-FL 車載用シリアル・トリガ/解析(CAN、CAN FD、LIN、FlexRay、CANのシンボル・デコード)
SUP4-SRAUTOSEN SUP4-SRAUTOSEN-FL 車載用センサ・シリアル・トリガ/解析(SENT)
SUP4-SRCOMP SUP4-SRCOMP-FL コンピュータ・シリアル・トリガ/解析(RS-232/422/485/UART)
SUP4-SREMBD SUP4-SREMBD-FL 組込みシリアル・トリガ/解析(I2C、SPI)
SUP4-SRENET SUP4-SRENET-FL Ethernetシリアル・トリガ/解析(10Base-T、100Base-TX)
SUP4-SRI3C SUP4-SRI3C-FL MIPI I3Cシリアル解析
SUP4-SRPM SUP4-SRPM-FL 電源管理シリアル・トリガ/解析(SPMI)
SUP4-SRUSB2 SUP4-SRUSB2-FL USB 2.0シリアル・バス・トリガ/解析(LS、FS、HS)
拡張解析の追加 SUP4-SV-BAS SUP4-SV-BAS-FL Spectrum Viewによる周波数領域解析
SUP4-PWR-BAS SUP4-PWR-BAS-FL 電源管理/解析
デジタル・ボルトメータの追加 SUP4-DVM N/A デジタル・ボルトメータ/トリガ周波数カウンタの追加(Web(www.tek.com/register4mso)からの製品登録で無償)

購入後の周波数帯域のアップグレード
購入後に周波数帯域のアップグレードを購入する

購入後も製品のアナログ周波数帯域を簡単にアップグレードできます。周波数帯域のアップグレードは、FlexChannelの入力数、現在の帯域、必要な帯域の組み合わせに基づいて購入してください。

4シリーズMSOの全機種はお客様自身でどの周波数帯域にもアップグレードできます。

アップグレード対象アップグレード前の帯域アップグレード後の帯域帯域アップグレードの型名
MSO44 200MHz 350MHz SUP4-BW02T034
200MHz 500MHz SUP4-BW02T054
200MHz 1GHz SUP4-BW02T104
200MHz 1.5GHz SUP4-BW02T154
350MHz500MHz SUP4-BW03T054
350MHz1GHz SUP4-BW03T104
350MHz1.5GHz SUP4-BW03T154
500MHz1GHz SUP4-BW05T104
500MHz 1.5GHz SUP4-BW05T154
1GHz 1.5GHz SUP4-BW10T154
MSO46 200MHz 350MHz SUP4-BW02T036
200MHz 500MHz SUP4-BW02T056
200MHz 1GHz SUP4-BW02T106
200MHz 1.5GHz SUP4-BW02T156
350MHz500MHz SUP4-BW03T056
350MHz1GHz SUP4-BW03T106
350MHz1.5GHz SUP4-BW03T156
500MHz1GHz SUP4-BW05T106
500MHz 1.5GHz SUP4-BW05T156
1GHz 1.5GHz SUP4-BW10T156