10BASE-KR/KR4コンプライアンス/デバッグ/デコード・ソリューション

10G-KRデータ・シート

オンラインで読む:

テクトロニクスの10G-KR/KR4コンプライアンス/デバッグ/デコード・ソリューションは、IEEE 802.3ap仕様に準拠した、10GBASE-KR/KR4 10 Gigabit Ethernetのカッパー・バックプレーンのテストを自動化します。

特長
  • IEEE 802.3ap-2007仕様の自動コンプライアンス測定が可能
  • TekExpress®自動化ソリューション(コンプライアンス用)とDPOJET(デバッグ用)を提供
  • トランスミッタのイコライゼーション・レベル測定の自動テスト・セットアップにより、72回の測定(タップごとに12回)を実行
  • 約15分で9種類、120回の測定を実行可能
  • ケースレーのRFスイッチによりKR/KR4の4レーンをサポート
  • コスト効果の高いSMAケーブルを使用した信号の取込み/解析が可能
  • P7520型TriModeプローブにより、バックプレーンKRに直接はんだ付けが可能
  • バックプレーン波形、信号経路の任意のコンポーネントによる影響をディエンベデッドするためのフィルタ・ファイルの入力が可能
  • フローティング・ライセンスによるオプションも用意
  • マージンと統計情報を含む、サマリ/詳細テスト・レポート機能
  • プログラミング・インタフェースが利用可能-自動化スクリプトにより10G-KR関数が呼び出し可能
  • 測定結果がEメールで告知され、テスト・セットアップにその結果を反映させることが可能
  • レポートの補足機能、レポートの連番機能、ユーザ・コメント機能など、数多くのレポート機能により、柔軟性の高いレポート作成が可能
  • テスト前に自動的に信号検証が実行され、信号が許容条件に満たない場合にはエラーを表示
  • プロトコル・デコード機能により、10G-KR 64b/66bトラフィックを逆アセンブルできるため、物理レイヤとプロトコル・レイヤの時間相関のとれた観測が可能
  • ライブ・セットアップでも、保存された波形でも同様に機能
アプリケーション

Ethernet 10G-KRのトランスミッタ・テスト

  • 半導体デバイスの検証
  • システムのコンプライアンス/デバッグ
  • 製造テスト

テクトロニクス10G-KR-KR4ソリューション・ソフトウェア

テクトロニクスの10G-KR/KR4コンプライアンス/デバッグ/デコード・ソリューションは、IEEE 802.3ap仕様に準拠した、10GBASE-KR/KR4 10 Gigabit Ethernetのカッパー・バックプレーンのテストを自動化します。TekExpressフレームワークにより、テストのセットアップ、実行する測定の選択、および詳細なテスト・レポートの作成が可能になるため、設計や検証における重要な意志決定を行うのに役立ちます。さらに、DPOJETジッタ/アイ・ダイアグラム解析ソフトウェアを利用することで、開発製品のデバッグも可能になります。KR4/10G-KRに携わる設計/検証エンジニアは、オプションのケースレーRFスイッチを使用することで、マルチレーンの自動テストが可能になります。

Thumbnail


コンプライアンスのための自動化ソリューションと、デバッグのためのDPOJET機能が実行可能

TekExpressによる10G-KRの測定セットアップ

10G-KRソリューションを使用すると、IEEE 802.3ap仕様に準拠したテストの測定項目を簡単に選択できます。シンプルで使いやすい測定セットアップにより、1回のボタン・クリックですべての測定が実行できます。自動化オプションを使用することにより、コンプライアンスに対するニーズに対応できるだけでなく、詳細なレポートも作成できます。ユーザ設定モードでは、テスト・リミット値を変更することにより、コンプライアンスの範囲を超えたマージン・テストも実行できます。また、自由にパラメータが設定できるため、特性評価やマージン解析が行えます。ウィザードによるガイドに従うだけで、必要なパターンを送信し、それに従って測定値を計算できます。テスト・レポートには、パス/フェイルの結果、テストで使用されたパターン、マージンの測定値、リミット値、テストで使用された波形と測定結果が含まれています。

DPOJETによる10G-KRの測定セットアップ

すべてのリミット値、測定パラメータは、自動的に設定されます。DPOJETでは、選択された測定項目や設定を柔軟に変更できるため、設計エンジニアに最適です。10G-KRでOpt. DPOJETを使用すると、規格に対応した新しいユーザ・インタフェースを利用できます。新たに追加される測定項目としては、IEEE 802.3ap仕様に準拠した立上り時間、立下り時間、ピーク・ツー・ピーク電圧、ジッタ、速度、出力波形特性などがあります。N1N0、PRBS11、PRBS31など、さまざまな信号のタイプに基づいたセットアップ・ファイルが提供されています。信号に特化したセットアップ・ファイルを使用することで、信号の種類に応じた測定、解析、デバッグが行えます。

Thumbnail


10G-KRでのDPOJETのユーザ・インタフェース
Thumbnail


N1N0、PRBS11、PRBS31に基づいた測定のためのセットアップ・ファイル

測定の詳細

72.7.1.11 Output Waveform Coefficient Update and Status-10GBASE-KRでは、オーバシュート、ディエンファシスといった波形の特定の領域を測定することで、トランスミッタ出力のイコライゼーション・レベルが判定されます。

Thumbnail


10G-KRでサポートされるIEEE 802.3apの測定項目の詳細
Thumbnail


トランスミッタ出力波形要件

6つのタップがあり、トランスミッタ・イコライザのステートと、その結果のトランスミッタ出力波形は、IEEE 802.3apの72.6.10で定義されているプロトコル、またはマネージメントにしたがって操作されます。係数更新要求によるトランスミッタ出力波形の変化は、IEEE 802.3apのTable 72-7に適合していなければなりません。IEEE 802.3apのTable 72-7の係数変更リクエストは、すべてのタップを保持するのに等しい係数変更にしたがいます。結果は、すべてのタップの係数のステータスがnot_updatedとレポートされた後で検証されなければなりません。

Thumbnail


係数更新によるトランスミッタ出力波形の要件

どの係数更新においても、v1、v2、v3の振幅変更はそれぞれ5mV以下でなければなりません。十分な増減の変更がタップに適用されると、係数レンジ、あるいは最小安定状態または最大ピーク電圧による制限を受けます。タップ係数は、これにしたがいます。トランスミッタの出力波形は、IEEE 802.3apのTable 72-8のすべてのリミット・ケースに適合していなければなりません。0以上のc(-1)またはc(1)の係数値、またはRpre(min)、Rpst(min)で規定される最小値未満の実行はオプションです。タップ係数は、IEEE 802.3 Table 45~55と45.2.1.78で規定されているプリセット・コントロールを最初にアサートすることで無効になり、次のテストで必要な他の係数を設定します。

Thumbnail


係数のステータスによるトランスミッタ出力波形要件

この測定を手作業で行うことは、人的エラーの原因となります。104回測定し、それを記録することはトラブルの原因であり、エンジニアの時間を有効に利用しているとは言えません。10G-KRはすべての測定値を記録し、わかりやすいように表形式にします。

72.7.1.3 Signaling Speed-推奨信号PRBS11で測定。10GBASE-KRのシグナリング速度は、10.3125Gbps±100ppmでなければなりません。

72.7.1.4 Differential Peak-Peak Output Voltage(Max)-推奨信号PRBS11で測定。

72.6.5 Differential Peak-Peak Output Voltage(Max)with Tx Disabled- Txがディスエーブルで測定。差動出力電圧は、IEEE 802.3apの72.7.1.10で規定されているトランスミッタ出力波形の要件に従って制約を受けます。1010のパターンでは、ピーク・ピーク差動出力電圧はイコライゼーションの設定に関わりなく1200mVp-p未満になります。トランスミッタの出力電圧は、ディスエーブル時、30mVp-p未満です。差動出力電圧のテスト・パターンは、極性が交互に切り替わる8シンボル以上でなければなりません。

Thumbnail


72.7.1.4 Common-mode Voltage Limits- 推奨信号PRBS11で測定。SL

とSL のコモンモード電圧は、信号グランドに対して0~1.9Vでなければなりません。

72.7.1.7 Transition Time-推奨信号N1N0(8≦N≦11)で立上り/立下り時間を測定。立上り/立下りエッジの遷移時間は、IEEE 802.3apの72.7.1.11で規定されているv2、v5の20~80%レベルで測定し、24~47psでなければなりません。測定は、イコライゼーションなしの方形波のテスト・パターンで、8個以上の連続した1、0パターンで行います。

72.7.1.8 Max Output Jitter(Peak-Peak)-推奨信号PRBS11で測定。ジッタ成分が測定されます。

  • ランダム・ジッタ - 0.15UIピーク・ピーク
  • デターミニスティック・ジッタ - 0.15UIピーク・ピーク
  • デューティ・サイクル歪み - 0.035UIピーク・ピーク
  • トータル・ジッタ - 0.28UIピーク・ピーク

ジッタ測定では、4MHz、3dBポイントのシングルポール・ハイパス・フィルタが適用されます。Crossing timeは、ACカップリングの差動信号の中位点(0V)で規定されます。ジッタ・テスト中は、イコライゼーションはオフにします。

トランスミッタのジッタ・テスト要件は、IEEE 802.3apの72.7.1.9で規定されています。トランスミッタの最大トータル・ジッタは、0.28UIp-pで、0.15UIp-pの最大デターミニスティック成分と0.15UIp-pの最大ランダム成分で合成されている必要があります。デューティ・サイクル歪み(DCD)は、デターミニスティック・ジッタの成分と見なされるため、0.035UIp-pを超えることはできません。デューティ・サイクル歪み(p-p)は、1のパルスの平均パルス幅または0パルスの平均パルス幅(0101のように繰り返すクロックのようなハイ、ローの電圧の中間値として測定)と、公称のパルス幅の差の絶対値と規定されます。ジッタの仕様は、BER 10−12で規定されます。

72.7.1.10 Output Waveform Characteristics-推奨信号N1N0(8≦N≦11)で測定。トランスミッタ出力波形のテスト・パターンは、IEEE 802.3の52.9.1.2で規定された、8つ以上の連続した1が続く方形波です。トランスミッタの出力波形テストは、IEEE 802.3apのFigure 72-12に示された、電圧v1~v6、dv5に基づいて測定します。

簡単な機器設定 - 時間とリソースの節約

10G-KRソリューションでは、セットアップやテストの実行も簡単です。オシロスコープによる信号取込みと解析は、すべて10G-KR自動化ソリューションを介して制御されます。ソフトウェアのGUI(グラフィカル・ユーザ・インタフェース)により、設定とテストを直感的に実行できます。

マージン・テスト

すべての測定において、IEEE 802.3ap仕様の適合性要件の範囲を超えた設計評価が可能です。解析ウィンドウやパラメータなどのテスト設定によりPHYを検証できます。ユーザ設定モードでは、テスト・リミット値を変更してリミット値を超えたマージン・テストが実行できます。

Thumbnail


リミット値の変更、フィルタ・ファイルの使用、コンプライアンス以上のことが可能

ディエンベッド機能

データ・レートが高速になると、高速シリアル技術によりコンプライアンス・テストのための新しいテスト手法、要件が導入されてきました。10GBASE-KRなどの技術でデータ・レートが高速になるとアイ・ダイアグラムは閉じるため、SMAケーブルなど、伝送信号に損失を与えるものはディエンベデッドすることでよい結果が得られます。10G-KRには、フィルタ・ファイルを使用して信号をディエンベデッドするオプションが用意されています。

Thumbnail


レポート設定メニューでは、自動インクリメント、追加情報などのオプションが設定できる

ワンボタンによるテストの実行

テスト・ベンチをセットアップし、DUTを正しく接続した後は、Runボタンを押すだけで選択された一連のテスト項目が実行されます。10G-KRソリューションは測定に同期したメッセージを表示し、DUTを別のテスト・モードにするように促します。

測定自動化システムのサポート

自動化スクリプトによる設定の保存、呼び出しなど、テスト・ベンチ全体を自動化するオプションも用意されています。ナショナルインスツルメンツのLabVIEWやTestStand™、または10G-KRを制御するためのその他のスクリプト言語でプログラムすることにより、恒温槽や電源などの機器を制御することもできます。

SMAケーブル、プローブ、ケースレーRFスイッチのサポート

10G-KRはP7516型、P7520型、P7520A型TriModeプローブをサポートしており、プローブをバックプレーンの銅線にはんだ付けできます。また、コスト効率の高いSMA 12.92mmケーブルをデバイスに直接接続することで、オシロスコープ上で信号をモニタすることもできます。さらに、ケースレーのRFスイッチを使用するとKRの4レーンに接続でき、セットアップを自動化できます。

Thumbnail


差動入力のための接続図


Thumbnail


シングルエンド入力のための接続図
Thumbnail


RFスイッチを使用した接続図
Thumbnail


10G-KRでサポートされるIEEE 802.3apの測定項目

波形ファイル

オシロスコープが使えない場合には、代わりに波形ライブラリを使用することができ、さまざまな場所から波形を共有できます。

パス/フェイルのレポート

テストが完了すると、パス/フェイルの結果を含んだ.MHT(MHTML)形式によるサマリ・レポートが自動的に生成されます。レポートにはテスト設定の詳細、波形、マージン解析結果などが含まれており、設計をさらに詳細に解析できます。

Thumbnail


10G-KRによるレポートの例

10GBASE-KRのカスタム・デコード機能

10G-KRのカスタム・デコード機能では、プロトコル・デコードにより、10GBASE-KR Ethernetの64b/66bトラフィックを逆アセンブルできるため、物理レイヤとプロトコル・レイヤを時間的相関がとれた状態で観測できます。デコード結果は、波形およびイベントテーブルとして表示されます。また、デコードされたデータにCRC/ECCエラーがあると、赤色のフラグが表示されます。イベントテーブルのデコードされたデータには、タイム・スタンプも表示されます。

Thumbnail


10G-KRのカスタム・デコード機能

機能とメリット

10G-KRプロトコル・デコード・ソリューションは、64b/66b設計の検証を容易に行うための機能を備えています。10GBASE-KR製品は、特に設計エンジニアにとって有益な次のような機能を備えています。

  • すばやいセットアップ/設定/テストが可能なセットアップ・ウィザード
  • リンク/トランザクション・レイヤだけでなく、プリミティブのパケットレベルでのデコードにも対応しているため、異常信号の効率的な捕捉が可能
  • 64b/66bのビット・ストリームに対応したシリアル・データ解析機能
  • スクランブル前後のシンボルをデコードすることにより、2種類の異なるビューでデータの観測が可能
  • オフライン解析用にシンボル/パケット・データ・リストをCSVファイルに保存可能
  • パケットに関する詳細な情報が表示されるパケット・デコード詳細タブ:
    • パケット情報
    • チャンネル情報(ライブ・チャンネル、演算)
    • インデックスの一覧
    • 制御シンボル
    • 予約ビット設定
    • パケット長
  • 特定のシンボルに対するクイック・サーチ機能により、目的の領域に対する効率的な検索が可能
高度な検索機能

10G-KRのパケット内容検索は、特定のイベントを検出するのに非常に便利な機能です。しかし、取込んだとしても、そのイベント周辺のデータまでは解析できません。従来は波形データを手動でスクロールしながら、ビットを数え、変換して、イベントの原因を探していました。10G-KRのプロトコル・デコーダ検索機能では、検索条件(シリアル・パケットの内容など)を指定することにより、取込んだデータからすばやく特定のイベントを探し出せるため、検索に要する時間を大幅に短縮できます。検索エンジンによって、検出されたイベントにマークが付けられます。機器の(←)、(→)ボタンを押すだけで、各マーク間をすばやく移動できます。

Thumbnail


高度な検索機能

検索結果のタブには、ヒットした項目の一覧が表示されます。項目をクリックすると、波形の該当する位置に移動します。

Thumbnail


10G-KRのデコーダ検索の結果

ご注文の際は以下の型名をご使用ください。

10G-KR

10GBASE-KR/KR4コンプライアンス/デバッグ・ソリューション

オシロスコープと同時ご発注の場合
オシロスコープ Opt.
DPO/DSA/MSO70000C/D/DX/SXシリーズ 10G-KR
お使いのオシロスコープをアップグレードする場合
オシロスコープ Opt.
DPO/DSA/MSO70000C/D/DX/SXシリーズ DPO-UP 10G-KR
DPOFL-10G-KR(フローティング・ライセンス)
DPOFT-10G-KR(フローティング試用版)
推奨機器

製品の種類 型名
オシロスコープ DPO/DSA/MSO71604C型
DPO/DSA/MSO72004C型
DPO/DSA72504D型
DPO/DSA73304D型
ソフトウェア 10G-KR、DJA(10G-KRを使用する場合は必須)
アクセサリ マッチングのとれたSMA 12.92mmケーブル・ペア(TCA-SMA型コネクタ)またはP7516型、P7520型、P7520A型TriModeプローブ、ケースレーS46スイッチ(KR4対応用)
DCブロック Picosecond Pulse Labs社製5501A DCブロック
Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top