OM4000シリーズ

OM4245型は、コヒーレント検出を使用して波長ごとに最大80 Gbaudで光信号を取込み、DSPにより変調とソース・プロパティの両方を解析します。 豊富な機能により、さまざまな測定結果やグラフを表示できます。 MATLABを動的に統合することにより、優れたカスタマイズ機能と拡張性を備えた解析システムを構築できます。

OM4245型光コヒーレント信号アナライザは、 DPO70000SXシリーズ 70GHzリアルタイム・オシロスコープと組み合わせることにより、非常に柔軟なシステム構成が実現できます。

OM70000シリーズ光変調テスト・システム は、70GHzの光レシーバを備えており、100GBaudを超えるテストも行えるため、高いボー・レートにも対応できます。

特長

利点

DPO70000SX シリーズ70 GHzリアルタイム・オシロスコープとDSA8300シリーズ70 GHz等価時間オシロスコープと組み合わせることで、最高80 Gbaudまでの信号の特性評価が可能 当社のリアルタイム・オシロスコープおよび等価時間オシロスコープとの緊密な統合により、校正されたシステム性能を実現
400Gスーパーチャンネルを含むマルチキャリア・システムのサポート マルチキャリア・システムの自動テストを実行し、統合されたチャンネル測定結果により迅速な解析が可能
光信号のために最適化された信号処理アルゴリズム 信号処理の専門知識なしに最高の測定値を取得可能
位相変調/振幅変調信号の詳細解析 Qファクタ・プロットによるBER対デシジョン・スレッショルドとSNR
二重偏波伝送対応 トリビュタリ偏光状態と消光比の観測
サードパーティのコヒーレント・レシーバとの互換性 OM2210型による現在および将来のニーズに対する柔軟なサポート
MATLABとの直接インタフェース 任意の変数に基づく迅速でカスタマイズ可能な解析が実行可能
2種類の狭線幅ECDLレーザをシステムに内蔵 迅速な校正検証を支援
型名 周波数帯域 価格
型名 周波数帯域 価格
データ・シート ソフトウェア・パッケージ/ソフトウェア・オプション 概要 構成/見積り
CC
Cバンド・レーザ、レシーバ
LL
Lバンド・レーザ、レシーバ
EXT
リファレンス・レーザ用の外部コネクタを追加
OM2210 C
Cバンド・コヒーレント・レシーバ校正ソース(シングル・レーザ)、ソフトウェア付
OM2210 CC
Cバンド・コヒーレント・レシーバ校正ソース(デュアル・レーザ)、ソフトウェア付
OM2210 L
Lバンド・コヒーレント・レシーバ校正ソース(デュアル・レーザ)、ソフトウェア付
OM2210 LL
Lバンド・コヒーレント・レシーバ校正ソース(デュアル・レーザ)、ソフトウェア付
OM2210 CL
C+Lバンド・コヒーレント・レシーバ校正ソース(C/Lレーザが各1)、ソフトウェア付
OM2210 NL
C+Lバンド・コヒーレント・レシーバ校正ソース(レーザなし)、ソフトウェア付