光変調アナライザ

Thumbnail
ネットワークの需要増加に伴い、長距離伝送の複雑さが増加しています。信号方式は単純なオン/オフ変調からDP-QPSKなどの複雑な変調フォーマットに移行しました。100 Gbps、400 Gbps、1 Tbps、さらにそれを超える最新通信システムをテストするために最新のテスト・ツールが求められています。テクトロニクスは、信号生成から、変調、アクイジション、解析までの完全な光コヒーレント・テスト・システムをすべて提供できる唯一の計測器メーカです。

  • コヒーレント信号の生成
    信号生成は任意波形生成、固定パターン生成、いずれかをニーズに応じて選択可能
     
  • 光コヒーレントの変調
    二重偏波、マルチレベル信号、および自動バイアス制御に対応し、複雑な信号も簡単に変調可能
     
  • 光コヒーレントのアクイジション
    優れた確度で柔軟に光コヒーレント信号を取込み可能
     
  • 光コヒーレントの解析
    業界で最も柔軟性の高いカスタマイズが可能な解析ツールにより複雑な変調測定を高速、かつ高い再現性で実行できる

 

機能製品主な仕様
コヒーレント信号の生成AWG70001A型任意波形ジェネレータ50 GS/s、10ビット分解能での波形生成
 PPG3000、PPG4000シリーズ・プログラマブル・パターン・ジェネレータ最高40 Gbpsのデータ・レートと8 psの立上り時間
光コヒーレントの変調OM5110型マルチ・フォーマット光トランスミッタ自動バイアス制御による最高46 GBaudに対応した二重偏波変調
光コヒーレントのアクイジションOM4200シリーズ光変調アナライザ最高45 GHzアナログ周波数帯域の二重偏波コヒーレント検出
 OM2210型コヒーレント・レシーバ校正ソースCバンド/Lバンド光変調アナライザの校正
 DPO70000SXシリーズ・オシロスコープ200 GS/s、最高70 GHzの周波数帯域に対応した柔軟性に優れた取り込み機能
コヒーレント光の解析OM1106型光変調解析ソフトウェアカスタマイズ可能なコヒーレント変調および解析

 

 

ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top