自動車

車載用Ethernet PHY設計の検証、デバッギング、コンプライアンス・テストを 迅速化 します。CANやCAN FDのような 重要な 規格の自動プロトコル解析により、ECUの検証、デバッグに要する 時間 短縮 します。

CANバスのトラブルシューティング

  • 自動デコード&トリガによるECUのデバッギング
  • デコードされたプロトコルのデバッグ
  • 信号障害のトラブルシューティング
  • 複数のチャンネル/センサ/アクチュエータの視覚化

車載用Ethernetのテスト

  • 信頼性、相互運用性の実現
  • 設計検証
  • デバッギングとトラブルシューティングによる高速化
  • コンプライアンス対策も万全

SENTセンサ・バスのトラブルシューティング

  • SENTバス・ニブルについて
  • 高速および低速のチャネルSENTメッセージをデコード
  • オシロスコープのSENTデコードとトリガをセットアップ

ネットワークド・カー のトレンド

現在の自動車は、エレクトロニクスの急速な進歩により、単なる機械装置から車輪の付いたミニデータセンタへと急速な変化を遂げています。

「今日、インフォテインメントや携帯電話にはワイヤレス技術が使われておりV2VまたはV2Iは最重要です。たとえば、あなたは今、交差点にさしかかっていて、自分が乗っている車両が交差点や別の車両と対話できるとしましょう。」

Sudipto Bose:テクトロニクス自動車ソリューション・ゼネラル・マネージャー。

詳細
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top