量子研究 – 量子ビットのトリガに最適な柔軟性の高い、低ノイズ信号

量子/素粒子レベルの現象に基づいた技術開発の現場では、激しい競争が行われています。 研究機関では、量子コンピューティングによって、より高度なデータ処理を行うための研究が続けられています。 研究室では、量子エンタングルメントを応用して、遠隔地に瞬時に情報を伝達するための研究や開発が行われています。

量子コンピュータ、長距離レーザ干渉計、量子エンタングルメントといった分野は、共通点が少ないと思われがちですが、大きな視点で見れば、これらの技術開発は、いずれも同じような課題に直面していることがわかります。観測したいものにトリガするには、どのように設定すればよいのか?正確なタイミングを確保するには、どうすればいいか?ソリューションを拡張する方法は?テクトロニクスでは、研究者が実験に専念できるように、これらの課題を解決するテスト/測定ソリューションの提供に取り組んでいます。

ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top