APCO Project 25(P25)トランスミッタのテストおよび解析

CAI(Common Air Interface)を介して動作するP25トランスミッタのコンプライアンス・テスト/解析の効率化と簡略化

テストの対象がP25モバイルであれ、携帯用無線送信機やフェーズ1/2の基地局であれ、テクトロニクスは、目的を果たすのに役立つP25トランスミッタ・テスト・ソリューションをお届けします。 テクトロニクスのソリューションでは、28項目のTIA-102測定とパス/フェイル結果の表示を簡単にセットアップできるため、性能テストやコンプライアンス・テストに確実に短時間で合格できます。

テクトロニクスのRSA5000BシリーズにOpt. 26を装備することにより、コスト効果の高い、簡単でありながら包括的なTIA-102フェーズ1および2のトランスミッタ・コンプライアンス・ソリューションとして利用できるようになり、P25デバイスのテストおよび解析の効率を高めることができます。 今日要求されるさまざまな測定機能、確度仕様を備えており、複雑なACPR P25測定に必要な広いダイナミックレンジを利用できます。 さらに、独自のトリガ/取込/解析機能により、従来の計測器ではトリガできなかった異常信号も分離できます。

P25ソリューションは、テクトロニクスのベクトル信号解析ソフトウェアSignalVu-PC-SVE(Opt. SV26を装備)をオフラインで使用したり、MDO4000Bシリーズ・ミックスド・ドメイン・オシロスコープ上で使用したりすることもできます。 RSA6000BシリーズおよびSPECMONBシリーズ・リアルタイム・スペクトラム・アナライザ(Opt. 26を装備)、さらにMSO/DPO5000シリーズ、DPO7000シリーズおよびMSO/DPO70000シリーズ・オシロスコープ(Opt. SV26を装備)もサポートされます。 RSA5000AシリーズおよびSPECMONシリーズ・リアルタイム・スペクトラム・アナライザには、アップグレードも用意されています。

性能テストおよびコンプライアンス・テストに短時間で合格するために、テクトロニクスのRSA5000シリーズを使用してP25トランスミッタをテストする方法の詳細については、以下の情報を参照してください。

ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top