質問:

オシロスコープのデータシートによれば、垂直軸感度の設定は1MΩ入力において1mV/divから10V /divにて設定が可能です。しかし私は垂直軸感度設定ノブを最初に右回しいっぱいまで回してから10mV/divまで下げることをしています。この設定方法は適切ではないでしょうか?

回答:

あなたは誤ったことをしているわけではありません。あなたはX10の減衰比を持ったプローブをチャンネルへ取り付けることがあるのではないでしょうか。

1mV/divの感度仕様はオシロスコープの入力と関係します。信号源のソースインピーダンスが低インピーダンス(<1MΩ)であり、信号周波数が低く(数MHz以下)、そして信号電圧振幅がオシロスコープの入力レンジ以内であれば、オシロスコープの入力を1MΩにしてケーブルを使用して信号を直接、オシロスコープに接続することができます。

しかしながらあなたがアッテネータを持ったプローブ(Tekプローブ・インタフェース付のもの)を使用する場合では、オシロスコープの最少垂直軸感度は10mV/divで制限されます。これはオシロスコープに標準的に備わった機能であり、プローブの減衰比に合わせた垂直軸感度の設定をします。

この回答はお役に立ちましたか?
2名のお客様が、このFAQを評価しています。

FAQ ID: 1125771

サービスを選択

X

最新情報はこちらから: イベント/セミナ | Follow Tektronix on Twitter Follow Tektronix on Facebook Follow Tektronix on Youtube | 電子メール・ニュースレター

MEMBERSHIP: Create an account for exclusive membership privileges. ログイン