データは日常生活に不可欠な要素です。これはエンジニアだけでなく、すべての人に言えることです。処理能力、帯域幅、ストレージ容量に対する要求が幾何学的に増大し、それに伴い電力効率、セキュリティ、密度に関する新たな課題が生まれています。

次世代規格では、厳しいマージンや複雑なバス・プロトコルの課題に留まらず、より高速なビット・レートや革新的な低電圧シグナリングが求められます。デジタル電源管理が業界全体に浸透してきています。

当社のオシロスコープ、ロジック・アナライザ、および信号ソースは、一般回路のデバッグ/検証の面で広く評価されています。当社は、規格開発と並行する形で、自社製のオシロスコープ、BERT、および任意波形ジェネレータをベースとして、高速シリアル・バスの自動コンプライアンス/検証テストを可能にするソリューションを構築するよう取り組んでいます。また、当社のパワー測定ソリューションは、極めて動的な電源管理システムの分析にも対応しています。

Computer & Peripherals

推奨機器


  • オシロスコープ:世界の10人のエンジニアのうち8人が当社のオシロスコープを信頼し、今後の設計のデバッグおよびテストを迅速に進めるのに役立ててくれています。
  • ロジック・アナライザ:プロトコル層や論理層のシステム問題をすばやく特定するのに適しています。
  • 信号ジェネレータ:業界一の速度と汎用性を誇り、今日の複雑な信号に対処できる信号ジェネレータです。