今日では、次世代のデジタル・インタフェース規格(シリアル、メモリ、ディスプレイなど)の登場により、最高レベルのコンプライアンス・テストが求められるようになり、ハイスピードTx/Rxの設計では次のような課題に直面しています。

  • デバイスの小型化により信号へのアクセスが困難
  • 新しい省電力技術を採用したバスの動作
  • シグナリング・インタフェースにおける信号の新しいエンコードやイコライゼーション機能の検証
  • 数多くの電気検証試験を短時間で実施する必要性

テクトロニクスは、PHYの検証サイクルを迅速化し再現性を確保するための自動測定ソフトウェアを提供しています。適合性測定に不合格の場合は、プロトコル・デコードやビジュアル・トリガなどのツールを使用することで迅速にデバッグでき、クロストークやその他のマルチレーンの結合ノイズなどのノイズ・ソースに由来するジッタ/ノイズも特定できます。

規格と技術

High Speed Serial Communications