ワールドカップに備え、英Gearhouse Broadcast社がテクトロニクスの計測器を採用

テクトロニクスの波形モニタが、2006年ワールドカップで高品質のビデオ/オーディオ・コンテンツの放映を実現

[2006年5月30日 米国オレゴン州ビーバートン発]
テクトロニクス(NYSE: TEK)は、放送用機器のレンタルと販売、プロジェクト・ソリューション、システム・インテグレーションを専門とする英国企業であるGearhouse Broadcast社が、2006年ワールドカップでコンテンツの各種検証機能を提供するために、テクトロニクスの波形モニタを多数採用したことを発表しました。

Gearhouse Broadcast社は、2006年ワールドカップにおいて、ドイツの12都市のホスト放送局にプロダクション機器を提供する主要パートナーです。大規模イベントに関する豊富な経験とノウハウを持ち、最新のデジタル技術を提供する企業として世界的に知られています。このたび、Gearhouse Broadcast社は、今回のワールドカップの放映用に合計で50台を超えるテクトロニクスの波形モニタ(WFM700M型とWFM601E型)を購入しました。

WFM700シリーズについて
テクトロニクスのWFM700シリーズは、マルチフォーマット/マルチスタンダードの波形モニタで、HDおよびSDのデジタル・ビデオ・コンテンツやオーディオ・コンテンツの制作やポスト・プロダクション、配信、送信で必要とされる障害検出機能と測定機能を提供します。テクトロニクスが特許を持つガマット表示(ダイアモンド/アローヘッド)やライトニング・ディスプレイ、セッション/ステータス画面、ユーザ設定可能なマルチモード表示、アイ・ダイアグラム、ジッタ測定などの機能をフルフィールドあるいはライン選択に設定可能なWFM700シリーズは、迅速なエラー検出を実現します。

WFM601シリーズについて
WFM601A型はグラフィックス・ワークステーションやテレシネ、カメラのセットアップ・オペレータにとって有益なオペレーション・モニタです。WFM601E型はWFM601プラットフォームを拡張し、デジタル・トランスポート・レイヤの包括的な評価が行えるようにした製品で、デジタル・プロダクションやマスタ・コントロールのオペレーション・センターで使用されます。WFM601M型はWFM601A型とWFM601E型が持つビデオ機能に加え、設置や保守を担当するエンジニア向けにデータ解析機能を持たせた製品です。

Gearhouse Broadcast社について
Gearhouse Broadcast社は、放送用機器のレンタルと販売、プロジェクト・ソリューション、システム・インテグレーションを専門とした放送サービス分野の市場リーダーとして、英国、米国、オーストラリアに事務所を持ち、世界的にビジネスを展開しています。世界的なスポーツ・イベントにおいては、豊富な経験と優れた実績を誇ります。

テクトロニクスについて
テクトロニクスは、計測およびモニタリング機器メーカとして、世界の通信、コンピュータ、半導体、デジタル家電、放送、自動車業界向けに計測ソリューションを提供しています。60年にわたる信頼と実績に基づき、お客様が、世界規模の次世代通信技術や先端技術の開発、設計、構築ならびに管理をより良くできるように支援しています。米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、現在世界19か国で事業を展開しています。詳しくは、www.tektronix.comをご覧ください。

TektronixおよびテクトロニクスはTektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標は、各社の商標又は登録商標です。

 


この回答はお役に立ちましたか?
10名のお客様が、このドキュメントを評価しています。

  2006-06-06 07:00:00

サービスを選択

X

最新情報はこちらから: イベント/セミナ | Follow Tektronix on Twitter Follow Tektronix on Facebook Follow Tektronix on Youtube | 電子メール・ニュースレター

お客様登録:メンバーだけの特典を利用するにはお客様のご登録をお願いします。 ログイン