MPEGテスト・システム「MTS400シリーズ」に、IP、RFおよび拡張H.264に対応した解析機能を追加

テクトロニクス、MPEGテスト・システム「MTS400シリーズ」に、IP、RFおよび拡張H.264に対応した解析機能を追加

~強力かつ高速で使いやすいクロスレイヤ圧縮映像用デバッガ/アナライザ~


[2007年4月14日 米国オレゴン州ビーバートン発]

テクトロニクス(NYSE: TEK)は、MPEGテスト・システム「MTS400シリーズ」にIPTV、Video over IP、DTVの開発や導入をサポートする機能などを含んだ、新しい機能の追加や拡張を発表しました。クロスレイヤ解析機能が強化され、放送システム上のさ まざまな場面において圧縮映像を詳細に解析することが可能です。機能拡張されたMTS400シリーズは、次世代の映像ネットワーク/サービスの開発や導入 に大きく貢献します。

MTS400シリーズは、統合されたクロスレイヤの障害解析やエラー・ログの記録により、回線の初期診断を行いま す。映像の不具合が発生した際も、その根本的な原因が送信、トランスポート・ストリーム、エレメンタリ・ストリーム・レイヤのどの部分で発生したかをユー ザに通知することで調査時間を短縮できます。新しく各種測定インタフェースや解析機能を備えたMTS400シリーズは、放送の品質向上や製品の開発時間の 短縮を目指す機器メーカの開発者にとって理想的なツールです。この解析機能は、次世代の映像ネットワークで安定した品質のサービス提供を目指す放送局や ネットワーク事業者のエンジニア、技術者を支援します。

エンジニアがデジタル放送システムの障害に対応する場合、最初に行うのは根本まで遡って障害の原因を絞り込むことです。障害 の根本原因を特定できて初めて、該当レイヤでの詳細な解析が可能となります。映像で発生するノイズがコンテンツそのものか、IPネットワーク上のエラー か、あるいはRF性能の低さによるものかを特定するためには、レイヤ間の相関関係を解析することが重要となります。

MTS400シリーズがIP解析、RF解析および拡張H.264対応のサポート機能を提供
MTS400シリーズは、ケーブルテレビや衛星/地上波放送、固定/移動体ネットワークにおいて、Video over IP、IPTV、DTVによる映像配信や、最新の動画圧縮規格H.264での圧縮技術など、新しいサービスや技術の開発や導入を強力に支援します。

機能拡張したMTS400シリーズは、光や電気ギガビット・イーサネット用の新しいインタフェースを搭載し、フルラインレー トでのIP接続が可能になりました。さらに、パケット・ロス、シーケンス・エラー、MDI統計値、パケットの到達間隔のヒストグラム表示、詳細なパケット 検証などの解析機能が追加されたことにより、ネットワークの障害箇所を迅速に特定することができます。このほか、パラメトリックIPのプレイアウト機能に よって、IPマルチセッション・トラフィックを生成したり、パケット・ロス、シーケンス・エラー、ジッタなどのネットワーク・エラーを擬似的に発生させた り、IPパケット・ヘッダを編集してさまざまなIPTV環境をシミュレートすることができます。

今回、地上波放送(COFDMと8-VSB)、ケーブル放送(QAM)および衛星放送(8PSK/QPSK)のRF測定用の 新しいインタフェースが搭載され、MER、EVM、BERなどの重要な測定基準によるRF性能測定および傾向解析が可能になりました。また、IPとRFの 2つの入力ポートを装備しているため、インジェスト/ヘッドエンド/エッジ装置の入出力を同時に測定することもできます。

動画圧縮規格H.264に対応した拡張機能によって、映像のサムネイル表示やT-STDバッファの解析、H.264のマルチ プレクシングが可能になりました。MTS400シリーズは、業界で最も優れたH.264規格向けサポート機能を備え、最新の映像圧縮への移行に最適なソ リューションです。

日本での取り扱いについて
■ 出荷開始日: 2007年6月下旬(予定)

テクトロニクスのIPTVソリューションについて
テクトロニクスでは、放送映像コンテンツの監視およびIP監視における長年の知識と経験を持ち、音声、映像、データを集中して計測することで、高品質な IPTVの実現に貢献しています。最高の監視・解析ソリューションであるテクトロニクスのシームレスな製品ラインナップはトリプル・プレイをサポートし、 IPTVサービスの商用化に寄与します。この製品ラインナップには以下の製品が含まれます。
「Spectra2 VoIP/PSTNツール」のファミリであり、最新のネットワーク上に配信される映像や音声メディアの計測ツールの「Spectra2|VQM v2.0」、伝送や配信中の信号劣化を発見するためのソリューション「MTM400 MPEGトランスポート・ストリーム・モニタ」、最も捕らえにくく複雑で間欠的に発生するDTVにおける問題を瞬時に発見し解決する世界初の圧縮デジタ ル・ビデオ・デバッガ/アナライザ「MTS400シリーズ」、ファイル・ベースのデジタル・ビデオ・コンテンツ自動検証システム「Cerify(セリファ イ)」などです。




テクトロニクスについて

テクトロニクスは、計測およびモニタリング機器メーカとして、世界の通信、コンピュータ、半導体、デジタル家電、放送、自動 車業界向けに計測ソリューションを提供しています。60年にわたる信頼と実績に基づき、お客様が、世界規模の次世代通信技術や先端技術の開発、設計、構 築、並びに管理をより良く行えるよう支援しています。米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、現在世界19か国で事業を展開していま す。詳しくは、www.tektronix.comをご覧ください。

日本テクトロニクスは、米テクトロニクスの100%出資の日本法人です。詳しくは、会社概要をご覧ください。

  2007-04-19 07:00:00

サービスを選択

X

最新情報はこちらから: イベント/セミナ | Follow Tektronix on Twitter Follow Tektronix on Facebook Follow Tektronix on Youtube | 電子メール・ニュースレター

MEMBERSHIP: Create an account for exclusive membership privileges. ログイン