テクトロニクス、コマーシャルの音量規制CALM法への準拠で放送局、ケーブルTV事業者を支援

報道発表資料翻訳
2011年1月20日

 

音量の大きなCMを特定する、業界で最も豊富なソリューションを提供

 

[2011年1月10日 米国オレゴン州ビーバートン発] 
テクトロニクスは本日、放送局、ケーブルTV事業者、その他のビデオ・サービス事業者が、通常の番組よりもCM音量が大きくならないよう規定する米国法CALM (Commercial Advertisement Loudness Mitigation) Act(商業広告音量軽減法案)に準拠するための、業界で最も豊富なソリューションを発表しました。

米国においては、 CALMActが法制化されたことにともない、ビデオ・サービス事業者は一年間の猶予期間内に大きすぎるCMの音量を下げることが義務づけられました。 これに違反した場合には、罰金が科せられます。放送局、ケーブル事業者、衛星放送事業者、主要なテレコム通信事業者は数百というチャンネルを持っているため、その罰金も相当な金額になります。

テクトロニクス、ビデオ・プロダクト・ラインのジェネラル・マネージャであるエベン・ジェンキンス(Even Jenkins)は、次のように述べています。「CALM 法が通過したことにより、放送局、ケーブル事業者、その他のビデオ・サービス事業者はソリューションを用意する必要がありますが、テクトロニクスは豊富な製品ラインアップによりどのような状況にも対応いたします。当社は、何十年にもわたって最新のビデオ/オーディオ・モニタリング機能を提供してきた実績があり、この実績をもとに大音量のCMに対応する理想的なソリューションのラインアップを開発しました」

ビデオ・サービス事業者は、大音量のCMを特定し、それに対して警告を出す必要があります。スケーラブルなモニタリング・ソリューションがないと、エンコードされるCMの音声レベルが分からず、放送されるまで問題のCMが特定できないことになります。ビデオ・サービス事業者はテクトロニクスが提供するソリューションによって大音量のCMを特定し、音量を下げて再エンコードすることができます。再エンコード後、放送前にコンプライアンスに準拠しているか再度チェックされます。

テクトロニクスから現在提供されているラウドネスの検出/モニタリング・ソリューションは以下の通りです。

• WFM6000/7000シリーズ、WFM8000シリーズ WVR6000/7000シリーズWVR8000シリーズ波形モニタ/ラスタライザ。以前からあったラウドネス測定機能をアップグレードしています。最新バージョンには、オーディオ・ラウドネス・メータ、オーディオ・ラウドネス・セッション表示、業界初のDolby Digital Plusオーディオのオーディオ・ラウドネス・モニタリング機能などが含まれています。

•  Sentryデジタル・コンテンツ・モニタ。Sentryは、数百ものチャンネルを同時にモニタリングできる唯一の製品であり、ケーブル事業者や複数のチャンネルを持ったビデオ・サービス事業者はすべてのチャンネル・ラインアップを広範囲に、継続的にモニタし、音量の大きなCMを特定することができます。

•  Cerifyビデオ・コンテンツ自動検証システム。Cerifyは、ファイルベース・コンテンツの品質検証ができる自動検証システムであり、VoD(Video on Demand)プログラムのラウドネス問題に最適なソリューションです。最新バージョンでは、ITU-R BSのロング/ショート・オーディオ・ラウドネス・テスト、ITU-R BS. 1770の真のピーク・レベル・テストをサポートしています。

•  VQS1000ビデオ・クオリティ解析ソフトウェア。最新のアップグレードでは、ITU-R BS.1770/1771規格で規定されているオーディオ・ラウドネス測定機能をサポートしており、音量の大きなCM検出の強力な解析ツールになります。このソフトウェアは、ネットワーク問題のトラブルシュートにおいて、QoSエラーとQoEエラーの相関性またはあらかじめ記録されたトランスポート・ストリーム・ファイルをリアルタイムに解析することのできるプログラムです。

テクトロニクスについて
テクトロニクスは、計測およびモニタリング機器メーカとして、世界の通信、コンピュータ、半導体、デジタル家電、放送、自動車業界向けに計測ソリューションを提供しています。60年以上にわたる信頼と実績に基づき、お客様が、世界規模の次世代通信技術や先端技術の開発、設計、構築、ならびに管理をより良く行えるよう支援しています。米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、現在世界22カ国で事業を展開しています。
詳しくはウェブサイト(米国:www.tektronix.com、日本: www.tektronix.com/ja )をご覧ください。

テクトロニクスをフォローする
- Twitter日本( @TektronixJP ) 米国( @tektronix ) および Facebook

お客さまからのお問合せ先
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046FAX 0120-046-011
URL http://www.tektronix.com/ja

Tektronix 、テクトロニクスはTektronix, Inc.の登録商標です。Dolbyは、ドルビ- ラボラトリーズ ライセンシング コーポレ-シヨン の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

 

  2011-01-19 08:00:00

サービスを選択

X

最新情報はこちらから: イベント/セミナ | Follow Tektronix on Twitter Follow Tektronix on Facebook Follow Tektronix on Youtube | 電子メール・ニュースレター

お客様登録:メンバーだけの特典を利用するにはお客様のご登録をお願いします。 ログイン