デジタル信号処理はRF 設計でますます大きな要素になっており、RF 信号解析のために新しい手法が必要になっています。以前からベースバンド信号はデジタル的に処理されてきましたが、今では、IF 信号や一部のRF 信号さえも次第にデジタルで開発されるようになっています。新しい任意波形生成技術により、デジタル信号とRF 信号が混在した信号を効果的に合成できるようになりました。

76Z-20551-0  2007-03-04 08:00:00