VM6000型によるHD/SDアナログ・コンポーネント・ビデオ信号のジッタ/ワンダ測定

高品質なビデオ・コンテンツを適正に作成、処理、送信、再生するには、信号パス全体に渡って各装置間を高い信頼性で同期させる必要があります。

通常のビデオ・コンテンツは、保存されて編集加工され、またデジタル領域で各種拡張処理される場合もありますが、最初はカメラ・レンズへのアナログ信号入力として取り込まれ、最終的にディスプレイ上でアナログ光として表示されます。これらのビデオ・コンテンツを歪みなく再生するには、最終的な表示に至るまでの信号処理装置間での正確な同期を確立するためのタイミング管理が重要になります。タイミングが理想的かどうかは、「ジッタ」と「ワンダ」で評価できます。

この回答はお役に立ちましたか?
16名のお客様が、このドキュメントを評価しています。

25Z-20447-0  2007-01-30 08:00:00

サービスを選択

X

最新情報はこちらから: イベント/セミナ | Follow Tektronix on Twitter Follow Tektronix on Facebook Follow Tektronix on Youtube | 電子メール・ニュースレター

お客様登録:メンバーだけの特典を利用するにはお客様のご登録をお願いします。 ログイン