TDS2000Cシリーズ・オシロスコープを使用した設計のトラブルシュート

今日のエンジニアが直面しているトラブルシューティング作業において、 その複雑さと重要度は増す一方です。最新のデジタル回路設計では、レー ス・コンディション、トランジェント(過渡的現象)、アベレーション、 バス競合問題など、発見の難しい新しい問題への対処が必要です。また、 製品を市場に投入するまでの時間短縮も要求され、トラブルシューティン グはすばやく正確に完了させなければなりません。この技術書では、 トラブルシューティング作業をより簡単に行うためのヒントを説明します。

この回答はお役に立ちましたか?
11名のお客様が、このドキュメントを評価しています。

3GZ-19696-2  2010-10-26 07:00:00

サービスを選択

X

最新情報はこちらから: イベント/セミナ | Follow Tektronix on Twitter Follow Tektronix on Facebook Follow Tektronix on Youtube | 電子メール・ニュースレター

お客様登録:メンバーだけの特典を利用するにはお客様のご登録をお願いします。 ログイン