DPOPWR、TDSPWR3アプリケーション・ソフトウェアを使用したパワー測定/解析

電源の設計エンジニアは、80%あるいはそれ以上の電力変換効率の達成というプレッシャーに直面しています。この傾向は、携帯機器のバッテリの長寿命化、グリーン製品による低消費電力化といった要求からきています。

設計エンジニアにとっては、電源の特性評価、問題のトラブルシュートのためには数多くの特殊なパワー測定が必要になることを意味しています。従来、このような測定は、定常的な電流と電圧をデジタル・マルチメータで測定し、電卓やコンピュータで計算し、評価してきました。現在では、多くのエンジニアが、電源(パワー)測定をオシロスコープで行うようになりました。

このアプリケーション・ノートでは、テクトロニクスのDPO7000シリーズ、DPO/DSA70000/BシリーズとDPOPWRパワー解析ソフトウェアを使用した、代表的なパワー測定について説明します。 TDS5000Bシリーズ・オシロスコープで使用するTDSPWR3ソフトウェアについても説明します。このオシロスコープ、ソフトウェアを使用することで、自動パワー測定による迅速なパワー解析や簡単なプローブ・デスキューなど、優れた測定精度の自動パワー測定を実現できます。

この回答はお役に立ちましたか?
9名のお客様が、このドキュメントを評価しています。

54Z-23880-0  2009-09-01 07:00:00

サービスを選択

X

最新情報はこちらから: イベント/セミナ | Follow Tektronix on Twitter Follow Tektronix on Facebook Follow Tektronix on Youtube | 電子メール・ニュースレター

お客様登録:メンバーだけの特典を利用するにはお客様のご登録をお願いします。 ログイン