パラレルのATA(AT Attachment)技術はほぼ20年間使い続けられてきました。しかしながら、パラレル転送方式ではピン数が多いため、チャンネル間スキューを確保しての高速化には限界があり、フラット・ケーブルによるエアー・フローの妨げや低電圧化が進む中で依然高い信号振幅、ノンスケーラブルな性能なども課題となるため、パラレルのATAストレージ・インタフェースを発展進化した置換技術としてSATA(Serial ATA)が規格化されました。

51Z-21434-2  2009-05-22 07:00:00