シリアル・データ・リンク解析

シリアル・データ通信リンクはより高速なデータ・レートを目指して第二、第三世代に移行しつ
つあり、難しい設計を成功させるためにはすべてのリンクの詳細な解析が重要になってきました。
トランスミッタ、チャンネル、レシーバ要素のモデルを持ったジッタ、ノイズ、BER解析ツールが
あれば、次のような質問に答えることかできます:データ・レートが3Gbpsを超え、イコライゼー
ションが使われても、従来のリンクは適合するのか。ケーブル長が6mから10mになってもシス
テムは適合するのか。特性の低いフィクスチャで測定されたためにシステム・マージンが無駄に
なっていないか-その場合、フィクスチャ・ディエンベデッドはマージン問題を解決すること
かできるのか。
テクトロニクスのDSA8200型と80SJNBジッタ、ノイズ、BER、シリアル・データ・リンク
解析ソフトウェアを使用することにより、通信リンクをエミュレーションするために構成要素を
設定することができ、トランスミッタ・エンファシスの追加/除去、プローブのディエンベデッ
ド、測定ベースのチャンネル・エミュレーション、イコライゼーション・ツールでレシーバ・イ
コライザ後のレシーバ・コンパレータにおけるアイを検証することができます。このような機能
を当社ではSDLA(Serial Data Link Analysis:シリアル・データ・リンク解析)と呼んでい
ます。

85Z-24053-0  2007-12-18 08:00:00

サービスを選択

X

最新情報はこちらから: イベント/セミナ | Follow Tektronix on Twitter Follow Tektronix on Facebook Follow Tektronix on Youtube | 電子メール・ニュースレター

お客様登録:メンバーだけの特典を利用するにはお客様のご登録をお願いします。ログイン