マルチスタンダード/マルチフォーマット波形モニタ

WFM7200型

特別価格キャンペーン実施中

特徴

  • マルチフォーマット/マルチスタンダード波形モニタ
    • HD/SD-SDIおよびデュアル・リンク・ビデオ・フォーマットの自動検出機能を標準で装備
    • コンポジット・アナログ(PAL/NTSC)ビデオをサポート(Opt. CPS)
    • 同時モニタリング機能(Opt. SIM)により、2つのHD/SD-SDI入力、または1つのHD/SD-SDI入力と1つのCPS入力の同時モニタリングが可能。3G-SDIサポートにはOpt. 3Gが必要
    • マルチ入力モードにより2~4の同時SDI入力が可能(4入力モードではOpt. 2SDIが必要)
    • 3G-SDI(レベルA、レベルB)対応にアップグレード可能(Opt. 3G)
  • 総合的なオーディオ・モニタリング機能(Opt. ADまたはOpt. DPE)
    • 16チャンネルまでのエンベデッド・オーディオのモニタリングが可能
    • マルチチャンネル・サラウンド・サウンド表示*1とリサージュ表示
    • ITU-R BS. 1770-2に準拠したオーディオ・ラウドネス・モニタリング(Opt. ADまたはOpt. DPE)
    • アナログ、デジタル、エンベデッド・オーディオをサポート(Opt. AD)
    • Dolby Digital(AC-3)、Dolby Digital Plus、Dolby E(Opt. DPE)
    • 統合的なDolbyメタデータ・デコード/表示(Opt. DPE)
    • ユーザ設定のリミット値によるDolby Eガードバンド・メータ(Opt. DPE)
  • 多彩な表示機能
    • FlexVuTMによる使いやすい4タイル表示により、さまざまなアプリケーションで作業効率が向上
    • ダイアモンド表示、アローヘッド表示によるガマット・モニタリング
    • タイミング/ライトニング表示
    • 当社独自の最新スピアヘッド表示およびLQVTM(LumaQualified Vector)表示により、ポストプロダクション・アプリケーションの正確なカラー調整が可能(Opt. PROD)
  • カメラ調整、制作/ポストプロダクションのための3Dビデオ表示機能(Opt. S3D)
  • ブラック・ピクチャおよびテクトロニクス独自のフリーズ・ピクチャの検出
  • 拡張ANCデータ・モニタリング
    • CEA708/608のクローズド・キャプション・モニタリング、テレテキスト、OP47サブタイトルの同時モニタリング
    • AFD、WSS、ビデオ・インデックス、TSID、V-Chip、放送フラグ/CGMS-A、VITC、LTC、ANC TCなどのANCデータの検出とデコード
    • ARIB STD-B35/B37/B39、TR-B22、TR-B23に対応
  • 問題を素早く解決する詳細なデジタル・データ解析機能(Opt. DAT)
  • 標準および任意設定可能なセーフ・エリア目盛:編集やフォーマット変換時のエラーやリワーク作業を回避
  • AFD(Active Format Description)検出、デコード、ピクチャ表示の自動目盛調整により、アスペクト比の問題が容易に検出可能
  • 優れた物理層信号測定
    • 高性能なリアルタイム・アイ・パターン表示、ジッタ測定およびケーブル長測定(Opt. PHY3)
    • アイ・パターンの振幅、立上り/立下り時間およびオーバーシュート/アンダーシュート測定、およびジッタ波形表示(Opt. PHY3)
  • 優れた操作性
    • トラブルシューティングと機器セットアップを容易にするCaptureVu®拡張ビデオ・フレーム・データ・キャプチャ機能
    • 32種類のプリセット機能により、エンジニア、オペレータごとにすばやく設定を呼び出し可能
    • 前面パネルのUSBポートにより、プリセット、取込んだビデオ・フレーム・データ、スクリーンショット、エラー・ログを簡単に保存可能
    • 前面パネルにヘッドフォン・ポートを装備しており、選択したオーディオ・ペアがすばやく検証可能
    • 直感的なメニュー構造と状況に対応したヘルプ表示
    • アラーム、ステータス・レポート、エラー・ログ機能
    • 高輝度、高解像度LEDディスプレイ
    • SNMPやEthernetのリモート・インタフェースとGPI制御により、集中型のモニタリングと制御を実現

アプリケーション

  • コンテンツ配信や放送局でのモニタリングおよびコンプライアンス検証
  • コンテンツ制作/ポストプロダクション時の品質管理
  • コンテンツ制作、配信設備の設置/メンテナンスでの性能検証やトラブルシューティング
  • ポストプロダクションの編集、カラー補正のモニタリング

*1 オーディオ・サラウンド・サウンド表示はRadio Technische Werksütten GmbH and Co. KG(RTW)からライセンス供与されたものです。

WFM7200型


マルチフォーマット対応により、広範囲の市場ニーズをサポート

WFM7200型にはモニタリングや測定などに対応したオプションが数多く用意されており、さまざまなアプリケーションで使用できます。モニタリングでは、当社独自のガマット表示により、カメラ調整やカラー補正が簡単に調整できます。オーディオ・セッション、ビデオ・セッションでは信号情報が一目で確認できるため、イメージ品質が容易に把握できます。

Opt. ADでは、アナログ、デジタルAES/EBU、デジタル・エンベデッド・モニタリングの優れたオーディオ・ツールセットが提供されます。16チャンネルまでのエンベデッド・オーディオのバー・レベルが表示できるため、オーディオ信号レベルが容易に確認できます。リサージュ、サラウンド・サウンド*1、コリレーション・メータにより、オーディオ・チャンネル間の関係がわかります。Opt. DPEを装備することで、Dolbyメタデータ・デコード、ステータス表示により、Dolby Digital(AC-3)、Dolby Digital Plus、Dolby EのDolbyストリームがデコードできます。ガードバンド・メータによりDolby Eの同期が簡単に確認できるため、ユーザ定義のリミットによる、ビデオ信号に対するDolbyフレームの開始が簡単にわかります。

ラウドネスは、制作した番組、配信経路において重要なオーディオ測定です。WFM7200型のOpt. ADまたはOpt. DPEにはラウドネス・メータが含まれており、ITU-R BS.1770-2規格のショート、ロングタームのオーディオ・ラウドネス測定が行えます。また、それぞれの規格に対応するため、ATSCA/85、EBU R128、ARIB TR-B32に準拠したプリセット設定が用意されています。ネットワーク経由またはUSBメモリに30時間までのラウドネス・セッションのグラフ・データが保存でき、ラウドネスを詳細に解析することができます。

WFM7200型のANCデータ・ツールセットにより、SDI信号に含まれているさまざまな補助データの信号経路におけるモニタリング、トラブルシュートが行えます。補助データ・ステータス表示により、クローズド・キャプション/サブタイトル、AFD、タイムコードなどの重要なANCデータが得られます。ANCデータ・インスペクタによりANCデータがすばやく検証でき、データリスト表示によりライン、サンプルごとのデータが検証できます。

WFM7200型は、物理層測定のための高精度アイ・パターン/ジッタ表示機能があり、振幅、立上り/立下り時間、オーバーシュート/アンダーシュート、タイミング、アライメント・ジッタを自動的に測定することができます。WFM7200型の測定機能として、AVディレイ、3Dモニタリングのオプションも用意されています。

  • ビデオ・モニタリングの規格とフォーマット
    • SD-SDI-標準
    • HD-SDI-標準
    • デュアル・リンク(4:2:2、4:4:4、アルファ・チャンネル、10ビット、12ビット)-標準
    • アナログ・コンポジット-Opt. CPS
    • 3G-SDI(レベルA、レベルB)- Opt. 3G
    • マルチ入力モード、4 SDI入力-Opt. 2SDI
  • カラー・ガマット・モニタリング
    • アローヘッド表示 - 標準
    • ダイアモンド/スプリット・ダイアモンド表示-標準
    • スピアヘッド表示-Opt. PROD
    • LQVTM(Luma Qualified Vector)表示-Opt. PROD
  • オーディオ・モニタリングの規格とフォーマット
    • アナログ、デジタルAES/EBU、デジタル・エンベデッド・オーディオ-Opt. AD
    • Dolby Digital、Dolby Digital Plus、Dolby Eを含むアナログ、デジタル・オーディオ-Opt. DPE
  • 測定/解析機能
    • 自動アイ・パターン/ジッタ測定-Opt. PHY3
    • カラー・バー、パソロジカル信号出力-Opt. GEN
    • 詳細デジタル・データ解析-Opt. DAT
    • ANCデータ・インスペクタ-Opt. DAT
    • 2チャンネル同時入力モニタリング-Opt. SIM
    • 3Dモニタリング-Opt. S3D
    • オーディオ/ビデオ・ディレイ測定-Opt. AVD
テクトロニクス独自のSee and SolveTM表示機能


FlexVuにより、一目でさまざまなセッション、ステータス表示が確認できる

キャリブレーション作業、エラー検出およびコンテンツ修正などを簡単に行える当社独自のSee and Solve表示は、エラーを一目で判断できるので、効率のよいトラブルシューティングを実現します。

独自のセッションおよびステータス表示には、入力信号のサマリ・レポートと各種測定結果が表示されます。

ブラック/フリーズ・フレーム検出などのアラーム条件によるエラー・ログ機能があり、10,000イベントまでを詳細にレポートします。このレポートは、ウェブ・ブラウザでダウンロードしたり、前面パネルに接続したUSBメモリに保存したりすることができます。また、アラーム・ステータス表示を使用すると、ガマット、EDHおよびCRCエラー、SDIフォーマット・エラーなどを検出し、グランド・クロージャ出力やSNMPトラップを使用して、集中監視システムに組込むことができます。

FlexVuの4タイル表示により、測定器4台分の表示を1台で行えるため、生産性を向上させます。表示形式の組み合わせがあらかじめ設定されている計測器、組み合わせ選択に制限がある計測器とは異なり、FlexVuでは監視目的や作業内容に合わせたマルチ・ビュー表示をカスタマイズできます。各タイルは、アラームとステータス画面、セーフ・エリア目盛および各タイル表示のカーソルなど個別に設定可能で、信号解析や監視を容易に行えるようにタイルを配置、設定することができます。

当社のディスプレイはCRTのような鮮明な波形/ベクトルが表示でき、ピクセルが歪むことなくクリアな波形モニタリングが可能です。SD、HD、または3G-SDI(Opt. 3G)のビデオ波形を、RGB、YPbPr、YRGBまたはコンポジットの見慣れたビデオ波形として表示できます。信号成分は、パレードまたはオーバーレイ・モードのいずれでも表示できます。NTSC、PALのコンポジット・アナログ・ビデオでは、ルミナンス、クロマ、ルミナンス+クロマのフィルタで表示できます。

ベクトル表示では、波形目盛、ターゲット・カラー(75%または100%)、カラー軸などが選択できます。

優れたカラー補正ツールセット


テクトロニクス独自のダイアモンド表示、アローヘッド・ガマット表示、スピアヘッド表示とピクチャ・ブライトアップ表示

当社独自のダイアモンド表示、スプリット・ダイアモンド表示およびアローヘッド・ガマット表示により、ガマットの適合性の検証プロセスを簡単にできます。

ダイアモンド表示やスプリット・ダイアモンド表示を使用すると、デジタル・ビデオ信号のRGBガマット・エラーを簡単に特定できます。アローヘッド表示により、デジタル・ビデオ信号から生成されるコンポジット・アナログ・ビデオ信号のガマット適合性を検証する時間が節約できます。

これらの表示や関連するガマット・アラームを必要な適合性規格に対応するように、ガマットのしきい値をカスタマイズすることができます。ピクチャ表示では、ガマット・エラー箇所を示すブライトアップ表示を行うことができます。ユーザはグラフィック、タイトルまたはロゴの適正な配置をすばやく検証するために、複数のセーフ・エリア目盛から適切なものを選択できます。FlexVu機能を使用すると、異なる目盛で2つ以上の画面を表示して、異なるフォーマットや規格に適合した位置を確認できます。

WFM7200型には、当社特許のLQVTM(Luma QualifiedVector)表示、スピアヘッド表示を含む、拡張カラー・ガマット・モニタリング機能(Opt. PROD)があり、ダイアモンド表示、スプリット・ダイアモンド・ガマット表示と組み合わせることにより、正確なカラー・ガマット調整のための包括的なカラー・ガマット・モニタリング機能が得られます。

FlexVuと豊富なガマット表示を組み合せることにより、必要に応じて波形モニタをカスタマイズすることができます。また、プリセットを簡単に呼び出すこともできるため、設定をすばやく切り替えることもできます。

コンテンツ品質と配信経路


複数のピクチャ表示におけるCEA708とCEA608の同時デコード

WFM7200型は、ビデオ信号、オーディオ信号のさまざまなエラーに対してアラームを設定することができます。番組素材で発生したエラーはタイムコードでログがとれるため、素材内での問題点をすばやく調査できます。コンテンツでの品質検証時間が短縮でき、エラー・リストのドキュメントはネットワーク接続した機器またはUSBメモリからダウンロードできます。

ピクチャ表示では、クローズ・キャプション・データ(CEA708/608フォーマット)を検出してデコードできます。複数のピクチャ表示を使用した場合、CEA708とCEA608が同時にデコードできるため、1つの経路で重要なメタデータの検証/デコードが行えます。625フォーマット、または(FreeTV Australian Operational Practice)OP-47規定の補助データによるテレテキスト・サブタイトルをデコードできます。グラフィック、タイトルまたはロゴの適正な配置をすばやく検証するために、複数のセーフ・エリア目盛から適切なものを選択できます。FlexVu機能を使用すると、異なる目盛で2つ以上の画面を表示して、異なるフォーマットや規格に適合した位置を確認できます。

伝送中に信号が喪失すると、ブラック/フリーズ・フレーム検出機能によって検出され、ビデオ・セッションまたはエラー・ログ表示内に警告表示されます。あるいは、グランド・クロージャまたはSNMPトリガでアラームを知らせることができます。

カメラ・バランスのアプリケーション


4つのSDI入力のラベル名付きマルチ波形表示

スタジオ内または中継車によるロケでは、カメラからカメラ、シーンからシーンへの切替えがスムーズに見えるよう、すべてのカメラのマッチングをとることが重要になります。WFM7200型のマルチ入力モードでは、フル・スクリーン・モードで4つまでのSDI入力を同時にモニタすることができます(4入力モードはOpt. 2SDIが必要)。この表示は、カメラ出力のマッチングをとるために複数入力のビデオ・レベルをチェックするようなカメラ・バランス・アプリケーションに適しています。このマルチ入力モードは、波形、ベクトル、ライトニング、ダイアモンド、アローヘッド、スピアヘッド(Opt. PROD)の表示モードで利用でき、さまざまな表示におけるビデオ入力を比較することができます。

優れたオーディオ・モニタリング・ツール


リサージュ波形表示、チャンネル・ステータス表示、ラウドネス・セッション、オーディオ・セッションによるオーディオ表示

WFM7200型には高品質のデジタル・フィルタ機能とオーバーサンプリング機能が備わっており、正確で再現性の高いオーディオ測定が行えます。モニタリングを簡単にするために、WFMシリーズのオーディオ・オプションには、フォーマットの自動検出機能を備えています。また入力されたデジタル・オーディオをアナログ/デジタル出力に変換して出力するマッピング機能が装備されています。

オーディオ表示では、さまざまな設定でオーディオ・レベル、位相をモニタリングできます。16チャンネルまでのエンベデッド・オーディオ・レベルを、設定可能なスケール、バリスティクスでモニタすることができます。AES、エンベデッド・オーディオでは、位相コリレーション・メータで8つのオーディオ・チャンネルのレベルをモニタできます。バー表示では、障害インジケータ、オーディオ・レベルおよびDolbyフォーマット情報が表示されます。チャンネル・ペアを選択することでリサージュ波形が表示でき、オーディオ信号のXY表示が可能になります。柔軟性の高いリサージュ表示では、任意の2つのオーディオ・チャンネルを選択できます。サラウンド・サウンド*1表示を備えた包括的なオーディオ・モニタ機能は、サラウンド・サウンドのチャンネル間相互の関係を分りやすくグラフィック表示します。

番組やコマーシャル間のオーディオ・ラウドネス・レベルを確認するためのラウドネス・モニタリングは、番組のオーディオ・モニタリングで重要になっています。ラウドネス測定は、ITU-R BS.1770-2に準拠しています。ラウドネス・メータはオーディオ表示内で利用でき、ショートタームおよびロングタームのラウドネス測定が行えます。設定メニューには、ATSC A/85、EBU R128、ARIB TR-B32などのさまざまな規格に対応したラウドネスのプリセットが用意されています。ラウドネス・セッション表示では、90秒から30時間までのラウドネス測定をグラフ表示します。ラウドネス測定はネットワーク経由またはUSBメモリに保存でき、後から詳細に解析できます。

専用のオーディオ表示により信号を詳細に観測できるため、WFM7200型は総合的な波形/オーディオ観測が行えます。各チャンネルの信号レベル、各種障害およびアクティブ・ビット数がサマリ表示されます。さらにオーディオ・コントロール・パケット表示やチャンネル・ステータス表示ができます。

Dolbyオーディオ・モニタリング


サラウンド・サウンド表示、Dolbyステータス、オーディオ・セッション、ラウドネス・セッション表示によるDolbyオーディオ・モニタリング

WFM7200型Opt. DPEでは、Dolby Digital(AC-3)、DolbyDigital Plus、Dolby Eのデコードをサポートしており、10までのオーディオ・バー・レベル・メータとDolbyデータ・ストリームのコリレーション・メータをデコードできます。デコードされたDolbyストリームは、アナログまたはデジタル・オーディオの出力にマッピングできます。

Dolbyステータス表示(Opt. DPE)では、組込まれたVANCメタデータ、ラウドネス測定に対するDialnorm値の比較が表示できます。Dolby Eはビデオ信号へのフレーム同期が必要で、ガードバンド測定によりDolbyフレーム・シーケンスのフィールド、ライン位置が直接リードアウトで示されます。Opt.DPEは、Dolby Eガードバンド・タイミング測定のスレッショルド設定機能の他に、特定のガードバンド・パラメータを元にしたDolby Eガードバンド・タイミング、トリガ・アラームが可能です。

*1 オーディオ・サラウンド・サウンド表示はRadio Technische Werksütten GmbH and Co.KG(RTW)からライセンス供与されたものです。

同時入力モニタリング


WFM7200型の同時入力モードによる入出力信号の比較

WFM7200型の同時入力モニタリング機能(Opt. SIM)は、さまざまな同時入力モニタリングが可能です。この機能により、オペレータはビデオ品質に関わる問題が入力信号によるものか、または設備の障害によるものかを素早く判断できます。エンジニアは、配信経路の各ポイントで入力と出力信号を比較することによって技術的な問題を検出し、原因を特定して、解決を迅速に行えます。この機能は、フォーマット変換時のコンテンツ検証などに特に役立ちます。

FlexVu機能により、2系統のモニタ入力を直感的な表示形式で表示できます。2つの入力に対し、障害検出、ステータス・レポート、アラーム生成およびエラー・ロギングなどを同時に行えます。Opt. SIMは、HDとSDプラグラムの同時配信モニタリングに最適です。また、左目と右目のイメージを同時にモニタリングできるため、制作およびポストプロダクションでの3Dコンテンツのモニタリングに最適です。

SyncVuTMは、入力Aを左目用、入力Bを右目用として使用する3DアプリケーションでSIMモードと共に使用します。SyncVuが有効になると左と右のタイル表示が同期し、タイル1のピクチャ表示が選択されると、タイル2はタイル1とまったく同じモードで自動的にピクチャ・タイルが表示されます。これにより、左目と右目の3Dモニタリングをすばやく同じ設定にすることができます。

WFM7200型のCaptureVu機能により、ビデオ・フレーム・データを捕捉して保存やダウンロードができる上に、データの再表示が可能なため、ライブ信号とその捕捉データを比較して、間欠的なエラーのトラブルシューティングや遠隔地での障害解析が行えます。

3Dモニタリング


差分マップとオーバーレイ・ピクチャ表示による左目と右目の信号の同時3D表示

WFM7200型Opt. S3Dには、3Dモニタリング/表示機能があります。3Dイメージは、2つのHD-SDI信号または3GLevel Bフォーマットが組み合わされた、左目と右目のイメージからなります。あるいは、左目と右目のイメージは左右または上下のイメージとして1つのHD-SDI信号で送られます。さまざまな3Dモニタリング・モードが用意されており、左目と右目のイメージの差を確認することができます。この左目と右目の視差差分から、物体の深度がわかります。

ピクチャ・モードでは、モニタリングのためのさまざまな表示モードを設定することができます。

  • 差分マップ表示-L-RまたはR-Lのルミナンス・ビデオ信号の差からグレースケールの差分マップを表示することで、左目と右目の差を観測します。
  • レッド/シアンのアナグリフ表示-左目のイメージは赤で、右目のイメージはシアンで、左右の同一物体はモノクロで表示されます。これにより、物体の差が特定でき、イメージにおける物体の深度が測定できます。
  • グリーン/マゼンタのアナグリフ表示-左目のイメージはグリーンで、右目のイメージはマゼンタで、左右の同一物体はモノクロで表示されます。
  • チェッカボード表示-このピクチャ表示では、左目のイメージのブロック、次に右目のイメージのブロックと、16×9のチェッカボード・パターンで表示されます。これにより、左目と右目のイメージ信号のレベルとカラーを比較することができます。

これらのモードにより、左目と右目のイメージの視差を比較して、イメージ内の物体深度を理解するのに役立ちます。

3D測定


3Dの左目/右目RGB波形表示、チェッカボード、レッド/シアンのアナグリフ表示

イメージ内の物体の深度測定(Opt. S3D)にはディスパリティ・グリッドをピクチャに重ねることができ、水平深度はスクリーン幅の1~15%で設定でき、垂直深度は50%、25%、10%を選択することができます。ディスパリティ・グリッドは水平/垂直ポジション設定でピクチャ表示に対して移動することができ、イメージ内の物体の深度を測定することができます。

ディスパリティ・カーソルも使用でき、左目と右目のイメージの水平視差を正確に測定することができます。リードアウトは、カーソル間のピクセル差分、および物体の視差のパーセントで表示されます。

3D調整用クアッド・ダイアモンド表示


クアッド・ダイアモンド表示による、ルミナンス、レッド、グリーン、ブルー成分の左目/右目の差異

テクトロニクス独自の新機能であるクアッド・ダイアモンド表示(Opt. S3D)は、各成分(ルミナンス、レッド、グリーン、ブルー)の0~100%の信号レベルを垂直方向に表示し、左右の信号の差異ヒストグラムを観測することでカメラを調整します。2台のカメラのバランスがとれている場合は、各ダイアモンドが垂直方向に表示されます。左右に差異がある場合は左右のイメージのバランスがとれていないことを示すため、垂直な表示になるようにカメラを調整する必要があります。この表示は、ポストプロダクションでの左右のイメージのカラー補正にも使用できます。

優れたデータ解析機能


CaptureVu、ANCデータ・インスペクタによるコンテンツの詳細解析

ANCデータ・インスペクタ(Opt. DAT)は、直感的なANCデータ表示から、必要なVANCデータがすべてあること、また正しく設定されていることを簡単、正確に確認できます。エラーが検出されるとより詳細なデータ・パケットが表示でき、解析することができます。

FlexVuを使用することで、CEA708/608クローズド・キャプションとテレテキスト・サブタイトルなどを個別にピクチャ表示タイルで表示できます。テレテキスト・サブタイトル・ページは、WSTまたはOP47フォーマットのいずれかでデコードすることが可能です。


補助データ・ステータスを使用したANCデータ(クローズド・キャプション、タイムコード、AFD)のモニタリング

WFM7200型に標準で装備されている補助データ・ステータス表示では、SMPTE 2016に準拠したAFD(Active FormatDescription)、ビデオ・インデックス・アスペクト・レシオ、ワイド・スクリーン・シグナリング(WSS)、V-Chip、TSID、CGMS-A、放送フラグ、CEA708/608のクローズド・キャプション、テレテキスト、タイムコードなどの詳細なメタデータが表示されます。

今日では、プロセス・チェインを経由してさまざまなメタデータがさまざまな機器に送られています。このメタデータをモニタリングすることは、プロセス機器がこの信号を正しくハンドリングしていることを確認する上で重要になります。例えば、AFDのフォーマットが適切であることを確認すれば、表示のアスペクト・レシオも正しいことが確認できます。また、WFM7200型のピクチャ表示の自動AFD目盛表示、バイナリ・データ、テキスト表示も利用できます。

SMPTE 2020に準拠した、VANCデータ空間にエンベデッドされたDolbyメタデータをモニタすることもできます。


データリスト表示によるピクセルごとの詳細情報

詳細データリスト表示(Opt. DAT)には、HD/SD-SDIおよび3G-SDI(Opt. 3G)入力信号の実際のデータ値に関する詳細情報が表示されます。また、この表示機能を使用して、入力信号のプロトコル・エラーを特定することができます。

表示の右側には、16進数、10進数または2進数フォーマットのデータ値が示され、以下のカラー・コーディングを使用して、データ・タイプおよびエラーを簡単に識別できます。

  • グリーン-アクティブ・ビデオ・データ
  • ブルー-水平/垂直ブランキング・インターバルのデータ
  • ホワイト-EAV、SAV、およびLN、CRC
  • イエロー-通常許容値以外のデータ
  • レッド-不正値を持つデータ

表示の左側には、サンプル番号に対応した補間のないデジタル波形が示されます。ビデオ・モードまたはデータ・モードのいずれかに合わせて表示を設定できます。

ビデオ・モードでは、Y、Cb、Cr波形が時間的に整列されて表示されます。波形表示のように、Y、Cb、Cr成分を個別に表示のオン/オフ設定が可能です。

物理層測定


アイ・パターン/ジッタ表示と物理層パラメータの自動測定例

Opt. PHY3を装備したWFM7200型は、総合的な物理層信号測定が行えます。

HD/SD-SDIのアイ・パターン表示、ジッタ測定、ケーブル長測定機能により、優れた物理層解析が行えます。選択可能な10Hz~100kHzのジッタ・フィルタと直読可能なリードアウトにより、ジッタ測定が容易に行えます。タイミング・ジッタとアライメント・ジッタの読取値を同時表示するように設定して、ジッタの発生源を効率的に検証できます。SDIステータス表示には、信号強度、ケーブル損失、当社独自の推定ケーブル長など、主要な信号パラメータがまとめてサマリ表示されます。WFM7200型Opt. 3Gでは3Gの物理層測定も行えるため、将来のニーズにも対応できます。

FlexVu機能を使用すると、タイミング・ジッタとアライメント・ジッタ、ケーブル・パラメータ測定値、各種アイ・パターンを同時に表示できるため、SDIタイミング・ジッタまたはケーブル減衰に関連するさまざまな問題の原因を素早く検証して、解決できます。波形モニタの無限パーシスタンス・モードにより、物理層信号のアイの開口の様子も簡単に観測できます。

さらに、WFM7200型Opt. PHY3は、アイ振幅、立上り/立下り、オーバーシュート/アンダーシュートの自動測定が可能で、ジッタ波形表示機能によりラインとフィールド・レートに関連したジッタを表示できます。これにより、信号品質問題をすばやく、効率的に検出、診断することができます。

WFM7200型Opt. GENはさまざまな規格の100%カラー・バー、75%カラー・バー、パソロジカル・テスト信号が出力できるため、信号経路の検証に使用できます。

各種タイミング(位相差)を簡単に測定


タイミング検証を容易にするタイミング/ライトニング表示

オーディオ/ビデオ同期(リップ・シンク・タイミング)は、ビデオ信号の品質を左右する重大な問題です。WFM7200型Opt. AVDは、グラフィック・バー・インジケータ上にA/Vディレイ値を表示することができます。簡単にA/Vディレイを計測できるため、設備の設置およびメンテナンス作業効率を大幅に改善することができます。このAVディレイ測定は、アウト・オブ・サービス中に行います。SDI信号の出力にはTG700型が必要で、システム経由で配信し、WFM7200型で測定するためのオーディオ/ビデオ・シーケンスが含まれています。

入力とリファレンス(または保存されたオフセット・リファレンス)のタイミングをグラフィカルに表示する当社独自のタイミング表示は、システム・タイミングの調整/監視に威力を発揮します。また、リファレンスとの差は数値として、垂直タイミングをライン数で、水平誤差をμsで表示します。ライトニング表示にはルミナンスとクロミナンス振幅が表示され、カラー・バー信号を使用してコンポーネントのタイミング(位相差)を確認できます。当社特許のボータイ表示(WFM7200型では標準装備)は、ライトニング表示のタイミング測定機能をサポートし、ボータイ・テスト信号を使用すると、チャンネル間の振幅とタイミング差を正確に測定できます。SCH位相表示は、コンポジット・アナログ・ビデオ信号の重要なタイミング・パラメータをすばやく検証するのに役立ちます。

対応フォーマット(ビデオ入力および外部リファレンス)

 CPS標準 SD標準 HD外部リファレンス入力
2値 Sync3値 720p3値 1080p3値 1080i1080 sf
NTSCPAL50 Hz59.94 Hz60 Hz23.98 Hz24 Hz50 Hz59.94 Hz60 Hz23.98 Hz24 Hz

幅広い信号フォーマットの自動検出

WFM7200型波形モニタは、さまざまな信号フォーマットと外部リファレンスに対応しています。信号フォーマットは自動的に検出され、適切な表示になるように自動的に設定されます。

NTSC、59.94 Hz                                                    
PAL、50 Hz                                                    
BT601 483i、59.94 Hz (525)                                            
BT601 576i、50 Hz (625)                                            
296M 720p、23.98 Hz                                    
296M 720p、24 Hz                                        
296M 720p、25 Hz                                            
296M 720p、29.97 Hz                                            
296M 720p、30 Hz                                                
296M 720p、50 Hz                                            
296M 720p、59.94 Hz                                        
296M 720p、60 Hz                                        
240M 1035i、59.94 Hz                                            
240M 1035i、60 Hz                                        
274M 1080i、50 Hz                                            
274M 1080i、59.94 Hz                                            
274M 1080i、60 Hz                                        
274M 1080p、23.98 Hz                                    
274M 1080p、24 Hz                                        
274M 1080p、25 Hz                                            
274M 1080p、29.9 Hz                                            
274M 1080p、30 Hz                                                
274M 1080sf、23.9 Hz                                    
274M 1080sf、24 Hz                                        
274M 1080sf、25 Hz                                            
274M 1080sf、29.9 Hz                                            
274M 1080sf、30 Hz                                                



デュアル・リンク・フォーマット

フォーマットサンプル構造フレーム/フィールド・レート
デュアル・リンク
1920 × 10804:2:2 YCbCr 10 ビット60、60/1.001、および 50 プログレッシブ

4:4:4 RGB

4:4:4:4 RGB +A 10 ビット

30、30/1.001、25、24 および 24/1.001 プログレッシブ、PsF 60、60/1.001、および 50 フィールド・インタレース
4:4:4 RGB 12 ビット

4:4:4 YCbCr 10 ビット

4:4:4:4 YCbCr +A 10 ビット

4:4:4 YCbCr 12 ビット

4:2:2 YCbCr 12 ビット

4:2:2:4 YCbCr +A 12 ビット

2048 × 1080

4:4:4 RGB

4:4:4:4 RGB +A 10 ビット

30、30/1.001、25、24、および 24/1.001 プログレッシブ、PsF
4:4:4 RGB 12 ビット

4:4:4 YCbCr 10 ビット

4:4:4:4 YCbCr +A 10 ビット

4:4:4 YCbCr 12 ビット

4:2:2 YCbCr 12 ビット

4:2:2:4 YCbCr +A 12 ビット

4:4:4 XYZ 12 ビット



3Gシングル・リンク・フォーマット

フォーマットサンプル構造フレーム/フィールド・レート
3G-SDIフォーマット
シングル・リンク
1920 × 1080

4:2:2 YCbCr 10 ビット

Level A and Level B

50、59.94、60 プログレッシブ

4:2:2 YCbCr 10 ビット

Level B

23.98、23.98sF、24、24sF、25、25sF 29.97、29.97sF、30、30sF プログレッシブ 50、59.94、60 インタレース

4:4:4 YCbCr 10 ビット

4:4:4:4 YCbCrA 10 ビット

Level B

4:4:4 RGB 10 ビット

4:4:4:4 RGB +A 10 ビット

Level B

4:4:4 RGB 12 ビット

Level B

4:2:2 YCbCr 12 ビット

4:2:2:4 YCbCrA 12 ビット

Level B

4:4:4 YCbCr 12 ビット

Level B

2048 × 1080

4:4:4 RGB 12 ビット

Level B

23.98、23.98sF、24、24sF、25、25sF、29.97、29.97sF、30、30sF プログレッシブ

4:4:4 XYZ 12 ビット

Level B

2 × HD

1920 × 1080

4:2:2 YCbCr 10 ビット

Level B

23.98、23.98sF、24、24sF、25、25sF、29.97、29.97sF、30、30sF プログレッシブ 50、59.94、60 インタレース

2 × HD

1280 × 720

4:2:2 YCbCr 10 ビット

Level B

23.98、24、25、29.97、30、50、59.94、60 プログレッシブ

サービスを選択

X

最新情報はこちらから: イベント/セミナ | Follow Tektronix on Twitter Follow Tektronix on Facebook Follow Tektronix on Youtube | 電子メール・ニュースレター

MEMBERSHIP: Create an account for exclusive membership privileges. ログイン