ほとんどのプロジェクトでは初回のEMI/EMCテストが不合格になる、という事実をご存じでしょうか。そのため、初期段階でコンプライアンスの問題を捕捉できると、スケジュールの遅れを防止し、コストの節約にもつながります。お客様のラボでプリコンプライアンス・テストを実行することにより、EMIコンプライアンス・テストに1回で合格できる可能性が高くなります。

以下のビデオおよび技術文書では、当社の費用対効果に優れたツールを使用して、プリコンプライアンス・チェックを実行する方法について説明しています。

 

コンテンツ

推奨機器

推奨機器


USB RSA

RSAシリーズ・スペクトラム・アナライザを使用することにより、通常のベンチトップ・スペクトラム・アナライザよりはるかに少ないコストで、EMI信号の測定とテストが行えます。

詳細を見る »

MDO3000シリーズ

MDO3000シリーズ・ミックスド・ドメイン・オシロスコープには、スペクトラム・アナライザ、ファンクション・ジェネレータなど、6つの汎用計測器が搭載可能であり、1台でEMI信号だけでなく、デジタル信号とアナログ信号を相関を取りながら取込むことができます。

詳細を見る »

MDO4000シリーズ

MDO4000C Mixed Domain Oscilloscopeロジック・アナライザ、スペクトラム・アナライザ、プロトコル・アナライザを内蔵した世界初のオシロスコープであり、それぞれが同期しているため、統合された観測が行えます。EMI信号やアナログ、デジタル、およびRFの相関的な異常を的確に特定できる強力なトリガ/サーチ/解析ツールをご利用ください。

詳細を見る »

 

SignalVu-PC

当社のすべてのRF製品では、共通のユーザ・インタフェースを使用して、RF/ベクトル信号解析が行えます。 SVPCは標準で17種類の測定機能を備えており、オプションでアップグレードできるため、Bluetoothの測定やトラブルシューティングにも簡単に対応できます。

詳細を見る »